ヒロ兄 さん プロフィール

  •  
ヒロ兄さん: 気まぐれファミリー弾丸旅物語
ハンドル名ヒロ兄 さん
ブログタイトル気まぐれファミリー弾丸旅物語
ブログURLhttp://kimagurefamily.com/
サイト紹介文国内の観光地、恋人の聖地なるイベントスポット、ハイキングの紹介、桜や紅葉スポットについて紹介します。
自由文管理人の経験を通して、様々な観光スポットを面白おかしく紹介していきますので、是非ともご覧下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 182日(平均2.4回/週) - 参加 2016/09/24 14:56

ヒロ兄 さんのブログ記事

  • 瀧蔵権現桜〜奈良県の瀧蔵神社〜名桜【一本桜】の見頃
  • 今回紹介するのは、奈良県桜井市にある『瀧蔵神社』の参道の入り口に鎮座する『瀧蔵権現桜(たきくらごんげんざくら)』です。 『瀧蔵神社』は、西国三十三観音霊場の第八番札所でよく知られる『長谷寺』を守護する地主神で、長谷寺の奥の院として古くから崇拝されている。 『長谷寺』へお詣りしても『瀧蔵神社』へ参詣し ... Copyright © 2017 気まぐれファミリー弾丸旅物語 All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 醍醐桜〜NHK大河ドラマ『武蔵MUSASHI』【一本桜】岡山県
  • 今回紹介するのは、岡山県北部に位置する真庭市にある県下一の巨木の『一本桜』で親しまれている『醍醐桜』です。 諸説あるが、推定樹齢が700年とも1000年以上ともいわれ『新日本名木百選』に選ばれると同時に、1972年12月には岡山県の『天然記念物』に指定されています。 その生命力は長い時を経た現在もな ... Copyright © 2017 気まぐれファミリー弾丸旅物語 All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 新日本三大夜景のひとつ『若草山』眼下に広がる奈良県の街並み!
  • 今回紹介するのは、奈良公園の東端に位置し『新日本三大夜景』に選定されている『若草山』から眺める夜景です。 古くよりある『日本三大夜景』ではなく、2003年4月に夜景倶楽部の有志によって組織された、非営利団体が選定した『新日本三大夜景』です。 その時に選定されたのは、福岡県北九州市の『皿倉山』と山梨県 ... Copyright © 2017 気まぐれファミリー弾丸旅物語 All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 『春日大社』春日神社の総本社!奈良公園の世界遺産の見どころ
  • 奈良公園内には、奈良県の世界文化遺産『古都奈良の文化財 』合計8つのうち、4つの世界文化遺産があることをご存知ですか?1つ目が、東大寺2つ目が、春日大社3つ目が、興福寺4つ目が、春日山原始林となっています。今回は、その4つの世界文化遺産のうち、最強のパワースポットがある『春日大社』の紹介をしたいと思います。奈良公園内の世界遺産の『春日大社』は、もうひとつの世界遺産である『春日山原始林』を背景に持つ由緒ある [続きを読む]
  • 獅子崎稲荷神社『雪舟観』大内峠一字観公園『一字観』天橋立の四大観
  • 今回紹介するのは、『日本三景』のひとつ『天橋立(あまのはしだて)』天橋立は、日本海の宮津湾にあり広島県の『宮島』と宮城県の『松島』と肩を並べる日本三景のひとつで、有名な観光スポットになっています。天橋立は、京都府宮津市の宮津湾と、内海の阿蘇海を南北に隔てる、幅20m〜170m、長さ3.6kmの砂州です。人工物ではなく、天然の道でできている天橋立は『日本の道100選』にも選定されています。京都府道607号天の橋立線は [続きを読む]
  • 『よんたま』和歌山電鐵『伊太祈曽駅』駅長見習いに就任!
  • 今回紹介するのは、和歌山電鐵『伊太祈曽駅(いだきそえき)』の駅長見習いに就任した三毛猫の『よんたま』です。『和歌山電鐵』貴志川線の再生に大いに貢献した、初代駅長を務めた『たま駅長』の就任10周年にあたり、和歌山電鐵との奇跡的なであいを通じて就任することになった『よんたま』は、今は亡き『たま駅長』のプレゼントに違いないと言われています。2000年、2002年の規制緩和により、地方公共交通を中心にして全国各地で31 [続きを読む]
  • 2017年、明けましておめでとうございます!
  • 明けましておめでとうございます!2017年が始まりましたね!今年もどうぞよろしくお願いいたします!本年最初の投稿となります!旧年中の皆さまのご支援に深く感謝すると同時に、本年も旧年と同じく当ブログサイト【気まぐれファミリー弾丸旅物語】と管理人の【ヒロ兄】を宜しくお願い致します。新年を迎え皆様は、どのようにお過ごしでしょうか?管理人は、毎年恒例となる実家での寄り合いに、ファミリー総出で出かけました。我が [続きを読む]