トリキチジイジ さん プロフィール

  •  
トリキチジイジさん: トリニータ談話
ハンドル名トリキチジイジ さん
ブログタイトルトリニータ談話
ブログURLhttp://www-katashima-trinita.muragon.com/
サイト紹介文大分トリニータ・旅行・釣り・メダカの飼育等日常生活を自由気ままに・・・
自由文大銀ドームではゴール裏で、アウェイは旅行を兼ねて、トリニータが生活の一部かな?。トリニータで人とのめぐりあい、人生の中で一番いい時かな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 296日(平均2.0回/週) - 参加 2016/09/23 18:50

トリキチジイジ さんのブログ記事

  • 引き分け・ドーロー・0:0・負けなくて良かった
  •  水戸戦、前期第17節はミス連発で後半2点を取られ惨敗。  今節は前の試合の悪い点、出来なかった点をしっかり修正し試合に臨んでくると期待しゴール裏で応援。  試合が始まり数分もたたない内に期待は裏切られ相手の攻めにミスの連発、全く修正も出来て無く防戦一方、練習で何をしてきたか疑問に思う。  少ないチャンスにも決められず歯がゆいこと。  後半に入り相手に攻められるも何とかしのぐ、山岸に替わり新加入シ [続きを読む]
  • 夏の高校野球大分大会 母校の応援へ
  •  我が母校、近年調子があがらず久しぶりに勝ち上がりベスト8、これは応援行かなければと思い別大興産スタジアムへ、球場に着くとまだ前の試合・大分高校と柳ヶ浦高校の試合中、バックネット裏で観戦熱気がこもり暑い。  日田林工高・林業科を卒業したのが昭和40年春、52年前・年は70歳もうすぐ71歳まだまだ。  対戦相手は大分舞鶴高校・息子の母校、娘はちなみに別の高校。  試合は10時10分開始、開始早々から [続きを読む]
  • 新加入シキーニョ・水戸戦先発はあるのか?
  •  7月に入り勝ち星のないトリニータ、22日ホームで対戦する水戸ホーリーホックは前期第17節アウェイでミス連発0:2で惨敗。  今節はホームでの戦い・シーズン2敗は許されない有能なブラジル人選手も加入したことだしホームで迎え撃ってほしい。  新加入シキーニョ選手、練習で動き等目をこらして見たが素人だからよくわからない監督の求めるサッカーにフィットするか。  先発は多分?。  水戸ホーリーホック・勝ち [続きを読む]
  • 敗戦寸前 前田のゴールで何とか引き分け
  •  愛媛戦、現地に参戦することが出来ずDAZNで観戦。  豊後水道を挟んでの隣県同士の対戦、前期第6節・ホームでの試合は1:1の引き分けそれも終了間際、林のゴールで追いつき何とか。  今節、愛媛に負けると順位が入れ替わる負けられない。  試合は前半から愛媛ペース、河原のミドルシュートがクロスバーに、その後も幾度と無く攻め込まれるが何とかしのぐ、前半26分・川西から大津に絶妙なロングパス、大津が右足側 [続きを読む]
  • 天皇杯3回戦・J1柏レイソル戦 2:0で敗戦
  •  天皇杯3回戦はカテゴリーの下のチームのホームで行うとのことで大分銀行ドームで開催しかし、ホームはあくまでも柏レイソル。  トリニータの先発メンバーはリーグ戦出場機会の少ない選手が主体、J1柏相手にどうなることやらと思っていたが、どうしてどうして前半は互角以上の戦い、人間とはおかしなものでこうなると欲がでてひょっとしたらと勝つことを期待する。  互角のまま前半は0:0で終了。  後半に入り得点のチ [続きを読む]
  • 勝機はあったが決めきれず 強敵・湘南と引き分け
  •  今日の大分銀行ドームは暑いのなんの着いたのが15時40分・開門が16時30分、待機列で待つこと50分。  知人と話をしているだけで汗が吹き出す蒸し暑い、ふと今日の試合こんな熱い試合をしてくれたらと。  湘南戦前期は1:0で辛くも勝利、後期初戦強豪相手・この試合が今後の展開を占う大事な試合。  試合開始から相手の怒濤の攻撃に防戦一方しかし、守備陣が体を張ってくい止める時折チャンスがあるが決められな [続きを読む]
  • 湘南戦を前にスポパへ・川西のゲートフラッグ作成
  •  前期21試合で勝ち取った勝ち点は32・成績は9勝5分け7敗・順位は9位、これまでJ3から昇格したチームに全く遜色はない、いやそれ以上にすばらしい。  選手の頑張りでこの成績・この順位、勝ち点もシーズン目標勝ち点45、これに対して32、監督の前期目標勝ち点は30。  今、思えば古手川・川西両選手の加入がなかったら今の成績を残せたかと。  後期初戦は湘南ベルマーレ、前期は第9節で対戦し一方的に攻めら [続きを読む]
  • 千葉戦 1:4で完敗 完全に力負け
  •  開始早々から千葉の素早い攻撃に一方的に攻められ防戦一方、選手の距離間等が悪くボールが取れない、守るだけで打開するアイデア・工夫も無い。  何とも言えない試合内容にここまで力の差があるのかと、チーム力、個人技、闘う姿勢全てに劣っている。  それでも何とか前半ゼロに抑えればと思ったが33分船山にゴールを決められ先制点を許す、これで今日のゲームは終わったなと案の定、後半開始早々清武に決められ失点。   [続きを読む]
  • 前半戦20試合消化残り1試合、千葉戦を前にスポパへ
  •  空をを見上げると今にも雨が落ちてきそうなスポーツ公園、それでも天皇杯を挟んで3連勝また、中3日の試合が続くとトリサポも選手の体調等が気になるのか大勢のサポが練習見学に。  練習開始は10時過ぎ。  選手も勝つことにより気合いが入るのか声も大きく、選手同士声を掛け合い練習に集中する、見ていて気持がいいが余り無理をして怪我でもしたらと心配する。  そんな中で、期限付き移籍のシキーニョ、ポジションは左 [続きを読む]
  • 後藤 今シーズン2度目のハットトリック 群馬に快勝
  •  21位、ザスパクサツ群馬に後藤の3得点・伊佐の1得点で快勝。  試合内容は余りほめられたものではないが勝つことが一番、今シーズンのJ2は余り戦力に差がないのか20節終了時点で3位の勝ち点が34点、14位が27点と均衡している、連敗すると一気に順位が下がる可能性もある。  今回は、群馬の決定力のなさに救われたが、先制点を取られていたらどうなっていたかわらない。  群馬戦、現地に参戦されたサポの皆さ [続きを読む]
  • 天皇杯2回戦・若手の活躍で町田ゼルビアに快勝
  •  宿敵町田に4:2で快勝。  先発メンバーは前節リーグ戦から10人入れ替えて。  試合内容は掲示板・NHK等で情報を、かなり押し込まれたみたいだが、決めるところをきっちり決め4得点、守備も山口を中心に辛抱強く守り、修行のスーパーセーブも有り2失点で。  得点者の情報は、NHK・天皇杯公式とも再三入れ替わり最終的に16分・大将、42分・伊佐、71分・伊佐、94分・姫野に、国分、翼は残念。  大分ユー [続きを読む]
  • ブラジル人選手を補強その意図は、スポパへ練習見学
  •  ブラジル選手を補強どんな選手か気になるのでスポーツ公園へ練習見学。  スポーツ公園のサッカー・ラグビー場は全九州高校体育大会のサッカー競技が行われており大勢の高校生、指導者が女子決勝は柳ヶ浦高校が優勝、おめでとうございます。  練習開始は若干遅れ目、広報から今日の練習は一部非公開を公開にするとのこと見たらピッチに旗が立ってない紅白戦はなくミニーゲームで終わりだなーと。  ブラジル人選手に目がいく [続きを読む]
  • 6試合ぶりの勝利 全員で勝ち取った「勝ち点3」
  •  今シーズン初のナイター、昨年はJ3で昼間開催が主で久しぶりのナイター、節電のためかドームの中が暗く目も悪いせいか試合が見にくく感じた。    私だけかな。  第19節讃岐戦、大分は11位・讃岐は20位、ここ5試合勝ちがなく下位チームに勝ちきれていないどうなることやら。  大分は左サイドバック、不調の福森に変えて35番・坂井達弥を起用、初先発の坂井は落ち着いてパスが来てもワンタッチでボールを回し、 [続きを読む]
  • カマタマーレ讃岐戦・監督の采配は スポパへ
  •  横浜戦、何とも言えないPKで勝利を目前に痛い引き分け、Jリーグ審判の程度いかようなものか、大分はこれまで何試合審判に泣かされたか。  5試合勝ちがなくすっきりしない毎日だが、後3日でホーム・カマタマーレ讃岐戦、讃岐は18節終了時点で順位は20位・2勝(湘南・金沢に勝利)7分け9敗、17得点・27失点。  第6節、湘南戦に勝利後11試合勝ちがなく前節(18節)金沢戦で1:0で勝利しやっと両目が開い [続きを読む]
  • 勝利目前 PK2本与え むなしい引き分け
  •  A T4分、2:1でリード何とか守りきり勝利をと思った瞬間、岸田が相手をペナルティエリア内ぎりぎりで倒しPKを与え、イバに今日2本目のPKを決められ2:2。  試合終了の笛を聞きなんとむなしいこと、勝利目前の引き分け。  怪我から復帰した古手川がシャードに入り、ここ数試合の悪い流れを一蹴しトリニータペースで試合は進み、前半25分・鈴木(惇)のゴールで先制、  後半22分・福森が自分のミスから相手 [続きを読む]
  • 4戦勝ちなし、横浜戦を前にスポパへ
  •  九州北部は5日梅雨入り、6日は練習見学と思ったが小雨がパラついていたので中止、行かなくて正解10時過ぎから大雨に。  今日は昨日とうって変わって快晴、スポパに到着するとY夫婦が、雑談をしていると姫野選手が練習場に登場。  後2日で横浜FC戦、難しい試合になると思う。  横浜は現在2位、9勝4分け4敗勝ち点31、失点はリーグ最少。  システムは3:4:2:1。  もっとも苦手なシステムしかし、大分 [続きを読む]
  • トリニータ・ファン感謝デー2017に
  •  水戸戦は惨敗、気分をとり直して家内と感謝デーに行ってきました。    1,200人を超えるトリサポが大銀ドームに、いろんなイベントが有り選手も昨日の惨敗を忘れるかのように、真剣に取り組み大変楽しい1日でした。  負けが続き観客が少ないのではと心配したのですがさすがトリサポ。  写真を少々掲載。 案内板。 待機列。 イベント会場と客席。 メインスタンド席。 参加選手紹介、怜。 三平。 選手入場。 [続きを読む]
  • 水戸戦・決定機に決められず自滅・・・
  •  何とも言えない敗戦。  ふがいない試合をするので勝利の女神が、どこか遠い所へ行ってしまった。  試合は、前半から水戸に押されながらも何とか持ちこたえ、後半にと期待したが軽率なプレーで試合を壊してしまった。  勝負どころで岸田のスローイング、ファールをとられ流れが一気に水戸に、80分上福元のミスを誘い一番警戒しなければいけない前田にゴールを奪われる。  88分と立て続けにゴールを奪われ万事休す。 [続きを読む]
  • 水戸ホーリーホック戦を前にスポパへ
  •  トリニータ・ここ3試合2分け1敗、下位チームにどうしても勝ちきれない、今節(第17節)も下位(13位)の水戸ホーリーホック。  水戸はここ9試合負けなし、勝ち点22・5勝7分け4敗・18得点17失点、システムは3:5:2。  FWの林(8)・前田(6)両名で14得点特に、前田は絶好調警戒が必要、MFの6番・18番も。  トリニータ今日の練習は、試合4日前通常ならミニゲーム、オールアウトの練習体系 [続きを読む]
  • 下位チームに勝ちきれないトリニータ・・・
  •  17位・ファジアーノ岡山との一戦、苦戦するだろうがなんとか勝って勝ち点3をと思い大分銀行ドームへ。  試合が終わり何とも言えない気持で自宅へ。  自宅に帰りシャーワを浴びビール(引き分けなので発泡酒)を飲みながらDAZNで試合を観戦。    前半は互角以上の戦いしかし、不用意なパスミス、精度の低いクロス、岡山の伸び伸びした戦いに対し、大分は型にはまった戦い。  後半早々岡山に先制され流れは岡山に [続きを読む]
  • 町田戦、雪辱ならず引き分け
  •  町田戦、何とか勝ってJ3降格の雪辱をと思ったが残念ながら引き分け、試合内容も何とも言えない、でもアウェイで勝ち点1、負けなくて良かった。  前半の入りは互角、19分黒木がサイドを駆け上がりシュート、キーパーがはじいてそのままゴール先制。  その後も、サイドテェンジ等有効に行い攻め込むも決定力不足。  名古屋戦の後藤どこへ行ったやら。    町田、25分セットプレーで同点。  後半戦は、1点ずつ取 [続きを読む]
  • 勝利の女神はV・ファーレン長崎に、PK2本で惜敗
  •  V・ファーレン長崎戦は、どうしてもはずせない行事が有り自宅でDAZN観戦。  前半大分は、相手の早いプレスにセカンド、ルーズボールを拾えず、ボールを持つと追い回されパスミスはするし、おまけに前線にはほとんどボールを出せない。  前半は何とか0:0:で終了。  後半に入り鈴木(惇)と川西が流動的にポジションをテェンジ、何とかボールが回るようになり大分が攻め込む、77分後藤のCKに武内が合わせ先制点 [続きを読む]
  • 後藤のハットトリックで、名古屋グランパスに圧勝
  •  タレント揃いの名古屋グランパスに4:1で勝利、今の名古屋の調子では十分に勝機はあると思っていたがまさかの圧勝。  サポ仲間と喜びを分かち合い余韻を残し会場を後に。  熊本戦で購入した馬刺しがまだ冷凍で残っていたので刺身に、会場で購入した唐揚げ等で、ビール・焼酎を飲みながらDAZNで勝ち試合をゆっくり見直し観戦。  試合は、立ち上がり互角の戦いであったが前半21分、川西から伊佐に縦パス、伊佐から後 [続きを読む]
  • 時折小雨がパラつく中、名古屋戦を前にスポパへ
  •  第1節アビスパ福岡、第9節湘南ベルナーレとJ1降格組に勝利、13日(日曜日)ホーム開催の名古屋グランパス戦に勝利すると降格組に3連勝する、何とか勝ってほしい。  名古屋グランパス、確かに強豪チーム。  確か2008年、J1でのホーム戦で0:1でリードされていてATに高松、東のゴールで逆転勝ちしたことがある、東はJ初ゴール。  今シーズンの名古屋は川崎から風間監督を迎え1年でJ1復帰を目標に掲げ、 [続きを読む]