かすみ さん プロフィール

  •  
かすみさん: 自死遺族になった。
ハンドル名かすみ さん
ブログタイトル自死遺族になった。
ブログURLhttp://ryoryo.muragon.com/
サイト紹介文人生は修行かな
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 248日(平均2.1回/週) - 参加 2016/09/22 15:30

かすみ さんのブログ記事

  • 若者が生きづらい世の中なのか。。
  • 全国の自死者は年々減ってきているが 若者の自死は減らないと新聞に書いてあった。 学生はいじめで。 社会人は過労で。 少子高齢化が進む日本で貴重な若者が 次々と自死してしまう。 悲しいことだ。 次男が19歳で自死してしまった。 長男はその時、大学4年生。 東京に行ってアルバイトして、バンドデビューすると 夢みたいなことを4年生になっても言っていた。 弟が地元の大学にいて卒業しても 弟は都会が嫌いなの [続きを読む]
  • スーパーで。
  • 一週間分の買い物をした。 カートから、はみ出るくらいの食料、日用品。重いよ。 日曜日はお客さんが多い。 赤ちゃんをおんぶして、二、三歳くらいの女の子連れの お母さんがひとりで買い物中。 上の子がタダをこねて暴れている。 お母さんはカートの子供席に女の子を乗せようとするが 女の子は暴れて足をバタバタしていた。 周りの人達はスルーしていた。 お母さんは困っていた。 私は近づいて女の子の足をそっとつかみ [続きを読む]
  • 似ている・・・
  • 息子は友人に関ジャニの村上君とか りゅうちぇるに似ていると言われていた。 ふぅ〜んなんて聞いていたけど。 彗星のように現れた将棋界の時の人。 まだ中学生の藤井四段に、息子は似ている。。。 髪の毛のくせ毛ぐあいから髪型 顔の骨格 息子は二重なので 二重にしたらそっくり。 兄弟も兄がいる次男で負けず嫌いの性格もそっくり。 息子は中学、高校と六年間詰襟だったので 最初詰襟の藤井四段の姿をテレビで見たとき [続きを読む]
  • 定年退職したら。
  • 私の社会人生活30年あまり。 その殆どが医療業界だった。 今は製造業に勤めて5年になるが。 だから、定年になったら医療関係のボランティアをしようかなぁと 思っていた。病院の受付で解らないお年寄りを案内するとか。 だが、昨年息子が亡くなってから考えが変わってきた。 自死遺族になってとても辛い。 ここでしか本音が言えない。 先日のブログに書いたが 田中さんという方が自死遺族を支援している。 私は彼女に [続きを読む]
  • 自死遺族傾聴電話に電話してみた
  • 連休初日、掃除を終えてひと段落したら 虚しさが襲ってきた。 すがる思いで自死遺族傾聴電話に電話をかけた。 仙台市で活動されている田中さんという女性。 警察官だった30代の息子さんを過労自死で亡くされている。 息子さんが亡くなって半年でボランティア活動を始めたそうだ。 今年で11年。 田中さんは明るくさっぱりとした話し方ですぐ打ち解けた。 私が思っていることをすべて肯定してくれた。 息子を追い詰めた [続きを読む]
  • 自分を褒める
  • 先日の新聞に載っていた言葉 【よくぞ今まで生きてこられましたね。今、生きている自分を褒めてあげてください】 作家の柳田邦男氏の言葉。 次男を自死で失っている。 私と同じだ。。。 幼子を亡くした母親から手紙をもらい「もがきながらでも生きて行こうとする」 ことの重たさを思い知る。以後、深い悲しみの中にある人にはこう声をかけるそうだ。 自死遺族の皆様 自分で自分を褒めましょう。 大切な人を突然亡くして [続きを読む]
  • ママ友の涙
  • 役場に用事があった。 窓口は息子の中学時代のママ友。 小さな町の役場なので、息子が亡くなったことは皆、知っている。 書類の手続きを終えて話しかけられた。 ママ友「調子はどう?」 私  「悪いねぇ〜・・・・」 すると、ママ友は泣きだしてしまった。 はぁ。。。泣きたいのはこっちだよ。。。 泣きながらママ友が話をした。 泣いてしまって、ごめんなさい。 S君が亡くなって、娘も私も凄くショックで。 娘は一番 [続きを読む]
  • 人生50年でいいかなぁ
  • ちょっと前まで人生50年だった。 今は医療が発達し、どんどん長生きしている。 私個人の考えは人生50年でいい。 長生きしたいと思わない。 それは、息子が亡くなる前から思っていた。 人間で欲深い。 自分も人間だがそれが嫌だった。 かすみと言うハンドルネームも 霞を食べて生きる仙人のようになりたいから。 しかし、現実は自分の思う通りになんか いかないほうが多い。 義母は認知症が進み、子供のようになって [続きを読む]
  • 何も言えない・・・
  • 息子が亡くなる前は 楽しみな出来事が少し先にあると周りの人達に言ったり 自分がこうしたいなぁと思ったことも言ったりした。 でも、次男が突然亡くなってから ほんの少し先の事が言えなくなった。 つい、さっきまで元気でいたのに 今はもういない。 先のことがわからない。 先のことが怖い。 長男が無事、大学を卒業して 就職もした。 喜ばしいことだが 事後報告しか出来ない。 先のことは誰にも解らないことなんだ [続きを読む]
  • 腹痛
  • 昨日の朝、ちょっと下痢気味だった。 でも出勤の時間だ。 車を運転して程なく、腹痛。 や、ヤバいな。。。。 我慢したが、腹痛は陣痛のようにまた、襲ってくる。 それも、久しぶりの強烈な痛み。 会社まで約二十分。 もつか、もたないか。。。 二回目の腹痛でもう、限界が来てしまった。 田舎なのでコンビニもない。 もう、ダメだ。。。。 どうしよう。。。。 ギリギリでコンビニにたどり着き ダッシュでトイレを借り [続きを読む]
  • 心が安らいだ本。
  • 少し前から気になっていた本を買った。 【さよならの力】 ベストセラーなので読んだ方も多いかと。 筆者はあの、伊集院静。 大学二年生の頃、高校生だった弟さんを事故で亡くされている。 そして、前妻の夏目雅子さんも病気で亡くされて・・・ 自死遺族とは少し違うが 大切な人を亡くされたことは同じ。 最後に書かれていたことが、私にとって少し救われた。 とは言え、まだまだ息子への想いはある。 多分、一生辛い。け [続きを読む]
  • 花粉症で風邪
  • スギ花粉症は毎年だが 風邪を引いてしまって咳が酷く それでも仕事は休めなくて 休日は寝込んでいて(いつもだけど) やっと回復してパソコンを立ち上げた。 心の傷は癒されることはないが 体調が悪いともう、どうしようもない。 もう、四月なんだ。。。。 月日は待ってくれない。 どんどん過ぎてゆく。 息子のことも、過去になっていく。 涙、出ないんだよなぁ〜 泣きたいけど泣けない。 この頃寂しさの質も違ってき [続きを読む]
  • お子さんは?
  • 今日、ハウスメーカーが 家の点検に来た。 数年ごとに家の点検をしてくれる。 傷んだ所を教えてくれて、修理する。 点検は一時間半。 家に誰かいないと出来ないので 今日来てもらった。 アンケート用紙を渡されてた。 住人は私と夫の名前しか書かなかった。 実際、そうだし。 点検が終わり、アンケート用紙を見た。 「お子さんは?」 「・・・ふたりです。」 「何歳ですか?」 「22歳と19歳です。」 「学生さん [続きを読む]
  • 半年も経ってからの香典はどうしたら・・・
  • 昨年の九月に息子が亡くなった。 息子に先立たれて、夫も私も喪中はがきを出す気力もなかった。 夫は年賀状が来ても返事はしなかった。 でも、私は年賀状を頂いた方にだけ 寒中見舞いを出した。 その中でもごく親しい方だけに 次男が亡くなった事を追記で手書きした。 大学の同級生三人からお花を頂いたことは 以前のブログにも書いた。 昨日、以前の職場で仲良くさせて頂いた先輩の 女性から香典とお手紙を頂いた。 電 [続きを読む]
  • 心の拠り所がない
  • 息子の自死という、したくもない経験をして それでも生きて行かなくてはいけなくて・・・ こう辛い目に遭うと心の拠り所を求める。 でも、私にはそれがない。 息子自体が心の拠り所だったから。 家族でも解り合えない。 何かにすがりたいということが出来ない。 結局、毎日心で溜息しながら 生きて行くしかない。 お彼岸で夫の家のお墓参りに行ったけど。 息子はまだ納骨していない。 あんな山奥の寂しい処に埋められる [続きを読む]
  • 息子の大学職員が自宅に来た。
  • 息子の死がどうしても納得出来なくて いじめ相談電話に電話したりした。 高校までなら教育委員会がいじめに対応してくれる。 息子は大学生だったため、教育委員会は対象外。 いじめ相談の電話相手に何処に相談すればいいのか聞いた。 国公立大学なら所在地の県、それでもダメなら文部科学省とのこと。 県と文部科学省に息子が自死する経緯を通院していたカルテコピー と一緒に郵送した。 県の担当者から電話があり 大学の [続きを読む]
  • お酒の量が増える
  • 元々、お酒は好き。 女性にしては、飲める方だと思う。 なんでも飲めるが 自分で好んで飲むのはビールと日本酒。 今週も物凄い業務をこなした。 それでも間に合わなくて今日は休日出勤の人もいたが 私は辞退した。 仕事漬けのストレスフルな毎日。 お酒でも飲まないとやってられない。 息子が亡くなってから お酒の量が増えた。 仕事から帰って来て ふと考えてしまう時がある。 そうすると、辛い。 酔っぱらって気を [続きを読む]
  • 会社行きたくない・・・・
  • 土日で十分充電したのだが・・・ はぁ〜。明日からまた仕事。 今週は会議が多い。 会社って何で会議が好きなんだろう。 会議室には時間を決めて終了しましょうなんて 張り紙があるが、なかなか終わらない。 二、三時間は当たり前。 酷いと午前中終わらなくて午後からも会議。 自分担当の仕事が溜まってしまう。 でも、私は残業はしたくないので 必死で業務をこなす。 他の人たちはおしゃべりしたりお茶飲んだり。 のん [続きを読む]
  • 3.11
  • 六年前の今日、東日本大震災が起きた。 大きな揺れが止まらない。 この世の終わりかと思った。 地震は自然災害だから仕方ない。 でも、原発事故は人災だと思う。 原発が爆発した映像をテレビで見たとき 物凄くショックだった。 それから未だに復興は進まない。 放射線は恐ろしいが目に見えない。 だから風評被害もひどい。 原発事故さえなければ。 子供たちが幼い頃、原発モニターになった。 原発を見学して集中制御室 [続きを読む]
  • 眠れる森の美女じゃなくて
  • 眠れる過疎地の中年主婦サラリーウーマン。。。。 今日は明け方目が覚めてしまって 仕事中に猛烈な眠気が襲ってきた。 花粉症で目もショボショボ。 パソコンの画面がかすむ。 だ・・・だめだ・・・ 会社を午前中で早退して布団に直行。 三時間も寝た。 充電完了。 明日出社すれば、休みだ。 息子も良く寝る子だった。 それなのに、眠れないほど悩んで 永遠の眠りについてしまった。 眠れることって大事だ。 眠れない [続きを読む]
  • 月曜日が憂鬱
  • 明日からまた長い一週間が始まる。 最近むちゃくちや仕事が忙しくなってきた。 皆、遅くまで残業している。 睡眠時間を聞いたら四時間だって。 私は極力残業はしないでさっさと帰る。 八時間労働で精一杯です。 働きすぎだよ、日本人。 日曜日の夜、いつも思う。 一週間、乗り切れるだろうか。。。 毎日毎日働いて土日は泥のように眠って。 その繰り返し。 中年ポンコツ主婦サラリーウーマンは体力がない。 気力で頑張 [続きを読む]
  • 生あくびが止まらない
  • やっと、休日。 はぁ〜、疲れた。。。。 仕事を終えて車を運転中、 生あくびが止まらない。 あくびをすると涙が出る。 帰宅するまで約二十分間 涙で顔がボロボロになる。 でも、悲しい涙ではないので 同じ涙でも何か違う。 悲しい涙はまた出なくなってしまった。 本当は泣きたいのに、泣けない。 なんでだろう。。。 感情が麻痺してしまったのか。 いや、そうではない。 息子の事は忘れられないが 息子の事を考える [続きを読む]
  • 生きて行くことは苦痛
  • はい。 生きていること自体は奇跡ですが 生きて行くことは今の私には苦痛です。 パニック障害を抱えながら 育児、家事、仕事。 ギリギリのところでやっと生きていたのに 最愛の息子の自死。 息子のことが忘れられない。 苦しい。 生きることが苦痛でしかない。 何かを楽しむこともしたくない。 虚しい。 悲しいのに涙が出ない。 それも辛い。 今日は会社のロッカーのカギをかけ忘れてしまった。 帰りにスーパーに寄 [続きを読む]
  • 生きていることが奇跡
  • 今の世の中、便利になったが その分、リスクも高くなったと思う。 飛行機、船、電車、車。 皆さん普通に乗っているが。 私は毎日車で通勤しているが いつ、事故に遭うか解らない。 実際、数年前過労で居眠り運転をしてしまい センターラインオーバーをして 縁石にぶつかり目が覚めた。 対向車が来ていたら。。。。 歩行者がいたら。。。。 ぞっとした。 だからそれ以降、運転には細心の注意をしている。 しかし、こち [続きを読む]
  • 一人になると独り言
  • 夫は昨日から東京に出張して ついでに遊んでくるとのことで 帰宅は明日の夜。 平日、夫が帰宅しても夕食を済ませ お風呂に入ってすぐに自室に行くので 殆どひとりみたいな生活。 でも、夫がいない日は 何故か独り言が多くなる。 何故なんだろう・・・ 食事も簡単に済ませて お酒の量も増える。 ひとりだと、食生活も乱れる。 夫には酷いことを言われ 泣いたりしているけど ひとりでも居たほうが良いのかなぁ。 さて [続きを読む]