かっぱ さん プロフィール

  •  
かっぱさん: しずさんが認知症とうつになりました
ハンドル名かっぱ さん
ブログタイトルしずさんが認知症とうつになりました
ブログURLhttp://sizusann.com/
サイト紹介文認知症で家族崩壊?施設介護に後ろめたさを感じながら、日々葛藤、楽しい介護を夢みて…愚痴って発散…
自由文失敗あり、反省あり、怒りあり、落ち込む私はブログに助けられています。いつかはこれでよかったんだと思う日まで……
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供316回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2016/09/25 12:00

かっぱ さんのブログ記事

  • 食べてくれたよ〜
  • 今日の昼食は、しずさんの好物、素麺です、だし汁と麺が別々のお椀に盛られ、麺がのびないように気を遣っている、最初はつけ麺のように食べさせてみたが、汁が口から流れ出るので、とろみ剤を汁に混ぜてみた、汁が麺によく絡んで、半分の素麺を食べる、細かく刻んだキウイも少し食べ、嬉しくなってしまった、私も自家製の梅干しと梨を持参、梨は少し食べたが、梅干しは酸っぱすぎたようで、吐きだしてしまう、梅干しの作り方は、し [続きを読む]
  • 拒食…
  • 今日も食事摂取せず…この病院の食事は美味しいと、よく耳にするが、しずさんの口に合わないらしい、「味が薄い」といって、全部はき出してしまった、塩分制限なので仕方がない、もともと、塩辛いものが好きで、しずさんの作った味噌汁は、とても塩辛かったように記憶している、漬け物や梅干しなども好んで食べていた、今のしずさんに、心臓と腎臓に負担をかけるから薄味に慣れましょう…などと説明しても、どれくらい理解できるの [続きを読む]
  • 観察室から一般病棟へ
  • 土曜日の病院は人が少なく、静か…しずさんは昨日、観察室から一般の病室に移ることができた、昼前に病室を覗くと起きている、いきなり「おしっこ…」と、紙おむつを確認すると、もうでた後だった、私がひとりでバタバタしていると、男性の看護師さんが気づいてくださって、手伝ってもらう、痛みも、左膝を曲げたときだけ訴える、ついでにお尻の清拭をサッとすることができた、エアーマットのおかげで褥瘡もできず、きれい…相変わ [続きを読む]
  • 転出と転入
  • 先日、手術が無事に終わるまで、待ってもらっていたしずさんの転入届が完了、転出届は、わざわざ出向かなくとも郵送で済ますことができた、転出証明書の郵便交付申請書を転出先のホームページからダウンロード、必要事項記入と押印、各保険証、本人確認書類のコピー、返信用封筒…等を同封し郵送、転入届もスムーズに終わって、思ったより簡単、元住所の地区長さんに電話で住所移転を連絡し、地区会費支払のストップをお願いした、 [続きを読む]
  • 泣き言
  • 今日は少しだけ食が進み、ブドウとヨーグルトを完食、でも、ご飯やおかずは食べない、入院生活については、「よくしてくれるよ〜」と、たびたび言うので、居心地はいいようだ、今日はリハビリ室までついていって、見学…手術した左足は屈伸の時、膝の痛みを訴えている、それよりも、1時間半前に坐薬(下剤)を入れてもらったので、最初から最後まで「便が出た」を、連発…今日は、私を見てもニコリともしないので、忘れちゃったか [続きを読む]
  • 懺悔の日々
  • お願いしていた病院から連絡があり、来週、転院することになった…これで、一歩前へ進める、受け入れの返事がないと、不安でたまらなかったので、とりあえず、ホッとした、今日も、しずさんは食事をしなかった、夕食などは誰が介助しようが、口に手を当て、頑なに拒否、唯一「ヨーグルッペ…」と、催促、すぐに、院内にあるコンビニへ買いに行った、量は少ないが、ストローで上手に飲んでいる、そういえば、ひとり暮らししていると [続きを読む]
  • まだまだ先は長い?
  • 今日は担当の医師と面談、今後の介護をどうするか、確認された、施設を希望しているが、待機者が多く、簡単に入ることができないらしい、わかってはいるが、入れないときはどうしようとか悩む…術後の経過は順調だが、力を入れて立つまで一か月以上かかるらしく、まだまだ、先は長い…今日は調子が良いようで、昼食も3割ほど摂取、表情もいい、午前中、看護師さんが遊んで(リハビリ)くれたようで、ベッドの上に紙風船が転がって [続きを読む]
  • 退院にむけて…
  • 朝早く、病院の医療ソーシャルワーカーから電話連絡、退院に向け話しを進めていきたいと…大学病院の入院期間は大体、2週間〜1ヶ月、急性期を過ぎると、しずさんの場合、リハビリ目的の転院となる、入院当初に私の方から、医療と介護が連携しやすい施設を希望していたので、私の家に近い総合病院を勧められた、そこは、介護保険施設、グループホーム、特養、訪問看護、訪問介護、デイケアーを運営していて、介護施設としては力を [続きを読む]
  • 敬老の日、でも寂しそう
  • お昼の食事に合わせて面会する、敬老の日とあって、お赤飯とご馳走が…食事前に車椅子への移動を促すが、首を横に振り嫌がる、それでも、リハビリもかねているので、看護師さんが3人がかりで抱え、車椅子へ、ご不満なようでムスッとして、嬉しくない表情?食事はお箸を持たせると、キュウリとワカメの酢の物をとり、自分で口へ運んだ、他は、ご馳走なのに一口ずつ食べると、お箸を置いてしまった、今日も食欲なし、朝は私が持ち込 [続きを読む]
  • 今日も食べてくれなかった
  • 台風18号の吹き返しの中、病院に向かう、連休中の院内は静かで、人もまばら…病室に着くと、入院した頃、しずさんが「きれいな人ねぇ〜」と言った看護師さんが食事介助、「今日はなかなか食べてくれませんね」と、、、目を閉じたまま、口を開こうとしない、見た目、美味しそうなのに?ブドウの房が8個あって、剥いて口に持っていくと簡単に食べた、スイカを持参したが、あまり食べず、眠そうに目を閉じている、「お腹が空かんから [続きを読む]
  • 院内散歩
  • 昼食時に面会する、車椅子に座って、介助で食事、固形食に変わっても食が進まず、ほとんど残っている、好物ならばと期待して今日はスイカを持参…「スイカがきた〜」と、自分から箸を持ち、ぶつ切りのスイカを食べ始めた、持っていった量が少なかったからか、すぐに食べ終わり、「もう無いの?」と、催促する、誤嚥もなく美味しそうに食べたのは、何日ぶり?食後は院内を疲れも見せず、30分くらい散歩、外にも出てみました、帰室 [続きを読む]
  • 本格的なリハビリ開始
  • 昨日の夜中、嘔吐してから覚醒状態、持続点滴と続けて2パック輸血、前回、点滴を自己抜去したので、抑制ミトンを付けられてしまった(同意書サイン済み)、それを外そうと、あの手この手で頑張っている、どこに力が残っているのか?当直医の指示で眠剤が処方され服用、それでも、目がギラギラ、結局、眠ったのは朝の5時過ぎ…私も一時帰宅し、家で仮眠をとった、昼前、再び病院へ…昼食は3人の看護師さんが介助に挑戦するが、ア [続きを読む]
  • 手術、無事に終わる
  • 午前中、ずっと不穏状態、下剤をかけられ、トイレに行きたいと、、、「オイ、こら、看護師さ〜ん」んと叫びまくる、まだ、左足は牽引中で動けない、あと少しの辛抱なのに…結局、摘便をしてもらい落ち着く、手術は2時間の予定が4時間が過ぎ、さすがに、不安になったが、帰って来たときは、認知症が炸裂…!!「殺される〜」「警察を呼んでェ〜」「なんの悪いことをしたかね〜」「助けてください」怯えて、震えている、それが、一時 [続きを読む]
  • 手術当日
  • 早朝に病院から電話があった、思った通り、夜中に元気すぎて大変だったらしい、せっかく点滴のルート確保していたのに、自己抜去!手術時間まで、付き添いをお願いされた、すぐに、病院に行くと、・・・・・・・・?物取られ妄想が、激しく、特に男性を見ると、どこどこの会社の人が来た、何もかも取られて、取られた物は全部、諦めないといけないのか、しかたがないから諦めよう等と話し続ける、10時過ぎ、三女さん到着、今日は [続きを読む]
  • 術前準備
  • 今日は、三女さんが見舞いに来てくれた、しずさんは、三女さんに向かって、「長女ちゃ〜ん」なんて、呼んでしまった、こんな時、気を遣うのは私…「私もよく間違えられるからね、、、」なんて、ホローする、昼食は三女さんにお願いして、私は、一時退散、期待していたが、三女さん介助でも食べなかったそうだ、お昼から明日の術前準備、麻酔科の説明、手術室から手術の進行予定の説明、しずさんも、点滴ラインの確保、モニター装着 [続きを読む]
  • 落ち込んで帰ってきた
  • 食べなくなって一週間、だんだんと痩せてきて、入れ歯が緩くなり歯茎に固定できず、口に入れても、上の歯が落ちてくる、食べない原因…?食事形態は軟食で、ゼリーも必ずついて、食べにくいことはない、食べる意欲というか、何かを無くしてしまっているような…今日は食べてもらうぞと、私だけが突っ走っていて、また、落ち込んで帰ってきた、もしかすると、私が原因なのかな?そう思ってしまう、もし、そうなら、、、何も言えず、 [続きを読む]
  • どうにもできない…
  • 食べません…口を塞いで、完全に拒否する、理由を聞いても、「腹も空かんのに食べたくない…」一日中、牽引されている左足が痛くて、辛そうにしている、「横を向きたい」「足がね〜おしりが痛いよ〜」「はずしてもらえないの〜」私の顔をみると訴えるので、辛い…どうにもできない、身体をマッサージするふりをするのが精一杯です、「あと三日寝たら、取ってもらえるよ」と、言っても、その三日がどれだけ長いか…唯一、寝ていると [続きを読む]
  • 今日は、昨日と違いちょっと幸せな気分
  • なんと今日は、穏やか…幻視、幻覚なく多少、妄想がある程度、表情もだいぶよくなり、会話も普通に近い、7月後半以降のレベル低下は何だったのか?狐に取り憑かれたようにあれよあれよと、おかしくなっていった、歩けなくなり、立てなくなり、動けなくなり、食事も介助になり、話もできなくなった…今は徐々に、ゆっくりと元に戻りつつある、、、?私の住む街にいることも認識できたようで、帰りたいか聞くと、首を少し横に振る、 [続きを読む]
  • 何をやっても癒やしにならない
  • 今日も食事拒否…食べられないのではなく、貝のように口を閉じてしまい、そっぽを向く、アクエリアスだけは飲んでくれるので、水分は取れているはず…?高齢者の足の骨折は、寝たきりになるとか、認知症が悪化するとか言われるが、しずさんもそうなってしまうのかな〜、幻視、幻覚、妄想が強くなっている、足下を指さしながら、「ムカデがいる、ほらぁ〜そこに…」天井を見て、「孫ちゃんが鳩にかまれた…」怯えたように、「何でこ [続きを読む]
  • 直達牽引されて、新たな妄想も…
  • 行くと…しずさは、うた子ちゃんと休んでいた、心電図モニターもspo2モニターも消えて、顔色もいいし、よくしゃべる…妄想も幻覚?も絶好調!ムカデが出てきた、ネズミがいる、まごちゃんが蛇にかまれた、他…不気味ともいえる妄想連発!うた子ちゃんも足下まで投げられてしまった、夕方近く、ドクターから牽引の指示あり、レントゲンの結果、左足が短くなっているため引っ張って固定、 直達牽引ですが、しずさんは足下の機器を「 [続きを読む]
  • 手術日決定…しかし、こまったことが…
  • しずさんの心臓の検査が終了、心筋の肥大があるが、手術は耐えることができるそうで、やっと、一歩前へ踏み出すことができる、来週の木曜日、それまで問題がなければ、決まりだ!しかし、しずさんはというと…食事を拒否する、食べても、やっと1割、水分も取ろうとしない、嚥下困難があるわけでもなく、のどの異常もない…?頑なに拒否している感じで、口を固く結び、への字に曲げて壁のほうへ顔を向けてしまう、「胸がね、いたい [続きを読む]
  • 先の世が近い…三途の川…これで墓場行きやね
  • 「次女ちゃん、来たね!」と、ニコニコ…夕べは熟睡したらしく、表情も穏やか、朝食は、まずいと言って、食べず、トロミorゼリー食は美味しくないらしい、お昼から、軟食に変えてもらい完食、しずさんは梅が大好きで、塩分制限の食事は辛かったようだ、特別に栄養管理部から梅のペーストをだしてもらった、早期離床を目指し、リハビリも昨日から開始、言語聴覚療法と理学療法…清拭もしていただいて、人がひっきりなしに出入りする [続きを読む]
  • 命のほうが大事ですから…
  • 午前中、病院へ行く、夜中、目が覚めていて動きがよくなったのか、枕投げをしたらしい、ベッドも壁際にピタッとよせ、ベッド柵も増えていた、元気が出たというより、せん妄が出ている感じだ、「温いよ〜」と、タオルケットを除けたり、だらりとしていた手も足も、患部以外は、落ち着きがないくらいに動きっぱなし、しかし、覚醒しているわけではない、傾眠状態で時々、声をかけると目を開くが、刺激がないとすぐに閉じてしまう、昼 [続きを読む]
  • 会話もできて妄想も、もどってきた
  • 昼前に病院へ行く、眠気の強い薬があって、昨日から内服薬が中止になった、そのためか、夜は覚醒していることが多かったらしい気のせいか、表情がスッキリしている、お風呂にも入れてもらい、ずっと、痛いのなんのと叫び続けていたらしい、やっと、しずさんらしさが出てきたようで、、、でも周りは迷惑かな?三女さん親子も面会にきて、食事介助をしてくれた、さすが看護師の孫さん、慣れていて上手、昨日までの嚥下困難もなく、む [続きを読む]
  • 死んだらよかったのに…
  • 昼前に病院へ行く、今日も、ほとんど眠っていて、あくびが多い、左足の痛みはちょっとでも動かすと、「いたいよ〜」と、顔をしかめる、昼食は看護師さんが介助して、2割くらい食べるのがやっと、少しでも食べて体力をつけてほしいと思うが、むせるので、無理はできない、お昼から用事があったので「また後で来るね」と、いって帰った、近くにいると自分の用事の合間に、しずさんに会いに行ける、遠距離は1日がかりで、体力も消耗 [続きを読む]