SUN O さん プロフィール

  •  
SUN Oさん: SUN Boat Fishing Club
ハンドル名SUN O さん
ブログタイトルSUN Boat Fishing Club
ブログURLhttp://sunboat.seesaa.net/
サイト紹介文南紀の海で黒潮と戯れる、愉快な仲間たちで釣りと食べることを楽しむ高齢のおじさんばかりの翁倶楽部。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供256回 / 245日(平均7.3回/週) - 参加 2016/09/19 17:36

SUN O さんのブログ記事

  • S田さんの田舎暮らし8(恋の季節)
  • Villa SUN S田さんの奥方様からメールが届きました。季候が急激に温暖になり、初から夏へと向かう梅雨入り前。鳥や獣に魚たちも、恋の季節に入りました。そんな中、Villa SUNの木々も花盛り。毎日、色とりどりの花が咲き誇っているようです。”春から初夏にかけての気候でたくさんの共演にハナミヅキに似たヤマボウシの白い花を写した写真を送ります。”いい季節ですね。庭いじりが楽しくなる光景です。 [続きを読む]
  • べた凪、深海へGo!
  • 釣り、行ってないね!はい、行けてません。小生は。仕事が落ち着いたと思いきや、釣りの準備をするのですが、ことごとく行けなくなる。嵐にもまれることもなく、根本的に和歌山へ向いていけない状況が続いております。そして、天気予報を見ていると、梅雨入り前の絶好の釣り日和。今週の土日は、外せません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・アッチャー!仕事でございます。ほとんど週休4日の状況なのに、なぜこのいい日に仕 [続きを読む]
  • 低気圧が抜けると波が立つ
  • 今週末は、釣りに行こう!何かと、忙しくなってきたのですが、中休み。日曜日のお天気は?曇り・・・・晴れ?土曜日に、大雨・・・・・・・。S田さんから電話が来ました。名言 ’雨が抜けた後には波が立つ’ ということでした。ダメならだめで、浅場でイサキでもいいのですが・・・。そして準備を済ませて、あとは出発するのみ。しかし 夜、病院から電話があり釣行はあっけなく中止となりました。覚悟していたことが起こりまし [続きを読む]
  • 沖で機関停止
  • 数年前、夏の夜釣りにS田さん・Y田さん・O本の3名で出航した時のこと、深夜にエンジンがかからなくなった。俗に言う、”期間停止”。船の生命線が停止した、よくありそうなのですが、実際に我々が乗船する船で起こった。出航前にぼちぼちクラッチが危ないですよ! (マリーナで忠告されていた)そして、まだ大丈夫!と沖へ出船。海上は、真っ暗闇の中、水深は80m・懐中電灯と船の灯火のみで夜釣りを楽しむ。当時は船外機なのでバ [続きを読む]
  • 倶楽部の発足から会報・ブログ・初心へ
  • 今から7年前・・・・もう7年経ったのですね。沖釣りを初めて3年を超えようとしていたころ、小生も毎日の仕事に振り回されていた中、ひと時の息抜きを求めて釣りを初めて3年そろそろ、本格的に趣味として釣りに打ち込もう!道具を揃えよう!と考えていた頃、S田さんも まだ現役、ぼちぼち隠居のこと考えないといかんな〜の時期でした。そんな中、仕事関係からご近所さんや釣り好きの方々がS田さんの人柄や面倒見のいい性格から船釣 [続きを読む]
  • GW 最終日
  • もう、ゴールデンウィークも最終日、朝から申し込みをしていた船舶免許の更新へ行ってまいりました。場所は、大阪南港。近くて、駐車場があり、その上リーズナブルなので今回は日本船舶免許職員養成協会近畿で更新講習。自宅から車で15分程度で到着するので非常に便利。少し、早めに到着し、時間があったので30年ぶりにフェリーターミナルへ。懐かしいですね、四国 新居浜で仕事をしていたころ、ここからオレンジフェリーに乗って [続きを読む]
  • 壮大な250万本のユリ
  • GW(ゴールデンウィーク)も終盤に入り、入院している家族の状況から、遠方へはどこにも行けない。長期の休暇を家でくすぶっていても仕方がないので近隣で少し外の風を味わうことにした。我が家から車で30分、大阪舞洲(まいしま)、埋め立てられた220ヘクタールの広大な場所。その一角で近年開催されているユリ園がある。少々入場料金は高いのですが、手ごろで施設も整っているのでいいかと思い、足を運んでみました。車で、大 [続きを読む]
  • 伊豆笠子(カサゴ目フカカサゴ科)
  • この魚は標準和名であまり呼ばれることが少ない。釣り人の中ではオニやオコゼにカサゴと呼ばれ、標準和名のイズカサゴと言われることはあまり耳にしない。魚のイメージは控えめなのですが、その風貌は炎のような妖艶に赤く、そして、斑紋がほかの魚とは違うぞと主張する。頭は甲冑のごとく無骨で大きく、背びれ。胸鰭、尾びれに触ると刺すぞと言わんばかりに鋭利な棘を設えている。刺毒がきついだのと皆に恐れられているのですが、 [続きを読む]
  • 下ごしらえ
  • 釣った魚は、どうする?O塚さんがお話しされておりましたので、少しご紹介。大量に釣ってしまうと、下ごしらえが大変なのですが適量の魚が手に入れば行います。今回は、イズカサゴこの魚は、うまし!購入するとなると、非常に高価な魚なので手が出ませんが、釣り物なので食べることが出来る。釣り人の特権、そして自分でさばく。どんな魚でも捨てるところがあまりないのですが、皮からヒレから堪能できる。魚は、3枚におろしてこう [続きを読む]
  • 爛漫釣行
  • 5月2日 早朝2時・・・草木も眠る丑三つ時。小生の家の前で、O村さん・O塚さんが合流して釣行へ向かう。前日は、小生が釣りに出ていたので、ヘロヘロ 今にも睡魔に負けて落ちてしまいそう。そんな中、釣行の安全と楽しんでいただくことをお祈りして見送る。今日は、予報では高気圧が日本列島を覆って穏やか予想。しかし、季節は春 侮れません。さて、状況はいかに・・・・・・・・。日が昇る早朝5時我が家の屋上の家庭菜園に水を [続きを読む]
  • 晴天の日、釣りに行くことが出来ました
  • 何とか、気になることがありつつも釣りに行くことが出来ました。ありがたいことです。今回の天候は晴天に恵まれて、朝から少しうねりは残るものの凪。いい釣り日和となった。午後から、風や波が出る予想ですが、楽しくことに致します。本日は、S田さん・Y田さん・O本での釣行でございます。田辺に向かう道路はGW中の暦上で平日、世間は平日・大手企業は休日と言いながら予定より1時間早く到着。しばらくして外が明るくなってきまし [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク
  • 本日からゴールデンウィークに入りました。もう4月も終了です。昨日、期間中の予定を確認して何とか決まりました。皆さんの都合が決まりましたので、参考記載。5月1日 O本・Y田さん天気予想は、1日は何とか風が弱そうなのです。しかし、行ってみないとわかりません。5月2日 O村さん・O塚さん2日は、風が少し吹きそうですね。今回は、O本不参加なので、O村さん・O塚さん頑張ってください。N田さんはどうも責任者になってから忙し [続きを読む]
  • GWの釣行調整
  • もうすぐ、GW(ゴールデンウィーク)が始まり、釣りに行く予定を皆さんされている。皆様に確認のご連絡をいたしました。Y田さん。O村さん・O塚さん・N田さん いつものメンバーにご連絡。まだ、天候は関係なしに予定をお伺いする。春の天気は気まぐれ、前日いい予想でも当日になると風が出ていることもしばしば。また、風がなくても午後には必ず風が吹き出し荒れ模様になるのが常です。一年を通じて釣行の予定判断がもっとも難しい [続きを読む]
  • 船舶免許の更新
  • 早いもので、もう5年が経過いたしました。あっという間に時が過ぎ去ってゆくように感じる瞬間です。あなたの免許は、あと少しで失効ですよ!!そう、船舶免許の有効期限がもうすぐとなりました。もう5年経ったのかと思うと複雑です。今年は、S田さんも更新講習ではなく、失効講習を受けられています。海上で、海上保安庁に久しぶりに検札に遭遇し、免許の失効前日であったことが判明した上にぎりぎりセーフ、幸運の女神が少し微笑 [続きを読む]
  • 春の菜
  •  本日も病院に詰めて行ったり来たりでありますが、どうしても夕方バタバタしてしまいますので、朝に買い出しを行って夕飯の仕込みをしておくことにする。病院のICUには、あまり長くはいられない。そのため、行ったり来たりがどうしても発生する。時間が細切れに動くので、非常に厄介だなとも感じながら釣りが行けなかった日を過ごす。今日は、晴天釣り日和、午後から春特有の風が吹き出しましたがいい天気なのですが・・・。しか [続きを読む]
  • 釣行への道は近くて遠い
  • やっと日程が合い、天候が良いので釣りに行くことを決定いたしました。さあ、釣りの準備にかかろうとすると、必ず何かがやって来る。S田さんに連絡を行い、行く予定を告げました。調整が終わり、あとは準備をしてい行くのみとなったのですが、病院から突然電話が鳴る。父の容体が急変!もう85歳になり肺ガンの末期を迎えており覚悟はしておりますが、急遽、容体を見に行き病院に詰める。仕事は、会社へ事前に何が起こるかわから [続きを読む]
  • 今年の春は何かが違う
  • 冬から春に向かって気温が上がるにつれて悩まされることがある。それは、3月からピークに入り5月まで続く花粉症。この時期になると、木が重くなる方も少なくないと思います。年々、例年より飛散量が多いと報道されてビクビクしている方も少なくない。いつのころからか言われだして、今では季節の風物詩?くしゃみに鼻水・目がかゆい・・・、難儀なことです。室内にいる間は比較的、最近の空気清浄機やエアコンの清浄機能の向上によ [続きを読む]
  • ノドグロを求めて900km
  • ノドグロがたべた〜〜〜い!!!家内からのリクエストに応えて急遽準備をして週末出向くこととなった。ノドグロと言えば、富山・石川・・・・、前回 金沢に出向いたばかりなので今回は違うところに行く。ノドグロ(赤ムツ)はある程度水深のある海があればどこでも捕れる。(瀬戸内海は除く)和歌山でも釣れるのですが、水揚げ量が少ない。日本海側だとどこでも基本的に食べれるのですが、今回は テニスの錦織選手のふるさと島根 [続きを読む]
  • 春空の心
  • 今週末は、今の季節の天気と同様、いろいろ急に予定が変わる週となりました。日々、時は流れて事柄が変化てくる。時の流れは誰も止めることができません。土曜日は釣りに行こう!と思ってはいたのですが、結局行けなくなった。しかし、季節は春 晴れたり雨が降ったり、風が吹いたり、これではもし、今回行っていたのならば海上で四苦八苦していたこと間違いなしでした。そんな中、時間が惜しいので屋上の家庭菜園を整備。完成です [続きを読む]
  • 時間はできたのですが・・・・・・
  • 新年度が始まった4月、週休3日・4日が当たり前のようになった。今年は、ゴールデンウィークは、14連休にしようか思案中?政府の働き方改革で、企業も大きく変わろうとしています。仕事を長時間してはいけない・・・・・・。ゆとり教育の二の前にならなければよいのですが。しかし、目標は年々上がり続けるばかりなのでますます下々は厳しくなります。企業は崩壊するまで成長し続けなければならない集団だとわかってはいるのですが [続きを読む]
  • 旬を待つ(1)
  • 暖かくなって来ると、海の魚の活性も上がってきます。海も冬から春に代わる時期に入ってきました。魚の、産卵の時期をこれから迎えます。これから、春が過ぎ梅雨を迎えて夏になる。そんな時期の旬のおいしい魚を心待ちにする。大間のマグロなどを代表する高価な魚ではなく、お金を出してもなかなか食べれない魚たちが南紀の海にはたくさん生息している。釣り物でしか、なかなかお目にかかれない魚たち。赤い魚から黒い魚(ダイヤ) [続きを読む]
  • 花見
  • 桜が満開なのですが、あいにくの雨。雨の合間の時間に、時間ができ、桜を見に行きました。我が家の前の公園でもいいのですが、せっかくなので宴会をしているところへ出向いてみる。近くいところで、自転車に飛び乗り住吉公園に行く。公園内は、霧雨の中結構にぎわっておりました。花壇も整備され、サギが出迎えてくれます。いつも見かけるので、もう カモと同様に居ついているのではないかと考えられる。近くで見ると、カモメ同様 [続きを読む]
  • 乗っ込み真鯛
  • 大阪市内の桜も満開になりました。あいにくの雨模様で花見にはつらいお天気。桜の開花の便りを聞くころになると、桜鯛・真鯛の季節が始まり、魚たちの恋の季節の到来です。白浜沖80m~100mで、乗っ込み真鯛のシーズンに突入したようです。これから5月初旬まで、真鯛の活性が高くなり面白い時期に突入です。サイズは、釣り船などの釣果情報から小さなものは40cm、大きなものは、当倶楽部のベンチマーク80cmを超える。写真はイ [続きを読む]
  • 釣り行ってる?
  • 4月に入り、落ち着いて仕事上で関係する人と話す機会が増えてきた。3月まではあちらこちらに飛び回り、機械相手に悪戦苦闘しておりましたが、年度も変わり世間話もできる状況になってまいりましたのでゆっくり話す。会う人、会う人に釣り行ってる?お互いに、釣り行ってる?そして、行ってな〜〜い!釣りを趣味とする仕事仲間からお話を戴く。今度いつ行くの?春の訪れとともに、会話の中に釣り談義が増えてまいりました。そういえ [続きを読む]
  • 天気がいいので気晴らしに銭湯へ!
  • 日曜日は、いい天気なり、我が家の前の公園でも、町内会の花見や、会社の花見が朝から始まってます。桜、まだ咲いてませんが・・・・・・。酒が飲めればいいのでしょう!バタバタ日々が続いておりましたので、気晴らしに銭湯へ行こう!と、家内を誘って銭湯へ向かう。家を出た時間が少々遅かったのですが、道行く途中で和歌山の花見の名所に立ち寄る。和歌山はもう、5分咲きぐらいにはなっているのではと思いながら立ち寄ることに [続きを読む]