hana さん プロフィール

  •  
hanaさん: インレー湖で田舎暮らし(ミャンマー)
ハンドル名hana さん
ブログタイトルインレー湖で田舎暮らし(ミャンマー)
ブログURLhttp://koko1500.hatenablog.com/
サイト紹介文ミャンマーの「インレー湖」で、子どもみたいに無邪気なミャンマー人旦那と0歳の娘と田舎暮らし。
自由文ミャンマーに暮らして3年目。発展著しい都市と、それに取り残される貧しい農村部。ミャンマーで何ができるかな?
基本的にはインレー湖近くの田舎町に住んでいます。優しくて真面目すぎるミャンマー人の旦那と愛おしい娘と過ごす日々。時々ヤンゴン、時々日本。
ミャンマーのことなど何でもご相談ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 243日(平均3.4回/週) - 参加 2016/09/22 14:28

hana さんのブログ記事

  • 身体の毒を出すために食べる
  • "身体の毒を出すために食べる "という考えを東南アジアに来てからよく聞きます。これは日本語の「医食同源」や「デトックス」と同じ意味だろうと思います。身体をつくっているのは自分が食べているものということを意識して、食には気を使っていきたいですよね。というわけで、解毒(デトックス)作用を持つ食べもの・飲み物を調べてみました。 解毒(デトックス)とは何?どんな効果・方法がある? 解毒(デトックス)作用 [続きを読む]
  • ミャンマーではよく食べられているヒマワリの種
  • ひまわりの種はミャンマーでは、おやつとしてよく食べられています。中国や東南アジアでは食用として、健康や美容にも効果がある人気の食品。私も始めは食べ方が分からず食べなかったのですが、実はひまわりの種は栄養豊富!ひまわりの種の食べ方や、栄養価・効果効能ついて紹介していきます。 食用ひまわりの種の栄養価 ひまわりの種の効果・効能 ひまわりの種の食べ方。食べ過ぎには注意 ひまわりの種について まと [続きを読む]
  • 石けんを使わない、肌断食のススメ
  • 肌断食とは、基礎化粧品や化粧水、クレンジングなどあらゆる化粧品類を一切使わないこと。宇津木流スキンケアとも呼ばれ、洗顔も水だけでするという究極にシンプルな方法。1年以上の期間、宇津木流スキンケア・肌断食を行っていたのでブログで効果や方法などをレポートします。 肌断食、宇津木流スキンケアの基本のやり方 肌断食の効果・経過 メイクやスキンケアのデメリット 乾燥肌・敏感肌・ニキビやアトピーも改善 [続きを読む]
  • 布ナプキンのメリットデメリット。
  • 私は布ナプキン生活を始めて2年、紙ナプキンをやめて2年。海外の田舎に移住したのをきっかけに布ナプキンを本格的に始めました。 布ナプキンのメリット 紙ナプキンの経皮毒が心配? 布ナプキンの効果・体験談 布ナプキンのデメリット 布ナプキンの洗い方・洗濯方法 まとめ布ナプキンのメリット私が布ナプキンを始めたのは、紙ナプキンがあまり好きではなかったから。▼紙ナプキンを辞めた理由①ゴミが出すぎる [続きを読む]
  • 暑すぎて40℃の発熱。
  • 日本も梅雨が明けると、どんどん暑くなってきますよね。暑くなってくると、心配なのが熱中症や日射病。実は、生後10ヶ月の娘も外気温40度の灼熱の中、熱射病の症状であるうつ熱になりました。クーラーのないミャンマーの田舎で、かわいそうなことしてしまいました。赤ちゃんのうつ熱体験談と、うつ熱の基本情報です。 発熱とうつ熱とは何か? 外気温40度、子どもの体温も40度 うつ熱になった時の3つの対処法 [続きを読む]
  • 離れて暮らす母へ。母の日に。
  • 海外移住すると、日本の家族にはなかなか会えなくなります。母に孫の顔を見せてやることもなかなかできず、申し訳ない…。もうすぐ母の日なので何かしたいな〜と思い、見つけたのがフォトスタンドやフォトブック。インターネットで注文して、母のところまで送ることができるので便利ですね。やっぱり写真だけでなく、フォトスタンドやフォトブックにして家に置いておけると母も喜ぶはず! おばあちゃんおじいちゃんへフォトスタ [続きを読む]
  • 野菜や果物の農薬が気になる!落とす方法を試してみた。
  • ミャンマーの田舎町に住んでいるhanaです。田舎って聞くと、野菜が美味しそうなイメージですが。この地域で野菜を作っている村人は、農薬を使う量がとっても多いんです。理由は単純で、たくさん使った方が虫がこないから。というわけで、残留農薬を落とす方法を調べてみました。残留農薬がある野菜や果物を食べ続けると、少しずつ体内に蓄積されていきます。すぐには影響はでませんが、ガンや身体の不調に繋がる可能性があります。 [続きを読む]
  • 産むことのメリットデメリット
  • 仕事中毒で、結婚にすら全く関心のなかった私。なのに、24歳で結婚・妊娠。しかも、出会って1年経たずのミャンマー人と電撃結婚。「こいつは一生結婚しないんじゃないか?!」とまわりから思われていたので、子どもを産んだら何が変わった?とよく聞かれます。話題の『産む、産まない、産めない』(甘糟りり子さん)を読んでの感想と言うか、産んでみて考える、ワーカホリックだった私があえて、産む産まないの選択のメリットデメ [続きを読む]
  • 2017年ミャンマー水かけ祭りの季節がやってきます。
  • 4月になりましたね。ミャンマーでは、4月と言えば旧正月。今年も水祭りの時期がやってきます。私もミャンマーで3回目の水祭りになります。ミャンマー中が大騒ぎになる、1年間で一番大きなミャンマーの行事です。 2017年水祭りのスケジュール期間 ミャンマー中で水掛け祭り 水祭り期間中の交通機関2017年水祭りのスケジュール期間2017年は、4月12日(水)〜16日(日) 水祭り4月17日(月)〜21日(金) ミャンマーの [続きを読む]
  • 旅行に来るなら知っておきたいミャンマーのタブー。
  • 住んでいて教わったミャンマーのタブーやマナーをご紹介したいと思います。知らなかったり、知っててもやってしまったりして、私もいまだにまわりのミャンマー人から注意されることも。。ミャンマー旅行・生活の参考にしていただければ嬉しいです。 頭が大事、足は不浄 寺院では肌の露出不可 僧侶に気軽に話しかけない 洗濯物を男女わける 怒らない まとめ頭が大事、足は不浄頭は体の中で一番高い場所にあり、精 [続きを読む]
  • インレー湖で1番おいしい日本料理店
  • ミャンマーに住んでいたり、長く旅行すると恋しくなる「日本食」…油っこいミャンマー料理とは対極にある日本料理。私の住んでいるインレー湖ほとりの町「ニャウンシュエ」にも食べたいと思える日本食レストランがあります。その日本料理店とは「NOZOMI(のぞみ)〜HOPE〜」ニャウンシュエには観光客のためのホテルが立ち並び、外国人向けの飲食店やレストランもたくさんあります。中華やインド、西洋料理など…実は、日本料理店は [続きを読む]
  • 子育て中のお母さんにこそアドラーを読んでほしい
  • 日本に帰ったら絶対買おうと思っていた、「嫌われる勇気」と「幸せになる勇気」。哲学や心理学に興味があったので、ずっと読みたかったのです。いざ読んでみた感想は、生後9ヶ月の子育てをしている私にとってまさにためになる!!この「嫌われる勇気」と「幸せになる勇気」はベストセラーになりましたが、子育てするお母さんたちにこそ読んでほしい。(あと、教育者である学校の先生方にもぜひ!)人間を育てることについて、とっ [続きを読む]
  • ブログを書くメリット。やっててよかったポイント4つ
  • ブログを始めて1年が経ちました。これからもマイペースに継続していきます!育休中になんとなく始めたブログですが、書いてみたら面白かったので、ブログをやっててよかったポイントをまとめてみました。 リアルの生活もおもしろくなった 頭の整理ができて、文章力もつく ブログ読者のリアクションから学ぶことも多い 輪が広がる まとめリアルの生活もおもしろくなったブログを始めたら、ささいな日常のことがネ [続きを読む]
  • WowBaby ワオカップベビーの使い方。日本の超便利グッズ。
  • 絶対使える!と思って、日本から買ってきた「ベルニコ WowBaby ワオカップベビー」口コミやレビューを見ていると、マイナスコメントもあって上手く使えないお子さんもいるみたいですがうちの娘は、生後6ヶ月から飲みこなしていて超便利です!ベルニコ WowBaby ワオカップベビー・グリーン出版社/メーカー: ベルニコメディア: Baby Productこの商品を含むブログを見る家でも、外での持ち歩きにも重宝しています。生後6ヶ月から、 [続きを読む]
  • ミャンマーの少数民族の結婚式
  • ミャンマーの田舎町ニャウンシュエで唯一の日本人として暮らしているhanaです。さて先日、うちのスタッフの結婚式へ行ってきました。彼はパオ族という、ミャンマーの少数民族のひとり。ミャンマーには300以上の少数民族がいると言われています。それぞれの民族に独特の服装や習慣があり、とても興味深いです。今回は、そんな少数民族の結婚式について 少数民族の結婚式 新郎新婦に挨拶 お嫁さん探し少数民族の結婚式パオ [続きを読む]
  • ウエスタンユニオンでミャンマーまで国際送金してみた。
  • 日本からウエスタンユニオンを使ってみたので、体験レポートです。ウエスタンユニオンは世界200以上の 国と地域、50万ヶ所以上にあるウエスタンユニオン海外送金・受取が可能な便利なサービスです。以前はセブン銀行から送金したのですが、セブン銀行のカードを私がミャンマーに持ってきてしまったので、今回は「国際送金取り扱い店舗」から送金しました。セブン銀行から送金した記事はこちら。30万円までなら、コンビニ(ファミ [続きを読む]
  • ミャンマーの田舎町で結婚式
  • ミャンマー人の旦那と結婚して1年ちょっと過ぎました。私と旦那は地味なので、日本でよくある豪華な結婚式はしていません。自分たちの住んでいる町で、普通の田舎に住むミャンマー人がするような結婚式を挙げました。ふと思いだしたので、書き残したいと思います。 結婚の準備 お坊さんのありがたいお言葉 お祝いごとには、他人にも幸せを結婚の準備結婚の準備はそんなに大変ではなかったです。日本みたいに1年間とか半 [続きを読む]
  • 年に1回のニャウンシュエ最大の寄付祭り
  • 私が住んでいるインレー湖ほとりの町、ニャウンシュエで1年に1回の「大寄付祭り」が行われました。インレー湖周辺の僧侶が一堂に会し、なんと会場には1000人以上のお坊さん!その1000人のお坊さんに、みんなで寄付(布施)をしようというお祭りです。私も100人くらいのお坊さんに布施をしましたが、結構疲れます。でも、良いことをしているので、気持ちのよい疲労感。続々と歩く僧侶の鉢の中に、ひたすらお米そそぐ作業。尊 [続きを読む]
  • ミャンマー住むのに賄賂払ってますか?
  • 私はミャンマーの観光地である、「インレー湖」ほとりの田舎町に住んでいます。入国管理局に正式に登録してもらって、正式に住んでいます。ミャンマーの生々しい賄賂事情に出くわしたので、書き残していきます。 ミャンマーに住むための賄賂? 町の入国管理局にて…賄賂。 ビザ申請書類作成…賄賂再び。ミャンマーに住むための賄賂?ヤンゴン以外の地域の在住登録って結構面倒くさい。ヤンゴンは外国人だらけなので役所も [続きを読む]
  • ヤンゴンに携帯を置き忘れたら返ってくるか
  • 基本的にミャンマー人は優しくて穏やかな性格な人が多いと思っています。財布を置き忘れても、携帯を置き忘れても、返ってくることが多い世界中では数少ない国だと思っています。比較的治安の良い国なはず…。日本人で悪気があって他人が置き忘れたものを盗ろうと思う人がほぼいないですよね。日本は最強だと思います。ミャンマーでは、残念ながら悪気があって他人の物を盗ろうとする人はいます。収入が十分でない人もいるから。だ [続きを読む]
  • アメブロの公式トップブロガー始めました!
  • この度、僭越ながらアメブロのトップブロガーとしてブログを書かせていただくことになりました。ブログを始めて1年足らず。気ままに書いていたブログを見つけてくださり、ありがたいことにアメブロ(サイバーエージェント)の方から声をかけていただきました!相変わらず、気ままに書きたいことを書いていきますが、2つのブログは、内容もテイストも違うように書いていくので、どちらも見ていただけると嬉しいです!今後も、★「イ [続きを読む]