サイジンシャスタッフ さん プロフィール

  •  
サイジンシャスタッフさん: 応援するぜFC岐阜!
ハンドル名サイジンシャスタッフ さん
ブログタイトル応援するぜFC岐阜!
ブログURLhttp://ameblo.jp/saijinsha/
サイト紹介文サッカー素人が送る、FC岐阜見たまま感じたままブログ!サッカー戦略・戦術がマトハズレなのはお許しを。
自由文岐阜の人材紹介会社、サイジンシャで仕事しています。主に転職・再就職のお手伝いです。FPのスタッフブログもあります。

会社は岐阜市の観光名所の川原町にあり、また近くには長良川の鵜飼や金華山もあるので、ぜひお立ち寄り下さい。岐阜市や川原町のみなさんが昔の賑わいを取り戻そうと頑張っておられますので、私たちもがんばります。

我が愛するFC岐阜も、いつかはJ1に昇格して岐阜を盛り上げてほしいな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 216日(平均1.1回/週) - 参加 2016/09/21 08:57

サイジンシャスタッフ さんのブログ記事

  • FC岐阜 17年ホーム讃岐戦
  • DAZNで観戦。いやぁ、良いゲームを見せて頂けました。開始早々、セットプレーで得点。セットプレーの練習は相当されているのでしょうか、バリエーションが豊富になっているのかな、と感じさせました。ショートコーナーでゴール前に放り込む球筋を変えながら、相手守備陣を混乱させ、古橋さんがこぼれ球を押し込んで一点目! まだまだ引き出しがあるんでは、と思わせるセットプレーでした。こうしたシーンを見るとセットプレーで [続きを読む]
  • FC岐阜 17年ホーム水戸戦
  • 生憎の雨にも関わらず4,000人を超えるお客さんが観戦されました。長良川スタジアムは屋根ある部分が少なく、到着した時は殆どのお客さんが屋根の下にいるように見えたのですが、結構入りましたね。天気が良ければ、この倍は来てくれたでしょうか。 ただ、芝生は相変らず水はけが悪いようで、スタッフの方が大きなローラーやモップを使って溜まった雨水をかきだしてました。(スタッフの皆様:ありがとうございます)前半 [続きを読む]
  • FC岐阜 17年アウェイ町田戦
  • Jリーグ放映で新規参入があったDAZNをお試しで加入、町田戦をインターネット経由で観戦しました。DAZNって結構止まるので、少々ストレスがたまります。契約を延長するかどうか、ちょっと迷っています。 さて、待ちに待った今シーズン初勝利となりました。立ち上がりはドタバタしてチャンスを作られたものの、しばらくするとチームは落ち着き、いつものパスサッカーでボールを支配します。私のような素人は、ボールを「持って [続きを読む]
  • FC岐阜 17年ホーム横浜戦
  • FC岐阜の試合を見始めて、恐らく最多の11,000人のお客さんが詰めかけました。やった、久しぶりの1万越えです。陽気が良かっただけでなく、「今年は変わった」と評判になったのでは、と思います。違うかな? さて、試合は残念ながら1−2で負けてしまいました。うーん、悔しいです。パスがポンポン回って相手陣内に入り込んでいくんですが、シュートが打てないので、得点に結びつかないですね。クロスで中に入れることもで [続きを読む]
  • FC岐阜 17年ホーム松本戦
  • 隣県の松本のサポーターが大挙して長良川のやってきてくれました。松本のゴール裏はお客さんの密度が濃かったですね。興業的にはありがたいことです。 さて、試合は大木さんが進めるポゼッションサッカーを展開するFC岐阜に対し、松本さんはちょっとずつかもしれませんが、ほころびを作るようなサッカーのような気がしました。例えば左右のライン近くにいる岐阜の選手にはプレッシャーをかけ、たまらず中に戻すFC岐阜のボー [続きを読む]
  • FC岐阜 17年アウェイ名古屋戦
  • せっかくの名岐ダービー、豊田スタジアムでの名古屋との戦いなので、嫌がる妻と子供を連れて観戦。子供は「岐阜で観ると思っていたから行くと言ったのに」とダダこね出すも、無理やり車に押し込んで連行、豊田まで行きました。豊田スタジアムは2度目ですが、やっぱり素晴らしいですね。ピッチを囲むように観客席が設置され、とても見やすいです。岐阜側のゴール裏に座ったんですが、反対の名古屋サポータが陣取るゴール裏は赤一 [続きを読む]
  • FC岐阜 17年ホーム山口戦
  • 自営で仕事していますと、日曜日でもなんだかんだとあって、あわててスタジアムに行くのが昨年からの常ですが、到着すると試合が始まっていて、点を取られていた、とか到着後すぐ失点、といったシーンが昨年多かったです。今年も、開幕のキックオフに数分遅れて、観戦席に着こうとすると、途端にチームはドタバタしながら失点。ありゃ、この悪い癖は今年もか・・・と少々がっくりしたスタートでした。 ところが、前半も2失 [続きを読む]
  • FC岐阜 17年開幕前その2
  • J2の開幕まであと2週間となりました。だんだんと陽もあたたかくなり、待望のシーズン到来です。あまり詳しくみていないのですが、大木さんの選手起用は、ラモスさんや吉田さんとだいぶ違うのかな、と感じます。入れ替わりがあったポジションはメンバーが変わることを予想できるのですが、DFは阿部さんや田代さん鈴木潤さんら昨年出番が多かった選手がテストマッチでは出ていないようですね。DFは体を張って相手選手を食い止 [続きを読む]
  • FC岐阜 17年開幕前
  • 早いもので2017年も2月になりました。いよいよシーズン到来ですね。2月26日のホームでの開幕試合、楽しみです。名古屋との一戦もわくわくします。ところで、チーム編成はもう終わったのでしょうか?FWが難波さんお一人では、ちょっと心もとないような・・・背番号9が空いているので、ここに点取り屋がはまってほしいです。 まだまだチームはスタートしたばかりですが、FCソウルとの練習試合も1失点に抑え、守備は充 [続きを読む]
  • FC岐阜 17年新体制の発表
  • FC岐阜新体制の記者会見が行われました。NHKでちらっと報道されたのを見ただけですが、失礼ながら、新監督の大木さんってサッカー少年がそのまま大人になられたような方ですね。ピュアな気持ちで純粋にチームを強くしたいとの想いが伝わるような方です。プロのチーム運営には、お金だとかスポンサーだとか古いしきたりだとか、きっと私が知らない世界があると想像しますので、純真さだけではなんともならないところがあるでしょう [続きを読む]
  • FC岐阜 16年〜17年選手の去就(その2)
  • レオミネイロさんの退団が発表されました。これまで何度もチームの決定的な瞬間を演出されたレオミネイロさん。多くの選手が契約を延長されず、プロの世界の厳しさを知らされてきましたが、逆に良い働きの選手が良い条件のチームに移るのもプロの世界でしょうね。厳しい状況が何時自分に降りかかるかわからないことを判っている選手が、高い評価をされるうちに好条件のところに移ることには理解をしなければならないと思います。 [続きを読む]
  • FC岐阜 16年〜17年 選手の去就(その1)
  • FC岐阜の選手の去就、野球でいうとストーブリーグですが、まだまだ情報が少ないようですね。他チームが順調に進んでいるように感じてしまうと大丈夫かな、とおもってしまいます。 そんな中で、レノファ山口の庄司さんの加入は、どうやら期待できそうです。今年のアウェイでの山口戦、柳ケ瀬のパブリックビューイングで見ていて、レオミネイロさんらの活躍で3−0と大きくリードしFC岐阜が優勢だった試合、途中で山口が10 [続きを読む]
  • FC岐阜 16年高地さんの契約満了
  • 契約満了の選手が発表され始めました。プロの世界は本当に厳しいです。私が気になったのは高地さんです。ラモスさんの監督就任にあわせて、きっと請われたのだと思いますが、FC岐阜にやってこられました。サッカー素人の私ですが、高地さんがボールを持つと「攻めるぞ」と、チームが勢いづいたような気がします。ボール捌きはきっとチームで一番じゃないでしょうか。東京Vとの最終戦、インタビューで感極まった高地さん。今年はチ [続きを読む]
  • FC岐阜 09年天皇杯アウェイ名古屋戦【回想です】
  • 16年のシーズンで、名古屋は戦績がふるわず、J2への降格が決まりました。Jリーグ発足以来ずっとJ1に留まり、優勝も果たしてきた名古屋がJ2に陥落するとは、驚いたものです。 私が初めてFC岐阜の試合を見に行ったのは、2009年の天皇杯準決勝、瑞穂競技場でのアウェイでの戦いです。それまで岐阜にクラブチームができたことを知っていたものの、さほど興味も持っていませんでした。ところが、準々決勝では当時J1 [続きを読む]
  • FC岐阜 16年吉田さんの退任
  • つい先週末、降格の危機を救ってくれたところだったのに。吉田さん退任の発表を見て、最初の感想でした。コメントを拝見すると、これからやりたいことがあったはずで、まずは足元の最大の目標を達成して、さあこれから、と思っておられたはずなのに。プロスポーツの世界は厳しいとはいえ、残念です。ラモスさんはチームをひとつにまとめきれなかったんだろうと推測しますが、そのままの状態で引き受けられた吉田さん。守りをしっ [続きを読む]
  • FC岐阜 16年ホーム東京V戦
  • いやいや、泣けてきました。前半に先制点を取られた時は、嫌な展開が頭によぎりました。東京Vはさすが伝統あるチーム、パス回しも上手くすこしずつボールが自陣に押し込まれてくる感覚です。相変らずウチの左サイドからのセンタリングが供給され、ひやひやする展開に。でもすぐに相手のクリアミスにレオミネイロさんが反応し同点。その後も1点を加えられるも、風間さんが押し込み同点、前半を終えました。 観客は、1万2千 [続きを読む]
  • FC岐阜 16年アウェイ熊本戦
  • ああ、やっぱり簡単には行きません。今日はTVでの観戦も叶わず、ネットで結果を知りました。ディフェンスの選手が5名、どのようなフォーメーションかわかりませんが、連勝の波は残した方が良かったのでは、と思ってしまいました。下位で争うチームはいずれも勝ち点を上乗せして、勝ち点の差は2ポイント。ということは、ウチが勝てず他チームが勝ってしまえば降格、となります。苦しい戦いは来週も続きます。J2に残りたいのは [続きを読む]
  • FC岐阜 16年ホーム横浜戦
  • 観戦に行く前のことです。以前は一緒に見に行っていた妻に、「ホームは残り2試合だから」と誘ったんですが・・・「相変わらず強くないんだよね」「いや、この前は勝った」「でもなぁ、お客さんも減ったしあまり面白いと思わないし。カズとか見れるんなら考える」「ちょうど横浜との対戦だよ。きっと出るよ。」「その言い方はカズが出れるかどうかわからないんでしょ。やっぱり負けそうだし行かない」「・・・・」とやはり一人で [続きを読む]
  • FC岐阜 16年ホーム群馬戦
  • 仕事でスタジアムへの到着は後半になってしまいました。入場した時は0−1でリードされている状況で、本年の初戦での負け方が頭をよぎりました。ただ、ゲーム自体は岐阜が支配しているように感じましたので「おや?」と思ったんですが、群馬は退場者を出していたんですね。そうなると、やはり勝ってほしいと思ってしまいます。そうこうするうちにレオミネイロさんがミドルをズバッと決めて同点!19時を回った夜のスタジアムは [続きを読む]
  • FC岐阜 16年アウェイ北九州
  • 他の降格争いのチームは勝ち点を積んだ中で、岐阜は連敗しついに最下位に転落しました。悔しいとしか言い表せません。TVで観戦した後半は、相手も引き気味となっており、岐阜にもチャンスが多かったです。ただ攻めの糸口が少なく、相手から見れば守りやすかったのではないでしょうか。中央でパスを受けても、前を向かせてもらえず、また高さはあるもヘディングで勝てず。左サイドからは有効なボールが供給されずじまい。これら [続きを読む]
  • FC岐阜 16年ホーム町田戦
  • 町田戦を観戦しましたが、他チームの結果も気になったので、ようやく月曜日になって書き始めています。金沢が勝って、ついに岐阜は21位まで下がりました。 ゲームはセットプレーがズバリ決まって先制!このまま行って欲しいのですが、そうはいかないですね。右サイドは阿部さんが攻守に渡りすごい運動量の仕事ぶりを見せてくれますが、左サイドは明らかに狙われていたように思います。2点とも左サイドから上げられたとこ [続きを読む]
  • FC岐阜 16年アウェイ京都戦
  • ちょっとショックで、なかなか書くことができませんでした。PKを取られる前のプレイで、競り合いから出た相手ゴールラインに向かって転がるボールを、レオミネイロオさんはそのままラインを割らせました。コーナーキックを選ぶためだったと思います。ですが相手ゴールキックの判定。えっ、と思っている間に京都が攻め込みPK獲得。この時アディショナルタイムは4分で94分を過ぎていました。PKはしっかり決められ、そのま [続きを読む]
  • FC岐阜 16年アウェイC大阪戦
  • TVで0−1とリードされている前半途中からの観戦。0−3から2点をもぎ取り、2−3まで相手を追い込んだんですが、あと一歩が及ばず、残念ながら敗戦となってしまいました。 前半終了間際、きれいにFKから2点目を決められそのまま前半終了、後半15分ごろにも3点目も決められ、先週の岡山戦のような展開を想像してしまいました。が、CKから岡根さんが鮮やかなヘディングで1点返すと、すぐその後レオミネイロさんの個 [続きを読む]
  • FC岐阜 16年ホーム岡山戦
  • 悔しさ、口惜しさいっぱいのゲームとなってしまいました。3連勝を期待していた、私を含め多くのサポーターのみなさんが辛い帰路だったんじゃないかなと思います。岡山との力の差をまざまざと見せつけられました。 振り返ってみて、最近うまく機能していたしっかり守りカウンターと個人技、という戦い方は、肝心の守備がほころび一旦ラインが下がり出すとうまくいかないように見えました。サイドを切り込まれてポンポンクロス [続きを読む]
  • FC岐阜 16年アウェイ山口戦
  • 途中抜けながらですが、柳ヶ瀬のPVを観戦。サッカーの魅力の1つである「ヒヤヒヤのピンチを耐えに耐えて掴んだ勝利の喜び」(私が勝手に思ってるのですが)を存分に味わえた、薄氷の勝利でした。後半は山口の10番の選手に自在にパスを配給され、防戦一方となったんですが、全員で守りきりました。良かった、ホッとしました。相手の大きく開いた左右からのクロスも、何度も跳ね返し、集中力も高かったと思います。なんとなくで [続きを読む]