今日も元気で頑張るニャン さん プロフィール

  •  
今日も元気で頑張るニャンさん: 今日も元気で頑張るニャン
ハンドル名今日も元気で頑張るニャン さん
ブログタイトル今日も元気で頑張るニャン
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nekoayg
サイト紹介文出会ったノラたちを幸せにしたいと微力ながら奔走する、悩めるオジンのニャンコ賛歌と奮闘記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供216回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2016/09/25 19:56

今日も元気で頑張るニャン さんのブログ記事

  • テツ一周忌追悼 「君のくれたやさしさを」
  • 2016年9月25日午前6時47分大きく息をした後に呼吸が止まって、オジンとオバンに見守られながら君は逝ったテツ、あれからもう1年だよ早いものだね                    ささやかな献花と供香しました君は老夫婦を悲しませまいともう少し生きたかったようだけど確実に進行するIBDという病気は非情だったでも君は、本当によく頑張ってくれた最後の1年は日々の強制給餌にも耐えてくれたし痛かろうが苦 [続きを読む]
  • 1年経って思うこと 〜ブログ一周年〜
  • このブログを始めてから、今日でちょうど1年になりました。ノラたちに幸せになってほしいと始めたブログですが、自分は何をし、そして何を考えてきたのか、この1年間を振り返ってみました。出会ったノラたちに何ができた?ブログ開始と同時にテツを亡くした後、ニャーとみうを家に迎え、テンちゃんを店で保護しました。未だフリーの状態のソトチビとダイフクに食事を与えているが、シャッポやモドキをはじめカブキ、コンも行方が [続きを読む]
  • 新顔ミケちゃん
  • ダイフク以外のノラたちを見かけなくなって夜の置き餌を続けています。それでも場所的な特徴で滅多に新しいノラがやって来ることはなく、置き餌を消化しているのはこのブログに登場した誰かだと思われました。ダイフク用とモドキやカブキ用の2ヵ所の置き餌。毎晩必ずなくなります。ダイフクが両方消化した疑いもあったけど、ダイフクの食べ跡には特徴があって、明らかにダイフク以外の誰かも食べている。モドキかカブキか、しかし [続きを読む]
  • 9月は節目の月 〜ソトチビ2周年〜
  • そうなんです。チビの一周忌が終わったばかりですが、もうすぐこのブログを始めて一周年。そしてその2日後に、最愛だったテツの一周忌を迎えます。あのメガトン級のショックからもう1年が経つのかと、感慨もひとしおです。9月はそれだけじゃない。お店にポンが、家裏にはソトチビが定着したのが2年前の9月。それをきっかけに、自分とノラたちとの付き合いが始まりました。2匹ともまだ子猫で、暑い夏の盛りからたまに目撃され [続きを読む]
  • 迷い猫掲示板
  • カブキやコン、それにモドキの姿を見なくなってから2ヶ月近くが経ちました。特にモドキは、あれほど我々スタッフに何かを訴えかけていたのに、対応できなかったことが悔やまれます。もちろんまだ諦めたわけじゃないけど。ところで最近、コンに関してある進展がありました。ネット上の迷い猫探し掲示板にとっても良く似たニャンコが載っていたのです。いや、"似た"なんてもんじゃない。掲載されている名前は違うけど、あれはまず間 [続きを読む]
  • 思い出に生きる・・ニャー
  • このトシになると、思い出話ばかりですみません。自分では前を向いているつもりなんですが、何しろ前よりも後ろの方がずっと長いもんで、ついつい後ろの話になっちゃうんです。 てなことで、ニャーにあることをしてみました。 シャッポとチビの遺品とご対面です。                          チビが最後につけていた首輪とご対面                            シャッポ愛用 [続きを読む]
  • チビ一周忌に想う
  • 昨日がチビの一周忌でした。事故は昨年の9月9日、金曜日の早朝。清掃局に問い合わせてその情報を得たのは月曜日でした。何とか担当した方から直接伺うことができて、チビだと確信するに至ったのです。昨日は、チビの事故現場に献花しました。                              ささやかな献花です                           相変わらず交通量の多いバス通り       [続きを読む]
  • 相変わらずだぜテンちゃん
  • そうなんです。テンちゃんは書くことがないくらい安定した生活を送っています。ダイフク以外の外ノラ連中が来なくなって残念ではありますが、テンちゃんにとっては幸いしたようだ。最近は凶暴モードが影を潜め、あの超甘えん坊が帰ってきました。                           涼しい風が吹くようになって元気も100倍テンちゃん人気も絶好調。毎日数回はお客さんに撫でられて、何と「かわいい」の大連 [続きを読む]
  • 頑張る家の子 美宇(みう)
  • みうの続投です。早いもので、わが家で同居を始めて4ヶ月になろうとしています。みうはおそらく、わが家に来る前は結構本格的なノラだった。ソトチビが連れて来たと紹介してはいますが、実のところどういう経緯でこの家に来たのかは、本人(猫)に聞いてみないとわからない。いずれにしても、みうはわが家に迎えた初めての本格ノラタイプのニャンコです。1年半の準備期間(家裏生活)があったとはいえ、やはり家の中で暮らすとなれば [続きを読む]
  • 気の合う二人(?)
  • いえ、気の合う二匹でした。今日は同じような写真のオンパレードで失礼します。さて、ニャーとみうは相変わらず恙(つつが)なく暮らしております。2匹の関係は進展があるのかないのか、2度ほど夜中に「ギャーッ」というみうの声が聞こえて白い毛が少し散乱していましたが、2匹は怪我もなくその後の様子も特に変わりません。みうは、ニャーの居場所がわからないときは相変わらず怖くて部屋移動ができない。ニャーは朝と夕方リード [続きを読む]
  • 1年経って思う 〜ネコの気持ち〜
  • もうすぐチビの一周忌。そして、ブログを始めて一周年。チビを亡くしてスタッフ一同落ち込んだ1年前。ようやく決意も新たにこのブログを始めた途端に最愛のテツとの死別。それでもこのブログを続けられたのは、この2匹がこの世に存在したことを知る仲間たち、ニャーやシャッポ、そしてみうとソトチビがいたからでした。あれから1年経った今の状況は、当時の予測とは遥かに違うものです。ノラの生活が明日をも知れず、その生涯が [続きを読む]
  • ニャン好き恋愛論
  • 恋愛論?人間、異性を好きになるとその人が気になって気になって、いつもその人が自分のそばにいてほしくなる。これは独占欲ですね。(Aタイプ)  一方、その人が楽しそうで満ち足りた様子でいてほしいと願うのは、その人に対する敬意です。(Bタイプ)どっちもその人を大事に思う気持ちに変わりはないけど、好きという気持ちの大部分は独占欲だと言われています。確かに、その人が恋敵と楽しそうにしていたらいい気持ちはしないよ [続きを読む]
  • だみ声は子ライオンだぜテンちゃん
  • 何と、今日も朝からテンちゃんと記念撮影するお客さんが2組も。ますます人気上昇中のテンちゃんです。                      今日もお店のどこかで、テンちゃんが過ごしています自分の知り合いで、このブログを熱心に見てくれている人がいます。思い込みに満ちた駄文をよくも飽きもせずに・・、ありがたいことです。(実はこのブログの存在は店のスタッフには内緒なんです。) その知人も大のニャンコ好きで [続きを読む]
  • 不公平だい!
  •               ニャーです。              ぼちぼちやってます。              まずはこの顔見てください。            みうにやられました。オジンは傷が小さいから問題ないなんて言ってたけど、猫の鼻はとってもデリケートな場所なんです。この写真のあと、傷のところが膨らんで鼻より高くなった。そしたら急に大慌てのオジン。何やってんだか。だいたい、ニャーは見てた [続きを読む]
  • みうの試練(ちょっと大袈裟)
  • ノラ生活から家猫に迎えられたニャンコには、避けられない試練が待っています。自由が制限され、それまで暮らしていた世界(自然)が遠くなる。安全安心を得たことをニャンコは理解しないし、その代償として失ったものの方が問題なのだ。さらに家の中での生活には、その家のしきたりに合わせるという難題が待ち受けているのです。みうにとっても、わが家に合流して一緒に暮らすとなれば、やはり乗り越えなければならないことがいく [続きを読む]
  • ダイフクとコン
  • 酷暑の空梅雨が開けた途端に雨空が続いて、気象庁も真っ青の今日この頃です。もうひとり、いや一匹、真っ青なのがダイフク。このブログで2回続けてヒールキャラにされてしまいました。いやいや、でもダイフクが悪いわけじゃない。もちろんもう追っ払ったりはしません。むしろ保護ニャンの有力候補です。                         最近は近寄っても逃げないで目を細めることもダイフクは3、4日に一度く [続きを読む]
  • モドキよ・・・
  • モドキが姿を見せなくなってもうすぐ1ヶ月。前回モドキを書いたときは、これほど長くお目にかかれないとは思ってもいなかった。そのときはあの子供の悪戯か猛暑のせいで"夜型"に戻ったのだろうと書きましたが、その後、別の見方が出てきたので気になっています。                            (再掲)初めて姿を現したときのモドキちょっと振り返ると、モドキが店で初めて目撃されたのは去る3月の中 [続きを読む]
  • 猫らしく生きる 〜シャッポの教え〜
  • シャッポが突然消息を絶ってからもう8ヶ月になります。シャッポは自分の後追いニャンコでした。しかし彼の信頼に十分に応えなかったから、このブログの初記事でも書いたように、ニャンコは黙って離れていくだけなんだ。これまではそんな後悔ばかりでした。しかし自分が書いてきたシャッポの記事を読み返して思うのは、思い込みが先に立って冷静な見方に欠けていたかもしれないということ。当時は別のカテゴリーで「ノラの矜持」や [続きを読む]
  • テツとの対話 その12・新説「あの世は心の中にある」
  • やあテツ、巷は猛暑だけどそっちはどうだいえっ? お前の忘れ形見かい?ああ、みうはだいぶ落ち着いてきたけど、ニャーとはまだイマイチだそんなに心配はしてないけどねそうそう、ソトチビも青年になって精悍さが増したな生前、ソトチビを探すみうを見守るテツ(再掲)それにしても気になるな、あの2匹互いにまだ覚えているんだろうかかつてはしばらく会わなくても、出会えばいつも寄り添ってた猫族は前しか向かないから思い出を [続きを読む]
  • 人気者だぜテンちゃん
  • 前回のテンちゃん記事では追記でお詫びしました。過去3回分くらいの自分の記事をふと読み返して、テンちゃんのイメージが随分危ういニャンコに変貌していることに気づいたのです。気になる部分ばかり書き続けると、それが全体として伝わってしまう。「たかが私的ブログ」ではありますが、反省しきりでした。で、テンちゃんは相変わらず元気です。リード生活も板について、事務所から出たいとき帰りたいとき、店内の数ヶ所にリード [続きを読む]
  • ノラたちの夏 〜ソトチビの巻〜
  • うれしいソトチビの再登場です。前回ソトチビを書いた日(7/7)以来久しく姿を見せず、そのことをみうの記事(7/17)で書いたところ、その2日後の夜に現れました。真っ先に気づいたのはニャー。夜は見難いソトチビ、勝手口のドアを開けると暗闇の中からおもむろに現れた。ということは、それまでは見逃したこともあったかも。で、その日からはほぼ毎日朝晩やって来ます。以前のように勝手口のドア下にいるのではなくその周辺、主にお [続きを読む]
  • 眼付けニャーの大接近
  • ニャーは、テツの後継とも言うべき気心の知れた存在。なのに最近、そのニャーの記事が少なくなっていることに気づきました。敏感だけど我慢強いニャーのこと、もうとっくにこんな保護者の変化を感じ取っていたに違いない。そう言えばひとりお遊びやベランダでのひとときも、いつの間にかなくなった。いやそれだけじゃなく遠慮がちに膝に乗ってきたりとか、何かをせがんで保護者を後追いしたり(ストーカー)ということもなくなりま [続きを読む]
  • ニャン好きニャンコ
  • 妻はニャン歴半世紀以上になる大ベテランです。何匹ものニャンコを看取った経験から、世話好きなのに放任主義者になりました。ニャンコの一生は短い。だから少しでも多くのことを心置きなく経験して人生(猫生)を楽しんでもらう、それが彼女の育て方です。その妻によると、ニャンコには3つのタイプがあるらしい。A 人にもニャンコにも寄り付かない孤高のニャンコB ニャンコと群れるのは嫌いだけど人に興味を示すニャンコC 人 [続きを読む]
  • ベッド下の住人
  • あるブログを見ていたら、「子ニャンを飼い始めたとき何もしないでいると家庭内ノラになる」と書いてありました。その部分には(笑)となっていたけど、笑えないのが今のみう。いまだにわが家の住人(猫)、というよりは"ベッド下の住人"です。そのブログでは早く人(保護者)に懐かせる方法として、こんなやり方を紹介しています。しばらくはケージに入れて育て、頻繁に手を入れてお世話したりスキンシップを図る。そうすれば自然に [続きを読む]