清 さん プロフィール

  •  
清さん: 大阪在住 中年1年生の雑多なブログ。
ハンドル名清 さん
ブログタイトル大阪在住 中年1年生の雑多なブログ。
ブログURLhttp://trend-room.net/
サイト紹介文大阪在住の中年1年生(だと思いたい)が好き勝手に色々なことをお話します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 331日(平均4.2回/週) - 参加 2016/09/28 11:20

清 さんのブログ記事

  • 浴衣の洗い方 自宅での浴衣の洗濯方法
  • 浴衣の洗濯は自宅でも可能お盆も過ぎ、各地の夏祭りや花火大会も終わり、子供の夏休みも終わりに近づいていると思いますが、浴衣って家で洗っても問題ないのか気になりますよね。汗を吸った浴衣には皮脂やシミなどが付着しやすいため、臭いの原因にもなります。来年も気持ちよく着るために自宅で浴衣を洗濯機を使っていいのかやそれとも手洗いでないとだめなのかなど浴衣の洗い方について紹介します。浴衣の簡単な洗い方 浴衣の色 [続きを読む]
  • アドベンチャーワールドの観光情報
  • アドベンチャーワールドの混雑状況や攻略方法和歌山県にあるアドベンチャーワールドは、動物園や水族館、遊園地が1つになった関西でも人気テーマパークの1つです。東京の上野動物園ではジャイアントパンダが生まれたらニュースで無茶苦茶騒いでいますが、アドベンチャーワールドでは多くの繁殖に成功しており、なぜあんなに騒いでいるのかわかりません(現時点では5頭のジャイアントパンダがいます)。アドベンチャーワールドは広 [続きを読む]
  • うみたまご 大分県で人気の高い水族館
  • うみたまごの情報大分県別府市にある大分マリーンプレス水族館うみたまごは2004年にリニューアルしてから今年4月に来館者数1,100万人を達成した九州で人気の高い水族館です。人気の高い理由は、真近で見られるイルカショーや腹筋をするセイウチのショーなどが見られる点です。イルカのショーは丸いプールの中を囲む形でショーを見る感じは迫力満点で水かぶりゾーンに座ると容赦ない水かぶりが体感できます。腹筋するセイウチも可愛 [続きを読む]
  • 原爆ドームと原爆資料館を訪問して
  • 昨日の8月15日は終戦の日でしたが、戦後72年が経ちました。最近は終戦記念日とは言わず終戦の日というようになりました。これは、「記念日」という表現が良い事のように連想させるとの事で、終戦の意味を知らない人が増えているためのようです。終戦の日は過ぎましたが、広島にある原爆ドームと平和記念資料館を訪問した時のことを思い出しながら、再度平和について考えてみようと思います。原爆ドームの情報原爆ドームは元々、1 [続きを読む]
  • 近江八幡でうなぎを堪能 坪清
  • 坪清の店舗情報坪清は先日紹介した滋賀県近江八幡にあるラコリーナ近江八幡から目と鼻の先にある場所に位置し、近江水郷めぐりの和船乗り場の近くにあります。お店に入ってすぐはアユやウロリ、イサザなどのびわ湖の湖魚の佃煮をはじめ、近江名物鮒ずしや永源寺で有名な赤こんにゃくなど近江の物産品が数多く並んでいますが、食事も楽しむことが出来ます。先日紹介の記事>>ラコリーナ近江八幡のアクセス方法や限定商品食事後にお [続きを読む]
  • すだちとカボスの違いとは
  • 先日、妻の田舎である徳島のお祭りの阿波踊りを紹介しましたが、徳島県でもう一つ自慢をされるものに「すだち」があります。すだちとかぼすの違いって大きさと特産地の違いだけかなと思っていましたが、違いがあります。今回はすだちとかぼすの違いや旬の時期、保存方法などを紹介します。先日の記事>>阿波踊り2017の開催日程や見どころなどすだちとカボスの違いすだちとかぼすの違いについてですが、まずすだちから見ていきます [続きを読む]
  • ラコリーナ近江八幡のアクセス方法や限定商品
  • ラコリーナ近江八幡とは今回紹介するラコリーナ近江八幡はそんなたねやグループが運営する自然に学び、人々が集う繋がりの場をコンセプトにした場所で、和菓子のたねやはもちろん、洋菓子のクラブハリエのバームクーヘン、パンショップや雑貨などの販売をしている店舗が並んでいます。その昔、たねやといえば田舎のどら焼きが美味しいお店というくらいしかイメージがなかったのですが、クラブハリエのバームクーヘンが有名になり、 [続きを読む]
  • ラコリーナ近江八幡のアクセス方法や
  • ラコリーナ近江八幡とは今回紹介するラコリーナ近江八幡はそんなたねやグループが運営する自然に学び、人々が集う繋がりの場をコンセプトにした場所で、和菓子のたねやはもちろん、洋菓子のクラブハリエのバームクーヘン、パンショップや雑貨などの販売をしている店舗が並んでいます。その昔、たねやといえば田舎のどら焼きが美味しいお店というくらいしかイメージがなかったのですが、クラブハリエのバームクーヘンが有名になり、 [続きを読む]
  • かんぽの宿有馬で日帰り温泉を堪能
  • 有馬温泉といえば日本3大温泉にも数えられる名湯中の名湯として有名ですが、大阪からだと車で1時間もあれば行けるので日帰り入浴とお食事をして帰ってくるというのも人気です。自宅から近いこともあり、学生時代から日帰り入浴だけ行くこともあり、したしみのある温泉街です。かんぽの宿有馬で日帰り入浴と休憩普段は金の湯又は銀の湯という日帰り入浴しかいかないのですが、ちょいと贅沢に食事と温泉を楽しみたい時にはかんぽの宿 [続きを読む]
  • 猪名川花火大会の開催時期やおススメスポット
  • 猪名川花火大会2017の開催時期や見どころは今年で第69回を迎える猪名川の花火大会は大阪府池田市と兵庫県川西市が合同で開催している花火大会です。1948(昭和23)年から続く花火大会で約4000発が猪名川河川敷で打ち上げられ、迫力あるスターマインが魅力的です。関西で行って良かった花火大会のベスト10に入る人気の花火大会で、小さい頃は、この花火大会が終われば夏休みの宿題を早く終わらせなければならないと思った記憶がありま [続きを読む]
  • 滋賀のアグリパーク竜王で桃狩りをしてきました
  • 先日、自分の田舎である滋賀県に墓参りと桃狩りに行って来ました。墓参りのついでなのか、墓参りがついでなのかはさておいて、滋賀県で○○狩りをするならアグリパーク竜王という所がおススメです。竜王町は高速のインターチェンジがあり、三井のアウトレットもある地ですが、道の駅のアグリパーク竜王では年間でいちご・さくらんぼ・トマト・桃・ぶどう・なし・柿狩り・芋掘りなど季節ごとに色々な農園で収穫をする受付をまとめて [続きを読む]
  • 阿波踊り2017の開催日程や見どころなど
  • 妻の田舎が徳島市にあるという事で結婚してから行ける年は観に行っている阿波踊り。毎年、140万人ほどの見物客が訪れる阿波踊りですが開催期間中は、徳島市の中心街が阿波おどり一色に染まって普段おとなしい街が一変します。市内に設けられた有料・無料の演舞場があり、おどり広場などで、「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら踊らにゃ損々」の囃子詞にのせて、あらゆるところで [続きを読む]
  • 東三国にある讃岐うどんの名店 熟成うどんなかや
  • 熟成うどんなかやの店舗情報最近うどんというとセルフのうどん屋に行く事が多く、あまり新規開拓することなくいたのですが、たまたま東三国に用事で行った際に入ったお店がなかやうどんです。店の雰囲気はうどん屋っぽくない内装でオシャレな雰囲気ですが、この辺り一帯オシャレな飲食店が多くて正直驚きました。なかやのうどんは完全自家製麺で、香川直送の小麦粉を使用しており、のどごしが良いうどんで小麦の風味を感じられるも [続きを読む]
  • びわ湖大花火大会2017の開催日程や穴場スポット情報
  • 夏の風物詩といえば花火なので、各地の花火大会の情報をお伝えしていますが、びわ湖大花火大会は今年で33回目を迎える滋賀県で開催される花火大会で最も大きな花火大会です。琵琶湖に映える大花火大会は水中スターマインを含め、湖上噴水は一見の価値があります。そんなびわ湖大花火大会の開催日程や時間、穴場のスポットなどを紹介します。びわ湖大花火大会2017 開催情報Photo by photolibrary https://www.photolibrary.jp2 [続きを読む]
  • みなとこうべ海上花火大会の混雑状況など
  • 神戸の夏の風物詩、みなとこうべ海上花火大会が2017年も開催が決まりました。今年47回目という大変歴史の長い花火大会で港町である神戸で、水上スターマインや仕掛け花火などが特徴の海上花火大会です。最近、各地で金銭面や警備面で花火大会が中止になることが多いですが、みなとこうべ海上花火大会は従来の1万発から1万5000発に増やして開催されます。神戸の海や山、様々な場所から見ることができるのもみなとこうべ [続きを読む]
  • 天神祭奉納花火 2017年の日程と花火を見る穴場スポットを紹介
  • 日本三大祭の1つである大阪の天神祭ですが、1000年以上の歴史があり、そのメインとなる本宮祭の夜に奉納花火大会が今年も7月25日に開催されます。天神祭の奉納花火大会は関西で最も人出が多いとされ2016年は、130万人もの人出がありました。大阪では、天神祭りの花火、PLの花火大会、淀川の花火大会は夏の風物詩の代表で学生の頃は3つとも行っていましたが最近は流石に三つとも行くことはなくなりましたが、天神祭の船渡御のかがり [続きを読む]
  • 天神祭奉納花火 2017年の日程と花火を見る穴場スポットを紹介
  • 日本三大祭の1つである大阪の天神祭ですが、1000年以上の歴史があり、そのメインとなる本宮祭の夜に奉納花火大会が今年も7月25日に開催されます。天神祭の奉納花火大会は関西で最も人出が多いとされ2016年は、130万人もの人出がありました。大阪では、天神祭りの花火、PLの花火大会、淀川の花火大会は夏の風物詩の代表で学生の頃は3つとも行っていましたが最近は流石に三つとも行くことはなくなりましたが、天神祭の船渡御のかがり [続きを読む]
  • 天神祭奉納花火 2017年の日程と花火を見る穴場スポットを紹介
  • 日本三大祭の1つである大阪の天神祭ですが、1000年以上の歴史があり、そのメインとなる本宮祭の夜に奉納花火大会が今年も7月25日に開催されます。天神祭の奉納花火大会は関西で最も人出が多いとされ2016年は、130万人もの人出がありました。大阪では、天神祭りの花火、PLの花火大会、淀川の花火大会は夏の風物詩の代表で学生の頃は3つとも行っていましたが最近は流石に三つとも行くことはなくなりましたが、天神祭の船渡御のかがり [続きを読む]
  • みなとこうべ海上花火大会の混雑状況など
  • 神戸の夏の風物詩、みなとこうべ海上花火大会が2017年も開催が決まりました。今年47回目という大変歴史の長い花火大会で港町である神戸で、水上スターマインや仕掛け花火などが特徴の海上花火大会です。最近、各地で金銭面や警備面で花火大会が中止になることが多いですが、みなとこうべ海上花火大会は従来の1万発から1万5000発に増やして開催されます。神戸の海や山、様々な場所から見ることができるのもみなとこうべ [続きを読む]
  • みなとこうべ海上花火大会の混雑状況など
  • 神戸の夏の風物詩、みなとこうべ海上花火大会が2017年も開催が決まりました。今年47回目という大変歴史の長い花火大会で港町である神戸で、水上スターマインや仕掛け花火などが特徴の海上花火大会です。最近、各地で金銭面や警備面で花火大会が中止になることが多いですが、みなとこうべ海上花火大会は従来の1万発から1万5000発に増やして開催されます。神戸の海や山、様々な場所から見ることができるのもみなとこうべ [続きを読む]
  • 京都祇園祭 2017年の日程と穴場スポットを紹介
  • x京都祇園祭2017の日程と開催情報日本三大祭のひとつ京都の祇園祭ですが 歴史も古く、1ヶ月も行われる祭りは、優雅で他では見られないものになっています。独特のお囃子コンチキチンという音が聞こえて来ると、京都の人は夏がきたなと感じるようです。 京都の祇園祭を楽しんで京都の夏を満喫しましょう。京都の祇園祭の日程は、例年同じスケジュールで約1ヶ月間行われます。この1ヶ月間、京都市内では色々な祇園祭のイベントや催 [続きを読む]
  • 京都祇園祭 2017年の日程と穴場スポットを紹介
  • x京都祇園祭2017の日程と開催情報日本三大祭のひとつ京都の祇園祭ですが 歴史も古く、1ヶ月も行われる祭りは、優雅で他では見られないものになっています。独特のお囃子コンチキチンという音が聞こえて来ると、京都の人は夏がきたなと感じるようです。 京都の祇園祭を楽しんで京都の夏を満喫しましょう。京都の祇園祭の日程は、例年同じスケジュールで約1ヶ月間行われます。この1ヶ月間、京都市内では色々な祇園祭のイベントや催 [続きを読む]