ぺぱくま さん プロフィール

  •  
ぺぱくまさん: キツネノマゴたち
ハンドル名ぺぱくま さん
ブログタイトルキツネノマゴたち
ブログURLhttp://pepakuma.blog.fc2.com/
サイト紹介文花や動物のペーパークラフトでジオラマを作りペットボトルに収めて飾っています。花の写真も。
自由文4L、500mlなどの空きペットボトルに植物園や花の咲く風景などを紙をメインにジオラマ化しています。
ボトルキャップやボトル外側の装飾などもいろいろ試しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/09/19 23:09

ぺぱくま さんのブログ記事

  • 花の回廊 ベース進捗 側壁ガラス窓
  •  場所が分かりやすいよう花の回廊の側壁を加えてみた。柱は画用紙を巻いて外側にフレンチマーブル紙を貼り付け大理石ぽい質感になった。φ10窓ガラスはOHPシートのコーティングをエタノールで剥がし外壁内壁で挟み固定。ブラインド形状の窓ガラスは若干曇りガラスな感じを出すためクリアファイルを使用しアクリルカッターで筋を付けてみた。柱の上側をつないでいる構造物はスチレンボードで作り全体にコンクリート模様を印刷 [続きを読む]
  • 花の回廊 ベースを作ったはいいが・・・
  •  スチレンボードにてんぷら敷き紙を貼り付け絵の具で着色してみた。レンガ部分はこちらのフリー素材からDLさせて頂きマット紙に印刷した。ここまで作ったはいいが植栽域の範囲を欲張りすぎたことに気付いた。このスケールで植物を作ると小さすぎて特徴的な部分が再現できないかもしれない。現地の植物と全く同じ並びで作る必要はないのだがかなりの違和感が出てきそうな気がする。 [続きを読む]
  • 花の回廊 ベース作り開始
  •  アリストロキアの花を作るにあたってどうせ作るなら実際の植物園温室のジオラマにしてみようと水戸市植物公園の観賞大温室内「花の回廊」の構造を真似てまずはベースを作ってみた。向かって右側が北側入り口になる。そこからダンドク植栽域あたりまでの傾斜がついた通路、植栽区域を10ミリ厚スチレンボードを2枚貼り合わせカッターで削ってみた。奥の白いスチレンボードのみ5ミリ厚になる。アリストロキアは中央付近に2列作る [続きを読む]
  • アリストロキア_ギガンティア 花の模様を印刷
  •  幾度も作ろうとしては花の模様をどうするかで諦めていた。昔、祖母がこのような模様の前掛けをしていた記憶があったので色々検索をして「絞り模様」に近いということは分かったのだがそのものズバリな模様は見つからずその後思い出しては検索して探していた。和風模様の中に似ているものがあることが分かり試しに印刷してみると雰囲気は出ているように思える。なので絵の具でお絵かきではなく印刷して切り抜くことにした。使用さ [続きを読む]
  • 養命酒 薬用ハーブ園ジオラマ 完成
  • 最後に猫のミニチュアやテッポウユリなどを配置して完成にした。今までのボトル植物園と比較するとスカスカ感が否めないが円形ウッドデッキ上に展示物を多く並べていないのと地面の起伏が無く樹木が少ないのが原因のようだ。ウッドデッキの広々した解放感を少しでも残したく思いデッキ上はコウホネと市販マグネットの猫だけに抑えてみた。 ダイソーのアーチ深型コレクションボックスのカバーを装着したところ。ベースとの接着は両 [続きを読む]
  • 紅白モミジアオイ 追加
  • 円形ウッドデッキ左奥があまりにも寂しいので紅白モミジアオイを作ってみた。現地には無いのだがハーブ園はキハダが主役なので樹木ではなく背の高い草花ということで選んでみた。モミジのような掌状の葉が特徴で花径も大きく花弁にツヤがあり美しく感じる。近所の七ツ洞公園で実物をよく観察してから作り始めた。タント紙はつやが無いので両面赤色折り紙を使用。現在までの全景。 [続きを読む]
  • ミソハギ・レモンバーベナ 追加
  •  通路との境界線に植栽する植物をこの植物園で満開状態のミソハギにしてみた。葉は十字対生なので四角形の茎に植毛し易いが花序は細かすぎるので1ミリ角のピンク色和紙の中央を凹ませ貼り付けていった。薬用成分が多く含まれる草花の中から植栽植物を選定するのだが香り付け用のハーブで限定すると数少ないが薬用成分を多く含む植物に範囲を広げると結構種類が多いことが分かった。朝鮮朝顔やトリカブトといった変わった形状で創 [続きを読む]
  • ラティスとハニーサックル ペパクラ追加
  •  カールのクラフトパンチ デイジーSを利用して花弁の曲線を綺麗に出してラティスにからめてみた。パンチで打ち出したものを花弁1枚づつに切り分け上2枚、下1枚で接着し濃いピンク色のタント紙で作った円錐に差して固定。ツボミは同タント紙を巻いて上側の切り口にボンドで盛り上げて着色し断面の目隠をした。葉もタント紙だが花側の2枚はユーカリの葉のように左右の葉が融着したような形状なので真似てみた。ラティスは方眼カッ [続きを読む]
  • ハーブ園 中央 鉢植え多種追加
  •  芝生の通路とウッドデッキの間に並べてある鉢植えとレモンバーべナ植栽区域などを作ってみた。鉢は3種類で鳥形植木鉢、帽子を逆さにしたような鉢、木材を縦割りにして貼り付けたような四角鉢。一番手前は開花ウコンとフレンチラベンダー。ラベンダーはローズマリー同様、植毛作業に時間を要した。葉はローズマリーより大きめ。その奥はヤマシャクヤク・レモングラス・エキナセア・紅花。手前中央のアーティーチョーク。形状が特 [続きを読む]
  • ハンギング周り ナスタチウム・ローズマリーなど追加
  •  薬用ハーブ園の開園直後に撮影してきた写真を確認しながら比較的作り易そうなハーブを作ってみた。ナスタチウムは5ミリのスクリューポンチで打ち出してから各加工をした。葉の白い葉脈は絵の具でお絵かきしたが太さが不均一で太すぎた。ローズマリーはまさに植毛作業で11本作るだけで半日かかってしまった。チャイブは花を発泡ビーズで作るつもりだったが花の構造をどうしても再現したくこの形になった。 青シソ・赤シソはグリ [続きを読む]
  • 入口付近 バジルなど ペパクラ追加
  •  ハーブ系は葉が細かく作りづらいが 比較的作りやすそうなものをドライストーンウォール前に植栽してみた。葉のふくらみが特徴のバジルはタント紙を手切りし裏側からモデラで強くRを付けた。茎はタント紙を重ね貼りし細切りにしたのでワイヤーの茎より葉を接着し易いが断面が四角なので十字対生になり上から見ると葉の隙間が目立つ。せめて茎の断面が6角形になれば葉が自然な感じで広がると思うのだが・・・メハジキの葉はカエ [続きを読む]
  • クマガイソウ・ツワブキ・ヤブランなど追加
  •  ドライストーンウォーリングの裏に植栽してあるクマガイソウを以前作ったものより更にサイズダウンして3株制作。唇弁7ミリ、全高23ミリ。最重要な唇弁は右上画像のように接着剤を付け過ぎないよう下側からカールさせた。 円形ウッドデッキ周りの見逃しそうな場所に咲いているツワブキとヤブランを追加。ヤブランの花は花弁の一つ一つを作れるサイズではないので両面折り紙の藤色/紫色を1ミリ角以下の正方形に切り出したもの [続きを読む]
  • ハンカチノキ完成・鳥形植木鉢など進捗
  •  コレクションボックスの端に配置するので片側のみ制作した。葉を3枚と白い花(苞)を1つのユニットとして先に作り26番ワイヤーにフローラテープで巻いていった。樹皮のひび割れた模様は絵の具で試みたがへたくそなので雰囲気しか再現できず残念。 ハンカチノキを仮植えしてみるとなかなか雰囲気が出てきた気がする。芝生とスノコはレイアウトに非常に苦慮したが表面が凸凹しているマーメイド紙を使用。ドライストーンウォール [続きを読む]
  • 掃除道具・キハダ・ハンカチノキ部品 ペパクラ制作中
  • リアル感を上げるため掃除道具をハンギングパレットの裏に配置。実際には斑入りシャガが植栽してあるが見えないところなのでかえって手の込んだ物を並べてみた。メッキ部分は銀紙、ポリバケツのビニール袋はトレーシングペーパー使用、他はクラフト紙やタント紙で制作。 ハーブ園のシンボルツリーのキハダの樹皮は撮影してきた写真を加工印刷しリアルに仕上げた。高さ制限は11.5cmなので枝別れ直上で切断し断面形成のため印 [続きを読む]
  • 養命酒薬用ハーブ園_ウッドデッキ・案内板_ペパクラ制作
  •  水戸市植物公園内の養命酒薬用ハーブ園のジオラマ化に向け花のサイズを決める前にアイテム作りを先行していくことにした。茶色の画用紙6枚重ね貼りからサークルカッターで切り抜き。デッキ表面は実際に切断し 別に切り抜いた同サイズの画用紙に貼り付けていった。基礎部分(デッキ直下)は厚紙を3枚重ねで正八角形に切り抜き木目折り紙はりつけ。確実に安定させるため中央には10ミリスチレンボードを八角形に切断し周囲に黒画用 [続きを読む]
  • ドライストーンウォーリング ペパクラ 完成
  •  昨日制作した看板を虫ピンを使用して壁に取り付けた。実物は透明なアクリル板だが、このミニチュアでは後のレンガの模様で文字が非常に見づらい。100均で表が艶消し透明のファイルを購入して透明な看板の裏に当ててみた。裏側は厚紙を小さめに切り抜き看板裏に貼り付けて壁面から数ミリ浮かせてみた。 壁内部にスチレンボードを仕込み正面の看板が垂直になるよう壁面から離し虫ピンが動かないよう差し込み固定させた。今後は [続きを読む]
  • ドライストーンウォーリング ペーパークラフト制作中
  •  水戸市植物公園内に最近出来た薬用ハーブ園、ドライストーンウォーリングのモニュメントが目を引く。モルタルなど接着剤を使用しない石積みの工法ということだ。右上画像が実物だが壁上部に縦置きされている石が綺麗な曲線を描いていて美しさを感じる。そこで紙でミニチュアを作ることにした。平積み部分は撮影してきた写真をもとに印刷で対応し上部の縦置き石を厚紙を2〜5枚張り合わせ切り抜いてみた。実物のように不揃いに凸 [続きを読む]
  • 大賀蓮池ジオラマ完成
  •  前作より二回り大きいサイズのダイソー「コレクションボックスミニ・フラット台座」を容器に使用した。花の大きさからこのサイズが適当な気がする。サブ植物や構造物のスペースもあるので。観賞台のスケールが花と比較して小さめだがハスがメインなので邪魔にならない大きさにした。レンコン型のベンチと大賀ハス看板も追加してみた。 サブとして前回はヨシとスイレンだったが、面白さを求めてガマとカキツバタとスイレンにして [続きを読む]
  • 大賀ハス(もどき) 制作中
  •  先日制作した蓮池ジオラマのハスは直径15φだったがサイズUPし直径20φの花を作ってみた。紙は白色和紙を使用し絵の具で大賀ハスを真似て着色した。最初に右上画像のように4枚重ねで試作したが実物の大賀ハスを観察すると意外と花弁数が少なく花弁1枚が大きいので左上画像のように修正した。 開花1日目と4日目の花托としべのみ状態、ツボミも同時に作ってみた。失敗したスチレンボードの土台に仮差して花の状態を確認した。 [続きを読む]
  • 蓮池 ジオラマ 完成
  •  コレクションケースDM10に収めるため花の試作品は約20φだったが15φに小さくして葉、つぼみ、開花5日目の咲き切った花、ヨシ、睡蓮などを追加し完成にした。背面のハス足元にスイレン3色追加し葉は大きさ、色等変化させて現実味を出してみた。右側にはヨシを追加したがヒメガマのほうが面白かったかも。ハスの葉は中心部が凹むように中心から少しずらした点から切れ込みを入れ逆円錐状に加工し、葉脈をモデラで跡付け [続きを読む]
  • ハスの花 試作
  •  蓮池での満開が待ち遠しくて作ってみることにした。花弁のカール具合が強力なので好きな花でありながら作ることを避けていた。花弁一枚一枚を切り抜きながら接着するつもりだったがクラフトパンチを使用しての制作方法が使えないかと試しに15φくらいにサークルカッターで切り抜いてから5枚、6枚花弁に切り抜き花茎のワイヤーで中心を貫通させてみた。先丸のモデラでしごき、強めにカールさせたところ違和感が少ない感じで仕 [続きを読む]
  • 山野草 秋 完成
  •  落ち葉やツワブキの幼葉などを最後に追加して完成。かなり盛り込み過ぎの感はあるがだいたい同時期に見ることが出来る植物をまとめてみた。  左側面                    右側面 黄色い斑点がホタルのようにも見え別名がホタルツワブキというキモンツワブキ。表面の光沢が特徴なのでホビーカラーの黄緑色と黒色を混ぜ着色し黄色は筆を弾いて点状着色。小さめに成形し幼葉ということで。カエデはGREEN STUF [続きを読む]