ぺぱくま さん プロフィール

  •  
ぺぱくまさん: キツネノマゴたち
ハンドル名ぺぱくま さん
ブログタイトルキツネノマゴたち
ブログURLhttp://pepakuma.blog.fc2.com/
サイト紹介文花や動物のペーパークラフトでジオラマを作りペットボトルに収めて飾っています。花の写真も。
自由文4L、500mlなどの空きペットボトルに植物園や花の咲く風景などを紙をメインにジオラマ化しています。
ボトルキャップやボトル外側の装飾などもいろいろ試しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 306日(平均3.0回/週) - 参加 2016/09/19 23:09

ぺぱくま さんのブログ記事

  • 大賀ハス(もどき) 制作中
  •  先日制作した蓮池ジオラマのハスは直径15φだったがサイズUPし直径20φの花を作ってみた。紙は白色和紙を使用し絵の具で大賀ハスを真似て着色した。最初に右上画像のように4枚重ねで試作したが実物の大賀ハスを観察すると意外と花弁数が少なく花弁1枚が大きいので左上画像のように修正した。 開花1日目と4日目の花托としべのみ状態、ツボミも同時に作ってみた。失敗したスチレンボードの土台に仮差して花の状態を確認した。 [続きを読む]
  • 蓮池 ジオラマ 完成
  •  コレクションケースDM10に収めるため花の試作品は約20φだったが15φに小さくして葉、つぼみ、開花5日目の咲き切った花、ヨシ、睡蓮などを追加し完成にした。背面のハス足元にスイレン3色追加し葉は大きさ、色等変化させて現実味を出してみた。右側にはヨシを追加したがヒメガマのほうが面白かったかも。ハスの葉は中心部が凹むように中心から少しずらした点から切れ込みを入れ逆円錐状に加工し、葉脈をモデラで跡付け [続きを読む]
  • ハスの花 試作
  •  蓮池での満開が待ち遠しくて作ってみることにした。花弁のカール具合が強力なので好きな花でありながら作ることを避けていた。花弁一枚一枚を切り抜きながら接着するつもりだったがクラフトパンチを使用しての制作方法が使えないかと試しに15φくらいにサークルカッターで切り抜いてから5枚、6枚花弁に切り抜き花茎のワイヤーで中心を貫通させてみた。先丸のモデラでしごき、強めにカールさせたところ違和感が少ない感じで仕 [続きを読む]
  • 山野草 秋 完成
  •  落ち葉やツワブキの幼葉などを最後に追加して完成。かなり盛り込み過ぎの感はあるがだいたい同時期に見ることが出来る植物をまとめてみた。  左側面                    右側面 黄色い斑点がホタルのようにも見え別名がホタルツワブキというキモンツワブキ。表面の光沢が特徴なのでホビーカラーの黄緑色と黒色を混ぜ着色し黄色は筆を弾いて点状着色。小さめに成形し幼葉ということで。カエデはGREEN STUF [続きを読む]
  • ナンバンギセル 制作
  •  トリカブトに続きマニアックな植物を探していたところ、去年筑波実験植物園で通路の杭がススキ側に一部広げてあるのを不思議に思い職員の方に尋ねたらナンバンギセルの観察用に広げたとのこと。確認すると確かに数本ギンリョウソウのような形状で咲いていたのを思い出した。ススキなどイネ科の根に寄生するということらしい。ということでススキの下部も制作する必要がありクリーム色の紙バンドを裂きススキの葉を黄緑色のタント [続きを読む]
  • トリカブト 制作中&進捗
  • ホトトギスと同時期に咲く山野草の中で面白い形状の花を過去に撮影してきた写真から探していたらトリカブトが目に入りググってみると数十種類有るらしい。兜の部分が烏帽子(えぼし)に似て深いものや浅いもの、真っ青や紫色など画像を見ているだけでも創作意欲が湧いてくる。ホトトギスと同じコレクションケースに収めるため背の低い個体を作ってみた。 使用した紙は紫色のタント紙。 シベ部分はメモ用紙。クラフトパンチが使用 [続きを読む]
  • ホトトギス(花) 制作中
  •  時期はずれではあるが魅せられる山野草の一つなのでコレクションケース収容サイズで作ってみる。絵の具の弾き着色が不要な白から作り始めた。シベ周りの加工が難しかったが下画像のようにクラフトパンチを駆使しての加工。赤紫色の種類は点状模様の具合を確認するため何個か試作した。手持ちのパンチ2種類を使用し打ち出した後アートナイフで各所を切り飛ばし加工。オシベのヤクは1.2φのポンチで打ち抜き後貼り付け。 [続きを読む]
  • コマクサ 制作中
  •  花も葉も作りづらい形状なので避けていたが何とか型紙が出来たので試しに作ってみた。花はセリアの1パンチで大小2個のハートが打ちだせるクラフトパンチを使用。大きいハートを使い、あとで着色しやすいよう白色のタント紙を切り抜いた。ハートの中心から先端に向け切れ込みを入れ中心が膨らむよう加工。芯は30番ワイヤーで白いフローラテープを厚みが出るようハート中心付近を厚く巻いた。最後に実物画像を見ながら赤く着色。 [続きを読む]
  • ど根性な植物たち 完成
  •  わずかな土で無理やり成長を続ける植物をあらためて観察してみるとそのたくましさに驚かされる。下画像は先日、水戸市植物公園での一こま。別の面にはユリと思われる植物も成長を続けている。その感動をジオラマに収めてみた。 上の画像の最も成長が著しいビロウドモウズイカらしい植物、種子でも繁殖可能なシンテッポウユリ、カエデを垂直石壁に、マンホールの隙間から伸びるペチュニアを石壁上面に配置してみた。公園内に実在 [続きを読む]
  • アジサイ園 ジオラマ完成
  •  アジサイ園の階段で咲く「墨田の花火」のジオラマが完成した。少しでも立体的な風景にしたかったので階段にしてみた。ベースは5ミリ厚のスチレンボードを階段状に加工。階段と植栽区域の境目の木柵、階段の角部分の木などは爪楊枝に着色し加工。 葉は鋸歯なのでデザインナイフで加工し花の色の白と薄青で葉の色も微妙に変えてみた。  [続きを読む]
  • アジサイ 「墨田の花火」 制作中
  •  時期的に最盛期なアジサイを作ることにしたが、通常のこんもりタイプではありふれていると思いガクアジサイにした。その中でも墨田の花火という品種がとても魅力的に感じるので白、薄青の2色にしてみた。ダイソーの1パンチで大小3個ずつ打ち抜けるタイプ(小)とセリアの1パンチで大中小3個打ち抜けるもの(中小)を使用し3枚をずらして外周の花を作った。中央にクイリングニードルで穴をあけ35番ワイヤーを接着。中央の極小の花 [続きを読む]
  • ホタルブクロのジオラマ完成
  •  ツユクサを植えてあとは何を作ろうかと撮影してきた写真を見ながら探していたところドグダミが写っていたので早速成形した。スケールは5分の1程度だろうか。カタバミも写っていたので作ってみた。あとは雑草の部類に入る植物としてオオバコを植え、地面に落ち葉、枯れ枝等を配置して完成にした。   [続きを読む]
  • ホタルブクロとツユクサ 進捗
  •  ケースに収めるとぎりぎりなサイズになりかなり窮屈な感じがする。ホタルブクロと一緒にキンシバイを植える予定だったがケースのサイズに収まらなくなりそうなのでツユクサに変更した。空いているスペースをどうするか考え中。黄緑色のタント紙をハート型に切り抜き二つ折り。その中に画像のポンチで打ち抜いたタント紙を組み合わせ花の部分を作った。 [続きを読む]
  • ホタルブクロ 制作開始
  •  以前作ったホタルブクロより縮小してコレクションケースに収まるよう花部分を作ってみた。画像下端が型紙になるがツリガネ型の筒形状は難しいので簡略化して円筒形に組んでその中に先端を削った割りばしを入れ筒の閉じた部分を成形した。一緒に収める花としてキンシバイを作る予定。 [続きを読む]
  • イワカガミ・チングルマのジオラマ完成
  •  高山植物のイワカガミをメインにして岩場に咲いている風景をジオラマ化してみた。ベースと岩はいつも通りスチレンボードを成形し表面にクラフト調てんぷら敷き紙を貼り付けてアクリル絵の具で着色。イワカガミの特徴である葉の光沢を再現するため「つや色折り紙」を使用。葉の実物に近付けようとホビーカラーを実物に近い色に調色して着色。艶消しはアクリル絵の具、つやありはホビーカラーで塗り分けた。 チングルマが近くに [続きを読む]
  • コンデジ用リングライト自作
  •  薄暗い温室でのマクロ撮影時に役立ちそうなライトを自作してみた。結果は光源が無い時の緊急時、背景を黒くつぶしたいときに使えそうな感じ。コンデジへの固定方法は模索中。テストはこれから植物園温室でしてみるつもり。LEDは5年以上前にヤフオクで落とした1個あたり20円のもの。ケースは100均の冷却スプレーのキャップで内側にキッチンテープを貼り付けて光漏れ防止。外側はいかにも玩具っぽいので黒カッティングシート [続きを読む]
  • 自作レフ板 測量野帳サイズ+カッターマット仕様
  •  事情がありデジイチを手放しコンデジを使用することになり落ち込んでいたが、少しでも撮影を楽しめるよう道具を自作することにした。カメラバッグが不要になったので観察ノートをB5から測量野帳に変更した。本当はSKETCH BOOKと刻印されている3ミリ方眼が欲しかったが店頭に無くLEBEL BOOKを購入。以前もB5サイズのレフ板を自作して重宝していたので今回は100均のカッターマットで出し入れしやすいよう測量野 [続きを読む]
  • 菖蒲園ミニジオラマ完成
  •  モデリングウォーターの表面がやっとグミ程度に硬化したので接着剤でスイレンの花と葉を貼り付け完成にした。涼しげな雰囲気になり眺めているだけで風を感じている。モデリングウォーターの特徴をよく知らずにカキツバタの葉に浸み込んでしまったのが失敗。透明感は素晴らしいが完全に硬化するのだろうか?3日ほど経過して未だグミのような柔らかさで心配だ。 [続きを読む]
  • 菖蒲園ミニジオラマ進捗
  • カキツバタ・ショウブ・アヤメの違いは分かりづらいが今回は水中でも自生するカキツバタを作ってみた。木道とスイレンも一緒にすることで菖蒲園のジオラマと一目でわかるようにした。スケールはバラバラになってしまったが狭いスペースに収めるため少し強引に配置した。カキツバタの花は紫/藤色の両面折り紙、葉はタント紙、木道は画用紙8枚重ねに木目折り紙貼り付け、木道の足は爪楊枝、制作中のスイレンはタント紙使用。今回水の [続きを読む]
  • イカリソウのジオラマ
  • 花のスケールが1/10の鉢植え仕様にするには小さすぎて作りづらいので約1/4のスケールでダイソーのコレクションケースDM10内にジオラマ化することにした。このコレクションケースを探すのに6件ほどダイソーをはしごしてやっと見つけた。花の大きさは約7ミリでタント紙の薄ピンク、濃いピンクの2色使用。適当なクラフトパンチが手元に見つからず全て手切りの作業。葉は3サイズを混ぜて周囲を薄茶色に着色した。べースはスチレ [続きを読む]
  • シラン・タイツリソウ・カタクリ制作
  • 約十分の一サイズのペーパープランツを追加した。タイツリソウは以前からどうにかして作りたいと思っていた。赤いハート型の花の幅は約3ミリでポンチで打ちだしてからデザインナイフでハート型に成形し厚みを出すため1ミリポンチで打ちだした厚紙を間に挟み2枚を貼り合わせた。ツボミ状態の個体は簡単だが開花状態の個体は極細に切断したタント紙を剣状花弁(?)のつもりで両脇に接着した。葉も牡丹のように2回3出羽状複葉で非常 [続きを読む]
  • 桜草3種追加・桜草花壇に並べてみる
  •  十分の一スケールの桜草花壇に合わせた5号鉢相当の山野草鉢植えを並べてみた。まだまだスペースに余裕があるので次に何を作るか考えるのが楽しい。鉢底にM6ナットを埋め込んだおかげで横倒しにならず鉢の移動も楽にできる。今回制作したのは上の3種類で花は5φと4φのポンチで紙を打ち抜き後デザインナイフで花弁を加工した。花茎をどう作るか悩んだが 1ミリ程の幅で短冊状に切った黄緑色のタント紙をワイヤーの先端に巻き付 [続きを読む]