peptactics さん プロフィール

  •  
peptacticsさん: ペップの後を追いかけて----ときどき受験
ハンドル名peptactics さん
ブログタイトルペップの後を追いかけて----ときどき受験
ブログURLhttp://peptactics.hatenablog.com/
サイト紹介文サッカーの話題が中心ですが、サッカーの監督の挙動は受験にも活かせると思います。
自由文好きなグアルディオラ監督の話題を中心に欠けますが、昨年度長女の受験を経験してその手法は子どもとの学習にも活かせるのではと思っています。
次は次女の試験もありますし、長女の相談にものって行きたいと思っているのでその日々のことも書きたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供271回 / 222日(平均8.5回/週) - 参加 2016/09/19 09:39

peptactics さんのブログ記事

  • 靴磨き参考情報
  • 以前私の週のルーチンに靴磨きがあると記事にしました。www.peptactics.net靴を磨くと明日から仕事だという気持ちになるし、黙って磨いていると自分と向き合っている気がします。靴磨きの本も購入したのですが、手頃な道具も紹介している記事を見つけましたので共有しておきます。www.biz-fashion-tips.com私より若い方のようですが、靴磨きだけでなく、ファッションについても無理をしない範囲でできることがしっかり [続きを読む]
  • 試合体力と練習体力は違う
  • 週末2年ぶりにフットサルの大会に参加しました。最近はランニングも開始したので体力も戻ってきていたはずなのですが、試合になるといつもより疲れるのが早く思ったように動くことはできませんでした。www.peptactics.netwww.peptactics.netwww.peptactics.netそこで試合と練習ではなにが違うのか個人的に分析をしてみました。1.いつもと違うコートで人工芝が柔らかかったいつものコートは人工芝が短く、硬めのコートで [続きを読む]
  • 投資が怖い人にオススメ!!インベスターZ
  • 三田紀房先生のインベスターZのKindle版が安くなっています。第1巻は1円、第2巻は2円・・・・新しい2巻は定価となっていますが、それでもお得でしょう。Amazonでまとめ買いを探してください。リンクがないもので、第1巻のリンクを。インベスターZ(1)作者: 三田紀房出版社/メーカー: コルク発売日: 2013/09/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る三田先生の切り口は面白い。ドラゴン桜では、落ちこぼれ高校生? [続きを読む]
  • 今クールで一番楽しみなドラマ「貴族探偵」
  • 見るつもりはなかったんだ・・・本当は。けど土曜に再放送をしていたのをうっかり見てしまったんだ。www.fujitv.co.jp長女が中2になって中だるみなのか、ドラマを多く見ているのですが、そのセレクトが渋い。警視庁捜査一課9係 season12|テレビ朝日木曜ドラマ『緊急取調室』|テレビ朝日櫻子さんの足下には死体が埋まっている - フジテレビって渋すぎるんですけど・・・中2だけど、全然若さが感じられんとです。とい [続きを読む]
  • 返還型奨学金の滞納率の高い大学の記事を読んでの続き
  • Facebookでもこの記事著名人を含めていろいろ言及されていました。www.peptactics.netランクの低いってことはどうだと思いません。この話とは少し論点はずれますが、大学という教育機関であり研究機関はこうあるべきだと思うのです。・ある学術分野(理系文系問わず、運動や芸術分野も含めて)の最先端の研究を進めるべき・ある分野を伸ばしていく上では裾野を広げる必要もあると思うので、入学してきた学生をある一定レベル [続きを読む]
  • 返還型奨学金の滞納率の高い大学の記事を読んで
  • 先週東洋経済のサイトで奨学金の滞納率の高い大学のランキングが出ていました。toyokeizai.netその記事を受けて、永江一石さんが「返還型奨学金(学資ローン)の滞納率の高い大学の偏差値を調べてみた。」という記事を書いていました。www.landerblue.co.jp個人的には賛同できない部分もありますが、我が家では子供が食べて生きていくために教育を重視しているという観点からは見逃せない部分もあります。偏差値の高い大学 [続きを読む]
  • 駒込駅に気になる看板
  • 駒込駅の山手線外回りから見える古い建物に気になる広告がある。定期的に変わっているようですが、TVコマーシャルを多くやっている四谷学院への批判記事である。広告(?)の出し手はどうも塾ではないらしい。コミー株式会社 - 続・四谷学院殿正直、TVコマーシャルを多く出している企業はそれだけマーケティングコストがかかっていることになるので関心はしない。が、駒込駅のこの広告は誰に向けて発信されているのだろう [続きを読む]
  • 40歳からの会社に頼らない働き方 その2
  • 40歳からの会社に頼らない働き方 (ちくま新書)作者: 柳川範之出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2013/12/04メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る昨日に続いて「40歳からの会社に頼らない働き方」についてです。変化の速い時代には、やはり新しい技術変化の兆しをどれだけ早くキャッチできるかも、成功を大きく左右します。ですから、新しい変化を予測する癖をつけておく必要があると思います。これは実 [続きを読む]
  • 40歳からの会社に頼らない働き方
  • 40歳からの会社に頼らない働き方 (ちくま新書)作者: 柳川範之出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2013/12/04メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る現在読んでいる本です。「40歳からの」という題なので、私にはもちろん、子供の教育にも参考になる本です。著者の柳川範之氏は独学法についても著書があります。東大教授が教える独学勉強法作者: 柳川範之出版社/メーカー: 草思社発売日: 2014/07/17メディア [続きを読む]
  • NewsPicksはオススメ!できれば有料で
  • 突然ですが、経済専門のキュレーションサイトの「NewsPicks」はオススメです。無料でもある程度読むことは可能ですが、月額1500円で優良な記事を読むことができます。ロイターウォールストリージャーナル日経新聞朝日新聞毎日新聞読売新聞日経ビジネス現代ビジネスフォーブスワールドビジネスサテライトダイヤモンドオンラインというようなサイトの記事を読むことができます。編集長の佐々木さんが出された本も以前紹介さ [続きを読む]
  • ビブリオバトルのルール
  • ビブリオバトルのルールです。www.bibliobattle.jpビブリオバトル公式ルール    (上のファイルと同様のものの再掲です)  発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.順番に一人5分間で本を紹介する.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2〜3分行う.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めた [続きを読む]
  • 我が家でやってみようと計画中ビブリオバトル
  • 来たるべき大学受験改革に向けて、いろいろと情報収集してきました。www.peptactics.netwww.peptactics.netwww.peptactics.netwww.peptactics.netwww.peptactics.netwww.peptactics.netwww.peptactics.net現時点での結論としては、ベースとなる学習は今までと大きく変更する必要はないということです。河合塾では数学でも答えが一つに定まらないような問題(厳密にいうと統計的な解釈が必要)が出るのではという話がありまし [続きを読む]
  • 次女受験勉強進捗
  • 5年生になった次女ですが、春期講習も終わり、通常コースが始まりました。3月に行われた最初の塾内の模試は算数は散々な結果でした。春期講習が終わった後に行われた模試ですが、目標としていた点数をとることができました。長女が通っていた塾と異なり、塾内で実施される模試も設問ごとの回答率が出るので、強化すべき箇所が把握しやすいです。以前書いた模試の活用方法は以下の通りです。www.peptactics.netwww.peptac [続きを読む]
  • カラーバス効果なんでしょうか?
  • この1週間で自分が疑問に感じる日本にはびこる”必殺技”主義について、2つ記事を書きました。www.peptactics.netwww.peptactics.netカラーバス効果ではないでしょうけど、現在読んでいる本に以下のような文章を見つけました。40歳からの会社に頼らない働き方 (ちくま新書)作者: 柳川範之出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2013/12/04メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る日本人は「これ一筋」とか [続きを読む]
  • 数学を学び直すぜ!
  • 最近プライベートで宇宙や経済、暗号に関する本を読むことが多くなっています。仕事でもセキュリティ、AIなど原理的なことまでは知らなくてはいいかもしれないけど知りたくなる性分なもので・・・・。数学は高校時代から得意で、模試でも何度か全国1位をとったことがあります。ただ、以前にも書いたように満遍なくできるというわけではなく、特に確率分野は苦手です。また、入試にあまり出題されずカリキュラム的にも後半だっ [続きを読む]
  • 子供の将来を考えることは自分の将来を考えることになるし、逆もまた然り
  • ブログテーマは受験のためなので、もう自分のことはあきらめて、子供のことばかり考えているように勘違いされています。確かに会社での昇進はどーでもいいと思っていますが、子供の将来のことを考えて、いろいろ調べることは自分の仕事の将来についても考えることにつながります。子供が社会にでる十年後は自分もまだ現役ですし、社会がいきなり変わるわけではありません。社会の変化に合わせて教育も変わるでしょうし、子供 [続きを読む]
  • 必殺技主義 その2
  • 昨日の続きです。必殺技というのには少し離れますが、受験においては得意科目を早い段階で作ることは重要です。www.peptactics.net私の場合は数学。ただ、経験上一科目に頼ってはいけません。数学は得意科目だったんですが、第一志望大学では最初に数学の中でも苦手な分野が出て頭が真っ白。自信を持つためにはまず一科目。そこで勉強に興味を持って、数学が得意なら物理など周辺科目を強くする方がいいです。大学受 [続きを読む]
  • 日本にはびこる必殺技主義
  • 例が古くて恐縮ですが、・ウルトラマンのスペシウム光線・仮面ライダーのライダーキック(平成ライダーだと違いますかね)・プリキュアのキュアドリームのプリキュアシューティングスター日本のヒーローものって、途中苦戦していても主人公が最後に必殺技を繰り出せば、ほとんどの場合は勝って終わりですよね。個人的に衝撃的だったのはウルトラマンがゼットンが負けたとき・・・・一方、アメリカのヒーローものはスーパーマン [続きを読む]
  • 茶器が見たい:ゴールデンウィークは上野へ行こう
  • 歴史を勉強していると茶道について、いろいろ知りたくなります。織田信長はあんな小さな道具に価値を与え、有名な話では滝川一益は領土よりも小茄子という茶器を褒賞に望んだと言います。松永久秀は自害する際に信長から「古天明平蜘蛛」を差し出せば許すと言われたのに、抱いて爆死したと言われています。信長は茶道はもちろん好きであったと思うのですが、褒賞として土地を与えるという狭い領土の日本での鎌倉幕府の失敗も [続きを読む]
  • 学校見学計画
  • 4月2日の私立女子校フェスタに参加したかったのですが、次女が授業があったので参加することができませんでした。www.mirai-compass.jp.net長女のときは同じようなイベントはなかったのですが、入試改革に伴う大学付属校出ない女子校が不人気ということでイベントを開催するのでしょうか。これから個別にも学校見学・説明会が始まるので受験を考えている学校はうまくスケジューリングして回らないと・・・。現時点で強く受験 [続きを読む]