左沢ねあ さん プロフィール

  •  
左沢ねあさん: けみがで!
ハンドル名左沢ねあ さん
ブログタイトルけみがで!
ブログURLhttp://alchemygarden.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文食虫植物ネペンテスを主に、様々な植物の紹介と栽培記録を書いています。
自由文毎週水曜日と日曜日に更新されます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 329日(平均2.2回/週) - 参加 2016/09/26 14:02

左沢ねあ さんのブログ記事

  • N. truncata
  • 最近は冷えるかと思ったら急に暑くなったり、もう天候がめちゃくちゃです。せっかく退院してきたのに、私は早くもフラフラです。しかし、暑くても寒くてもずっと曇りのち雨なのは相変わらず……。あまりにも荒天続きで、農作物にも被害が出始めましたねー。いよいよ去年と同じ流れになってきました……。 N. truncata / Y's Exotics山田食虫植物農園より導入されたフラスコ苗を順化したものが由来です。 [続きを読む]
  • N. platychila
  • なんだかおかしな空模様が続いています。まるで去年の初秋を彷彿とさせるような……。空梅雨からのずっと雨降りという流れも、以前と一緒ですね。前みたいに2ヵ月降り続くなんてことが、なければいいのですが……。 N. platychila / carnivoria.EU去年の年末に輸入した個体。最近は思うところもあり、苗の由来を出来るだけ詳しく書くようにしています。あまり珍しい由来の個体や、選抜個体は居ないので、 [続きを読む]
  • N. burkei x hamata
  • ここ数日、なんだかすごく涼しいですねー。このところ夏型の太平洋高気圧が弱まっているのだとか。それによって定期的に雨雲が入ってくるので、よく雨が降ります。さらにオホーツク海高気圧からの冷たい空気が流れ込むことによって、気温が上がりにくいのだとか。数年前にも記録的な冷夏がありましたが、当時のように20度を切ることはないものの、8月だというのに気温が23度くらいまでしか上がらない日もあったりしました。高地性 [続きを読む]
  • N. sibuyanensis
  • ……と、いうわけで、今回からいつも通りに書いていきます。先日身体を大事にするよう言っていただいた直後に、この有り様です。まだまだ厳しい残暑も続いていきそうですし、体調管理はしっかりしていかないとです。 N. sibuyanensis red pitcherMTからリリースされている、赤い袋をつけるクローン。導入は去年の秋頃だったので、10ヵ月くらい経つのですねー。 一時期は生死の瀬戸際でしたが、最近はコンスタントに袋 [続きを読む]
  • 復帰しました
  • 先週から倒れて入院していましたが、ようやく帰ってくることができました。帰ってこられたとは言っても、自宅療養らしいですが……。 何はともあれ、帰ってくることが出来てよかったです。病院生活はとても涼しいですが、点滴に繋がれているだけで何も出来ないですし……。いくら暑くても、やっぱり家がいいです。留守の間の植物の管理は、家族がやってくれました。期間も長くなかったですし、基本はミス [続きを読む]
  • N. vogelii
  • 今日は時間もないので、ちゃちゃっと書いていきます。 N. vogelii今年の初めに導入した個体。細長い袋がかっこよく、鮮やかな斑模様と、密に入った黒い縞模様が綺麗な原種。BEは最近高地性原種をあまりリストに出してこないですし、ボゲリーも滅多に販売しないので、入手困難というほどではありませんが、ちょっとだけ珍しい種類。 まだ小さな苗の小さな袋ですが、ポテンシャルは十分。現状の小ささでも綺麗に特徴が出ています。襟 [続きを読む]
  • 超極小苗経過報告
  • 暑いし忙しいし、体調も悪くて時間もないです。喉も痛くて鼻もずびずびするし、夏風邪かしら……。空調の効いている部屋とそうでない部屋で、温度差が20度以上あるので身体への負担も大きそうです。予定もタスクもどんどん圧縮されて、先延ばしでいろいろとマズいです。今この文章を書いている23時現在……、日付変更の更新時間に間に合うのでしょうか。 N. lowii muluローウィーはとても成長が遅く、幼苗 [続きを読む]
  • N. veitchii bario
  • 蝉もいよいよ本格的に鳴き始め、夏真っ盛りです。庭木で鳴き出したりすると本当にけたたましく、まさに蛙鳴蝉噪といった響きです。夏の風物詩ではあるのですが、網戸に張り付かれたりすると煩すぎてダメです。晩夏の夜の虫の音なんかは風流とは思うのですが……。ちなみに虫の音を風流と思うのは、国内限定の価値観だそうです。海外だと、蝉でもコオロギでも、虫の音は全部まとめて雑音なんだとか。ホームセンターやペ [続きを読む]
  • アリストリコーサ
  • 完全に夏バテ状態で何もやる気は起きませんが、それでもやりたいことや、やるべきこと、タスクはどんどん積み上がっていく訳で。下から順にダルマ落としで、片付けていかねばならない訳で。栽培場は涼しくなるのですが、室内は立地の関係で40度を軽く超えます。よく晴れた暑い日には50度近くなります……暑いというより熱いです。あまりにも過酷すぎて、クーラーも壊れましたし……。 N. aristolochioides [続きを読む]
  • リセットするべき?
  • 暑いです……。ウツボカズラの方はといえば最盛期で、私が何か手を入れなくても勝手に育ってくれてます。やることといえば、ミストシャワーのスイッチを入れて、害虫がついてないか確認するくらい。最近は忙しいので、助かるといえばそうなのですが、少し寂しくもありますねー……。ただ、害虫ではないのですが、造網性の蜘蛛には結構悩まされています。害虫退治をしてくれるのはいいのですが、ウツボカズ [続きを読む]
  • アッテンボロギ近況vi
  • 暑すぎです……。私は完全に夏バテ状態ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。暑い日中は空調の効いた部屋でのんびり休んで、薄明薄暮性の生態がほしいです。栽培場は水飛沫が飛んでて涼しいのですが、普通に濡れるし蚊の餌食です。植物の成長は、目覚ましいものがあるのですが……。やっぱり私は、ずっと初夏くらいの気候がいいです。 N. attenboroughii久々の登場ですが、かなり大きくなりましたので [続きを読む]
  • 輸入苗順化について
  • いよいよ蝉も鳴き始めて、夏も本番ですねー。このところは夜温が30度以下にならない超熱帯夜が続いていましたが、夕立が降ると一気に気温が10度以上下がり、一転して過ごしやすくなります。湿度も上がるし、ウツボカズラの理想的な環境が自然に出来るので嬉しいです。昼間暑くて夜はスコールで冷やされるという環境は、自生地に限りなく近いので、一日一回くらい、夕立には積極的に降ってほしいところです。ミストシャワーで疑似的 [続きを読む]
  • 輸入苗第四弾
  • あ、暑い……。まだ蝉も鳴かないうちからこんな暑さって、今年の夏はどうなってしまうのでしょうか。ニュース番組では、今年は記録的な猛暑だった去年を遥かに上回る超猛暑になると伝えていますし……。高地性ネペンテスにもつらい季節ですが、その前に私が力尽きてしまいそうです。夜間も気温が下がらないのは、高地性の子たちにとっては致命的です。うちでは夜間もミストシャワーを稼働させて、なんとか [続きを読む]
  • 先日紹介種の追記
  • え、もう7月……?もう今年の上半期終わり……?嘘、だろ……?梅雨もそろそろ終盤戦に差し掛かりましたが、ここに来てようやく梅雨らしい天候となってきました。気圧もテンションも低く、じめじめして暑いし画像も暗いですが、がんばっていきましょう。 N. peltata (BE-3464)秋頃に導入した個体。先日にも同じことを書いてるので、ご存知かとも思いますが……。動きは遅いかと思 [続きを読む]
  • 害虫の季節
  • 一部の地域では梅雨も明け始め、いよいよ本格的な夏の季節が到来しようとしています。去年ほどではなかったですが、今年も雨は少なかったですねー。今年も暑くなりそうな予感ですが、ダムの水量は大丈夫でしょうか。台風シーズンになれば満水になるでしょうけれど、風の被害も大きそうで……。 N. xhookerianaウツボカズラは全体的に調子がよく、極小苗も袋をつけたりリーフジャンプしたりで順調です。このフーケリア [続きを読む]
  • 一周年記念!
  • 先日は夏至でした。曇りがちで実感はあまりないのですが、一年で一番日の長かった日!この日を境に日が徐々に短くなっていくのは、なんだか寂しくもありますね。夏の暑さは、まだまだこれからが本番なのですが……! N. truncata今日でこのブログを開設してから、ちょうど一年になります。そのときに初めて紹介したウツボカズラが、このトランカータなのでした。冬に油断してドライアウト寸前にしたりで傷めてしまって [続きを読む]
  • N. veitchii x burbidgeae
  • 今年も梅雨入り、したんですよね……?なんだか全然雨も降らないです。これは、今年も空梅雨になるのかなー……。去年のような異常気象は、できれば勘弁願いたいものなのですが。特に、秋に2ヵ月間絶え間なく降り続いた雨……。 N. veitchii x burbidgeae先日登場のバーエドと同じ、バービー系の交配種です。作出したのはEP、ネームバリューのある有数のナーセリーの一つですが、あそこは実生 [続きを読む]
  • N. burbidgeae x edwardsiana
  • 新しい配置のスペースは、なかなか使い勝手がよいのですが、問題が一つ発覚しました。日が差すと通路側からは常に逆光になるため、非常に写真が撮りづらいです。それ以外は、本当にいい感じにまとまったと思うのですが……。 N. burbidgeae x edwardsiana初めて輸入した苗たちの一個体。吊り鉢管理に変えたところ、蔓の先端が擦れることもなくなり、いい感じ。なんだかんだでとても時間が掛かりましたが、ようやくうち [続きを読む]
  • ベントリ近縁種について
  • 今年も梅雨に入りました。去年は全然雨の降らない空梅雨でしたが、今年はどうなるのでしょうねー。今のところは、晴れてはいないけど雨も降らない、なんとも微妙な空模様が続いています。写真も暗く、気圧と共に私のテンションもダダ下がりです。さすがにブレブレだったりしたのは撮り直したりもしましたけれど……。 N. ventricosa (Mt-Madja-as BE-3278)今年の初めにお迎えした個体。室内栽培では全く袋をつけません [続きを読む]
  • セファロタスの花芽
  • ブログで植物を紹介する際、ファイルサイズの関係で、どうしてもトリミングしなければならないのですが、どうせなら高画質でも見てもらいたく、先日植物関連のSNS、GreenSnapに登録してみたのでした。ここなら原寸サイズで簡単に投稿できるので、大きめ画像を見てもらえる……、……と、思ったのですが、大きめファイル自体は存在しているのですが、表示上は縮小されてしまう上、画像 もできないた [続きを読む]
  • 謎ネペンその後
  • 最近陽射しが強いですねー……。きちんと日焼け対策をしないと、左沢はダークエルフになってしまいそうです……。ネペンテスの栽培スペースはといえば、きちんと遮光されたやわらかな陽射しに、吹き抜ける風にミストシャワーの飛沫と気化熱で、ひんやり涼しいです。元はsurface様の考案されたシステムを屋外用にアレンジしたものなのですが、よく冷えて湿度も上がり、高地性ネペンテスには最適っぽいです [続きを読む]
  • 栽培場リニューアル
  • 6月に入りました。いろいろあって落ち込んだりもしましたが、コメント欄でたくさんの方から励ましていただき、なんとか立ち直れそうです……、ありがとうございます。先日には輸入苗のドイツ便が届き、これらは極めて軟弱な状態なため、気を抜くと一瞬で枯れてしまうので、いつまでも落ち込んでいるわけにもいかず、気持ちを切り替えて、しっかり管理していかないとです。もし、これが先週のうちに届いていたら、間違 [続きを読む]
  • お知らせ
  • 明日から6月、今年ももう半分が過ぎようとしていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。初夏ということもあり気温も高く、低地性のウツボカズラにもいい季節ですし、まだ梅雨入り前の初夏特有の昼夜の寒暖差も残っており、高地性にもいい季節です。こちらでも栽培はとにかく順調です、そう言いたいところなのですが……。………………先日、ウツボカズラの栽培スペースに侵入者 [続きを読む]
  • 今年のハエトリグサ
  • 初夏の陽気も通り越し、もうすっかり真夏日が続いています……。それもそのはず今週で5月も終わりで、気付けば今年も半分が過ぎそうという……。時間が経つのは本当に早いですねー……。 Dionaea muscipulaうちのハエトリグサが、ようやく目覚め始めました。毎年思うのですが、うちのハエトリグサ、ちょっと目覚め遅くないです……?冬にガチガチに凍らせてるのも原因なのかもし [続きを読む]
  • N. peltata
  • 5月も後半となって、気候もだいぶ安定してきましたねー。夜温は涼しくはなりますが、寒いと感じるほどではなくなってきました。低地性の子たちも安心して屋外で夜を越してゆけるようになりました。秋に導入して、そのまま冬を迎え、動きの止まってしまった子たちも、続々と動き出して、本当に楽しい季節になってきました。 N. peltataこのペルタタも、秋に導入して、そのまま動きの止まってしまった子の一つ。長らくただのカラーリ [続きを読む]