nyaonyao さん プロフィール

  •  
nyaonyaoさん: 転んでもタダでは起きねぇ! 〜不良がん患者の日日
ハンドル名nyaonyao さん
ブログタイトル転んでもタダでは起きねぇ! 〜不良がん患者の日日
ブログURLhttp://ameblo.jp/nyaonyaomemorie/
サイト紹介文子宮頸がん告知から、全摘手術、抗がん剤、独自治療、完治までの「闘病記」じゃないマイ・ウェイな日々
自由文医者にも三下り半を突き付けられた元不良患者による子宮全摘手術、抗がん剤、独自治療への転換、そして完治、現在に至るまでの記録を赤裸々に綴る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 218日(平均1.4回/週) - 参加 2016/09/24 16:32

nyaonyao さんのブログ記事

  • 医者になった友人と8年ぶりの再会
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がんが発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた。 あれは術後、2週間を過ぎた頃のこと。 思い通りにいかない残尿測定に体力を回復するためのリハビリ、相変わらずの入院生活が続いていた。 入院当初 [続きを読む]
  • 太陽のようなリハビリの先生に感謝!
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がんが発覚し同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた。 術後、残尿測定やリハビリに追われるなか左膝の麻痺が発覚し、治療のためにリハビリ科の先生が来てくれることになった。 元気いっぱいの先生が病室に訪れ [続きを読む]
  • ひとりの先生との出会いで、病院生活が変わった
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がんが発覚し同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた。 術後、残尿測定やリハビリに追われるなか左膝の麻痺が発覚し、治療のためにリハビリ科の先生が来てくれることになった。 背が高く、活力にあふれた女性、 [続きを読む]
  • 左膝の感覚がない…術後の問題が増える
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がんが発覚し 同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた。 術後のリハビリに追われるなかこんなことがあった。 ある日、病院のベッドに座って何気なく自分の両膝を触っていると「あれ?」妙な違和感に気付いた。&nb [続きを読む]
  • 病院脱走はリハビリのため
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がんが発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた。 手術から10日後の初外出で著しい体力の低下を実感した私は 再びリハビリに励む決意をした。 まずは太ろう! 手術前より3〜4?落ちた体重を元 [続きを読む]
  • 初外出で疲労困憊、体力低下を痛感
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージⅠb」)が発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた結果、「ステージⅡa」に進行していた。 子宮全摘手術から10日後、リハビリ、残尿測定の日々でストレスがマックスに達した私は気分転換に外出許可 [続きを読む]
  • 10分の距離を1時間かけて歩いた初外出
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージⅠb」)が発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた結果、「ステージⅡa」に進行していて転移の可能性があることがわかった。 思い通りにいかないリハビリ、まったく進展のない残尿測定でストレスマ [続きを読む]
  • 病院から脱走したい…そう思った日
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージⅠb」)が発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた結果、「ステージⅡa」に進行していて転移の可能性があることがわかった。 手術から1週間後、残尿測定がスタートしたが、排尿が思い通りにいかず、 [続きを読む]
  • うまくいかないリハビリに不眠の日々
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージⅠb」)が発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた結果、「ステージⅡa」に進行していて転移の可能性があることがわかった。 手術から1週間後、残尿測定がスタートし昼間は3時間ごとの残尿測定、夜 [続きを読む]
  • 感動! 5日ぶりの食事とシャワー
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージⅠb」)が発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた結果、「ステージⅡa」に進行していて転移の可能性があることがわかった。 手術から5日目、残尿測定がスタートする前のこと。 何よりもうれし [続きを読む]
  • 残尿測定にイライラと失望感が募る
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージⅠb」)が発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた結果、「ステージⅡa」に進行していて転移の可能性があることがわかった。 手術から1週間ほど経った頃、残尿測定がスタートした。 子宮全摘手 [続きを読む]
  • 尿道の管が外され、手術後の地獄がはじまる
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージⅠb」)が発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた結果、「ステージⅡa」に進行していて転移の可能性があることがわかった。 手術後、執刀医から放射線治療を勧められた私はセカンドオピニオンを受 [続きを読む]
  • 手術後、虫の触覚のような管との付き合い
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージⅠb」)が発覚し、 同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた結果、「ステージⅡa」に進行していて転移の可能性があることがわかった。 手術から3日後、執刀医から放射線治療を勧められた私はセカンドオ [続きを読む]
  • セカンドオピニオンを決意する
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージⅠb」)が発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた結果、「ステージⅡa」に進行していて転移の可能性があることがわかった。 手術から3日後、執刀医から説明を受けると同時に放射線治療への移行を勧 [続きを読む]
  • 手術後の放射線治療を拒否する
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージⅠb」)が発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた結果、「ステージⅡa」に進行していて転移の可能性があることがわかった。 手術から3日後、執刀医から説明を受けると同時に放射線治療への移行を勧 [続きを読む]
  • 子宮全摘手術後に待っていた衝撃
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージⅠb」)が発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた。 手術から3日後、執刀医から手術後の説明があった。 がん細胞がリンパ管に浸潤していたため可能な限りのリンパを切除したこと、  [続きを読む]
  • 手術後の説明に、呆然と言葉を失う
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージⅠb」)が発覚し同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた。 9時間におよぶ手術を終え昏々と眠り続けた後、予想以上にキツそうなリハビリに向けて徐々にモチベーションを上げていかなければ… そ [続きを読む]
  • 「キレイなお傷!」と手術痕を褒められる
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージ1b」)が発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた。 手術から3日目、担当医師チームの回診があった。医師、インターンらがぞろぞろと連れだって病室を回る。 私のベッドにやって来て、 [続きを読む]
  • 食止めは丸5日、理由は自分のプライド
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージ1b」)が発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた。 手術から3日目、本格的なリハビリがスタートし、私は身体から出ている何本もの管とともに点滴スタンドにつかまりながら病院の廊下をウロ [続きを読む]
  • 長いリハビリがここから始まる
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージ1b」)が発覚し、同年4月初旬、T大学病院で子宮全摘手術を受けた。 9時間に及んだ手術の後、一瞬目覚めたものの私はまた深い眠りに落ちていた。 それから昏々と丸1日以上眠り続けぼんやりと意識が回復 [続きを読む]
  • 手術はなんと9時間! 今でも忘れられない感覚
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージ1b」)が発覚し、同年4月初旬、日本に一時帰国してT大学病院で子宮全摘手術を受けることになった。 私の手術は、9時間に及んだ。 もちろん、私は麻酔でぐっすり眠っていたのだが手術にかかる時間は約7 [続きを読む]
  • ついに手術台へ、ドラマのシーンが現実に
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージ1b」)が発覚し、同年4月初旬、日本に一時帰国してT大学病院で子宮全摘手術を受けることになった。 私が入院したのは、T大学病院婦人外科の4人部屋だった。 私の隣のベッドは若い女性で彼女のもとに [続きを読む]
  • 「なるようになるさ」手術前夜の想い
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージ1b」)が発覚し、同年4月初旬、日本に一時帰国してT大学病院で子宮全摘手術を受けることになった。 手術に向けては、本当にたくさんの書類にサインした。 麻酔の同意書、手術の同意書、摘出した子宮を [続きを読む]
  • 遅ればせながら…新年のご挨拶
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 新年、明けましておめでとうございます! いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます?? 今年より、ブログの内容は子宮全摘手術後、佳境に入ります。 引き続き読んでいただけるよう、しっかり記憶を辿り、克明に記していきたいと思います。&nb [続きを読む]
  • ここから長い入院生活が始まる
  • 中国在住フリーライター兼元不良がん患者のnyaonyaoです!「転んでもタダじゃ起きねぇ!」をモットーに、日々たくましく生きてます。 2013年1月、当時住んでいた北京で子宮頸がん(「ステージ1b」)が発覚し、4月初旬に、T大学病院で子宮全摘手術を受けることになった。 入院は手術の2日前だが、運悪く土日を挟んでいたので実際は手術の4日前から入院生活がスタートした。 家族に代わって友人Fが入 [続きを読む]