アーユルヴェーダ倶楽部 さん プロフィール

  •  
アーユルヴェーダ倶楽部さん: 本物アーユルヴェーダ、日本では不可能な医療療法実施
ハンドル名アーユルヴェーダ倶楽部 さん
ブログタイトル本物アーユルヴェーダ、日本では不可能な医療療法実施
ブログURLhttp://ayurveda-club.com/wp
サイト紹介文日本では治らない病気の方、ご相談を。統合医療の最先端でお悩みに対処するアーユルヴェーダ
自由文空港から車で15分
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 152日(平均7.2回/週) - 参加 2016/09/28 19:40

アーユルヴェーダ倶楽部 さんのブログ記事

  • 化学物質の爆破的増大・・・その数1億を越してます。
  • ここ45年で化学物質が増えてるそうです。化学物質は生活用品や食料の素になる大事なものですので日夜新しいものが開発され急増してるそうですが全体の数字は1億を超えてるそうでまだ増え続けてます。新しい化学物質で作られる化学調味料や建材、石鹸やシャンプーとその数は誰も把握できませんが消費者が使うものですので政府は化学物質の危険性を調べて使う許可を与えてると考えてる人がほとんどです。アメリカの公聴会で一般市民 [続きを読む]
  • 膵臓がんワクチンとは?〜NHKスペシャル〜
  • このNHKの放送内容を見る人は夢のガン治療薬が出来る、と期待する内容です。放送後はいろいろな反応がありました。あさイチで報じられた数日後、すい臓がんのがんワクチンは治験失敗(患者さんの生存期間を延長することが統計学的に認められなかった)という報告が、治験を行っていた企業から出されました。ネットより抜粋番組では、すい臓がんの被験者さんに対してワクチンが劇的に効果を示した成功例だけがVTRで流されました [続きを読む]
  • 日本のガン治療方法・・・
  • ガン治療でいろいろは方法が研究され開発されてます。開発はこれからも続くでしょうね。丸山ワクチンは一昔前に開発されたのですが厚生省の許可が下りないので現在は試薬としての利用は認められてます。今の時代はネットがあるので丸山ワクチンの値段は簡単にネットで見つけることが出来ますが何も知らない人は数百万円を支払った人は少なくありません。噂ではガンの専門家がガンになるとこの丸山ワクチンを探し購入してるそうです [続きを読む]
  • 医療大麻製品は日本で許可待ち状態・・・
  • 日本では大麻の薬効効果のある製品の開発販売は法律で禁止されてますが英国で開発された製品の権利と世界での販売権はすでに大塚製薬ががっちりと権利を占めてます。オロナミンC、ポカリスエットなどなど健康食品で有名な大塚製薬はすでにアメリカでの独占販売権は2007年に取得しアジアの多くの国での独占販売権もすでに取得してます。アメリカは国全体の法律dふぇある連邦法では大麻薬品の使用は禁止してますが日本と制度の違う [続きを読む]
  • 化学物質とは何でしょうか? 世の中はすべて化学物質です・・・
  • 化学的方法によって人工的に合成された物質を意味するそうです。現在、化学物質はいくつあるでしょうか?毎日増え続けておりその数はすでに1億を超えてるそうです。その化学物質でいろいろなモノが作られれ食べ物にも多量に含まれてます。化学物質には危険性はあるでしょうか?食べ物や商品(洗剤その他)は国の審査の中で厳しい基準をクリアしたものが販売されてると多くの人が考えてるようですが現実は・・・化学物質大国のアメリ [続きを読む]
  • 認知症・・・クスリはありますが予防方法はあるのか?
  • 団塊の世代の人たちが年をとって行くといろいろな社会問題が予想されますが深刻なのは病気ですね。認知症となる人が増えると誰が面倒を見るのか、公共の施設は十分にあるのか? 徘徊などを始めたらどうなるのか?いろいろな対策などが考えられ実行されてますが認知症にならない、というのが一番の対策と思います。その前に何故。認知症になるのか?と原因は解明されてませんが認知症のクスリはあるそうでびっくりですね。病気の原 [続きを読む]
  • 化学物質過敏症(CS)
  • CSは暮らしの中にある化学物質によって発症する身近な疾病にもかかわらず認知度が低聞きなれない言葉ですが日本では認知度は低いそうです。臭い対策などとして強い芳香や消臭効果のある洗剤や柔軟剤など他人の衣服に残る柔軟剤などの化学物質が、めまいや頭痛などを引き起こすそうです。化学物質の発生源は、壁紙の接着剤、防虫剤、たばこ、芳香剤に消臭剤、香料など、日常生活の中に無数に存在してます。無数と言うのは毎日化学 [続きを読む]
  • 医療大麻 アメリカの現実
  • アメリカは大麻は連邦法で禁止してます。大麻の医療効果はアーユルヴェーダがすでに長い歴史の中で理解してますが日本や禁止してます。現代医学界でこどもの病気が治せないと真剣に考えるお医者さんがもっと増えればアメリカも本腰を入れて大麻の薬効効果を研究しはじめるかもしれない!?というのが今のアメリカの現実です。しかし、苦しんでる子供たちが救えれば・・・と考える医者は悩んでるそうです。マディソン・ジョンソンち [続きを読む]
  • アーユルヴェーダで使うオイル
  • アーユルヴェーダに詳しい方はもっと情報を得たいためにアーユルヴェーダ倶楽部のメニケ先生に質問する方がいます。日本では胡麻オイルが有名なようですがメニケ先生は8種類のオイルを使ってると答えてます。施術と患者さんの体質に合わせて使い分けるのですがそのオイルの種類を教えてください・・・という方が本当にアーユルヴェーダに興味がある真剣に考えてる人なら教えてあげますと先生は言ってます。最近になってCBDオイルが [続きを読む]
  • 貧困者救済・・・4人家族月収2500ドル以下の家庭
  • 【アメリカの貧困者救済のフードスタンプ受給者4700万人、16%超が受給】アメリカの生活保護制度の1つであるフードスタンプ(SNAP)の受給者が4,700万人を超え、2008年から2倍以上に増えています。これは全人口の約16%が受給していることになります。年間支給額は780億ドル(7兆4,000億円)にのぼります。莫大な受給者数ですが、アメリカ人はどう思っているのでしょうか日本はまだ、ましな方です、生活保護を受けている割合は1 [続きを読む]
  • インフル異常行動・・・何例も報告があるのですが・・・
  • 出典:産経新聞2/16(木)インフルエンザ治療薬「リレンザ」を吸入した中学生が転落死したことを受け、医薬品医療機器総合機構(PMDA)は16日、医薬品服用の有無にかかわらず、インフル発症から2日間は小児や未成年者を一人にしないよう注意を呼びかけた。インフル治療薬をめぐっては、タミフル服用後の異常行動が報告されたことから厚生労働省が調査。薬を服用しなくても異常行動が起きることや、解熱剤などでも異常行動が [続きを読む]
  • 医療用マリファナ薬局
  • ロサンゼルスの医療用マリファナ薬局で順番を待つ家族。親たちは、がん、てんかん、自閉症、クローン病など、さまざまな病気の子どもにCBDオイルを投与している。個別の事例では有効性を示唆するものもあるが、医学的研究はほとんど行われていない。(Photograph by Lynn Johnson, National Geographic) [続きを読む]
  • 安倍昭恵首相夫人も支持「医療用大麻」は解禁すべきか
  • http://www.taimasou.jp/index.php?QBlog-20170129-1現在医学のクスリを使うと症状の緩和などがありますが副作用もあります。アーユルヴェーダでは5000年前前から病気の鎮静作用やリラックスを病人に与えることで免疫力を高めるという事実に従って現在に至ってます。出典:マリファナ擁護弁護士のサイトよりアルコールの場合には、それを飲んで酔っ払い大きな声を出すということはありえますが、そういうことはありません。大麻の [続きを読む]
  • 笑い療法士 最新療法の一つ
  • 笑い療法士という言葉を初めて聞いた方もいらっしゃると思いますが、笑い療法士とは 医療や福祉などの現場で笑いを広げ、笑いにより患者の自己治癒力を高め、笑いの力 で病気予防のサポートをする人です。民間資格ですので団体によりレベル試験があります。お医者さんや看護婦さんたちがこの資格を取る人が多いようです。笑えば、楽しく毎日を過ごせれば・・・免疫力は上がりますし自然治癒に大いに関係してくるでしょう。 [続きを読む]
  • 花粉症治療、あなたに合うのは? 新薬増え選択肢広がる
  • 出典:朝日新聞デジタル2月15日スギの花粉が飛び始め、本格的な花粉症シーズンが始まった。鼻水やくしゃみなどを抑える薬の種類が増え、花粉の飛び始めにする治療では新たな薬が選択肢に加わった。時間をかけて「体質」を変える方法も、その実力がわかってきた。続きはここを 今年は花粉症のクスリがたくさん販売されるようです。クスリは対処療法ですのでしばらくは楽になるでしょう。根本から治療する必要がありますがそ [続きを読む]
  • 何がおかしくて笑ってるのでしょうか?
  • 引用:英語サイト Primed for your life簡単な英単語が並んでますが大きな意味がありますね。They というのは民衆our というのは食べ物の製造販売会社”あいつら、俺たちの製品を食べ物とおもってるぜ!”と販売会社は大笑い肥満大国のアメリカですが食べ物を見直そうという運動をあちこちで頑張ってる人たちも増えてます。 [続きを読む]
  • トレハロースとは?食品、化粧品と用途は多数・・・
  • 人工甘味料です地球上のさまざまな生物の細胞内に存在する糖の一種バッタ、イナゴ、ハチなどの昆虫は、長い距離を飛んだり、長い時間跳ねたりすることができます。小さな体のいったいどこにそんなエネルギーが?と感心してしまいます。これらの昆虫の体液中にはトレハロースが蓄えられていて、これを必要な時にブドウ糖に変えています。人間など哺乳類の血糖はブドウ糖ですが、これら昆虫の血糖はトレハロースというわけなのです。 [続きを読む]
  • うどん原料は・・・
  • 小麦粉と塩です。しかし最近のうどんは・・・基本以外のモノが混ぜてあります。加工澱粉と酸味料・・・加工澱粉は化学調味料と考えることができます。子供にはなるべく食べさせない方が良いのではないでしょうか?酸味料は防腐剤です。 [続きを読む]
  • 健康に関して・・・あなたは右翼?それとも左翼? 
  • 右翼左翼と政治的な話ではありません。政府の悪を追求するのが日本のメディアでありリベラルとか左派と呼ばれてます。健康、特に食材や調味料そして添加物に関しては政治的に左派の人でも政府が認めてる食品やクスリだからと100%信じ込んでる人は政府を信じてますので食材やクスリに関しては立派な右派ですね。逆に今の日本はいろいろあるが世界的に見ても平和な国です、と信じてる人は政府にかんしては批判はあまりしませんが食 [続きを読む]
  • 「食べない」ことの医学的根拠は?
  • THE PAGE2015/6/18(木) 10:16配信俳優の榎木孝明さんが30日間の「不食」を行い、話題になっています。スポーツ報知の記事によると、榎木さんは5月20日からほとんど水しか摂取していないにもかかわらず“元気で顔色も肌つやもいい”とのこと。しかし、長い期間食事をとらなかったり、ごく少ししかとらなかったりすることは、果たして健康に良いと言えるのでしょうか? 調べてみました。 記事によると、榎木さんは不食を実践した [続きを読む]
  • 花粉症対策 毎年新しい方法がでてます・・・今年は?
  • 毎年恒例の花粉症の時期が来るそうです。今年はレーザー治療と舌下免疫療法が主流と宣伝されてます。レーザー治療と免疫・・・ガン治療と同じですね。免疫治療はは花粉症の原因原物質のシダトレンを毎日舌の裏側の付け根に垂らすそうです。そして長期間をかけてアレルギー反応を抑えていくようです。毒を持って毒を制すという言葉と同じ、抗がん剤も猛毒を使ってますので原理は同じようです。アーユルヴェーダのメニケ先生に花粉症 [続きを読む]
  • 免疫力がアップするサプリメント!?
  • この広告はよく目にします。東京大学の研究室と共同研究で5年で発見した・・・そうです。東京大学の名前を使うと日本では信頼性を感じる人がおられるでしょうね。材料は国産のブロッコリーだそうです。そのためでしょうかブロッコリーの販売するネットショップの広告がたくさんあります。お値段も結構高価です・・・それで実際に免疫力がアップすれば良いですね。このサプリメントで免疫力をアップさせたい人はどのくらいの期間使 [続きを読む]