africaj さん プロフィール

  •  
africajさん: グルグルつばめ食堂
ハンドル名africaj さん
ブログタイトルグルグルつばめ食堂
ブログURLhttp://gurutsuba.exblog.jp/
サイト紹介文都会の端っこ・山の始まりの手作りな暮らし。畑のこと、日々のパン、お料理、発酵の実験、子育てのこと。
自由文長いスペイン生活から戻ってきました。パパは週末ハンター、私はお料理が大好きで、畑と手作りベーコンやパンを焼いたり、季節の手仕事、保存食やお漬物を楽しんでいます。この秋からチーズも研究しようと思ってます。
息子は「自分のスタイル」で勉強したい子で、全日制を辞めて通信制に転校したところです。
家族みんなそれぞれに楽しんでるし、共同生活を楽しんでいます。
どうぞよろしくお願いします♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供256回 / 278日(平均6.4回/週) - 参加 2016/09/22 01:35

africaj さんのブログ記事

  • 焼きネギのピクルス と 梅仕事後半戦・梅干し 
  • 今日は、色んな事をして色んな事があったので連投でーす♪あるお店で頼んだピクルスに、焼きネギがあってとても美味しかったので、なかなか洒落てるなと、私も作ってみました♪ピクルスでお気に入りコリンキーと♪コリンキーは今までさっと湯通ししてからピクルス液に漬けてましたが、薄切りして生のままで、熱々のピクルス液を容器に流し込むようにしたら歯ごたえと舌触りが更に良くなって、さらに... [続きを読む]
  • 焼きネギのピクルス と 梅仕事後半戦・梅干し 
  • 今日は、色んな事をして色んな事があったので連投でーす♪あるお店で頼んだピクルスに、焼きネギがあってとても美味しかったので、なかなか洒落てるなと、私も作ってみました♪ピクルスでお気に入りコリンキーと♪コリンキーは今までさっと湯通ししてからピクルス液に漬けてましたが、薄切りして生のままで、熱々のピクルス液を容器に流し込むようにしたら歯ごたえと舌触りが更に良くなって、さ... [続きを読む]
  • 松ぼっくりのヴァレーニエを作る。
  • 先日、blog「肴」のduoさんが「松ぼっくりのヴァレーニエ」って知ってますか?とコメントしてくれて、それまで知らなかったので、検索してみました。するとどうでしょう。かなり画像や作り方が出てきたのですが、一番興味があったのは、味に関する感想が「甘酸っぱいおがくずを食べているようですが、なかなかクセになる味」とか、「松ぼっくりを砂糖で煮て食べるのは貧しいからではなく、それが本当に美味しいか... [続きを読む]
  • ヤマモモ仕事 と 木と虫と人と土の繋がり。
  • 私の知ってるヤマモモの在り処、一つはお屋敷に野放図にされて道に落ち放題の木。ぽとぽと落ちた瞬間いただくwもう一つは、遠出する温泉場で見向きもされず佇んでる木。たわわになってるのに、可哀想なほど無関心にされてて、みんな食べられることを知らないのかなあ?これはパパからのお土産です。パパもほんとによく在り処を知ってるw最近食べられる野草をきょろきょろと探してると、去年まで気が付かなかっただけ... [続きを読む]
  • まずは梅酒&梅シロップ と 6月のカリグラフィー教室
  • 今年はあえて遅めの梅仕事。だんだんと、遅めのほうが梅がお安いし追熟する手間もなく都合いいことに気がついてw大きな2L以上の南高梅を5kg買いました。他の梅は使ったことがないですが、母がいつも「他の梅だと1日水に漬けてアク抜きが必要」と言うので、南高梅ばかりです。でも、古城も種が小さく肉厚で「青い梅」なので、梅酒やシロップがきれいな色に仕上がるそうですね。梅干しは、私の実家の作... [続きを読む]
  • ギボウシとサツキの花を食べる と キクラゲ?
  • 日本ミツバチの楽園は、私の楽園でもありました〜w枇杷だけじゃなくって、あっちでもこっちでも食べられるものがいーっぱいでほくほく。「面白い方ですねー」「そう、面白い人なんです」ってあっちで話してるの聞こえつつ、そっちのけ(笑)こういう時に「美しい方ですねー」とか言われたいもんですが、ねー(爆)ギボウシ、またの名うるい今が食べごろと聞いていたので探していました。観賞用のものは薬を吸って... [続きを読む]
  • 日本ミツバチの楽園を訪ねて 
  • いつもパパのお弁当を作っているのですが、昨日は久しぶりに自分にお弁当?先日の柏の葉で包んだ蒸し寿司の余りを冷凍したものを、チンw(でも、蒸し寿司って、その後冷凍してまたチンすると酢飯の酢が飛んじゃうものなんですね。いまいちぼやけた味になっちゃってました 汗)それとおにぎり、パパのお弁当に詰めた残りものちょこちょこ。日本ミツバチを飼っている人に話を聞きに行くからどうぞっ... [続きを読む]
  • 金曜の夜更かし。
  • 先週頭に読み始めたこの本、須賀しのぶさんの「革命前夜」。初っ端から、言葉の上手さにドキドキ。通り一遍じゃない言葉選びで書かれた一文一文にまだ最初の1ページ2ページと読み進んだだけなのに超スピードで本の世界に引き込まれました。うわ、この人好きかも。と、親友になれそうって人物と出会った時のおっかなびっくり自分との相性を探り出す感覚に似た風で胸いっぱいの期待と共に読み始めてしまいま... [続きを読む]
  • ツワブキで伽羅蕗 と パパの活躍2
  • 石蕗・ツワブキって日陰でも精力的にどんどん増えていく厄介者らしいのですが、どうやら食べられると聞いて、もらいました。普通のフキは塩で板摺りしてからさっと茹でて、氷水で冷まして筋を取るでしょう?ツワブキははたして?普通のフキより葉っぱがツヤっと厚くて、アクが強いのですって。旬は3月〜4月とのことですが、まだまだ新芽もあるし、柔らかい太いものもあるので6月では不味いのか、食べる... [続きを読む]
  • ひとつ屋根の下で。
  • 昨日はパパのお休みの日。なんか走り回ってるなーと思ったら、「できた〜♪見てみてぇ」って呼ばれたので行ってみる・・・な、な、なんじゃこりゃ〜!?これから窓を開け放つシーズンに、お外でタバコ吸っても、煙がご近所の迷惑にならないマシーンだそうです(爆)そこまでタバコ吸いたいとはアッパレじゃよ。材料費格安。ベースの茶色いのは200円のプラのゴミ箱だって。真ん中の白いのはダクトファ... [続きを読む]
  • 新緑の京都散歩。
  • 友人と竹のトンネルを抜けて向かった先は、新しくオープンしたという、発酵食レストラン。漆の食器がとても素敵。発酵食と漆はとても相性が良いのですって。わかるような気がします。んー、この汁椀が欲しいなあ。美味しかったのは、福井の老舗から取り寄せた古式製法のさばへしこ。色々へしこも食べてきたけれど、確かにここのはハッとするような美味しさ。併設してるマルシェで売っていた... [続きを読む]
  • 柏葉づくし 鯛の柏葉蒸しと柏葉寿司2種
  • 青い朴葉で包む寿司は「今の時期だけ」のお楽しみだそうな。私も作ってみたいなあと「朴葉〜朴葉〜」と言っていたら、「柏の葉なら手に入るよ」ってパパが言うので、もう、大きくて害のない葉ならなんでもいいわって持って帰ってもらいました。柏の葉って改めてしっかり香りをかいでみると、柔らかな甘味のある香りなのですねえ。なんとも言えないよい香り。そうそう、柏餅ってこんな香りだったわと改めて思い出しました... [続きを読む]
  • イラクサのベトナム春巻き と タイ天ぷら「ノーネーム」
  • イラクサは、スペインでは一見紫蘇のようで、騙されて手を伸ばし、葉裏の棘で痛い思いをする嫌〜な葉っぱ。おかげで、アンデルセンの「白鳥の王子」という、白鳥にされた数人のお兄さんを救うためにイラクサでチョッキを編まなきゃいけなかった姫の大変さが、スペインに行って初めてわかりました。(編んでる時は無言じゃないと魔法が効かないとか、間に合わずに一人の兄さんは片腕白鳥のままになっちゃう話)でも、繊維を取... [続きを読む]
  • 自然の中で営み、無理もせず無駄なく暮らす。
  • 人生の前半は、誰でも目で見えるもの、耳で聞こえる音、手で触れるものの中で暮らしてたなと思います。今は、目を凝らさないと見えないもの、耳をそばだてて初めて聞こえる音、感覚を研ぎ澄まさないと手で感じられないものが面白い。私の子供の頃はまだまだ不便だったおかげで、それは普通に母も含め皆が自然とやっていたこと。お金でなんでも買える「便利な毎日」の豊かな時代になったら、お金で買うことしか考えな... [続きを読む]
  • みんなちゃんと役割があって、要らないものはない。
  • ハーブを育てるのが案外うまくいかない。去年は青虫にさんざん食べられて最後は枯れてしまいました。今年は寄せ植えにして互いを守らせようとしたら、アップルミントが、買ってきた苗の時にポツポツあったけど気にしてなかったら、どうやらさび病で・・・他のハーブに感染してしまったみたい(涙)繁殖しすぎて風通し悪いとかかっちゃうって・・・うーん、寄せ植えって難しい(汗)とりあえず病気の出... [続きを読む]
  • 中華恐るべし・得心のスペアリブの豆鼓蒸し
  • 昨日作ったのは、スペアリブの豆鼓蒸し。昔も書きましたが、萬珍樓飲茶館のスペアリブの豆鼓蒸しが好きで、長年どうやったらああなるのか秘密が知りたくって。そしてね、昨日はついに!これだーっ!!ってものにたどり着いたのですよ〜。前回記事を書いたのは、もう2014年のことですね。あの時も「これならうまくいくんじゃないか?」と作ってみて、美味しいけどこれじゃないって書いてますw工程が1つきっと... [続きを読む]
  • なすの成長 と 連作障害が起こる理由
  • 茄子についに最初の実がなりました!親指の先ほどになったので採ってしまいます。美味しく育ちそうなのに、ごめんね(謝)畑で育てていた時、この「株を育てる為に、最初の実は採ってしまう」という必要性を実感せぬままやってました。なり疲れる真夏前に強剪定をするというのも、必要性を感じないほどに元気でした。それほどに借りていた畑は土が肥えていたのだと思います。対して庭は日当たりも少し悪いし... [続きを読む]
  • 思いっきりモノポリー大会!!
  • 昨日は、午前中集合で久しぶり〜のモノポリー大会を開催したのですよ〜っ?うちのblogをずっと見てくださっている人はお気づきと思いますが、無類のゲーム好き一家なのですwなにせ息子が赤ちゃんの時に、次のオムツ替え担当をバックギャモンの勝敗で決めていた夫婦ですから(爆)ネタにされてた息子ももう16才。盆暮れ正月&うちでホームパーティ開く度にお客様を引っ張り込んでゲーム大会にもつれ込むっての... [続きを読む]
  • かた焼きそばにタバスコ と 稚鮎の甘露煮
  • 先日は、「肉じゃがに生卵」という我が家のおうちルールを紹介しましたが、友人の知り合いは、すき焼きにジャガイモを入れるらしいw「それ、肉じゃがでは!?」と言われるそうですが、彼の中では純然たる「すき焼き」だと胸を張る。そっちは考えたことがなかった〜っ!(爆)それぞれにお家ルールありますね☆我が家のおうちルール第2段!!「かた焼きそばにタバスコ」ですっ♪揚げそばにはタバスコ&お酢で、油っ... [続きを読む]
  • 青柳と分葱のぬた と 松葉サイダー
  • ぬた。言うなれば、辛子酢味噌和えなのですが、私の中では完全に違うイメージなのです。仕事をしていた時、私が付いていた先輩が会社帰りによく連れて行ってくれたのが、銀座の「お多幸」というおでん屋で、必ずおでんとセットで頼むのが「ぬた」でした。それが実はあまり好きではなかった、20代前半の私wまあ、嫌いでもないからおでんが来る前の手持ち無沙汰で、食べるのですが。テンション下がりながらなんとか食べき... [続きを読む]
  • サワードウ作ってみる(息子が)の、はじめの一歩
  • サワードウの作り方は色々とあります。私が、ル・コルドン・ブルーで習った「ルヴァン」はぶどう酵母を起こしてから作る方法。オーソドックスなものは、ライ麦粉と水を数日置いて空気中の酵母が降りてくるのを待つ方法。そして息子が始めたのは、この2つを合わせたようなもの。無農薬のぶどうを使えと書いてあったのですが、そう簡単に手に入らないので、確実に無農薬な我が家の苺を使ったから、まあまあなんちゅー色でせ... [続きを読む]