トリキチジイジ さん プロフィール

  •  
トリキチジイジさん: トリニータ談話
ハンドル名トリキチジイジ さん
ブログタイトルトリニータ談話
ブログURLhttps://www-katashima-trinita.muragon.com/
サイト紹介文大分トリニータ・旅行・釣り・メダカの飼育等日常生活を自由気ままに・・・
自由文大銀ドームではゴール裏で、アウェイは旅行を兼ねて、トリニータが生活の一部かな?。トリニータで人とのめぐりあい、人生の中で一番いい時かな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 352日(平均2.0回/週) - 参加 2016/09/23 18:50

トリキチジイジ さんのブログ記事

  • V・ファレン長崎戦またも「1:2」で痛い痛い逆転負け 
  •  試合に負け虚しさいっぱいで自宅に、家内とビールを飲みながらDAZNで試合を見直し、戦術とは言え、前に前にの気持ちがほしい、プレスを掛けられると決まってバックパス、パスコースを読まれもらった方もプレスを掛けられあわててパスミス、もう少し臨機応変に戦えば。  一夜開けてPCの前に、台風18号が昼過ぎ九州南部に上陸のおそれ、長崎から押し寄せた500人のサポ、無事帰郷出来たかな又、大分に宿泊し今日帰路に [続きを読む]
  • V・ファーレン長崎戦を前にスポパへ
  •  今日のスポーツ公園は夏が戻ってきたかのような暖かさ、陽気に誘われてかまた、16日(土)V・ファーレン長崎をホームに迎えての九州バトル、選手の調子等が気になるのか大勢のサポがスポパへ。  前期は第14節、5月17日アウェイ長崎での試合、PK2本献上し「2:1」で敗戦。  試合内容は、押されながらも大分が先制し有利に試合を進めていたがDFがラインを下げすぎエリア内でファールPK、引き分けかと思われた [続きを読む]
  • 名古屋戦・片野坂監督采配的中「0:1」勝利・3連勝
  •  名古屋戦、システムを変更し守備から入り名古屋のミスにも助けられ「0:1」で勝利。  両監督お互いにシステムを変更しての戦い、勝負は片野坂監督に軍配、これで名古屋戦2連勝・勝ち点も51、順位も暫定で7位に。  前半からボールは持たれたが、ブロックをしっかり敷いて攻撃を阻止、相手のプレスにも早いパス回しで対応、攻められても相手選手をしっかりマークしシュートを打たない。  点を取られる気はしなかったが [続きを読む]
  • 名古屋グランパス戦を前に スポーツ公園へ
  •  予報では今日の天気は雨、昨日練習を見に行こうと予定していたがいけなくなったので雨が降ろうが、今日はなんとしても練習場に、9時練習開始なので自宅を8時45分に出発、55分に到着。  雨は降ってないが少し蒸し暑い、練習場には数名のサポが。  練習開始時間が来ても選手は出てこない、名古屋相手の大事な試合、ミーティングに時間がかかるのか。  サポ仲間とこれまでの試合について色々と。  練習を開始したのは [続きを読む]
  • FKで得た 虎の子の1点を守りきり 辛くも勝利
  •  ザスパクサツ群馬戦「1:0」で勝利、J2リーグ・ホーム通算100勝を達成、喜ばしいことだ。  しかし、試合内容はなんとむなしいことか、ミス連発、判断の悪さ、パス・トラップそれでも群馬のミスに助けられ、再三の決定機を作るも決めきれない、自分たちで試合を苦しくする。    おまけにPKははずす、ドリブルでボールを持って駆け上がれば、勢い過ぎて相手もいないのに勝手にボールに足下をすくわれ転倒するは、情 [続きを読む]
  • J2リーグ 残留目標勝ち点45獲得 残り試合の戦い方は
  •  前節レノファ山口戦の勝利でJ2リーグ戦・12試合を残し、J2残留目標勝ち点45を獲得すばらしい成績。  残り12試合、なにを目標に戦うのか、あくまでもJ1昇格を目指し最低でもプレーオフ圏内の6位以内かまた、先を見越し若手に出場機会を与え成長させていくか。  今現在、J1自動昇格圏内2位が福岡で勝ち点56、大分との勝ち点差11、プレーオフ圏内6位が東京Vで49、勝ち点差は4。  チャンスがある以上 [続きを読む]
  • 山口戦 鈴木惇の勝ち越しGOALで 辛くも勝利
  •  勝ちました、やっとこさ勝ちました、何とも言えないこの気持ちあ〜あ良かった。  開始早々後藤のシュートがポストに嫌われ以後、相手の攻撃に押されながらも伊佐のゴールで先制点、よし今日はと思ったのもつかの間、山口に一方的に攻められ2点も取られおまけに逆転もされ、あ〜あどうなることかと。  時間の経過と共に、相手の足が止まりチャンスも多くなり三平のゴールで追いつき、鈴木(惇)の勝ち越しゴール。  ロスタ [続きを読む]
  • リーグ戦21位 レノファ山口FC戦 どう闘う
  •  トリニータ最近の試合、何かすっきりしない勝てる試合を引き分け、引き分けかなと思う試合は負け、勝ち点の取りこぼしが多い。  それも後半、特にロスタイム・気のゆるみか、集中力が切れるのか。  後2日で21位・山口戦、選手の動向が気になるのでスポーツ公園へ練習見学。  山口戦・前期の試合は第3節、ホームで後藤、伊佐のゴールで2:0で勝利、なんとか勝利したが力の差はあまり無い、今節も難しい試合になると思 [続きを読む]
  • 京都戦 勝利目前大黒のGOALで 痛い引き分け
  •  ロスタイム4分、2:1で1点リード、後半は試合を支配し優勢に進めていたので今日は勝てるなと。  ところが京都の縦の攻撃に、たまらずDF武内がファール、位置はゴール正面、フリーキックがバーに当たりゴール正面にポトリ、いち早くFW大黒が反応し頭で押し込みGOAL同点弾「2:2」。  勝てた試合、どうしても勝ちきれない「なにが原因か」気のゆるみか。  前節の試合で負け監督以下、今の戦術・戦い方でいいの [続きを読む]
  •  東京ヴェルディ戦「無策で0:2」完敗 
  •  なんとむなしいことか、威勢良く応援したのは試合開始から15分間、16分・9番ドウグラスに先制点を奪われこれで終わりか、先制点を奪われると決定力が無いので逆転は難しいでも、気を取り直し応援を。  応援むなしく前半26分、またも9番ドウグラスに追加点を奪われ、あ〜あ。  前半は0:2で終了。  今節はホームでの戦い、平日にもかかわらず大勢の観客が、逆転を狙って後半開始からメンバーを交代し点を取りにと [続きを読む]
  • 東京ヴェルディ戦まで 後2日 今節はどう闘う
  •  前節の町田ゼルビア戦は、つまらないミスと決定力のなさで自滅し敗戦、今節は東京ヴェルディ戦、ヴェルディは第27節終了時点で勝ち点41・順位は11位、負けると順位が入れ替わる。  今日の練習会場はお盆休みのせいか、普段みかけない観客の方が多い。  私も、孫2人を連れて見学に。  東京戦、前期は第2節アウェイで1:0で敗戦、システムも同じ3:4:3、今節も前期同様同じシステムなら厳しい戦いになる。 [続きを読む]
  • FC町田戦 1:3で負け 入れ替え戦の雪辱は何処に
  •  リーグ戦3連勝を期待し大分銀行ドームへ。  試合に負けせつない気持ちで自宅へ、何とも言えない虚しさしかし、勝っても負けても飲むお酒・不思議とおいしく飲める。  多少やけ気味に飲み過ぎたが。  今日の大銀ドームいろんなイベントが有りいつもより観客が多い。  試合は1:3での負け、観客の多い中勝ってほしかった。  試合の敗因は、その1・監督のゲームプランのなさ、その2・GKの判断の悪さ、してはいけな [続きを読む]
  • FC町田ゼルビア戦 入れ替え戦での屈辱 雪辱なるか
  •  前期第15節、先制したが逆転され何とか追いついての引き分け。  前、後半チャンスは再三あったが攻撃陣の決定力のなさ。  J2・J3入れ替え戦でJ2の大分がJ3の町田に勝つことができずJ3に降格、屈辱を味わった、前期は雪辱を果たすことができなかった。  今節はホーム、気分良く大勝し雪辱を。  DF武内の出場停止は痛いが、DF山口で十分に対応できる。  チームは坂井大将がベルギー2部に期限付き移籍一 [続きを読む]
  • 横浜FC戦・終了間際伊佐の劇的GOALで・勝ち点3獲得
  •  1:1でアディショナルタイム、このまま引き分けで終わるのか、流れは大分なのにと思っていると右サイド古手川からニアへクロス、後藤がコースを変えてシュート相手DFにあたり伊佐の前に・すかさず伊佐シュートそのままゴール、伊佐の勝ち越しゴールで1:2で勝利・勝ち点3ゲット。  横浜戦、前期18節はホーム・大銀ドーム「2:1」で勝利目前アディショナルタイムにPKを与えイバに決められ2:2の引き分け、悔しい [続きを読む]
  • 横浜FC戦を前に スポーツ公園へ 練習見学
  •  横浜FC戦、前期第22節は2:2の引き分け、2:1で勝利目前勝ったな思った瞬間無駄なPKを献上、イバに2本目のPKをきめられ引き分け、あのときの気持ち何ともいえない虚しさ思いだすだけ、気分が悪い。  今思えば試合内容がよかっただけによけい悔しかったと思う。  今節も前期同様、相手はPKをもらいに来ると思う、同じ轍を踏まないでほしい。  横浜の順位は4位・勝ち点41、大分は38勝てば勝ち点で並び上 [続きを読む]
  • 讃岐戦 絶好調・大津のGOALで 勝ち点3GET(2)
  •  日曜日、時間があったのでブログの投稿記事の管理をしていたら昨日(29日)1時間半もかけて作成し投稿した記事が、自分の不手際でどこかに飛んで行ってしまった・・・残念。  投稿した(1)の記事が飛んでしまったので記憶を辿りながら(2)の記事を投稿しますあしからず。  前半は互角の戦い0:0で、前半終了。  後半、練習見学から調子の良かった大津耀誠、古手川に替わりピッチに。  21歳の大津チャンスを無 [続きを読む]
  • 讃岐戦 絶好調・大津のゴールで勝利 勝ち点3ゲット
  •  讃岐戦、前半から厳しい戦い数少ないチャンスも攻めきれず再三、讃岐に攻め込まれるも決定力不足に救われ何とか0:0で前半終了。  後半に入りお互い攻め倦み時間だけ経過、先に動いたのは讃岐、大分も古手川に替え絶好調大津投入。  練習見学で大津の好調は十分に承知している何とかしてくれると思っているとDF武内からのパスを胸トラップ、これどポストプレー・ボールを前に落とす、鈴木から折り返しのパスが大津に。 [続きを読む]
  • 猛暑の中 猛練習のトリ戦士 讃岐戦どう闘う
  •  今日のスポーツ公園は、中学校体育大会のサッカー競技が催されて折り中学生で一杯。  試合を待つ学生の前を通りトリニータの練習場に向かっていると「こんにちは」と挨拶をしてくる、こっちも「頑張って」と返す「はい、頑張りますと」なんか爽やかで気分が良い、このまま素直に育ち社会に貢献してほしい。  後2日でアウェイ・カマタマーレ讃岐戦、前期第19節は苦戦しながらも2:1で何とか勝利、内容は全くほめられたも [続きを読む]
  • 引き分け・ドーロー・0:0・負けなくて良かった
  •  水戸戦、前期第17節はミス連発で後半2点を取られ惨敗。  今節は前の試合の悪い点、出来なかった点をしっかり修正し試合に臨んでくると期待しゴール裏で応援。  試合が始まり数分もたたない内に期待は裏切られ相手の攻めにミスの連発、全く修正も出来て無く防戦一方、練習で何をしてきたか疑問に思う。  少ないチャンスにも決められず歯がゆいこと。  後半に入り相手に攻められるも何とかしのぐ、山岸に替わり新加入シ [続きを読む]
  • 夏の高校野球大分大会 母校の応援へ
  •  我が母校、近年調子があがらず久しぶりに勝ち上がりベスト8、これは応援行かなければと思い別大興産スタジアムへ、球場に着くとまだ前の試合・大分高校と柳ヶ浦高校の試合中、バックネット裏で観戦熱気がこもり暑い。  日田林工高・林業科を卒業したのが昭和40年春、52年前・年は70歳もうすぐ71歳まだまだ。  対戦相手は大分舞鶴高校・息子の母校、娘はちなみに別の高校。  試合は10時10分開始、開始早々から [続きを読む]
  • 新加入シキーニョ・水戸戦先発はあるのか?
  •  7月に入り勝ち星のないトリニータ、22日ホームで対戦する水戸ホーリーホックは前期第17節アウェイでミス連発0:2で惨敗。  今節はホームでの戦い・シーズン2敗は許されない有能なブラジル人選手も加入したことだしホームで迎え撃ってほしい。  新加入シキーニョ選手、練習で動き等目をこらして見たが素人だからよくわからない監督の求めるサッカーにフィットするか。  先発は多分?。  水戸ホーリーホック・勝ち [続きを読む]
  • 敗戦寸前 前田のゴールで何とか引き分け
  •  愛媛戦、現地に参戦することが出来ずDAZNで観戦。  豊後水道を挟んでの隣県同士の対戦、前期第6節・ホームでの試合は1:1の引き分けそれも終了間際、林のゴールで追いつき何とか。  今節、愛媛に負けると順位が入れ替わる負けられない。  試合は前半から愛媛ペース、河原のミドルシュートがクロスバーに、その後も幾度と無く攻め込まれるが何とかしのぐ、前半26分・川西から大津に絶妙なロングパス、大津が右足側 [続きを読む]
  • 天皇杯3回戦・J1柏レイソル戦 2:0で敗戦
  •  天皇杯3回戦はカテゴリーの下のチームのホームで行うとのことで大分銀行ドームで開催しかし、ホームはあくまでも柏レイソル。  トリニータの先発メンバーはリーグ戦出場機会の少ない選手が主体、J1柏相手にどうなることやらと思っていたが、どうしてどうして前半は互角以上の戦い、人間とはおかしなものでこうなると欲がでてひょっとしたらと勝つことを期待する。  互角のまま前半は0:0で終了。  後半に入り得点のチ [続きを読む]
  • 勝機はあったが決めきれず 強敵・湘南と引き分け
  •  今日の大分銀行ドームは暑いのなんの着いたのが15時40分・開門が16時30分、待機列で待つこと50分。  知人と話をしているだけで汗が吹き出す蒸し暑い、ふと今日の試合こんな熱い試合をしてくれたらと。  湘南戦前期は1:0で辛くも勝利、後期初戦強豪相手・この試合が今後の展開を占う大事な試合。  試合開始から相手の怒濤の攻撃に防戦一方しかし、守備陣が体を張ってくい止める時折チャンスがあるが決められな [続きを読む]
  • 湘南戦を前にスポパへ・川西のゲートフラッグ作成
  •  前期21試合で勝ち取った勝ち点は32・成績は9勝5分け7敗・順位は9位、これまでJ3から昇格したチームに全く遜色はない、いやそれ以上にすばらしい。  選手の頑張りでこの成績・この順位、勝ち点もシーズン目標勝ち点45、これに対して32、監督の前期目標勝ち点は30。  今、思えば古手川・川西両選手の加入がなかったら今の成績を残せたかと。  後期初戦は湘南ベルマーレ、前期は第9節で対戦し一方的に攻めら [続きを読む]