うみつき55 さん プロフィール

  •  
うみつき55さん: 再起動ライフ
ハンドル名うみつき55 さん
ブログタイトル再起動ライフ
ブログURLhttp://saikidolife.blog.fc2.com/
サイト紹介文借金生活12年目にして夫婦共々自己破産することにしました。これからの新たな人生の道程のことなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 236日(平均1.8回/週) - 参加 2016/09/27 11:40

うみつき55 さんのブログ記事

  • 自己破産−その後
  • 以前記事を書いてから間が空きました。自己破産をお願いしたのが去年の九月中頃。そして、5月のある日。司法書士の先生から電話があり免責が夫婦ともおりたこと、手続きも完了してあとは完了した旨の書類に判を押すだけとの連絡をいただいた。司法書士の門を叩いて8ヶ月今年の1月に自己破産申し立てをして3ヶ月と少し。ようやく、その時がきました。借りたものを全て踏み倒した日。長かったようでそうでもないようで。目まぐる [続きを読む]
  • あれから3ヶ月
  • 裁判所に申し立てをして3ヶ月が過ぎました。当初、司法書士の先生からは長くて2、3ヶ月で結審すると思いますよ、とのお話だったのだがいまにところ、それらしい電話もなく便りもなく進んでいるのかどうなっているのか少し気になってきました。夫は3月末日をもって会社都合で退職し今は再就職活動をしています。退職したことにより、社会保険をぬけたため国民健康保険に新たに加入しました。こちらは失業中であれば、また会社都合 [続きを読む]
  • 捨てても捨てきれないもの
  • わたしは、物に執着がない。着るものも食べるものも最低限でいい。そういう人がいる。その人は絶対に捨てられないものを持っている。虚栄心と自分を優れた人間だと思う心。捨てようにも捨てきれない。わたしは、そうはなりたくないとそれだけはと思うのだ。心を豊かに生きさえすれば自ずと残るものと残らないものがある。多分そうだ。きりのない世界を見るのはやめて足元を見る。わたしの足下。何がある?どこにいる?いつも問いか [続きを読む]
  • 平穏だけど平穏じゃない日々
  • 破産手続き中にあって、平穏無事という世界にいるような気がしつつもどこかでどんでん返しがあるような気がしてならなくなることもあります。うまくいっている気がするけど果たしてそうなのか?平穏だけど平穏じゃない。免責がでたら、尚更平穏じゃない。周囲にバレたら?カードを作る必要に迫られたら?次引っ越すとき審査に落ちたら?不安はたくさんある。どうなるかわからない不安。どうしていいかわからない不安。それでも歩い [続きを読む]
  • 退職が決まってから。
  • あれから正式に書面を取り交わして退職日が決まりました。再就職のため、リクルートで お世話になることになりました。あれから、市役所に電話をして手続きの諸々を聞いたりしていました。失業保険や年金の切り替え、保険の切り替えなどいくつかしておかねばならないことがあります。早くて9月頃までに見つかればいいかなという想いでいます。 ある意味で私たち夫婦が取り乱さずにいられるのは会社都合であることで退職金に色が [続きを読む]
  • 再起動できるのか?
  • そんな不安が頭をよく、よぎります。ゼロになって、1へと進めるのか。またマイナス100まで歩いていくのではないか、そんな自身を信じきれない事柄を思います。自分には厳しいつもりでした。つもりだったから、自己破産を選ばねばならなかった。ここから、やり直せるだろうか。ふとそう思います。ここから1へと進めるといいな。そう思います。まだ結果も出ていなくてソワソワします。ところが結果が出ても、そのあと10年程度カー [続きを読む]
  • 夫がリストラされました。
  • まさか、まさかこの時期にかぁと思いながらもう決定事項ですから足掻いても仕方ない。そう思えています。むしろ、破産手続きを始めていて良かったとそんな気持ちもあるくらい。もし、借金返済真っ只中だったらそりゃもう真っ青だったに違いないでしょう。今の家計をだいぶ把握、コントロールできてきていることでさほど不安がないのもあります。会社都合なので退職金も少し多めだったことも一因です。失業保険もあるし、仕事が決ま [続きを読む]
  • 家計は流行りを採用
  • 家計管理下手のわたし。色々試行錯誤しています。家計はづんの家計簿というひたすら買ったものを書いてみるものと、クリアファイル家計簿という一日2000円ごとに31日分にわけて余りはファイルに戻していくというやり方の二本立てにしてみています。2000円で食費、日用品を賄うのは難しいです。頭を捻るのですがうまくいきません。今のところ怖いので二日分いれて一日半分くらい使うことが多いです。これではクリアファイル家計簿の [続きを読む]
  • 今思えば大変だったこと。
  • 申し立てにあたり、大変だったこと。それは我が家の場合、退職金がいくらあるかという証明書でした。会社の経理に「マイホーム買う予定だから提出しなきゃなりないんでください」 と言えばもらえるらしいと2ちゃんねるやあちこちのサイトで読んだまではいいのですが結局のところ怪しまれずにもらえるものではないと思うに至りました。主人も会社に知られたくないのは当然でしょうし、なんとかならないかとない知恵を絞ってあれこ [続きを読む]
  • 借金がないだけ、マシだと思うこと。
  • 今まで足りないお金は借りて済ませてきた我が家にとって、決められた金額のなかでやりくりするのはとても至難の技です。司法書士の先生にお願いして半年が過ぎても一月の支出はバラバラで うまくいきそうだとほくそえんでいるとどかっ!と予想だにしない支出があったり。貯金しようとよけておいたお金も月末には手をつけてしまい貯まりません。今から貯められないということは免責がもらえたとしても貯金できないという事実が残り [続きを読む]
  • 昨日隣が引っ越した。
  • 我が家の隣にはお子さんのいる家族が住まれていました。昨日急に大きなトラックが横付けされて みるみる間に引っ越していかれました。なんの挨拶もなくて少し悲しいなぁと思ったり。結構会えば挨拶や小話してたのにね。まぁそれはそれで。次に入る方がいい人だといいなぁと期待しています。引っ越しされた方の二人前の人は独身の中年の女性でした。とにかく子供の出す音が耐えられない!と毎日毎日苦情を言いに来られ挙げ句にはド [続きを読む]
  • 親の期待に答えられない息子
  • 主人は自分をそう思っているんだろうな。そうふと思いました。 主人の両親は学歴ありきの考えなので学費にも糸目をつけずやらせることはやらせた人たち。親の期待を一身に背負い期待に応えようとしてきた主人。いまでも帰省すると義母の口から出るのは主人が優秀だという話ばかり。人一倍努力して人一倍頑張って孤独にも耐えくじけず辛い毎日も文句も言わずやりきったすごい息子だと。そういう人、たくさんいるよね。 あなたの息 [続きを読む]
  • こんなところに、気がかり。
  • もうすぐ申し立てという、日々のなか主人のお父さんが入院されたとの電話。たいしたことはないが念のため一週間ほど入院するとのこと。コンナトキ。心配して、お見舞いのひとつでもと考えるところが私の場合気になるのは治療費のことでした。義両親は遠いところにすんでいるのでお見舞いはそもそも難しいのですがこんなこと前にもあったのです。義母が骨折をして入院されたときのこと。「退院してから保険がおりてお金が入るから20 [続きを読む]
  • もうすぐ申し立てです。
  • 先日司法書士事務所より呼び出され改めて、破産申し立てを近日にもするとのお話をしていただいた。去年の9月から申し立てはいつになるのかなと思いながら過ごしてきました。はやる思いともうなにもかも無くなってしまうのかもしれないという怖さと半々でした。ここまで来てしまうと私自身の思いは比較的穏やかに過ぎていきました。私自身、失うものはそれほどないこともあるのでしょうが主人はなんとも言い難い表情でした。主人は [続きを読む]
  • きついなぁ、やっぱり。
  • 毎月のやりくり、やはりきついです。今まで足りないお金は借金して工面していたのですから当然ですね。無いのに無理やりお金を作っていたのですからそのときからの家計の癖はまだまだ修正しきれていません。家計簿をつけて週ごとに予算分けをしているのですが守りきれず別の封筒からお借りすることも。もう借りられないので収入の範囲内で終わっているのが救いと言えば救いですがこのままでは貯金も難しい。収入の少ない多いを考え [続きを読む]
  • 進捗2
  • 9月中旬に司法書士の門を叩いてから年を越し、1月になりました。先日司法書士の先生から電話があり書類にサインしてほしいので一度来訪するようにとのこと。思いもかけぬ学資保険解約金から遅れていた手続きがどうやら、進み始めてきたのかな?と少しばかり期待をしています。まともにつけたこともない家計簿をつけ始めて赤字続きで心が折れたりしたこともありました。家計管理がこんなに下手くそだったんだなと骨の髄まで思い知 [続きを読む]
  • 年があけて。
  • 謹賀新年。明けましたがおめでとうございます。今年一年はまた試練の年であり至難、工夫、鍛練の年となります。破産手続きをお願いして年を越し、まだ申し立てには至っていません。いつ、結果が出るのかと時々焦る気持ちになりながらも、12年かけて膨れ上がった債務ですからそう簡単にいかないことも頭では理解しながらもまだまだです。どこからも借りられない、という事実は時に辛く、時に危うく、心が折れそうに思うこともありま [続きを読む]
  • 年もくれて。
  • 気付けば年末。明日は大晦日。破産手続きをお願いして、ここまで紆余曲折ながらなんとか生きています。毎月家計収支表を書いて慣れない家計簿をつけてやりくりというものをひたすら覚えていく日々。時には大赤字を出し、途方に暮れ切り詰めたことも思い出されます。思っていた以上に私はお金の使い方がなっていないのです。無駄使い、浪費、贅沢などしていない「つもり」なだけで蓋をあければバカみたいに使ってしまっています。生 [続きを読む]
  • はやる気持ち。
  • 今日はお給料日です。毎月今までこの日を迎えるのが楽しみでもありまた苦痛の日でもありました。一円でも多く引き出して各所に振り分けなければならず、それを子供たちに見られるのは嫌で子供たちのいない時を狙って銀行に行き、息を潜めながら順番を待ってお給料の額を一目みてあとはゴソッと下ろして返済にまわす。みるみる間に財布が薄くなり、給料日だというのに次の給料日はいつになるのかなぁと思いを馳せる始末。返したその [続きを読む]
  • クレジットカードがものをいう時代に。
  • 今日は本当に寒くて冷え込みの厳しい日でした。私の最近の悩みは治療中の薬の副作用がきつくてなかなか日常生活がたち行かないこと、です。それはさておき。 クレジットカードが使えなくなって恐らくこれから先も何年後に使える日が来るのかわかりませんが元々のクレジットカード脳のため、いまでも欲しいものがあって手持ちが足らないとカードがあればなぁ。と呟いてしまう。いけない癖です。はやく脱却しなければなりません。私 [続きを読む]
  • ひがんでんの?バカじゃない?
  • と、自分に思う。暮らしを建て直していかなきゃならない私にとって、いちから勉強。家計簿の付け方、予算の配分、やりくりや食費の圧縮やつくりおきや、その他諸々家計をやりくりするためにあちらこちらのブログやサイトを見て回ります。ぐぉー、なるほどー!と唸るような暮らしをしていらっしゃるかたもいるし、目から鱗な予算の組分けをされてるかたもいる。例えば、ひとつきの食費の予算を50000とする。週に使える金額はおおよ [続きを読む]
  • スマホ依存を自覚する。
  • 今日一日。殆どの時間スマホを見てました。あぁ、もう日が暮れたのか、もう夜か、そんな繰り返しでした。こんな日々はなんにもプラスにならないと思っているのにやめられない。触っている最中も自身に不快感を味わいながらそれでもなお、手放すことができないでいる。面白くない、もう見るものも聞くものも尽きて知りたいこともなにもないのに友達もいないのに、メールもSNSもしてないのにやめられない。今日、子供とどれだけ話し [続きを読む]
  • お金を使わない暮らし
  • 急に冷え込んだ今日。生協の宅配の日だったので買い物に行かなくていいなぁと安心しています。けれど、外出する機会はめっきり減ってしまいました。娘とどこかに出掛けると必ず何かしら買ってしまい家計が危なくなる気がして外出しなければ、使わないんだと思っているので娘は退屈そう。なんかこれは間違っているんじゃないかと思っていたりします。無駄遣いは確かによくない。だからといってひきこもるのもちょっと違うような気が [続きを読む]
  • 12月になりました。
  • 12月を迎えました。今日はおめでたい、日でした。何の心配もなくプレゼントを用意出来たことの充足感と、破産手続きをしている最中であることを同時に思いました。家計管理は思ったよりも難しくて前途多難です。いままでろくに余ったことがなかったからか家計管理の仕方すらネットで検索する始末。家計簿も色々買って続けてみている途中です。貯金をしたいけれど、今はそんなときではないのだと司法書士の先生が言っていたので先取 [続きを読む]