ゆきなぎ さん プロフィール

  •  
ゆきなぎさん: Calm breathing
ハンドル名ゆきなぎ さん
ブログタイトルCalm breathing
ブログURLhttp://mozartpiano.blog.fc2.com/
サイト紹介文ピアノ独学8年目。音源をアップし続けています。
自由文主にゲーム曲やクラシックを弾いています。8年の独学で、現在「バッハ・シンフォニア」まで弾けるようになりました。
犬猫合計5匹と暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 241日(平均0.7回/週) - 参加 2016/09/22 06:49

ゆきなぎ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • バッハ シンフォニア2番 完成音源
  • ハ短調のこの曲は、セピア色の宮殿を思い浮かべる曲でした。この曲は、全体のバランスが難しかったです。全体的なことでは、スケールの部分でつい速くなってしまうので、どんどんテンポが上がっていかないように注意しました。また、深い物入たっぷりで弾いてはならないと書いてありますが、確かに、それをやってしまったらバロックに聴こえない。まあ、普通に弾いてれば深い物入たっぷりとまではならないにしても、むしろ距離をと [続きを読む]
  • バーナム3巻・4巻とツェルニー125のパッセージ練習曲、徹底比較
  • 前回の記事で、間違いがありました。両者の最大小節数は同じでした(125のほうは、見開きではなかったので、短いと思い込んでました。)。本当にすみません。それから反響もありましたので、似た性質を持つ両者を徹底比較します。イイネ!◎ ちょっといいね○ イマイチかも△ と記号をつけます。バーナム3・4巻・長さ 4〜32小節(3は28小節まで)・レベル 全音で第3過程〜第4過程中盤程度(当然弾くスピードで難易度は [続きを読む]
  • バーナムについて
  • A Dozen a Day Anthology↑こちらを買ってみました。ミニブック、導入書、1、2の4冊セットになっていて、音源をダウンロードできるコードが入っているやつです。音源は、伴奏と演奏が入っているのですが、演奏部分をミュートにすれば、伴奏に合わせて演奏できます。これがなかなか楽しい笑 バーナムサイト専用プレイヤーも使いやすいです。値段も4冊セットに音源付きで3千円弱というのは美味しいです。まあ、洋書なんですが [続きを読む]
  • (演奏動画)永遠の豊穣 FF9ピアノコレクションズより
  • 長い間放置でしたが、やっと戻ってこれました。戻るときは、これアップしてから戻ろうと決めていたのです。8ヶ月の成果です。実力より難しい曲を弾いたときにありがちな、一度弾けるようになったはずのところが再び失敗するようになる、ということを繰り返して、やっとアップに至りました。とりあえずアップできるようになったというに過ぎないので、今後、まだ完成度をあげるために弾き続けます。(前回、バッチリ弾けるようにな [続きを読む]
  • しばらく記事も書けませんでしたが
  • 3月で多忙です。ピアノを1日10分程度弾くのが精一杯の日々です。しかし、「永遠の豊穣」の完成度が上がってきてます。実質練習期間7ヶ月近くなります。最初は、ミスいっぱいの不安定演奏でアップが精一杯かと思っていましたが、精度も速度も上がってきました。バッチリ弾けるようになってからアップしようかと思います。あとは、バーナム・ピアノテクニックについての記事も書く予定です。(読みたい人は少数だろうが、書きたいの [続きを読む]
  • ちょっと思い出話など
  • くださんが以前のサイトの小説を読んで感想をくれて、その話になったことから色々と思い出したことがある。2つ前のサイトのころだった。つまり、ブログを始めたころ。まずは、ブログをはじめたきっかけからだが・・・アメリカ留学から体調不良が原因で帰ってきて、これからどうしようかと思っているところで、気分転換にハンゲームの麻雀(当時は実力がはっきり現れるやつで気に入っていた)をやり、麻雀サークルに入ったのがきっ [続きを読む]
  • ロマンシングサガ シフ
  • お久しぶりです。ロマサガの曲アップもお久しぶりになりました。この間書いた、ピアノを教えることになった件で、調べ物とかしていたために、なかなか記事が書けませんでした。ロマンシングサガ よりシフのテーマです。シフとは、8人の仲間キャラクターの一人。極寒の地に住み、狩猟生活をしている勇猛な女戦士です。やはり、ロマサガの曲は、こういう音色が合う曲が多いなあ。この曲は難しくはなかったけれど、なんとなくの思い [続きを読む]
  • 新年あけまして Miyoshiメソード4 練習曲64,65
  • なかなか更新できず、前回からだいぶ間が開きましたが、まず、「あけましておめでとうございます。」練習曲64の「みぃつけた川辺のはな」(ト長調)は、花を見つける、近づく、見て嬉しい、摘まずにそっと去っていく、またあした〜って感じを想像して弾きました。練習曲65の「かなしみ おやすみ」(ホ短調)は、右手が話しかける、左手が共感し頷く、そして、おやすみという感じを想像して弾きました。なんか、このメソードやって [続きを読む]
  • Miyoshiピアノ・メソード 4巻 練習曲62番、63番
  • 練習曲62 リングの舞い ソロと連弾をそれぞれ練習曲63 茜色のエレジー ソロと連弾をそれぞれ弾いて、オーバーダビングしました。連弾は、先生のパートですね。「リングの舞い」は、ト長調(好きな調です)で、何か中華風です。やたら、頭に残って、最近もよく歌ってしまいます。「茜色のエレジー」は、ホ短調ですね。このあたりの曲、実は、タイトルを自分でつけてみようと書かれていますが、最初に、つけられているタイトルを [続きを読む]
  • Miyoshiピアノ・メソードと、夢に出そうな「バトンタッチのうた」
  • 練習曲59 あさかぜのうた ソロ練習曲59 あさかぜのうた 連弾練習曲60 ゆうひのうた ソロ練習曲60 ゆうひのうた 連弾練習曲61 ワルツの輪 ソロ練習曲61 ワルツの輪 連弾連弾は、先生のパートを弾いたら、こんな感じというやつですが、自分の演奏にオーバーダビングでやっているので、やっぱりちょっとずれてます;このへんの、近現代風味が感じられる曲がまたいいな〜と思いながら弾きました。近現代風でも、ミヨシメソ [続きを読む]
  • Miyoshiピアノ・メソード4巻 全曲録音中 その2
  • 今回は、発展編の6曲をアップです。練習曲53 なみのいきき練習曲54 やさしいつむじかぜ練習曲55 すいへいせん練習曲56 かぜのものがたり練習曲57 よろこびのうた練習曲58 帆とかぜのうた1つ1つの曲に、どのような気持ちで弾くという指示がしてあって、それを意識して弾きました。例えば「すいへいせん」は、とおくへうたいかけるきもちで、とありました。どの曲も風景を思いうかべて弾きますが、ポリフォニーで情景描写を [続きを読む]
  • 永遠の豊穣 途中経過2
  • 他の曲を練習しながらなので、なかなか進まないが地道に練習しております。元々が黒鍵アレルギーのため、53秒のところからの右手が非常に苦労したのだけれども、そのあたりが一応弾けるようになったのでアップしてみた。左手はオクターブ連打なだけなのでそんなに難しくない。だんだん右手の動きの多い曲が苦しく感じるようになってきたのは本来が左利きのせいだと思う。この続きのところは、ゆっくりになるので問題ないのだが、そ [続きを読む]
  • Miyoshiメソード4巻 全曲録音中 ピックアップ曲「ゆうやけおやすみ」
  • Miyoshiメソードの4巻を、全曲録音中です。連弾は最初、録音しない予定でしたが、4巻までは連弾が多く、それを省くとしょぼくなることと、どんな曲か知りたいこともありやってみました。・・・が、自分の録音にオーバーダビングするのが難しく、どうしてもずれが出ました。それも単純な曲ほどに!なので聴き苦しいものもあると思います。4巻は、易しいので曲も短く、とりわけ最初の方は指の練習が多いです。このメソードは、4 [続きを読む]
  • アラベスク改造企画に参加して
  • びこさんの「ピアノ雑記帳♭」にての企画「アラベスク改造企画」に参加しました。皆の作品、とても面白くて笑いながら聴かせて頂きました。こういう遊び企画、好きですね!ゆきなぎ編曲・演奏作品↓こちらについて少し語れば、好きな古典風変奏曲(モーツァルトのきらきら星変奏曲のような)にしようと思ったのがはじまりでした。だが、ブルグのアラベスクはロマン派なので、無理してしようとするとおかしなことになるかと思ったと [続きを読む]
  • ジョン・フィールド ノクターン2番 録音しました
  • ジョン・フィールドは、ノクターンの創始者。ショパンは、フィールドに影響を受けてノクターンを作曲したそうです。フィールドのノクターンは静かで美しい夜の情景が浮かぶ曲が多くあります。この曲もその1曲です。対してショパンのは、恋愛を彷彿させるものが多いとどこかで読みましたが、そうかもしれないと思いました。それにしてもこの曲は、結局、暗譜出来ませんでした。並行して練習していた永遠の豊穣はすぐに暗譜したのに [続きを読む]
  • なぜバッハが必要か(練習曲としてのバッハ)
  • ツェルニーを積極的に使わないという先生はいても、バッハが不必要という先生はいないようです。なぜ、練習になる曲としてバッハがそこまで必要とされるのか、今回はまず、前回のツェルニー編とは逆に、個人的なことから話します。まずは、ここ何年かとりわけバッハの曲が好きになったのですが、これは、多声が聴き分けられるようになったということと大きく関係していると思います。最初聴いたとき、シンフォニアや平均律とか「わ [続きを読む]
  • 「21世紀へのチェルニー」まとめと感想
  • 以前は、ツェルニーが絶対だった時期もあったようですね。今はそんなことはないですが、ツェルニーについての現状とか、他の練習曲のこととか知りたくて、「21世紀へのツェルニー 山本美芽 著」を買ってました。簡単にまとめて感想書きます。①日本でツェルニーが使われるようになった理由、全ての国で使われているのか?ツェルニーは、日本でなぜ広かったか→テクニックをはかるグレードとして、他にあまり教材がなかったから [続きを読む]
  • 「永遠の豊穣」途中経過音源
  • で聴けます→「永遠の豊穣・練習中」今のところ3分の1です。ミスタッチしてて汚いですが、アップしてみました。最後の部分からが、また第2の難関です。黒鍵だらけで。弾けない弾けないと思いながら続けていたら、だんだん形になってきました。この調子で頑張ります!1か月で3分の1。あと3か月で仕上がるといいな。 [続きを読む]
  • 今後の予定
  • 雑然としてきたので、カテゴリを整理しました。そして、今後弾いていくものといったん置いておくものを決めました。言い訳じみた話になりますが、なんでこういうことになったかというと、・第1段階2014年10月に復活した時点で、ブランクあったもので、ちょっと戻ってインベンションから再開したわけですが、その時に、とにかく数をこなして取り戻したり、苦手な全調を取り入れようとしたりと、まず技術をレベルアップしようと、初 [続きを読む]
  • クリスタルなセレナーデ 湯山昭
  • 湯山昭さんの「音の星座」という曲集から1曲。湯山さんは「お菓子の世界」が有名ですね。「音の星座」はその姉妹品として作曲され、発売された曲集ですが、お菓子〜ほど弾かれてないようです。お菓子〜ほどのインパクトはないから、子供が飛びつきにくいのかもしれないと思いました。僕はお菓子はそんなに食べたくないので、弾くのは無理だなあと思いましたが、逆に星座には惹かれましたね。湯山さんの曲は、湯山節とさえ呼べるよ [続きを読む]
  • レベルアップの経緯・鍵盤歴15周年(ピアノ歴8周年)
  • 8月は、鍵盤楽器歴15周年・ピアノ歴8周年(実質7年)でした。それで、どのくらいレベルアップ出来たのか、確認してみようとふと思い立ちました。客観的な指標は、あるピアニストの一生に数字で書かれていますので、それを使わせて頂きます。音源もリンクしながら進めます。ピアノを始めたのが2008年8月です。最初はバイエル下からはじめてみましたが、そのときの音源はありません。2周目のときは録音しましたが。次の教材、ブ [続きを読む]
  • 過去の記事 …