ジェリー さん プロフィール

  •  
ジェリーさん: よしなしごと
ハンドル名ジェリー さん
ブログタイトルよしなしごと
ブログURLhttp://gerald1965.seesaa.net/
サイト紹介文日記代わりの雑記帳です。
自由文ジェリーです。はじめまして 50代。 アラフィフど真ん中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 362日(平均1.5回/週) - 参加 2016/09/24 07:07

ジェリー さんのブログ記事

  • 密林に迷う
  • 前記事でSNSが苦手と書いたけれど つらつらよく考えてみればSNSというよりもネットが苦しいと言った方が正しいかもしれないと思った。簡単便利な高速時代に自分自身の処理能力がついて行けてないのだ。ちょっと前のことになるがamazonのサイトで新刊本の写真集を眺めているうちに手が滑ってワン 注文確定というボタンを触ってしまった。私にとっては結構お高めに感じるお値段で、それほどの購買意欲はなかったけれど中はど [続きを読む]
  • LINE とか メールとか
  • SNS 苦手苦手と言いつつ結構お世話になってますがLINE とか メールとか やっぱり苦手です。何やってるかわからないでエイヤっで送っているときもありこれって世の常識からいうとちょっとはずれているんじゃないかと冷や汗かきつつまぁ 今はそういう手段でないと繋がらないということもあるし過去を振り返れば自分がずっと電話での会話が苦手だったりしたので文字でやり取りできるのはありがたいという側面もあるではないかと思 [続きを読む]
  • 敬老の日(今日でした 苦笑)
  • 敬老の日前日の昨日はミニ同窓会で懐かしい友人たちと会ったりした。学生時代は挨拶を交わす程度の顔見知り友達の友達くらいの付き合いでも同じ学び舎で机を並べ時代の空気をともに吸いながら一緒の時間を過ごしたというのはこの年になってみれば随分大きなことなのだ と思う。ほとんど付き合いのなかった同窓生でもいつまでも話が途切れない不思議。同窓という魔法を感じると同時に自分自身が随分世慣れてきたところもあるのかな [続きを読む]
  • インビザライン
  • 必要ないのでないか という側から見た両親祖父母の楽観的観測とは裏腹にずっとやりたいと言い続けた本人の希望がこのたびやっと通って息子の歯科矯正が始まりました。息子の場合基本的に問題になる歯はほぼ1本。なぜか上の歯のうち一本だけが奥にあるという状態。その他は良い歯並びですと歯医者さんからも太鼓判押されるような現状だったのですがその一本が本人としてはかなり気になっていたようでかかったお金は将来働いて返す [続きを読む]
  • 実家の断捨離
  • いいよ いいよ 忙しいのはわかっているからなんていう言葉に甘えてわりと近くに住んでいるにしてはとんぼ返りで顔を見せるだけとか電話で安否確認なんていうことが多くなかなか腰を落ち着けてゆっくりできない実家なのだけど先日は父が夜に出かけなければいけない用事がありふらつきが心配な母を夜一人に出来ない という父からの要請で母の見守りに久々に泊りがけで行ってきた。こんな申し出は滅多にないこと。改めて父が元気で [続きを読む]
  • こっそり仕事しこっそり休む
  • 闘病中のクライアントの方が厳しい治療に入る前に重要な仕事上の打ち合わせをしたい とおっしゃるので それに合わせて資料作成や調査など先週夏休みを取って以降土日祝日返上の仕事三昧の日々だった。その打ち合わせも終わり、やっと一息。不謹慎な言い方なのだけど、今回ほど自分がしている仕事を確実に必要としている人がいてお役に立てているということを強く感じたことはなかった。困難な状況はひとを打ちのめす一方でその人 [続きを読む]
  • 夏休み 二日目
  • 夫が細切れに夏休みを取るのに付き合って私も一緒に夏休み。本当は気になる仕事もあり、そんな気分ではないというのもあるのだけどやっぱり家族が休んでないと休みを取った気にならないと言われ、、、、せっかく休みをとるのに仕方なくでは勿体無いので 今日のランチは私の希望で私が最近の一押しのビストロに夫を引っ張っていった。マスコミにもよく取り上げられる有名店の料理長だか副料理長だかをしていたオーナーシェフのお店 [続きを読む]
  • 夏休み
  • いつの間にか 8月になっていた。8月といえば 盛夏 夏休み真っ盛りではないか!忙しさの連続の代わり映えのしない日常をヒイコラ言いながらだましだましやり過ごす日々。まぁ 暑いな とか蒸し蒸しするなとか 感じてはいるし時には口に出して人とそんな時候の挨拶をすることがあっても感覚的には正月からたいして時間はたってないという気持ちがあったため昨日 人から 夏休みはどうするんですか?などと聞かれてあらためて じわじわ [続きを読む]
  • 月末だ!
  • あっという間のひと月だった。先週は一週間のうち出かける用が5日ありどれも外したくないもしくは外せないことばかりだったので気張って予定をこなしたけれどやらなくてはいけない締め切りもありでマックスに気ぜわしくそのせいか一回日にちを間違えてフライングで待ち合わせ場所に行ったりしてしまって自分の間抜けなうっかり具合に膝から崩れ落ちそうだった。目が見えないというのもある。完全に来ているのだ。老眼が。つい数年 [続きを読む]
  • おめでとう
  • 我が子が 20歳を迎えました。ティーンエイジャーとはさようなら。ブログの説明書きも変えなければ。汗20年前 難産のなか命がけで産み落とした魂でもそんな私の体験や思い入れはあくまでも母としてのものであって我が子が自分の人生を歩んでいくこととは全く関係ないなのだとそんなことを思い知らせれる出来事が 誕生日直前にありました。曰く だからなに?逆に私は息子を産み落とした罪みたいなものを意識したことある? と 本人か [続きを読む]
  • 痛し嬉し?のジムライフ
  • 日曜日 久々にジムに行った。事の発端は前日久々に夏のニットワンピを着たのだけど鏡に映った自分の姿に思わずうーん トドのようだわ と思っていたらトドメを刺すように 歯に絹着せぬ息子が なんか妊婦みたいだね と。全く と思いつつも 事実だわと思ったら一挙に優先順位が入れ替わりこりゃ 忙しくとも何でもとにかくジム行ってこなきゃ と相成った。以前はいつでも行き放題のコースを選択していたのだけど月に1度もいけない時が [続きを読む]
  • 慣れて行くもの 慣れないままのもの
  • 暑かったり 寒かったりするこの時期 毎度のことながら着る服 に悩んで、1日のうちで着たり脱いだり。この時期の服として自分のワードローブには7部袖のトップスなり ワンピースなり というものがあるけれど実はこれが苦手でなかなか慣れない。断捨離してしまえばいいのかもしれないしいずれはそういう運命なのかも だけど自分くらいの年齢対象には多いデザインのようだし(隠す効果があるからか?)形の好みのとしてはむしろ好きな [続きを読む]
  • 大丈夫
  • 元来楽天家の方だけどこのところ将来に関して悲観的な気持ちになるのはそう言うお年頃だから、、、ばかりではなくそれ相応の理由があると思っている。だけど、そんな内面の悩みを人に言って歩くわけにもいかず、、、それは誰だってそうだろう。だから私からすると理想の人生を歩んでいるように見える人も人知れず 誰にも相談できない悩みを抱えていたり逆に思いがけずこの私自身がお気楽そうで悩みがなさそう と羨ましがられてい [続きを読む]
  • ポチっと依存の日々
  • この1月ほど ネットでのショッピングにかなりお世話になった。正直言うと依存していた というレベルかもしれない。30年前には仕事が忙しいとオフの短い時間にはお店は全部閉まっていて今はどんなものが商品の陳列棚に並んでいるのかもわからずセールなのか 新作の時期なのかも知らずとんと世の流行からは疎くなっていたのが今ではネットがあるおかげで、忙しさによる世の中の動きから隔絶されたような孤独感はあまり味あわず [続きを読む]
  • バックアップは大切です。
  • 怒涛の半月? が終わってぽっかりと急に小一時間ほど時間が空いた今。なんという 月だったんだろう!?忙しがりのオオカミ少年ならぬ オオカミおばさん なのでなーに いつものことでしょう? と 思われても仕方ないけれど 笑今回は忙しさに加え突然のPCの不調によるデータ喪失という恐ろしい事故がありそれが仕事の仕上げ まさに月曜の朝 プリントアウトして提出資料作ったら今月の仕事はひとまず終わり というときに起こってしま [続きを読む]
  • ほっとひといき
  • 呟きが途絶えてました。笑仕事に追いまくられていて全く自分のペースで仕事できなくて、、、、息できてる?って思う程 こん詰めて 踏ん張って うーん うーん といきんでました。仕事に追われているだけじゃなくて仕事に逃げているという面も少なからずあってだから確信犯というものでしょうか? (笑)でもこうして 少しひと息できるときに人のブログを眺めているだけでなくそうか 私には自分のブログがあったのじゃない  [続きを読む]
  • 出会い 芽吹き
  • 最近 ステージ?の癌患者の方と仕事をご一緒することになりそのお話に大変感銘を受けた。その方は30代という若さで癌を発症しその後10年以上癌とともにある方でその間 幾度か死の淵を彷徨いながら自分の経験を人に分かち合いたいという一念で社会参加を試み今現在 既に多くの人の生きる力や支えとなっている。(注:その方の名誉のため。決して宗教や 怪しげな心理カウンセリングではない)彼いわく、自分は癌を治そうと思っていな [続きを読む]
  • 働くこと 生きること
  • 仕事の研修会場で久々に設立同期の友人に会った。同期と言っても彼女は私より10歳年上の人生の先輩。私が消去法の形でこの形態で仕事を始めた時(苦笑)彼女はそれまでの安定した職業を投げ打ってこの業界に飛び込み家事育児と自営の仕事の2足のわらじを履きながら仕事への熱意に燃え、顧客開拓にも意欲的だった。だけど その後 お子さんの成長や親御さんの介護や見送り、思いがけないお連れ合いとの早すぎる別れなど経て久々に [続きを読む]
  • 繁忙期
  • いつも忙しい忙しいと忙しい詐欺(どんな詐欺?苦笑)のような私だけど正真正銘この時期忙しさがマックスで胸突き八丁な状態が続いている。小さな小さな事業をひとりで切り盛りすることかれこれ20年以上。それなりにノウハウはついているはずだけどここ最近は毎年新規の仕事がありそれはとてもありがたいことなのだけどそのたびに右往左往の状態で来年には新規の仕事もルーティン化されているはずだから と思いつつバタバタ過ごす [続きを読む]
  • ジョウビタキと彼
  • その鳥とジョウビタキと言う名が結びついたのはつい最近のこと。あることがきっかけで どうしてもその鳥の名を知りたくなって 我が家にあった子ども用野鳥図鑑をめくって調べた。聞いたことはあるけれどイメージが湧かなかった鳥の名が小ぶりで地味ながらよく見ると洒落た色合いの愛いらしい姿に繋がって名無しの小鳥から昇格したときにはホッとした気持ちになった。あるきっかけ数か月前のよく晴れた晩秋の朝 玄関前の立ち話で友 [続きを読む]
  • お釜とお櫃(追記あり)
  • 我が家ではここ何年かお釜でご飯を炊いています。それはまた随分と昭和レトロなと言われそうですが、どっぷり昭和生まれの私自身物心ついた時からお米は電気釜ですから昭和も安易に一括りにはできません。戦前の昭和くらい すなわち私の親世代くらいまでさかのぼってやっと薪をくべて釜でご飯を炊いたという経験を持つのではないでしょうか?それほどに、ご飯をお釜で、しかもカマドで炊くというのは今は昔の話でしょう。だから最 [続きを読む]
  • 80歳はまだまだ若い
  • このところ会うたびごとに母が弱っていってるのがわかる。年取ってからの怪我や入院は堪える という言葉を現実のこととして母は身を持って体験していて昨年の入院からガタっと体力も気力も落ちた。体が動かなくことで頭もそれに比例して老化は進みしゃべることもおぼつかないなと心配に思うこともあればいやいやまだまだしっかりしているから大丈夫とほっとすることの繰り返し。そんな母だけど、先日実家に様子を見に行き戻ってき [続きを読む]
  • 今日は北風
  • 昨日春二番に吹き飛ばされる と心配した息子を笑ったものの夜のニュースは強風の影響でけが人や交通機関の乱れ続出を伝えていて物事をわかっていないのは自分の方だったと内心焦った。年取っているからと言って なんでも親の私の方がよく知っているとか間違っていないわけではないとは 最近我が子から反論されること。期せずしてそのことを思い知る結果となった。先を生きているからこそ知っていること経験から予想がつくことは色 [続きを読む]
  • 往生際悪くしょぼい断捨離
  • 今日は春二番なのだそうですね。強風吹き荒れる予想を聴いていたスリムな息子が風に吹き飛ばされる心配をしていておかしいです。新しく食器類を買ったので今日は断捨離したものをゴミに出します。1つ買ったら 1つ捨てるくらいの気持ちでないとものは溜まっていってしまう 。せっかくスッキリし出した家の中を維持するためにはこれが大切。まだ使えるという発想も断ち難くさらには 半年前の大断捨離でまだ使えるけれど使わないと [続きを読む]
  • 楽しく怖く そしてやっぱり人生に欠かせないもの
  • ネットの世界は楽しい。そして実はとても怖い。これは私がブログをはじめとするSNSを通じて得た経験則。数年前、ふと始めたブログが 孤独な生活に大きな風穴を開けてくれた。はじめは何気ないとりとめもないことをただただ記録していただけだったけれどそれでもそれまでの孤独な生活は一変した。そのうち恐る恐るではあったけれど ネットを通して自分と似た人と繋がることで更に世界が広がった。自分が心の内を見せるように、ネッ [続きを読む]