Takako.y さん プロフィール

  •  
Takako.yさん: スウェーデンで理想の生活〜家族の幸せを求めて
ハンドル名Takako.y さん
ブログタイトルスウェーデンで理想の生活〜家族の幸せを求めて
ブログURLhttp://sverigelif.exblog.jp/
サイト紹介文2016年に30代夫婦と娘(当時2歳)とスウェーデンに移住。教育、移民としての生活を綴っています。
自由文私の将来、夫(日本人)の仕事、娘の教育のことを考えてスウェーデンに移住しました。
日本では主婦+大学生をしており、大学では児童学を学んでいました。その学びの中からスウェーデン流の教育、社会のあり方に魅せられ移住を決意しました。スウェーデン語をゼロから学び、スウェーデンの幼稚園の先生を目指しています。30代からでもいくらでも人生を変えていけるスウェーデン社会でのチャレンジをお伝えしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 222日(平均1.1回/週) - 参加 2016/09/21 04:15

Takako.y さんのブログ記事

  • 「スウェーデン学校教育の歴史」 展示へ
  • 珍しく観光の投稿。今日は夫と娘がアマチュアラリーの観戦に行ったので、私は1人活動‼?スウェーデンで教師をされている方のブログで紹介されていたスウェーデンの国民学校開設175周年の展示を見にストックホルム中心部まで出かけてきました。今年に入ってようやく電車に1人で乗れるようになり、行動範囲が広まりました。昨日たまたま語学学校の遠足で、市内の路面電車に乗りました。今日行く美術館... [続きを読む]
  • これからの計画
  • 出産まであと10週をきりました。トラブルもなく、上の子の理不尽な振る舞いに右往左往の毎日で、妊婦ということを忘れてしまいます。それでも出産は刻一刻と迫ってきています。産後は約1年の育休(?)が待っています。私の移住目的を達成するためにも、計画的に過ごしたいものです。※我が家の移住目的は3つ。①娘の教育②私のキャリア③夫のワークライフバランス詳しくはこちら → ... [続きを読む]
  • 日本の教育改革 〜 幼児教育を勝手に解説 〜
  • 先日Facebookで2020年の教育改革について、News picksの特集記事をシェアしました。シェアの投稿でしたが、意外と反応がありました。これからの日本を担って行く子どもの教育について、関心が持たれているのでしょう。そして、子育て世帯はやはり気になるところだと思います。News picksの記事では、幼児教育について触れられていませんでしたが、幼児教育ももちろん改革の一つ... [続きを読む]
  • 娘のスウェーデン語 〜2ヶ月でどこまで話せる?
  • 言葉シリーズ第3弾は、娘のスウェーデン語の発話状況についてお伝えしたいと思います。夫が先にブログにしていたので、そちらもどうぞ。→ 3歳の娘のスウェーデン語習得状況から考える幼児の語学教育方法(登るし飛ぶし、まさに幼児)◆子どもの言葉の習得については何も心配いらない、これは事実なのか?現在2ヶ月と3週間、ほぼ毎日Förskola 就学前学校に6時間/1日 通って... [続きを読む]
  • スウェーデン語学校のレポート
  • 言葉つながりで、今日はスウェーデン語学校について書こうと思います。私は1月から本格的にスウェーデン語学校に通っています。月曜〜金曜8:30〜12:00 ※30分休憩…(長すぎ)※金曜はオフィシャルには11:30だけど、早く終わったりするクラスメイトはスタメンが約30名。他15〜20名くらいが在籍しているんだろうけど、来たり来なかったり。私は今はスウェーデン語初心者、... [続きを読む]
  • "英語ペラペラ" でない私が1年も外国に住めた理由
  • 私はタイトル通り英語ペラペラではありません。私は典型的な日本の英語教育だけを受けて大人になりました。ですので、中学校レベルの文章しか話せないし、語彙も本当にお粗末なものです。それでも外国に1年住めました。(年末の写真。ちゃんと話してそう‼? )引きこもっているわけではなく、子どもを連れて児童館にも通っていましたし、友達もできました。先日はその友達と金曜の夜にストックホ... [続きを読む]
  • 25週目の妊婦健診
  • 妊娠7ヶ月に入りました。1人目の時には、妊娠についての本を読んで、妊娠◯ヶ月の赤ちゃんの成長や母体の変化を熟読していました。それが今では、2人目ゆえなのか、トラブルなくここまできているので、ほとんど意識していません。ありがたいことです。さて、今回の健診は血圧測定、体重測定と赤ちゃんの心音と子宮の大きさをメジャーで計測、貧血と血糖値の検査でした。もちろんエコーはありません。赤ち... [続きを読む]
  • スウェーデンと日本の幼児教育の違い
  • 娘がFörskola 就学前学校に通い出して1ヶ月半が経ちます。今日は学校の教育、生活風景で日本との違いを感じたところをお伝えしたいと思います。※娘の通う学校のレポートです。スウェーデン一般ではありませんのでご注意下さい。まずは「挨拶」。日本の幼稚園、保育所、各学校も朝の挨拶をはじめ、様々な挨拶を徹底していることが多いと思います。娘の通う学校の朝の風景を見てい... [続きを読む]
  • スウェーデンで妊婦生活
  • 今妊娠6ヶ月です。先日、エコー検査をしたところ、問題なく育っているようで母子ともに順調です。出産はスウェーデンでする予定です。なんていったって、妊婦健診から出産費用まで何から何まで無料ですから‼?‼?確かに言葉や習慣の違いなどもあり、心配はゼロではありませんが、出産自体は2回目なので、色々と想定はできるので、今のところ不安はありません。さて、こちらで妊婦になった場合、日... [続きを読む]
  • 初めての親子分離生活
  • 娘がFörskola 就学前学校に通いだして、約2週間が経ちました。調子は?というと、「山あり谷あり」というところです。最初2日間は訳もわからず、同世代の子ども達がいっぱいいて、たくさんの刺激的な環境にわくわくしていたようです。しかし、2日目は張り切って1人で行くと言ったものの、お迎え1時間前に急に寂しくなってきたようで、泣き出してしまったとか……。その日は9時から15時で行かせる... [続きを読む]
  • Förskola 就学前学校の初日を終えて
  • 昨日は娘の就学前学校の初日。何の問題なく終えられました。9時に到着すると子ども達は元気に雪の残る園庭で各々自由に遊んでいました。私たちにの到着に気づいた担任の先生に挨拶をすますと、朝は9時30分頃までは外遊びの時間との説明を受けました。娘は園庭をうろうろ様子を見て、雪解け水で水たまりができているところを見つけ、座り込んで遊び始めました。ちょうどその周りにスコップやバケツなどが... [続きを読む]
  • いよいよFörskola 就学前学校始まります
  • 明けましておめでとうございます。案の定、お正月らしさにかける年末年始でした。さて、いよいよ娘の就学前学校が明日に迫ってきました。最初は拒否気味だった娘も、パパの言い聞かせで、自覚が持てたようです。12月5日に自治体からメールが届いたので、約1ヶ月の準備期間がありました。ただ、何を準備していいのか、なにも手がかりがありません。ご近所さんいわく、就学前学校から直接、封書が届くと... [続きを読む]
  • Förskola 就学前学校が決まりました‼?
  • 今日、自治体からメールにて連絡がありました。ー娘さんの就学前学校の席が確保できたので、5営業日以内にe-サービスに返事をして下さい。ーとの内容でした。しかも、決まった先は、見学に行った第一希望‼?第一希望の学校に通える家庭が少ない中、我が家は本当についています。それに「少なくとも4ヶ月待って下さい」とさんざん言われてたわりに、実質待機期間は3ヶ月でした。空き情報を... [続きを読む]
  • Förskola 就学前学校の見学
  • 住宅地の外れに位置し、目の前が湖で、その向こうに森の広がる就学前学校を見学してきました。建物は白塗りで三角屋根の2階建てが2棟つながっています。学校というより、お家という感じがします。玄関からは広い広い園庭にすぐ出られます。当然のことながら、隣接する建物はなく、就学前学校だけの空間です。対応してくれたのはおそらく、30代の女性で、ピアスもタトゥーもしていました。日本では全く... [続きを読む]
  • Förskola 就学前学校の申し込み
  • スウェーデンの就学前の子ども達が通う施設は、Förskola 就学前学校 と言います。ここには、1歳から5歳(年中年齢相当。これについては別途お伝えしたいです)までの子どもが通う教育施設です。といっても、もちろん保育の部分も担うので、日本の保育所と幼稚園が一元化した施設です。スウェーデンの幼保一元化は1996年に行われているので、日本の20年も先をいっているといえます。... [続きを読む]
  • このレシピさえあれば‼?
  • スウェーデンのお宅にお邪魔した時に、手作りのパイを頂くことがあります。パイといってもパイ生地に包んで焼いてるわけではなく、フルーツの上にクッキーのようなカリカリした生地をのせて焼いてあるものです。そのおいしいこと‼?‼?これはいったい何なのか、と調べたら、「クランブル」というトッピングということが判明。日本語のレシピで何回かチャレンジしましたが、どうもあのカリカリ感が再現... [続きを読む]
  • 娘の成長と言葉の教育について
  • 娘は現在3歳1ヶ月です。3月にスウェーデンに来た時は、環境の変化についていけず、「日本に帰りたい」ということをたびたび口にしていました。今は「スウェーデンに戻ってきてよかったね」と言うほどになりました。就学前学校に申し込みしましたが、まだ待ちの状態なので、平日は私と過ごしています。ルーティンは児童館に週2回、私のスウェーデン語のレッスンに先生のお家、公園で過ごしています。児童... [続きを読む]
  • スウェーデン語レッスン
  • 今日からスウェーデン語の個人レッスンを受けることになりました。というのも、日本に1年間住んだことがあるという人が児童館にいたんです。私と娘が話していると「日本人ですか?」と声をかけてきてくれました。7年前に日本に住んでいて、日本語の勉強をしていたそうです。スウェーデンに戻ってからは、特段日本語を使うこともなかったので、ほとんど忘れてるけど、日本語が聞こえてきてびっくりした、と話してく... [続きを読む]
  • 念願のブルーベリー摘み
  • 先週末にブルーベリー狩りに行きました。スウェーデン人のお宅にお邪魔すると、かなりの確率でブルーベリーパイやタルトをご馳走になります。そしてだいたいみなさん「この前の夏に採ったブルーベリーだよ」とおっしゃいます。スウェーデンでは夏の恒例行事で、みなさん森に出かけてブルーベリーやリンゴンベリーやらを山ほど採ってくるようです。今年の夏はあいにくその機会がなく、来年に持ち越しになってい... [続きを読む]
  • 教会のOppena förskola
  • 市内にある教会が開くOppena förskola の存在を知り、さっそく遊びに行きました。教会まではバスで移動です。公共交通機関に乗るのは毎回ドキドキします。メジャーな路線ではないし、平日9時台ということもあり、ガラガラで少しホッとしました。乗ること10分弱。バス停の目の前が教会でした。中に入るとものすごく綺麗な係り人が出迎えてくれましたが、見慣れないアジア人という... [続きを読む]
  • やることがないのか、あるのか……
  • 8月はほぼ毎日、大学に通っていたので、久しぶりの娘との2人生活に何をしていいのか勘がにぶっています。とは言っても、児童館と公園とスーパーへの買い物くらいしかないのですが……。日本だと平日に未就園児のための催しがありますが、こちらは通常1歳になると保育所に行くので、そもそも需要がないので供給もないようです。近所では教会が金曜日に歌のクラスを開いてるくらいです。児童館も各自で自由... [続きを読む]
  • Come back to Sweden
  • しばらくぶりにスウェーデンに戻ってきました。スウェーデンは朝の気温が10度そこらで、日中は20度いくかいかないか。すっかり秋です。そこら中の木に実がなっていて、こちらも秋を感じさせてくれます。何がすごいって、多くのお宅の軒先でリンゴが実っていたり、プラムが実っていたりしています。日本でいう柿のポジションなのかな、と思います。ご近所のママ友から「これうちの庭のプラム」と... [続きを読む]
  • スウェーデンのママ友と共感し合った2つのこと(後編)
  • 更新がずいぶんと空いてしまいました。というのも、共感し合った2つ目というのが、子どもには世界を広く見渡して、自分の望む場所で生きていって欲しいということだったのです。スウェーデンに移住しましたが、娘に一生スウェーデンに住んでいて欲しいとか、日本にもいつか帰って欲しいとか、そういうことは考えていません。移民が多い国で、自分も移民として育ち、国籍、人種、宗教、文... [続きを読む]