かすみ さん プロフィール

  •  
かすみさん: 自死遺族になった。
ハンドル名かすみ さん
ブログタイトル自死遺族になった。
ブログURLhttp://ryoryo.muragon.com/
サイト紹介文人生は修行かな
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 305日(平均2.0回/週) - 参加 2016/09/22 15:30

かすみ さんのブログ記事

  • 休日の朝
  • 平日の朝は目覚まし時計でやっと起きている。 休日の朝はゆっくりしようと思っているのだが 休日の朝に限って、目覚まし時計も掛けないのに 時間通りにパッと目覚める。 なんでなのよ。。。。 ホント、うまくいかない。 今日は小雨で涼しい。 ずっと猛暑が続いて疲れが出たのか 一度起きて新聞を読んでいるうち眠くなり二度寝。 ダラダラと何もせず過ごした。 出不精なのだが 息子が亡くなってさらに何もしたくなくなっ [続きを読む]
  • 会社を辞めた人。
  • 私ではありません。 私の勤めている会社の40代半ばの独身男性。 勤続20年。 今年になって人事異動があり 上司がその人を含め部下に仕事を丸投げしていたようで 鬱になってしまい、半年間休暇していました。 私の部署と違うし、その人は非常に無口な人だったので 一度も話をしたことはありませんでした。 そして、先日その人の退社を知らせる張り紙がありました。 周りの人達は 「正社員なのにもったいない」 「再就 [続きを読む]
  • 昼ビール
  • 三連休。 暑くてどこにも行く気力がなく 家にこもっている。 最低限の家事をして、昼ビール。 平日は仕事しているからねと自分に言い訳。 勿論、夜もビール。その後、日本酒。 酒ばっかり飲んでいる。 平日も夜は毎日お酒を飲む。 酔わないとやっていられない。 もしかして、アル中になってしまったのかな。。。 でもさぁ。 息子に先に逝かれて 酒でも飲まないと生きていけないよ。 ぷよぷよお腹でもいいや。 [続きを読む]
  • 暑い・・・
  • 暑い。暑すぎる。 暑いだけで体力が消耗する。 ぼーっとしてしまう。 それでも仕事は今週も終了。 忙しくて休日出勤する人もいたが 私は休日出勤どころか残業も滅多にしない。 8時間労働で精一杯。 効率よく働けば残業しなくても済むと個人的には思う。 休みはどっと疲れが出て何もする気力がない。 今日は洗濯、風呂掃除をして終了。 昼寝をして今復帰したところ。 だるい。 元々、出不精。 仕事で疲れてしまい 趣 [続きを読む]
  • 分かち合いの会に参加
  • 本日、午後から分かち合いの会に参加しました。 以前のブログにも書きましたが田中さんが主宰している会なので 田中さんにお会いしたくて。。。 でも、今回は田中さんは不在でした。残念。。。 私を含めて4人の方達でいろいろお話しました。 全員女性でした。 前の晩、自己紹介の練習を寝る前にしたら 涙が出ました。 泣きたくても泣けなかったので 泣けて良かった。鼻が詰まってしばらく眠れませんでしたが。。。 今日 [続きを読む]
  • 供養って
  • 供養って何? 亡くなった人の為にするのか。 遺された人が心の拠り所にする為にするのか。 私の住んでいる地域はとても旧習深い田舎。 菩提寺のお坊さんに頼み葬儀するのが慣例。 だが私たちはその慣例を破り 息子の大学の近くの葬儀屋でひっそりと葬儀を行った。 宗派は菩提寺と同じにしたが。 四十九日法要もしない 納骨もしない 新盆もしない 一周忌もしない。 なんの供養もしない。 しない、ではなく、する気が起 [続きを読む]
  • 不幸のデパート
  • 不幸のデパートって、表現が昭和だ。。。 今までいろいろあったが それなりに普通の暮らしをしていた。 ところが、昨年9月に最愛の次男を自死で亡くした。 義母の認知症が酷くなり、義父と義母はケンカが絶えない。 安価な施設は順番待ち。 老老介護で義父は時々義母に暴力を振るう。 長年連れ添った結果がこれか。 悲しい。 今年になり夫の会社がなくなった。 私が一家の大黒柱になった。 息子を亡くしても泣いている [続きを読む]
  • 仕事のやる気がない人間
  • どの職場にも必ずいるとは思いますが。。 私の職場にも仕事やる気ない人がいる。 そんな人が正社員で 非正規の人の方が必死に頑張っている。 世の中、不公平だ。 しみじみ思う。 明日からまた激務が待っている。 チームワークでちゃっちゃと終わらせたいのだが 何せ仕事出来ない上にやる気もないから 二重手間になってしまうので 自分でした方が早い。 仕事中に大きな声でおしゃべりしないでください。 仕事中にお菓子 [続きを読む]
  • 膝痛
  • 最近になって、膝の後ろ側に痛みを感じるようになった。 膝が痛いって殆どお皿のある前だと思っていた。 ネットで調べたら 老化現象みたい。。。 まあ、普通に生活出来るが 正座がきつくなった。 正座したら、立ち上がれなくなってしまった。 ちょっとした洗濯物を畳む短い時間でもダメ。 こうして老化は進むのね。 なんだか加速度的に老化が進んでいるみたい。 そんな老体に鞭打ち、がむしゃらに働いている。 勿論、生 [続きを読む]
  • 体調不良
  • 息子の大学の部活の仲間が お線香をあげに日曜日来た。 夫から大学側とはもう関わらないようにしよう と言われた。 結局、息子の死の真の原因は息子しか解らない。 月曜日は明け方に目が覚めて眠れなかった。 それから三日続けて頭痛と早朝覚醒が続く。 今日は気分も悪くなり会社を早退した。 社会人だったら過労死なのに。 息子は学生だったから過労死扱いにならない。 強姦した医学生は警察に捕まって罪の償いをしたの [続きを読む]
  • 頼もしい若者の姿
  • 本日、大学の部活で一緒だった先輩、同輩 合わせて6人と顧問の教授が 家にお線香をあげに遥々来てくれた。 若くて、真面目そうで頼もしい医学生達。 この子らが元気でここにいるのに 息子は何でいないのだろう。。。 と思ったら涙が溢れて止まらなくなった。 あまり話は出来なかった。 皆が帰って虚しさが襲ってきた。 夫も疲れたようだ。 息子はもうこの世にはいない。 わかっている。 わかっているけど どうしよう [続きを読む]
  • 考えても仕方ない事を考えてしまう
  • やっと一週間が終わった。 水曜日は日帰り出張もあって 疲労困憊。。。。 新聞記事に妊産婦死亡統計の記事が載っていた。 現在の医療は発達して 妊産婦の死亡例は殆どない。 だが、ゼロにはならない。 第一子が難産だったため 第二子を無痛分娩で出産して 出血多量で亡くなった女性の記事。 欧米では無痛分娩は一般的だが 日本ではそうではない。 よって、無痛分娩に詳しい産婦人科医も少ない。 亡くなった女性は 無 [続きを読む]
  • 研修医の過労自死
  • 新聞に載っていた。 看護助手をしながら医師を目指し 新潟大学の医学部に合格。 34歳の女性研修医が過労自死。 一年かけて、労災が認められた。 月200時間を超える時間外労働。 後期研修医だったそうだ。 家族の方は、さぞかし無念だったに違いない。 医学部5年生と研修医の自死が多い。 医師という職業は命と向き合う。 相当のストレス、過労もあると思う。 だが、命を救う医師が自死とは。 切ない。。。 息子 [続きを読む]
  • 若者が生きづらい世の中なのか。。
  • 全国の自死者は年々減ってきているが 若者の自死は減らないと新聞に書いてあった。 学生はいじめで。 社会人は過労で。 少子高齢化が進む日本で貴重な若者が 次々と自死してしまう。 悲しいことだ。 次男が19歳で自死してしまった。 長男はその時、大学4年生。 東京に行ってアルバイトして、バンドデビューすると 夢みたいなことを4年生になっても言っていた。 弟が地元の大学にいて卒業しても 弟は都会が嫌いなの [続きを読む]
  • スーパーで。
  • 一週間分の買い物をした。 カートから、はみ出るくらいの食料、日用品。重いよ。 日曜日はお客さんが多い。 赤ちゃんをおんぶして、二、三歳くらいの女の子連れの お母さんがひとりで買い物中。 上の子がタダをこねて暴れている。 お母さんはカートの子供席に女の子を乗せようとするが 女の子は暴れて足をバタバタしていた。 周りの人達はスルーしていた。 お母さんは困っていた。 私は近づいて女の子の足をそっとつかみ [続きを読む]
  • 似ている・・・
  • 息子は友人に関ジャニの村上君とか りゅうちぇるに似ていると言われていた。 ふぅ〜んなんて聞いていたけど。 彗星のように現れた将棋界の時の人。 まだ中学生の藤井四段に、息子は似ている。。。 髪の毛のくせ毛ぐあいから髪型 顔の骨格 息子は二重なので 二重にしたらそっくり。 兄弟も兄がいる次男で負けず嫌いの性格もそっくり。 息子は中学、高校と六年間詰襟だったので 最初詰襟の藤井四段の姿をテレビで見たとき [続きを読む]
  • 定年退職したら。
  • 私の社会人生活30年あまり。 その殆どが医療業界だった。 今は製造業に勤めて5年になるが。 だから、定年になったら医療関係のボランティアをしようかなぁと 思っていた。病院の受付で解らないお年寄りを案内するとか。 だが、昨年息子が亡くなってから考えが変わってきた。 自死遺族になってとても辛い。 ここでしか本音が言えない。 先日のブログに書いたが 田中さんという方が自死遺族を支援している。 私は彼女に [続きを読む]
  • 自死遺族傾聴電話に電話してみた
  • 連休初日、掃除を終えてひと段落したら 虚しさが襲ってきた。 すがる思いで自死遺族傾聴電話に電話をかけた。 仙台市で活動されている田中さんという女性。 警察官だった30代の息子さんを過労自死で亡くされている。 息子さんが亡くなって半年でボランティア活動を始めたそうだ。 今年で11年。 田中さんは明るくさっぱりとした話し方ですぐ打ち解けた。 私が思っていることをすべて肯定してくれた。 息子を追い詰めた [続きを読む]
  • 自分を褒める
  • 先日の新聞に載っていた言葉 【よくぞ今まで生きてこられましたね。今、生きている自分を褒めてあげてください】 作家の柳田邦男氏の言葉。 次男を自死で失っている。 私と同じだ。。。 幼子を亡くした母親から手紙をもらい「もがきながらでも生きて行こうとする」 ことの重たさを思い知る。以後、深い悲しみの中にある人にはこう声をかけるそうだ。 自死遺族の皆様 自分で自分を褒めましょう。 大切な人を突然亡くして [続きを読む]
  • ママ友の涙
  • 役場に用事があった。 窓口は息子の中学時代のママ友。 小さな町の役場なので、息子が亡くなったことは皆、知っている。 書類の手続きを終えて話しかけられた。 ママ友「調子はどう?」 私  「悪いねぇ〜・・・・」 すると、ママ友は泣きだしてしまった。 はぁ。。。泣きたいのはこっちだよ。。。 泣きながらママ友が話をした。 泣いてしまって、ごめんなさい。 S君が亡くなって、娘も私も凄くショックで。 娘は一番 [続きを読む]
  • 人生50年でいいかなぁ
  • ちょっと前まで人生50年だった。 今は医療が発達し、どんどん長生きしている。 私個人の考えは人生50年でいい。 長生きしたいと思わない。 それは、息子が亡くなる前から思っていた。 人間で欲深い。 自分も人間だがそれが嫌だった。 かすみと言うハンドルネームも 霞を食べて生きる仙人のようになりたいから。 しかし、現実は自分の思う通りになんか いかないほうが多い。 義母は認知症が進み、子供のようになって [続きを読む]
  • 何も言えない・・・
  • 息子が亡くなる前は 楽しみな出来事が少し先にあると周りの人達に言ったり 自分がこうしたいなぁと思ったことも言ったりした。 でも、次男が突然亡くなってから ほんの少し先の事が言えなくなった。 つい、さっきまで元気でいたのに 今はもういない。 先のことがわからない。 先のことが怖い。 長男が無事、大学を卒業して 就職もした。 喜ばしいことだが 事後報告しか出来ない。 先のことは誰にも解らないことなんだ [続きを読む]
  • 腹痛
  • 昨日の朝、ちょっと下痢気味だった。 でも出勤の時間だ。 車を運転して程なく、腹痛。 や、ヤバいな。。。。 我慢したが、腹痛は陣痛のようにまた、襲ってくる。 それも、久しぶりの強烈な痛み。 会社まで約二十分。 もつか、もたないか。。。 二回目の腹痛でもう、限界が来てしまった。 田舎なのでコンビニもない。 もう、ダメだ。。。。 どうしよう。。。。 ギリギリでコンビニにたどり着き ダッシュでトイレを借り [続きを読む]
  • 心が安らいだ本。
  • 少し前から気になっていた本を買った。 【さよならの力】 ベストセラーなので読んだ方も多いかと。 筆者はあの、伊集院静。 大学二年生の頃、高校生だった弟さんを事故で亡くされている。 そして、前妻の夏目雅子さんも病気で亡くされて・・・ 自死遺族とは少し違うが 大切な人を亡くされたことは同じ。 最後に書かれていたことが、私にとって少し救われた。 とは言え、まだまだ息子への想いはある。 多分、一生辛い。け [続きを読む]
  • 花粉症で風邪
  • スギ花粉症は毎年だが 風邪を引いてしまって咳が酷く それでも仕事は休めなくて 休日は寝込んでいて(いつもだけど) やっと回復してパソコンを立ち上げた。 心の傷は癒されることはないが 体調が悪いともう、どうしようもない。 もう、四月なんだ。。。。 月日は待ってくれない。 どんどん過ぎてゆく。 息子のことも、過去になっていく。 涙、出ないんだよなぁ〜 泣きたいけど泣けない。 この頃寂しさの質も違ってき [続きを読む]