Clarice さん プロフィール

  •  
Clariceさん: Clarice Fantasy 恋愛官能小説。
ハンドル名Clarice さん
ブログタイトルClarice Fantasy 恋愛官能小説。
ブログURLhttp://lapisruli.blog.fc2.com/
サイト紹介文私の恋愛小説置き場。社内恋愛、女子高生の恋、いけない関係、たまにR18。 毎日更新が目標。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供216回 / 180日(平均8.4回/週) - 参加 2016/09/23 23:48

Clarice さんのブログ記事

  • おにいちゃん、おしえて。
  • 「おにいちゃん、おしえて。」大好きな幼なじみが教えてくれた、イケないコト。(2017.1.6-1.10) 完結 ◆大人のケータイ小説 掲載分を読む*R-18、おもらしシーンがあります。苦手な方はご注意を。-作品説明- 清花には秘密があった。 みんなが寝静まった後、 布団の中でパジャマのズボンに手を入れて、 パンツの上からあそこをいじるのが、どうしてもやめられないこと。 それが「オナニー」だと教えてくれたのは……幼なじ [続きを読む]
  • ラピスラズリ 190 クリスマス
  • オレンジ色のカクテルがやってきた。ひとくち飲み、おいしいような気がした。正直、お酒の味はよくわからない。全部一緒に思えたりもする。田島さん、このあとどうするつもりなんだろう。カクテルを飲む彼の横顔を見るけれど、考えまでは見えない。私は、一緒にいられるだけ、一緒にいたいけれど。横顔を探ると、田島さんは私を見ずに口を開いた。「萩原のこと、ショックじゃないの?」「え?」「女連れて…」「ああ……いえ、私も [続きを読む]
  • 最近のこと
  • こんにちは。クラリスです。新年も明けて2週間経ちましたね。ラピスラズリ更新できずにごめんなさい。心機一転でここのタイトルを変えます。タイトル名は考え中ですが、数日以内に変わってると思うのでよろしくお願いします。さてさて、Twitterでは現状をつぶやいてるので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが……1月6日から10日までの4日間、無謀にも新作(ド官能)にチャレンジしていました。夫にも時間をもらって、限 [続きを読む]
  • ラピスラズリ 189 終電のあと
  • 「あーあ。乗り込んだな」田島さんの意地悪な言葉に、腕をぱしっと叩く。運転手さんの前でこのような押し問答は避けたい。田島さんは、どこかお店の名前を告げているようだった。てっきり、ラブホかどこかかと…ちょっと考え過ぎていたのかなと胸を撫で下ろす。タクシーはわりとすぐに着いた。そのお店は、繁華街から少し離れたビルの3階にある。「ソフトドリンクもあるから。ここなら落ち着けるんじゃない」そのお店は、気取り過 [続きを読む]
  • ラピスラズリ 188 場所
  • 田島さんの黒いコートに薄く雪が積もってる。横顔と、その雪を見ていたら、田島さんが私の視線に気づいた。「寒いな。駅入ろっか」「あ、ハイ」どうするんだろう…振りむいた田島さんは、「どうする?帰る?」と聞いてきた。帰る?帰るしかないよね…?心は違う事を望んでいるけれど。「………」田島さんは私の答えを待つ。改札に向かって、人が行き交っている。早く答えなきゃ。「――あ。」「えっ」田島さんのつぶやきに顔を上げ [続きを読む]
  • ラピスラズリ 187 イルミネーション
  • 帰る?どっちの意味?なにもなく?田島さんは梶さんと話をしながらこっちを見なくなってしまった。やだー!約束は?24空けといてって言ってたのに!「じゃあね!私たちはこっちだから!おつかれ!」ビルを出た途端に岡田さんが梶さんの腕を引き、私と田島さんから離れてゆく。ろ、露骨ー!岡田さんの名言『別れてから口説け』を使わせて頂いた事は、岡田さん御本人には伝えた。それもあって、お膳立てなんだよね、きっと。田島さん [続きを読む]
  • 全作品揃いました(休載分含みます)
  • 長らく書き散らかしてきたお話の移行が本日完了しました。2連載、3完結、2休載で、私の作品はこれで全てです。17歳の寄り道は別サイトにも載せているため、明日にでも一旦非公開にします。年内に移行を済ませたかったので、作業が済んでスッキリです?よろしくお願いします。クラリス [続きを読む]
  • ラピスラズリ 186 残業
  • 目が合ってどきりとした。あれ以来、初めてまともに顔を合わせる…「まだ残ってんの」「はい、もう少し…」「倒れんなよー」萩原さんは、私たちが一緒にいたあの時間などなかったように普通に振舞う。少し胸が苦しくなった。年末、地元に帰るんだよね。私も一緒に行こうと思ってた。思い出しても仕方のないことが頭をかすめる。萩原さんは、自部署に戻って行く。「さ、るりちゃん。続き続き」岡田さんが私の腕をつつき、私もデスク [続きを読む]
  • ラピスラズリ 185 ホワイトクリスマス
  • 24日。擦り切れるほど忙しく、田島さんもクライアント先から帰って来ないという状況…「わっ、るりちゃんまだいたの?」「岡田さんこそ…」私は缶コーヒー、岡田さんはミルクティー。忙しすぎてオフィスから離れられないので二人ともそこの自販機で買ったものだ。「まあね…。忙しい時があってこそ収益も出てるわけだから」「さすがですね」隙あらばお互いを讃える岡田さんと私。顔を見合わせ笑う。しかし、この調子だと…あの喫茶 [続きを読む]