沖野直嗣 さん プロフィール

  •  
沖野直嗣さん: 沖野直嗣のだいたい自転車世界一周
ハンドル名沖野直嗣 さん
ブログタイトル沖野直嗣のだいたい自転車世界一周
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/okino0817/
サイト紹介文アラスカのアンカレッジより自転車世界一周に出発。世界遺産、絶景、現地の料理を紹介します。
自由文5年間のサラリーマン生活を経て、昔からの夢であった自転車世界一周に出発。
自転車旅行の魅力は、スピードの遅さにあります。
その遅さが、思わぬ出会いや景色へと誘ってくれます。
絶景、世界遺産、出会いを写真と文章を交え、紹介できればと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 207日(平均1.9回/週) - 参加 2016/09/23 13:30

沖野直嗣 さんのブログ記事

  • 秘境・Semuc Champeyへ
  • San Benito〜Semuc Champey〜Coban3/23〜3/28 (307〜312days)Semuc Champey(セムク・チャンペイ)Guatemala Cityから北東へ300キロ、奥深い山の中にSemuc Champeyというグアテマラの自然モニュメントがある。谷の間を流れるエメラルドグリーンの川が段差状に流れ落ちる様は、まるで天然の棚田のような光景である。San BenitoのWarm Showerホスト、Memoの家で写真を見てその存在を知った私は、是非とも訪れようとグアテマラ南下 [続きを読む]
  • 【世界遺産】憧れの地・Tikalへ
  • Yaxha〜Tikal~San Benito3/20〜3/22 (304〜306days)Yaxhaでキャンプをした私と台湾人チャリダーのChungとEnidは、次の目的地であるTikalへ向けて出発した。私にとってTikalとは、この旅行の出発前から特別な存在であった。馬鹿の一つ覚えの様に繰り返しの紹介になるが、自転車旅行記の名著「行かずに死ねるか」の中で石田ゆうすけ氏がTikalを「世界で一番美しい遺跡である」と評していたのだ。奥深くまで続くジャングルと、その [続きを読む]
  • 何もない国・Belize
  • Chetumal〜San Ignacia〜Guatemala国境3/14〜3/17(298〜301days)ベリーズは、中央アメリカ北東部、ユカタン半島の付け根の部分に位置する英連邦王国の一国たる立憲君主制国家である。北にメキシコと、西にグアテマラと国境を接し、南東にはホンジュラス湾を挟んでホンジュラスがあり、東はカリブ海に面する。首都はベルモパン。人口は324,528人。(統計2010年)(※Wikipedia「ベリーズ」の項目より引用)続きを読む [続きを読む]
  • 【カリブ海】Cancun・Isla Mujeles・Isla Cozumel
  • Cancun Dolphin Beach(カンクンドルフィンビーチ)Isla Mujeles(ムヘーレス島)Isla Cozumel(コスメル島)Cancun Dolphin BeachValladridから160キロの激走を果たした末にCancunに到着した私は、その日は泥の様に眠り、翌日も宿から出ずにだらけた生活を送っていた。正直、Cancunについて何も知らないし、Cancunからほど近いバックパッカーの聖地・キューバにも興味はない。しかし、毎日のように入れ替わるRosas7の投宿者の間で [続きを読む]
  • Cenote Dos OjosとTulum遺跡
  • Cenote Dos Ojos(セノーテ・ドスオホス)Ruinas Maya de Tulum(トゥルム遺跡)Cancunに到着し、日本人宿であるペンションRosas7に投宿した私は、しばらく自転車旅行とはかけ離れた生活を送った。久しぶりに使う日本語と、久しぶりに出会った日本人。だけれども、Rosas7に集う旅行者達はみな旅の強者達で、日本では僕が今まで出会ったことがないような人ばかりで非常に刺激的だった。そんな同宿者と一緒に、Cancun周辺の観光地を [続きを読む]
  • 【世界遺産】マヤ遺跡・Chichen ItzaとCenote Ik Kil
  • Chichen Itza(チチェンイッツァ)チチェン・イッツァ(スペイン語: Chichén Itzá)は1988年に世界遺産に登録されたメキシコのマヤ文明の遺跡。(中略)カスティーヨはマヤの最高神ククルカン(羽毛のあるヘビの姿の神。ケツァルコアトルのマヤ語名)を祀るピラミッド。基底55.3メートル四方、高さ24メートル(頂上の神殿部分は6メートル)。通称の「カスティーヨ」はスペイン語で城塞の意。「ククルカンのピラミッド」、「クク [続きを読む]
  • フラミンゴたちの楽園・Celestun
  • CelestunCelestun(セレストゥン)とは、Meridaから東へ80キロ程、メキシコ湾に面した小さな漁村だ。この漁村沿いは自然保護区となっており、広大な広さのマングローブ林が存在している。Pueblaでお世話になったMariaから、Celestunのことを教えてもらい、是非とも訪れたいと思っていたのだ。マングローブ林だけならそこまでそそられないのだが、Celestunを訪れることにこだわったのはもう一つの理由がある。Celestunでは野生のフ [続きを読む]
  • 【世界遺産】マヤ遺跡・Uxmal
  • Uxmal(ウシュマル)ウシュマル (Uxmal) は、メキシコ、ユカタン州にある古典期後期から後古典期のマヤ文明の遺跡。(中略)ウシュマルという地名は、オシュ=マハアルと発音されたと考えられ、マヤ語の研究者の間でその由来について論争があるが、コロンブス到着以前の古いマヤ語の名称と考えられ、「三度にわたって建てられた町」という意味である。(中略)ウシュマルは、フン=ウィツィル=トゥトゥル=シウによって紀元500年 [続きを読む]
  • 【世界遺産】城塞都市・Campeche
  • Campeche2/16 (101days)カンペチェ(Campeche)は、メキシコ湾岸にあるメキシコの都市で、カンペチェ州の州都である。(中略)スペイン植民地時代に築かれた城壁や要塞などの防衛施設群が評価され、ユネスコの世界遺産に登録されている。(※Wikipedia 「カンペチェ」より引用)Campecheは1540年にスペイン人のレコンキスタドール(征服者)によって設立された。当時は頻繁に海賊が襲撃しにやってきたらしく、スペイン人は防衛手 [続きを読む]
  • マヤ遺跡Comalcalco探訪&Cunduacanで教師体験
  • Peubla〜Cunduacan2/4〜2/11 (260〜267days)2/4Pueblaでお世話になったMariaの家族と別れの言葉を交わす。彼等が歌ってくれた応援の歌に背中を押され、出発する。出発の時、「My house is your house. You can back to Mexico(私たちの家はあなたの家。また戻ってきてね)」と言ってくれた。続きを読む [続きを読む]
  • 文化と革命の発祥地・世界遺産都市Puebla
  • Mexico City〜Puebula1/31〜2/3 (256〜259days)1/31〜2/1Mexico CityではAlbertoのご家族の所有するアパートの空き室で、一人暮らしをさせてもらった。最後の一日は、Sayuriのご家族の住む家で、一緒に寝食を共にさせてもらった。夕食に味噌汁とご飯を作ってくれ、みんなで一緒に食べる。旅行を忘れ、日本で家族と過ごしているような、凄く貴重な時間となった。続きを読む [続きを読む]
  • Frida KahloとDiego Rivera〜Mexico City編③〜
  • CoyoacanMuseo Frida Kahlo(フリーダ・カーロ記念館)Museo Diego Rivera Anahuacalli(ディエゴ・リベラ アナワカリ博物館)前回に引き続き、Mexico Cityにある小さな街、Coyoacan(コヨアカン)に関する記事。今回は、Coyoacanにある2つの博物館の紹介。メキシコの芸術を語る上で欠かすことのできない画家、Frida Kahlo(フリーダ・カーロ)とDiego Rivera(ディエゴ・リベラ)。特にDiego Riveraは、メキシコ革命後に起こった [続きを読む]
  • 市街地観光〜Mexico City編その①〜
  • Historico Centro〜Mexico City~Mexico City到着後、AlbertoとSayuriを始め、彼等のご家族に大変お世話になっている。Albertoのアパートにしばらく住まわせてもらい、しばらく自転車旅行から遠ざかり、都会の生活を満喫している。その間Mexico City、その周辺地を観光してきたので、随時紹介していきたい。まずはMexico Cityの中心街、Historico Centro。地下鉄のHidalgo駅を降り、地上へ上がると大きな公園があり、住民達の憩いの [続きを読む]
  • 人口世界12位の大都市・Mexico Cityに突入
  • Angangueo〜Toluca〜Mexico City1/15〜1/17 (230〜232days)1/15蝶が集う聖地の麓の村、Angangueoを後にし、今度こそMexico City方面へと向かう。Angangueoからメキシコシティへと向かうためには、標高3000メートルの峠を越えなければならない。Angangueoが既に2400メートルくらいなので、そこまできつくないだろうと思っていた。が、道は曲がりくねり、かなりの勾配。久しぶりに自転車を降りて、押して進む。続きを読む [続きを読む]
  • 英雄の生まれた世界遺産都市・Morelia
  • Morelia1/12 (227days)Moreliaの歴史は古く、建設は1541年。現在はミチョアカン州の州都となっている。その都市名はここMoreliaで生まれ、メキシコ独立運動で活躍したホセ・マリア・モレーロスが由来になっている。 (José María Teclo Morelos y Pavón。1765〜1815年。スペイン軍により処刑、満50歳。)現在でもメキシコの人々はモレーロスを英雄として尊敬しており、紙幣の50ペソには彼の肖像画が描かれている。続きを読む [続きを読む]