SUN O さん プロフィール

  •  
SUN Oさん: SUN Boat Fishing Club
ハンドル名SUN O さん
ブログタイトルSUN Boat Fishing Club
ブログURLhttp://sunboat.seesaa.net/
サイト紹介文南紀の海で黒潮と戯れる、愉快な仲間たちで釣りと食べることを楽しむ高齢のおじさんばかりの翁倶楽部。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供273回 / 278日(平均6.9回/週) - 参加 2016/09/19 17:36

SUN O さんのブログ記事

  • 今週末は帰阪
  • 1週間ぶりに浪速に戻ることが出来ることとなった。金曜日は、病院で検査(絶食がつらい!)と明日の父の満中陰の準備を行い満中陰を迎える。ゆっくりはできませんが、大阪で過ごす時間が出来ました。木曜日の夕方、重い荷物を抱えて新幹線に飛び乗る。そして、これが1日早かったら?   っと思うとゾッとする。新幹線の中で8時間も缶詰になっていたことを考えると・・・・・、1日ずれていてよかった。重い荷物を引きずりながら列 [続きを読む]
  • S田さんの田舎暮し11
  • 早いものです、初夏から夏の様相が伺える季節となりました。和歌山 南部 その名のとおり南国の兆しが出て来たようです。先日も、庭の畑で大きな猪と遭遇。畑荒らの常習犯 、動物たちも行動が大胆になってきた。我が家の屋上の家庭菜園もドンドン 成長し新鮮野菜が毎日収穫。しかし、今は、江戸なのでなかなかうまく行かないですね。このブログも新幹線の中で書いておる次第でございます。以外と、早くなったとはいえ長い時間に感じ [続きを読む]
  • 伊予へ
  • 今週は、まだ潮が入れ替わっていない状況だと思い釣行は中止。梅雨に入ってはいるようですが週末は、お天気がいい。 最近 不釣が続いておりますのでおとなしくすることに。ClubのBlogなのですが、釣行に行かなければなかなか書くことがない、と言うより小生に文才がないのでご紹介するものがうまく書けないのが実際のところだと思う。実は、これから本格的に江戸に住むので、急遽、家内を連れて旅行に行く。最近は浪速と江戸を行 [続きを読む]
  • リチウムイオンバッテリーのその後
  • 満を期して購入したSHOURAI BATTERY、リチウムイオンバッテリー、ハイパワーで連続充電回数も多く,諭吉をかき集めて購入、これがなんと、1回の充電で充電できなくなってしまった。以前ご報告いたしましたが、突然 完全復活!!。原因は不明、充電器が悪いのか、はたまたバッテリー本体に問題が発生したのか?メーカーに問い合わせても、仕様外の用途なので保証の範囲からは外れてしまい、対応がを依頼してもあまりいい返事が聞か [続きを読む]
  • 250万本の百合 開催中に行ってみる
  • 前回は、確認もせずゴールデンウィークに訪れた。そして。家内にまだ、やってないね。今回は、開催中ど真ん中、平日なので空いているだろうと尋ねてみると・・・。平日にもかかわらず、にぎわっておりました。シニアの方が多かったように思いますが、多くの人がユリを見にこられております。早々に入場料金を支払い、中に入ってみると、そこにはゆり畑。第一印象は、ユリの株が小さいな〜。しかし、海と空とユリのロケーションはな [続きを読む]
  • 潮が入れ替わらないと・・・・・
  • り梅雨入後の晴天。まだ、本格的な梅雨にはなっていない今週の土曜日、新幹線に飛び乗り、車に乗り替え、そして田辺に向かう。結構ハードな状況。そして、田辺のマリーナに到着午前4時、辺りはもう明るくなりかけている。長い道のりである、慣れるまで時間がかかるだろうなと実感する。日の出が早くなったことを感じさせられる。来てよかった、と思わされる瞬間でもあります。肌寒い、今日は気持ちのいい時間を過ごせることを予期 [続きを読む]
  • 週末釣行連絡
  • 江戸へ勤務を命ず。そんなものはなかった、2020年、東京のイベント関連で江戸へ仕事に行ってほしい。急な話ではありましたが、誰も対象者がいないのであれば仕方がない、と行くことに。そして、江戸と浪速を行ったり来たりの日が続く、新幹線が2時間半程度で近くなったとはいえ、片道5時間の移動時間はやっぱりきついですね。いつも、首都圏での打ち合わせは長引いて新幹線に慌てて飛び乗り帰宅は23時を超えてしまう。某大学の教授 [続きを読む]
  • 6月の釣り
  • 6月と言えば、梅雨。中国で梅の収穫時期から降り注ぐ長雨を梅雨ということから生まれたそうですが、これから日本列島は雨期に入ります。蒸し蒸し、じめじめ、暑い パワードスーツを身にまとった中年のおじさんたちには非常に過酷な季節に突入。雨が多い中、梅雨時期にはどんな魚を釣っていたのでしょうか?アーカイブを見ながら振り返ります。倶楽部発足後の2011年6月5日。この頃は、気象観測塔付近でも魚影が濃く多くの魚が私た [続きを読む]
  • 南紀のプラム酒
  • Villa SUNさんから送っていただいたプラム。漬け込んでもう、2年が経過した。3年は漬け込もうと思いながら、熟成を待つことにしていたのですが、2年を経過した頃 少し味見をしてみるとバカうまの酒になっていた。漬け込んでいるベースの酒はブランデー、もう十年以上も飲まないのでいたのでせっかくなのでこれで漬け込んだ。レミーマルタンにカミューXO。そして、氷砂糖の代わりにはちみつで大人の味に仕上げる。1年目は、まだ浸 [続きを読む]
  • Restaurant O
  • 今年もファミリーレストラン Oの開店でございます。営業日は、年に3回程度。お客様は完全会員制・家族のみでございます。というのも、我が家の屋上でめったに購入しない上等なお肉を炭火で焼いて食べる。バーべキューではなく焼きながら食べるので焼肉でしょうね。肉以外の食材は基本、新鮮野菜。ピーマン そこらへんからもいで焼いてください。きゅうりにトマト  そこの苗からとって食べてください。ナスビもそこにあります。 [続きを読む]
  • 江戸に行きます
  • もう、何年になるだろうか・・・。振り返れば、35年も経っていた。仕事で江戸に勤務せよと勅命をを受けて、住んだのは そして人の多さに圧倒され、通勤電車にもみくちゃにされ、標準語に翻弄されたことを思い出した。あれから35年も経ったのか。そして、今回 急に江戸に行きなさいと命令が出た。安物のサラリーマンは、いやとも言えずそのまま江戸に赴任となる。この年での単身赴任はちと厳しい。家内も行くというが、年老いた親 [続きを読む]
  • 連続釣行、Part2
  • 2日観の連続釣行2日目。大阪ー田辺を2往復の今回 釣行、睡眠不足と筋肉痛の釣行となった。1日目に、N田さん・S田さんと出船、当然のごとく時化状況の中 釣りを強行したため体はバラバラ、睡眠不足も加わり2日目は非常にしんどい状況となった。眠い!今回は、Y田さん・S田さん・O本の3名で出船。昨日の悪夢のような沖の完封を食らった釣りを心に残しながら、今日はどうなるだろうか?潮は変わっていないだろうと、高速道路を走ら [続きを読む]
  • S田さんの田舎暮らし10(珍しいことに遭遇)
  • S田さんの奥方様から、ご連絡を頂戴しておりました。”先日外出前に何かがぶつかって落ちるのが視界に。素早く落ちる瞬間、黒いものに見えたのはメジロでした。ガラス戸が鏡のように前の木を写していたので飛び移るつもりだったのでしょう。可哀想に脳震盪を起こしたようでした。それでも両足で立っていて、くちばしは少し開いていました。しばらく後くちばしも閉じていて倒れないでやはり両足で踏ん張って立っていましたので様子 [続きを読む]
  • S田さんの田舎暮らし9(出会い、うれしいことです)
  • 釣りから帰還して、パソコンを開くとS田さんの奥方様から、ご連絡を頂戴しておりました。船の上で、話をしておりましたので聞こえていたのではないかと・・・・・。女性の耳は千里眼ですね。  お〜〜こわ。(笑)”朝、買い物に出ましたら道ばたの百均で破竹を売っていました。触ってみるとまだひんやりしていたので朝出された新しいものと思い、一束買い求めました。田舎暮らしの醍醐味です。フキと梅は産品所で手に入れました。 [続きを読む]
  • 2連続釣行、Part1
  • 今回は、喪が明けきれていないのに強硬で2日間、大阪ー田辺を往復しての連続釣行でございます。なかなか行くことが出来ず。今回、久しぶりに行けることとなりました。早速、事前に天気予報をチェックし、木曜日 雨で荒れ模様・金曜日 風が強い・土曜日まだ風が残りそう。日曜日は風があるものの穏やかな様子。 高気圧に包まれている。そして、N田さんへご連絡。久しぶりですね、もう1年近く間が空いているような?現役世代は、 [続きを読む]
  • 遅まきながら開幕戦
  • 今週の週末は、釣行決定!いよいよ2017年開幕戦、長かったような、短かったような。ぽつりぽつりと前哨戦を行い、時間が飛ぶように流れてゆく中、何とか南に向けて走って行けそう。まだ、何が起こるかわかりませんが、今回は連続釣行の予定で行います。梅雨入り前の恋する魚を狙う。鯛・イサキに魚種多様。しかし、ポイントにつける船頭の腕が釣果に左右する釣りでもあります。いい場所を見つけて、楽しむことが第一関門。深場の美 [続きを読む]
  • 先ず出ることが大切だよね。
  • 何とか、今週は田辺に足を向けれそうな雰囲気。会社でも、同僚から行ってる?・・・・・・・・・行けてない。二人して、行けてない。・・・・・・・管理職になるから忙しくなるんですよ!・・・と突っ込みを入れる。お互いに、笑いながら いつかは一緒に行きましょうね、と会話を交わす。しかし、最近は田辺が非常に遠いところになってしまった。場合によっては、来年3月までお江戸に上京しないといけないかも?何やら2020年に東 [続きを読む]
  • S田さんの田舎暮らし8(恋の季節)
  • Villa SUN S田さんの奥方様からメールが届きました。季候が急激に温暖になり、初から夏へと向かう梅雨入り前。鳥や獣に魚たちも、恋の季節に入りました。そんな中、Villa SUNの木々も花盛り。毎日、色とりどりの花が咲き誇っているようです。”春から初夏にかけての気候でたくさんの共演にハナミヅキに似たヤマボウシの白い花を写した写真を送ります。”いい季節ですね。庭いじりが楽しくなる光景です。 [続きを読む]
  • べた凪、深海へGo!
  • 釣り、行ってないね!はい、行けてません。小生は。仕事が落ち着いたと思いきや、釣りの準備をするのですが、ことごとく行けなくなる。嵐にもまれることもなく、根本的に和歌山へ向いていけない状況が続いております。そして、天気予報を見ていると、梅雨入り前の絶好の釣り日和。今週の土日は、外せません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・アッチャー!仕事でございます。ほとんど週休4日の状況なのに、なぜこのいい日に仕 [続きを読む]
  • 低気圧が抜けると波が立つ
  • 今週末は、釣りに行こう!何かと、忙しくなってきたのですが、中休み。日曜日のお天気は?曇り・・・・晴れ?土曜日に、大雨・・・・・・・。S田さんから電話が来ました。名言 ’雨が抜けた後には波が立つ’ ということでした。ダメならだめで、浅場でイサキでもいいのですが・・・。そして準備を済ませて、あとは出発するのみ。しかし 夜、病院から電話があり釣行はあっけなく中止となりました。覚悟していたことが起こりまし [続きを読む]
  • 沖で機関停止
  • 数年前、夏の夜釣りにS田さん・Y田さん・O本の3名で出航した時のこと、深夜にエンジンがかからなくなった。俗に言う、”期間停止”。船の生命線が停止した、よくありそうなのですが、実際に我々が乗船する船で起こった。出航前にぼちぼちクラッチが危ないですよ! (マリーナで忠告されていた)そして、まだ大丈夫!と沖へ出船。海上は、真っ暗闇の中、水深は80m・懐中電灯と船の灯火のみで夜釣りを楽しむ。当時は船外機なのでバ [続きを読む]
  • 倶楽部の発足から会報・ブログ・初心へ
  • 今から7年前・・・・もう7年経ったのですね。沖釣りを初めて3年を超えようとしていたころ、小生も毎日の仕事に振り回されていた中、ひと時の息抜きを求めて釣りを初めて3年そろそろ、本格的に趣味として釣りに打ち込もう!道具を揃えよう!と考えていた頃、S田さんも まだ現役、ぼちぼち隠居のこと考えないといかんな〜の時期でした。そんな中、仕事関係からご近所さんや釣り好きの方々がS田さんの人柄や面倒見のいい性格から船釣 [続きを読む]
  • GW 最終日
  • もう、ゴールデンウィークも最終日、朝から申し込みをしていた船舶免許の更新へ行ってまいりました。場所は、大阪南港。近くて、駐車場があり、その上リーズナブルなので今回は日本船舶免許職員養成協会近畿で更新講習。自宅から車で15分程度で到着するので非常に便利。少し、早めに到着し、時間があったので30年ぶりにフェリーターミナルへ。懐かしいですね、四国 新居浜で仕事をしていたころ、ここからオレンジフェリーに乗って [続きを読む]
  • 壮大な250万本のユリ
  • GW(ゴールデンウィーク)も終盤に入り、入院している家族の状況から、遠方へはどこにも行けない。長期の休暇を家でくすぶっていても仕方がないので近隣で少し外の風を味わうことにした。我が家から車で30分、大阪舞洲(まいしま)、埋め立てられた220ヘクタールの広大な場所。その一角で近年開催されているユリ園がある。少々入場料金は高いのですが、手ごろで施設も整っているのでいいかと思い、足を運んでみました。車で、大 [続きを読む]
  • 伊豆笠子(カサゴ目フカカサゴ科)
  • この魚は標準和名であまり呼ばれることが少ない。釣り人の中ではオニやオコゼにカサゴと呼ばれ、標準和名のイズカサゴと言われることはあまり耳にしない。魚のイメージは控えめなのですが、その風貌は炎のような妖艶に赤く、そして、斑紋がほかの魚とは違うぞと主張する。頭は甲冑のごとく無骨で大きく、背びれ。胸鰭、尾びれに触ると刺すぞと言わんばかりに鋭利な棘を設えている。刺毒がきついだのと皆に恐れられているのですが、 [続きを読む]