有紀 さん プロフィール

  •  
有紀さん: インテリアコーディネーターの仕事とは リアルな毎日
ハンドル名有紀 さん
ブログタイトルインテリアコーディネーターの仕事とは リアルな毎日
ブログURLhttp://realinterior.xyz/
サイト紹介文インテリアコーディネーターのリアルな毎日を書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 272日(平均1.0回/週) - 参加 2016/09/24 17:29

有紀 さんのブログ記事

  • 輸入のキッチンってどうだろう?
  • お久しぶりです。(笑)現在お打合せしている お客様。ご主人がキッチンにこだわっています。 いくつかの国産のキッチンのショールームにご案内したのですが、なんとなく 気に入らないご様子。 クッチーナさんやキッチンハウス、といった素敵な(私、大好きです!)ショールームもご案内したが 「気に入るものがありませんでした」 とメールがくる始末。 どうしたもんかと こまっていたらもうフルオーダーにするか?と思っていた [続きを読む]
  • インテリアと収納は切っても切れない関係?
  • インテリアコーディネーターは収納コーディネーター? インテリアのお打合せをしていると、必ず話題が出るのが 収納。 これを スルーしては内装の打ち合わせ、住宅のお打合せは絶対に進みません。物凄く大事。 でも でも ところが、この話ばかりしているうちに、収納の話ばかりになって まったく 内装のインテリアの話が進まない、というケースがあります。 お客様は 家を建てたり、リフォームしたり、というきっかけで、内 [続きを読む]
  • リノベーションの物件そろそろ竣工
  • リノベーションの物件現場に行ってきた春から 手がけている フルリノベーション現場。 いやーーー 新築よりも 早いですね! 進捗が。。。そりゃそうですよね。基礎を作ったり 躯体を立ち上げる必要がない。 表層を変えて サッシを変えてフローリング建具クロス、衛生設備。。。。 それを変える大掛かりな工事ではあるものの、やはり 工期は物凄く短縮されます。 そして タイルを貼り変え、吹き付けも終わり、屋根も新しく [続きを読む]
  • 自分の家はどんなインテリアにしたいか?ICの悩み
  • 自分の家はどんなインテリア理想か? インテリアコーディネーターは毎日膨大なインテリア商品を見ています。家具カーテン照明キッチン小物住宅設備品(トイレとかお風呂とか) よって、自分の家に何を設置採用するか?というのはとても簡単なように思われます。 自分の家ほど どうしていいかわからない?? 実は、プロのインテリアコーディネーターほど、自分の家のインテリアをどうしていいかわからなくなる。。。ってそういう [続きを読む]
  • 暮らしを考えないインテリアには意味がない
  • 昨日、ALLリノベーションのインテリアコーディネートのお仕事の打診があり、打ち合わせに行ってまいりました。 が、ちょっと驚いたことが。 ALLリノベーションなのに、まだ 間取りが決まっていないのです。その段階で、私にインテリアデザインというかコーディネートをお願いしたい、とい趣旨の話。契約を取るためのプレゼンボードを作ってほしいという話とか。????間取りも私が考えるべきってお仕事かな?と思い、設計プラン [続きを読む]
  • モデルルームの設営は大変だけど面白い
  • 先日より 進めておりました モデルルーム設営のお仕事が無事完了いたしました!当日は朝早くから現地へ入り、あらかじめ配送を手配していた家具や自分で運んだ小物などを一気に設置、飾りつけ。もう膨大な荷物を受け取り、 開封し、取り出し、シールをはがし(小物はシールが付いているのではがさなければなりません)カッターとはさみを駆使してがんばりました。家具やカーテンは業者さんがきて設置をしてくれますが、小物は自 [続きを読む]
  • 無垢のフローリングを選ぶ理由は?
  • 先日、三回目のお打合せを行った 新築一戸建てのお客様。おこだわりが多々あり、そのうちの一つがフローリングは無垢のものを使いたいということでした。最近とても多いご要望です。が、「あ、そうですか」と すぐに無垢のフローリングをお勧めして打ち合わせを進めるのは 危険だと思っています。 その理由は? お客様が 無垢のフローリングにしたい、とおっしゃたときは必ず私は以下のご質問をさせていただきます。 [続きを読む]
  • キッチンのプランニングに強くなる
  • 私は新築住宅の案件のお仕事が多いので、当然「キッチンをどんな感じにするか?」という大切な項目があります。もちろんお客様も、一番こだわる、気になるところでもあります。① キッチンとその周辺、ダイニング ⇒ リビングの 関係性、② キッチン と その他家事の動線この2点が上手くいくと、住宅の半分、いや6割〜7割は成功する、と私はいつも思っています。キッチン中心に 家が回っていくようにすることは特に子育 [続きを読む]
  • ■モデルルーム小物買い完了!
  • 小さなモデルルーム設営のお仕事。来月 設営日なので 最後の追い込みに入っています。小さいモデルルームほど 小物で雰囲気が変わるので、ささないな細かいものも気が抜けません。予算が厳しいので、最後は100円ショップをめぐる旅になります。(笑)クッションや、大きい小物はちゃんとしたグレードの素敵なインテリアショップで吟味しますが、正直、細かいテーブルウエアや、キッチン周りの飾りつけに必要な、調味料収納の瓶 [続きを読む]
  • ■インテリアコーディネーターの転職 私の場合③
  • ネットで 転職求人サイトに会員登録するのは 初めての経験でした。友人がそれをやって転職活動しているのを知っていたので、(職種は全然違いますが)いろんな求人も無料で見れるし、自分の転職市場での価値?もつかめるかなと軽い気持ちで登録しました。その軽い気持ちが、どんどん 加速化する転職活動の渦に??巻き込まれる結果になっていったのです。毎日毎日送られてくるメール。そこにはいろんな求人が載っていました。イ [続きを読む]
  • インテリアコーディネーターの転職 私の場合②
  • 私が転職活動を始めたとき働いていた住宅会社は、新築が主でしたが、外装から内装、キッチンやお風呂といった設備まで、いわゆる「標準品」というものが設定されていて、お客様はよほどのことがない限り それ以外のものからは選ばない仕組みになっていました。いや、選んでもいいのですが、途端に金額が跳ね上がるため、標準品の中からしか選ばざるを得ない、という感じだったのですね。自由に選べるのは 壁紙や 玄関のポーチ照 [続きを読む]
  • インテリアコーディネーターの転職 私の場合 
  • インテリアコーディネーターの転職。それはこの仕事で一生やっていこうと思ったらならば、一度は誰もが途中考えるものではないでしょうか?実は私は 数年前に転職活動を 行いました。その経過と結末、リアルな体験談を語って行きます。今回は このインテリアコーディネーターの転職ということについて 考えたいと思います。スクールに通ったり、独学で勉強したりして ICの資格を取り、何とか無事未経験ながらも職を見つけるこ [続きを読む]
  • インテリアコーディネーターの年収とは?
  • インテリアコーディネーターになろうと勉強を頑張っている人からまたまた質問を受けました。「インテリアコーディネーターのお給料って・・・どうですか?」この質問に答えるのはとても難しいです。それは、「ファッションデザイナーってお給料どうですか?」っていう質問に似ています。アパレルメーカーに社員として勤めているデザイナーの場合、お給料は多分そこの会社のサラリーの規定に沿うことでしょう。よほどチーフのデザイ [続きを読む]
  • インテリアコーディネーターの服装とは
  • インテリアコーディネーターは インテリアのプロですが、当然、センスの良しあしを問われる職業でもあります。建築的な知識やインテリア商品の豊富な知識、があるのはもちろんいいですが、それプラス いわゆる センスがいい、ということも重要になってきます。よく言われることに 仕事を積み重ねて たくさんいいものを見たり、美術館やアートなどを見てセンスを磨き続けていけばどんどんセンスは良くなりますよ、という話を聞 [続きを読む]
  • インテリアコーディネーターの服装とは
  • インテリアコーディネーターは インテリアのプロですが、当然、センスの良しあしを問われる職業でもあります。建築的な知識やインテリア商品の豊富な知識、があるのはもちろんいいですが、それプラス いわゆる センスがいい、ということも重要になってきます。よく言われることに 仕事を積み重ねて たくさんいいものを見たり、美術館やアートなどを見てセンスを磨き続けていけばどんどんセンスは良くなりますよ、という話を聞 [続きを読む]
  • ■シャンデリアは今は流行らない?ご提案に一苦労
  • 現在照明のお打合せをしているお客様。ちょっとゴージャスなインテリアがお好きなので、居間の天井はシャンデリアをご希望です。ところが、昨今 モダンなインテリアが流行っているせいか、豪華なシャンデリアをご提案しようにも これがなかなか 種類が昔に比べて減っているのです。扱っているメーカーさんが少ないし、扱っていても数が少ない。直線的なすっきりしたモダンなシャンデリアが多く、クラッシックでゴージャスなもの [続きを読む]
  • ■ICはたくさんの人と関わる仕事
  • インテリアコーディネーター目指して勉強していた頃と、実際に仕事に就いてみてからと一番違うと思ったことは何ですか?という質問がよくあります。「こんなはずじゃなかった。。。」とか「これは驚いた」とかそういう話を聞きたいのでしょうか。そういう意味では よくも悪くもたくさんあります。まず驚いたのは 仕事に関わる人の多さ、業者さんの多さです。社内の関係する人間は想像できましたが こんなに社外で関係する関わる [続きを読む]