今日も元気で頑張るニャン さん プロフィール

  •  
今日も元気で頑張るニャンさん: 今日も元気で頑張るニャン
ハンドル名今日も元気で頑張るニャン さん
ブログタイトル今日も元気で頑張るニャン
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nekoayg
サイト紹介文出会ったノラたちを幸せにしたいと微力ながら奔走する、悩めるオジンのニャンコ賛歌と奮闘記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 307日(平均4.4回/週) - 参加 2016/09/25 19:56

今日も元気で頑張るニャン さんのブログ記事

  • 脱走しちゃった猫ちゃんは 〜ノラたちの夏・その3〜
  • シリーズその3はカブキとあの新参チビです。そう、以前に紹介した(7/12)あのチビニャンコ、その後10日ほど経ってまたひょっこり現れたのです。スタッフ事務所すぐ前の植込みの中にいて、Oさんが奥のアドミ事務所にいた自分に教えてくれました。何でも水遣りの最中、気づかなくて水をかけちゃったそうで。で、見に行くと裏出口からゆっくり消えていくところで、例によってちょっと追跡。しかし見失ってしまい、裏駐車場の車の下 [続きを読む]
  • ノラたちの夏 〜モドキの巻〜
  • モドキは店に子供たちが多かった先々週の日曜日以来、昼間は来なくなりました。実はあの日の午後、ちょっとひどいことがありまして。小学高学年くらいの男の子2人が本気で追いかけていた。そして棚下に隠れたモドキを、店の箒(売り物)の柄を使って脅しながら追い出そうとしたのです。もちろん直ちに注意して、近くにいた親は恐縮していたけど、モドキが受けた心の傷はそう簡単には治らない。                  [続きを読む]
  • テンちゃんぶりっ子プログラム
  • ジギルとハイド野生回帰? テンちゃんの凶暴化が止まりません。他のニャンコの臭いに神経過敏になって、点検中はちょっとした刺激で保護者にも噛み付いてきます。これまで一度もなかったので知らないのかとさえ思った「シャーッ」も、ここにきて度々。保護者の後追いも、すりすりぐりぐりも、抱かれて甘えたりということもなくなった。抱くと怒るし、じゃれるときも喧嘩腰になってちょっと怖い。この春頃までは超のつく甘えん坊だ [続きを読む]
  • ノラたちの夏 〜ダイフクの巻〜
  • 昨日、事故に遭ったニャンコを見かけました。片側2車線道路の中央付近。助けようにも既に遅しだった・・。珍しくはない出来事なんだろうけど、その度にやりきれない思いがするのは、誰にも何も思われない死に方に対してなのかもしれないな。いきなり変な話ですみません。口直しではないですが、ほっこりする話もひとつ。自分が時折覗いている書き込みサイトです。久々にニャンコ関連のトピに遭遇。(現在進行中) ニャン好きたち [続きを読む]
  • ネットに蘇る若き三匹 〜アルバムのデジタル化〜
  • 今では、昔の人たちを称して「昭和の人」なんて言うようになりました。自分は押しも押されぬ「昭和の人」なので異論はないですが、昭和の最後に生まれた人はまだ30ですから、ちょっとかわいそうな線引きです。昔のイメージって何故かいつもセピア色なんですが、これって昔の写真がセピア色に変色したからなんでしょうか。今の人はデジタルだから、パソコンやUSBメモリあるいはネットで保管したり。セピア色なんてイメージはな [続きを読む]
  • 探し物は何ですか
  • 今日は陽水さんの歌に乗って軽いタッチで。自分は典型的なビートルズ世代ですが、一方でボブディランやキングストントリオといったフォークの世界に夢中になって、中学の頃からギター数台手にして真似してました。それから数年すると日本にもフォークソングブームが到来して、自分的には陽水と拓郎が双璧だった。中でも陽水さんの高く透き通る声と心に響く歌詞、もう陶酔状態だったですね・・・。あっ、何でしたっけ? そうそう、 [続きを読む]
  • むむむ、血気盛んすぎテンちゃん
  • テンちゃん、またまたやっちゃいました。このところ危うい武勇伝の話が続いたので、次の記事は是非かわい子ブリッコに戻って・・、と思っていたのですが、書く前にまたやっちゃった。これは自分の不在のときの出来事を聞いた話です。例によって騒動に対応する写真はありません。                      スタッフ控室から見回りを怠らないテンちゃん      (スタッフ控室は扉が広く下が透明なので中から [続きを読む]
  • 自然に抱かれて 〜ニャーの楽しみ〜
  • ニャーです。お久しぶりんこ。いきなり始まったみうとの生活は落ち着かないけど、何とか元気でやってます。オジンによると、これからはニャーとみうの話が合体するらしい。内容の比重が多い方のカテゴリーに納めるんだって。同じ家にいるんだから仕方ないかニャ。                     最近はオジンの横の出窓で朝を迎えますということで、ニャーの言いたいことは自分で言うことにしました。みうのいる生活は [続きを読む]
  • モドキと子ニャン
  • 最近は登場頻度の高いモドキです。というのも毎日来ておりまして、昼頃から夕方にかけてスタッフの後をうろつく日課、しかし主な狙いはやはり一番ヒマそうな自分で、ストーカーがまた増えた次第です。店の中ではどこに行ってもついて来る。でもアドミの事務所だけは(テンちゃんがいるので)入れません。入口まで来て悲しそうに鳴きながらおろおろしています。                 店でくつろぐ姿は去年のニャーやシ [続きを読む]
  • テツとの対話 その11・郷愁 〜心の原風景を偲ぶ〜
  • やあテツ、今年は異変だ毎年春からこの時期には聞こえていた蛙の大合唱が今年はさっぱり聞こえないどうやらこの辺でも、農家さんが農薬を使い始めたらしい子供たちと周辺の田んぼでザリガニ採ったり近くのクヌギ林にカブトムシを採りに行ったりお前たち三匹がわが家に来た頃は、そんな時代だった今となっては、みな懐かしい思い出だそうだな、確かにトシをとると思い出ばかり家の周りの原風景もそうだけどなぜかお前たちのこともよ [続きを読む]
  • みうとソトチビ
  • 2週間振りのソトチビ登場です。年を取ると時間なんて早いもので、2週間なんてあっという間です。前回は具合の悪そうなソトチビを心配しておりました。それから、3日ほどは来なかった。いよいよ気になり始めた4日目の夜遅くにひょこんと現れて、殆ど食べずに帰って行った。でもその翌日から、またちょくちょく来るようになりました。それまでのように定期的ではないけど朝晩来たかと思えば来ない日もあったり。食欲も徐々に戻っ [続きを読む]
  • 逃げろモドキ! テンちゃんが追って来る
  • テンちゃん、とうとうやっちゃいました。今日は本来のタイトルは「ベロ出しテンちゃん」の予定でした。よく写真なんかで見かけますよね、ベロ出してるニャンコ。暑いのか何なのか、ちょびっとベロが出たまま引っ込まない。テンちゃんも最近そんなことがよくあって、時として"アッカンベー"をしてるくらい長く出てます。リード散歩のせいでワンコの気分になってるのかもしれません。                        [続きを読む]
  • みうのお迎え・最終章
  • いよいよニャーと共同生活を始めたみう、しかしまだまだ問題山積です。家裏での生活は何ひとつ不自由のない恵まれたものだったから、今は不安も不満もあるだろう・・・・、というのは人間だったらの話。ニャンコは前しか向かないので、そんなことで嘆いたりしないのです。普通の家猫になるための、みうの課題をまとめました。課題といってもみうが何か努力するわけではなく、保護者の目標、いや願望のようなもんです。1.呼んだら [続きを読む]
  • 雑感:「エサをやるな」は「殺せ」と同じ
  • 店には3匹のノラたちが出入りしていて、食事を与えています。しかし、これは問題行動なのだろうか。確かにアンケートでは、7割以上の人が餌やりに反対している。今、このエサやり問題についてさらに調べていますが、地域猫やノラに関わる人たちも含めて、あまりにも多い「エサを与えてはいけません」の記述に驚いています。どうしても猫が嫌いな人ならわかる。自分とは違うがそういう人もいるだろうし、罪のないニャンコにさえ危 [続きを読む]
  • 店の子になるんだ 〜モドキの夏〜
  • 忙しさに明け暮れたガーデニングシーズンがいつしか梅雨になって、酷暑の夏がもうそこまで来ています。しかしスタッフ一同、手入れだ何だで手の空くときはありません。自分の仕事は植物の繁殖や育成を手がけていますが、やはりこの時期は忙しい。超のつくニャン派だったスタッフがテンちゃんに未練を残しつつ嫁いでいき、今のお店のニャンコたちは昨年ほどかまってはもらえない。かつては事務所で食事したこともあるダイフク、この [続きを読む]
  • 新たな時代へ 〜ニャー編〜
  • この記事は6/17の「みう編」からの続きです何度も親ばかで恐縮ですが、ニャーは本当に賢いニャンコです。みうを見るときの集中力は相変わらずなれど、少なくとも保護者がいるときは近距離でも追うのを我慢するようになった。今はリードもなし、自力での我慢です。そんなときは何となくそわそわして、気を紛らわそうとしているのがわかります。                    相変わらずの獲物を見る目つき、でも追わなく [続きを読む]
  • 蘇るシャッポの時代、いまここに
  • 今日は久々にシャッポの捜索に行ってきました。年寄りはしつこいのです。まあ捜索と言っても散歩するだけ。シャッポが忽然と消息を絶ってから半年、季節はすっかり夏になって、酷暑の下での街歩きは老体にきつかった。かつて店で二枚看板だったニャーとシャッポ。 家でのんびり顔のニャーを見ていると、時としてシャッポを思い出すのです。あれだけ信頼を寄せてくれたのに応えられなかった贖罪の意識が、自分を捜索に駆り立てるの [続きを読む]
  • ど迫力! 番張りテンちゃん
  • 今日は、すごいテンちゃんの武勇伝です。このところテンちゃんはブリッコや弱り気の話が続いてますが、今日は違います。テンちゃんの凄まじい気迫ぶりを紹介。ただ、記事の内容に直結する写真はありません。毎度のことですが緊急時はどうしても対応が優先なので、シャッターチャンスを逃しちゃう。テンちゃんのリード生活は春になって、事務所の窓やドアを開放するようになった頃に始まりました。今ではすっかり板について、冷房嫌 [続きを読む]
  • 静かなノラは哀しくも 〜ソトチビ〜
  • さくら耳になっても市民権を得たとは言えない、ソトチビです。「地域猫」という考え方や呼称についてわが町会で知っている人はいませんでした。実は当家のご近所にもニャンコ苦手の方が何人かいます。でも問題が表面化しないのは、エサを無闇にばら撒く人もいないし、ノラの数が少ないからだと思います。                     3週間前、この頃はまだ少し肉付きがよかったしかし町内と離れたところにある集会 [続きを読む]
  • 新たな時代へ 〜みう編〜
  • みうが正式に当家の一員になってから1ヶ月が過ぎました。2階の和室に移って自分の場所ができたのか少し落ち着いたみう、しかし相変わらず叫ぶように鳴き続け。単に外に出たいというより何か忘れ物でもしたような、また時として発情期を迎えた♀ニャンのような凄まじい声です。夜にやられると暑くても窓を閉めねばならず、これはさすがに辛かった。                     ニャーの憩いの場だった2階和室の出 [続きを読む]
  • 繋がれニャー、ソトチビに襲われる
  • 最近のニャーは庭でくつろぐのが大好きです。リードにも慣れて時々自分で操ったりと、本当に賢い子です。(あっ、また親バカでした。)ニャーが庭を好む理由はふたつあって、ひとつは草食べ。実はまた虫を吐きまして、今度は薬を処方されたのですが嫌がって飲みません。自分で草を食べて吐くつもりのようです。もうひとつは往来ウォッチング。家に来た頃のビビリとは打って変わって、今は行き交うご近所さんに頭をなでられたり、散 [続きを読む]
  • 気弱になった? ダイフク
  • ダイフクはこのところ中5日のインターバルで見参します。ただ時間はまちまちで、18時過ぎかと思えば22時頃のときもあるので、スタッフの帰宅後に来ている可能性もあります。このところ家のニャンコのむら食いでよくご飯が余るため、その残りを店に置いて帰ると、翌朝は必ず空になっています。モドキはスタッフのいるうちに食べて帰るので(毎日来ます)、まあカブキかダイフクの可能性が高いわけです。            [続きを読む]
  • ニャーへの手紙
  • ニャー、このところお前には嫌な思いばかりさせてごめんな急に生活が変わって、とまどいもあるだろう一時は信頼する保護者まで変わってしまったんじゃないかと不安もあったようだけどそれはもう大丈夫オジンは何も変わってないと、今のお前にはわかってるはずだ                          最近はもの憂げな表情が多い店にいるときから、お前は仲間と離れて独り過ごすのが好きだったその分、保護者とは深 [続きを読む]
  • 弱り足テンちゃん
  • このブログにはいろんなニャンコが登場します。彼らの生き様をもっともっと伝えたくても、順番を回すのに時間がかかってうまくいきません。ちょっと面白いエピソードがあっても、書くのを待っていると冷めちゃって結局お蔵入りとか。じゃあもっと(頻繁に)書けば? とか言われればその通りなんですが、トシがトシでして、それにお店に厄介になっている身分としては気遣いだの何だので結構忙しいんです。もちろんそんなオジンの世 [続きを読む]
  • テツとの対話 その10・君の忘れ形見だね
  • やあテツ、早いもんでまた6月が来た1年前の今頃、お前と随分歩いたよなぁ、深夜の散歩それまで寝てばかりだったお前があんなに遠くまで突然の変化に驚いたけど、でも楽しかったIBDという病気には最後の一花があると言うお前が逝ったのもその3ヶ月後でもあれは、そんなんじゃないと思うよほんの3週間ほどの間だったけど神様が我々にくれた最後のプレゼントだったんだテツ12歳、まだ精悍なスタイルを維持えっ? ニャーかい [続きを読む]