aritaku さん プロフィール

  •  
aritakuさん: 天声人語と備忘録
ハンドル名aritaku さん
ブログタイトル天声人語と備忘録
ブログURLhttp://aritaku2016.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文全てのジャンルに関し、これまで私が思いしたためてきた考えを綴ります。
自由文政治、スポーツ、音楽、いじめ、健康問題、子供の頃からあらゆるジャンルに関心を持ち生きて来ました。新聞記者になりたかった。
弁護士にもなりたかった。スポーツライターにもなりたかった。
子供の頃からの思いを綴った私の天声人語であり備忘録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 160日(平均4.4回/週) - 参加 2016/09/26 08:10

aritaku さんのブログ記事

  • 首相夫人は公人か私人か?
  • 森友学園の土地購入の問題が浮上した。新設される小学校の名誉校長として安倍首相夫人の昭恵氏が就任予定であった。開校はされていなかったが、正確に言うと就任していた状態であった。この肩書きにより、世間に対して、また土地購入に当たっての役所に対しさまざまな影響力があった事は間違いない。いま国会で喧々諤々の議論となっているのが、首相夫人は公人か私人かという問題である。その事に関して私なりの考えてみた。その答 [続きを読む]
  • 日本代表の昔と今
  • あと8日でWBCワールドベースボールクラシックが始まる。私は子供の頃、将来プロ野球の選手とサッカー選手とどちらになりたいか迷った事があった。いわゆる子供の将来の夢である。そしてその時、よりなりたいと思ったのはサッカー選手だった。それはオリンピックに出たかったからだ。日本代表のユニホームを着てオリンピックに出る。そう、日本を背負って世界と戦いたいという気持ちがとても強かったのだ。当時、オリンピック種目に [続きを読む]
  • 平和を願う哲学
  • 先ほどまで朝まで生テレビを観ていた。憲法第9条に関しても、いつもながらの議論が行われていた。護憲か改憲か、、、ずっとずっと日本の対立軸となってきた。護憲派は平和主義者、改憲派は普通の国を目指す、、、大ざっぱな括りでいくとこのような色分けをされてきたように思う。そういう括りの中では、私は護憲派だった。しかし、論客達の議論を聴いていく中で、もうそろそろ新しい視点から平和を考えて行かなければならないと思 [続きを読む]
  • UFOの謎はいつ解明されるか
  • 約40光年の場所に複数の生物が生きられる可能性のある星が見つかったとNASAが発表した。今日の書き込みはテーマが大き過ぎて、もしかしたら手に負えないかもしれない。あちこち散らかってしまうかもしれないが、ご容赦願いたい。全く別の事件だが、金正男の長男がマレーシアに来たのかどうか、警察当局は「来ていない」と発表しているが、たとえこれが嘘だとしても、責める事は出来ないだろう。それだけ重大な事なのだから。宇宙 [続きを読む]
  • 何故?人を殺すのか!!
  • 今週は金正男の暗殺のニュースでもちきりであった。毎回思う。何故?何故!21世紀になった今、こんなに科学技術が進んで、それなのに人が未だに人を殺すのか?ただ、ひとつ思うのは、日本史の中の例えば戦国時代、幾多の武将がいて今の粛正とか暗殺とかと同じ事をやっていたが、豊臣秀吉を殺人犯、信じられない人間と言う人はそれほど居ないのは何故なのだろう?恐らく、あの時代は仕方ない、昔だったからとかいうものなのだろう [続きを読む]
  • 宇宙の原理 VS 世界連邦
  • こんなタイトルで意見を述べる人など恐らく居ないだろう。ただ、私は冗談抜きで悩んだ末このタイトルをつけた。是非読んで頂きたい。トランプ氏がアメリカ大統領になり、次々に大統領令を発令し、世界中が不安や怒り、或は支持者にとっては、まるで2ちゃんねるのように本音が表に出せるようになったこと。世界の流れが大混乱に向かっているように感じる中で、何故か私は、宇宙、この世界と言うものが、人間の力ではどうしようもな [続きを読む]
  • テレビの選挙開票報道への疑問
  • 先日、千代田区長選挙があった。結果はともかく、私には以前から1つの疑問があった。それは、、、、、。投票締め切り直後の「当選確実」情報だ。衆議院選挙や参議院選挙等では、全議席の過半数以上が、締め切りと同時に「当選確実」となる。しかも、開票率0%と出る。あり得ない事だと私は思う。もちろん出口調査を行っての事だと言う事は承知している。しかし、しかしである。どこよりも早く情報を伝えたいという目標のために、 [続きを読む]
  • 宇宙の大きな力に人類は立ち向かえるのか?
  • 科学は進歩した。人類は言葉と言うコミュニケーション手段を持った事により大きく進化を遂げた。しかし、21世紀になった今も、人間同士で殺し合いをしている。そして今年2017年、世界のリーダー的国家の新しい大統領が誕生し、世界は混乱している。良心が思う方向と真逆に世界が動いているように思えてならない。バスの事故が起きると、同じ様な事故が続く。不思議と今まで無かった事が続けて起きるのは珍しく無い。何故なの [続きを読む]
  • 何故?!! 米国民はトランプを大統領に選んだ?!?!
  • 本当にトランプが大統領に就任してしまった。就任後の数日をみて、米国民は何故トランプを選んだのか、本気で考えた末なのか、ただ今までと何かを変えてくれると思ったのか?もし、もう1度大統領選を1ヶ月後に行ったなら、圧倒的にヒラリーが勝利するように思う。2期8年という決まりがあるが、本当はオバマの続投が世界のためにはベストだとも思える。トランプを支持するグループには公然と人種差別を肯定するものもある。白人の [続きを読む]
  • 追悼!松方弘樹さん
  • 大スター松方弘樹さんが逝った。美食家で月に1千万円の小遣いを使う等と報道されたこともあった。確かに不摂生はあったのかもしれない。私は尊敬する人物を問われると「勝海舟」と答える。それは、松方さんが大河ドラマで演じた勝海舟の演技が素晴らしかったことによる。あの時、勝海舟役は渡哲也さんだった。途中体調不良で代役となったのが松方さんであった。それまで時代劇でみていた松方さんは、あまり印象のないものであった [続きを読む]
  • 芸人、百花繚乱
  • 芸人という言葉を聞いて何をイメージするだろうか?いま私が芸人と記したのはいわゆる「お笑い芸人」の事である。芸人は本来はお笑い芸人だけではない。英語のタレントという言葉は、そもそも才能の意味で芸人=タレントである。いま、まさしくお笑い芸人が「芸人」になっている。そもそも司会者と呼ばれていた番組の進行役をMCと呼ぶようになり数年が経つ。そのMCはお笑い芸人のオンパレードである。朝から続く民放のワイドショー [続きを読む]
  • 国民的アイドル
  • 昨年末をもってスマップが解散した。まさに国民的アイドルであった。しかし、私が今日述べるのはスマップの事ではない。これまでに国民的アイドルと呼ばれた個人やグループは数多く存在した。ピンクレディ、キャンディーズ、山口百恵、郷ひろみ、松田聖子等々、、、、。その中で、国民的アイドルの中でもしかしたら最初に国民的と呼ばれたのは天地真理ではないだろうか?小柳ルミ子、南沙織と3人娘と呼ばれ、その中でも熱狂的なフ [続きを読む]
  • 世界のリーダーとは
  • あと数日でトランプ大統領が誕生する。先日、くしくも同じ日に、オバマ大統領の最後の演説とトランプ次期大統領の記者会見が行われた。内容は皆さんご存知の通りである。私は、この二人の余りにも違う価値観を感じずにはいられなかった。オバマ大統領は理念の人である。言葉の端々に哲学を感じる。それは、究極の理想である恒久平和への思いである。一方、トランプ氏には残念ながら哲学のかけらも感じない。政治の玄人知識人の多く [続きを読む]
  • さりげない一言の温かさ
  • 私は10年程前に胃ガンになり胃を全摘出した。幸い転移は無く今も元気に過ごせている。そんな私に、久しぶりに会った時、必ず「お体大丈夫ですか?」と声をかけてくれる人がいる。それも一人ではなく何人もの人が同じように声をかけてくれる。そしてその人達は、別れ際に皆同じ事を言ってくれる。「本当に元気で良かった!」と。多くの人達は、私が以前に胃を摘出している事を知っていても、いつもと変わらず接してくる。それはそれ [続きを読む]
  • テレビCMにほのぼの作品が少し復活
  • 世の中にはCMが邪魔だから民放は見ないという人も以外に多い。私の家族にもその傾向がある。確かに、良い場面の時にいきなりCMに変わる事に腹が立つ事も確かに多い。そのCM自体、昭和世代の私にとっては、何を訴えようとしているのか、何度見ても印象に残らない物も多い。そして、ある学者が言っていた事だが、この100年でどんどん言葉や音楽のスピードが早くなっているという。確かに最近のCMを見ていると、早くて何を言ってい [続きを読む]
  • 科学技術のその先には
  • この数10年、科学技術の進歩の中で、直接我々が影響をもっとも多く受けたのは、デジタル技術であろう。確かに随分便利になった。技術進歩の早さは凄まじい。しかし、そのことがもたらす負の影響は、実は誰にも予測出来ない。私のような中高年が育ち生活しながら得た常識と、生まれた時から、それはすでに存在していたという中で育った常識とは自ずと違ってくる。しかし、何が違ってくるのか、多くの事を予測出来ないのである。それ [続きを読む]
  • 次期大統領トランプの真の姿とは
  • 結論から言えばアメリカ国民は間違った選択をしてしまった。よもやの大統領選出の後、日本の識者と言われる人達もこぞって、以外に常識人かもしれないとか、優秀なビジネスマンだと賞賛したりと。だが、それは希望的観測に過ぎないのである。確かに優秀なビジネスマンだとしても、それはそれだけの話である。人類の未来に対する哲学とは無関係なのである。少なくともトランプの頭の中にはアメリカの事しかない。世界平和や危機が迫 [続きを読む]
  • 川淵三郎という人
  • オリンピックの会場問題に関する4者会談が行われた。バレーボール会場に関してはクリスマスまで結論を延ばすという事だが、その点に関してテレビ番組にゲスト出演していた川淵三郎氏(肩書きは何が適切なのだろう)が非常に興味深い発言をしていた。川淵氏は有明アリーナを新築すべし!という立場だが、その理由がまさに唸るようなものであった。これまでマスコミの情報では新築でお金をかけるのか、横浜アリーナを利用し、経費を [続きを読む]
  • 海をこえて友よきたれ!
  • 2020年開催の東京オリンピックの競技地問題が、29日の4者会談でいよいよ方向性が決まるようである。様々な意見、自由な議論が行われていることは、それはそれで時代の進歩なのかもしれない。しかし、私はこの50年の日本の歩みの中で、何か根本のシンプルに大切な物を置いてきてしまったように思えてならない。財政、景気、税金、コスト、、、、今東京オリンピックを語る時、頭に思い描かれるのはお金の問題である。もちろ [続きを読む]
  • どうしようもない役人気質
  • いまニュースを観ていたところ、山梨県庁の猫の話題を取り上げていた。山梨県庁の敷地内を365日解放したところ、猫が集まってきたということだ。訪れる人の声は「癒される」「かわいい」等と言うものも多いが、餌を与える人がその始末をせずゴミが放置されるというものや、糞尿の問題等も起こってきているという。知事は、何とかマイナス面を対処していきたいとのコメントを述べていたが、問題は県の担当者の弁である。開いた口 [続きを読む]
  • 小さい秋は遠くなりにけり
  • 「小さい秋みつけた」という唱歌をご存知だろうか。私はこの歌が子供の頃から好きだった。夏が終わり落ち着きと少しの寂しさを感じる哀愁のあるメロディーと歌詞。しかし、最近は8月が終わり9月になりこの歌を思い出す時、「小さい秋みつけたって、、、いつ?」と季節感が全くイメージがわかない。暑い日と涼しい日とのせめぎ合いをしているうちに、そもそも秋っていつ?と思う程、秋の季節感が無くなっている。先ほどの歌さえ、「 [続きを読む]
  • サッカー日本代表 オシムの遺産
  • 昨日、サッカー・ワールドカップ予選に於いて、日本代表がサウジアラビアに2対1で勝利した。5大会連続本戦出場の日本が、絶体絶命の中で勝ち取った勝利であった。特に、4試合連続で得点をあげた原口の頑張りは目を見張るものであった。試合中、相当の距離を走っただろう。それも全力疾走での走りもかなり多かった。そこで思い出した事がある。今は当たり前になった走って貢献すると言う事。実は10年前まであまり取り上げられる事 [続きを読む]
  • アメリカ大統領選にみる選挙制度の難しさ
  • かつてこれほどまで他国のトップを決める選挙に関心を持った事はあっただろうか。確かに8年前、オバマ大統領が誕生した時も黒人初の大統領と言う事で、日本人の関心も高かった。しかし、あくまでも対岸の事としての関心であり、就任演説を聴きながら世の中が平和になるように願ったものだ。しかし今回は全く違う。他国の事ではなく、「やばいぞ!」と自分の国への影響を本気で心配する人が多いのではないか。今回の選挙で、今更な [続きを読む]
  • 日本サッカー界!!出よ真の絶対的エース!!
  • 最近スポーツ界において、やたらと「絶対的エース」という言葉が出てくる。だが、絶対的エースというものは、そんなに多くいるはずが無いと常々感じてきた。特にこの絶対的エースという言葉はサッカーの世界で多く耳にする。絶対的エースというのは、ここぞという時に必ず決めてくれる、それが絶対的という言葉の持つ重みであろう。今のスポーツ界で真の絶対的エースと言えるのは、体操団体の内村選手、ソフトボール女子の上野選手 [続きを読む]
  • 法律と楽譜
  • 先日の日曜日、昼のテレビで墓地に関する特集が放映されていた。あるお寺が墓地を新しい場所に作っている途中だが、その境界線に壁を建設しその壁の土地が他人のものだったという内容である。他人の土地に了解も無く建設物を作ってしまった訳だが、このお寺の住職は建設に関する手続きをコンサル会社に任せていた。住職は土地の交渉も全てコンサル会社に任せている認識だったが、コンサル会社は土地の交渉は契約内容に入っていない [続きを読む]