イタリア料理 さん プロフィール

  •  
イタリア料理さん: イタリア料理
ハンドル名イタリア料理 さん
ブログタイトルイタリア料理
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/subasio
サイト紹介文今迄訪れたイタリアレストランをまとめてみたくて、ブログを始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 150日(平均5.0回/週) - 参加 2016/09/28 18:55

イタリア料理 さんのブログ記事

  • 海老
  • 日本人は海老好きですが、イタリアの人も海老好きな人が沢山います。赤海老。赤い色が目をそそられる海老です。独特の風味と濃厚な味が特徴です。スカンピ。海老の中でも最も高級な海老のひとつです。生で食べても、殻を取ってさっと炒めて食べても、甘みがあるとっても美味しい海老です。 [続きを読む]
  • ペポーソ(Peposo) 牛肉の赤ワインと黒コショウ煮込み
  • ペポーソはトスカーナ州の料理。1400年代にフィレンツェの大聖堂の建設中に作られたとされています。大聖堂建設のレンガを作る職人の為に、過酷な労働に耐えられるように、たっぷりのパンと共に暖炉の片隅で作られたこの料理が振舞われたそうです。材料は、牛肉の赤身、キャンティ産の赤ワイン、ニンニク、セージ、ローズマリー、たっぷりのあらびきの黒コショウ、塩、月桂樹の葉です。大きめに切った牛肉と塩、黒コショウを混 [続きを読む]
  • ミートソースのラザニア
  • エミリア ロマーニャ州の料理、ミートソースのラザニアです。ホワイトソースとミートソースを準備します。卵入りのパスタを薄くのばします。バターを薄く塗った耐熱容器にパスタを敷きます。ミートソース、ホワイトソース、パルミジャーノチーズを入れます。これを三回繰り返して最後にパスタをのせて、ホワイトソース、パルミジャーノチーズ、バターを入れます。180度のオーブンで15分程焼きます。お好みの大きさに切り分け [続きを読む]
  • イタリアの豆腐
  • 一年位前からでしょうか。イタリア産の豆腐をスーパーで見かける様になりました。興味本位で買ってしまいました。箱にはどうやらオーガニックの大豆で作られていると書いてあります。写真の人はイタリアの有名な水泳選手。彼も食べているかは知りませんが、とにかく食べてみました。木綿豆腐。お世辞にも美味しいものではありませんでした。数人のイタリア人にも食べてもらいましたが、答えは同じ。肉食が多くなっていたので、健康 [続きを読む]
  • キノコとカラスミのパスタ
  • イタリアでもカラスミが作られています。日本と同じボラのカラスミの他に鮪で作られる物もあります。カラスミパウダーニンニク、イタリアンパセリはみじん切りにします。今回使ったキノコフライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニク、唐辛子を入れて弱火で炒めます。イタリアンパセリを入れ、キノコ、塩を加えて炒めます。キノコソースができました。パスタを茹でてソースと混ぜ合わせます。カラスミをかけて出来上がりです。今日 [続きを読む]
  • 仔牛のほほ肉の白ワイン煮込み
  • 仔牛のほほ肉を白ワインで煮込みました。仔牛のほほ肉ココット鍋にオリーブオイルを入れ、あらかじめ調理用のタコ糸で巻いた肉を入れて表面に焦げ目をつけます。一度肉を鍋から取り出して、余分な油をふき取ります。新たにオリーブオイルを入れ、肉を鍋に戻して、塩、コショウ、ニンジン、タマネギ、セロリ、レモンの皮、クローブ、ナツメグ、シナモン、ローズマリーをを入れて軽く炒めます。白ワインを注ぎ、蓋をして肉が柔らかく [続きを読む]
  • 茄子のチーズ焼き
  • 茄子のチーズ焼きです。茄子を薄切りにします。小麦粉、溶き卵にくぐらせて油で揚げ、キッチンペーパーに並べて余分な油をとります。トマトソースを作りミキサーにかけなめらかにします。アルミ型、または耐熱容器に茄子を横に敷き詰めます。トマトソース、パルミジャーノチーズを入れます。次に、茄子を縦に敷き詰め、トマトソース、パルミジャーノチーズを入れます。これを二回繰り返して、合計四層にします。180度のオーブン [続きを読む]
  • 黒トリュフ(Tartufo nero)
  • 黒トリュフといえば、フランスのペリゴール産が有名ですが、イタリア ウンブリア州の黒トリュフも美味しい黒トリュフの産地です。1月から3月の上旬にかけて出回ります。白トリュフは基本的に生のトリュフを薄く削って香りを楽しむ食材ですが、黒トリュフは、ほのかに温めることで、味と香りを引き立たせます。黒トリュフキアーナ牛と黒トリュフ舌平目と黒トリュフ [続きを読む]
  • Triglia ヒメジ(魚)
  • 日本ではヒメジと呼ばれているようです。でも見かけるのは少ない魚だと思います。イタリアでは、魚屋さんでよく見かけます。綺麗な赤い色をした金魚のような小さな魚です。独特の風味がある美味しい魚だと私は思います。フライにしたり、煮て食べたりします。ヒメジ三枚おろしにしました。オリーブオイルでさっと焼いて、フォンドヴォーのソース、食用のバラの花びらをのせてみました。 [続きを読む]
  • しゃぶしゃぶ
  • イタリアに戻る二日前に両親と日本での最後の夕食をしました。実家の近くのしゃぶしゃぶのレストランに予約を入れてくれました。最後に食べたのはいつだったか覚えてもいません。久しぶりに食べました。食が細くなった両親はお肉だけ。私だけ、フグが付いたコースを頂きました。突き出しトラフグのてっさトラフグのから揚げ とても美味しかったです。お肉と野菜 ソースはごまだれとポン酢 ポン酢の方が私の好みでした。〆のきし [続きを読む]
  • セントレアでフランス料理
  • イタリアに戻る時がやって来ました。前日はセントレアにあるホテルに宿泊したので、空港にあるフランス料理店で日本最後の食事をしました。パン色々なシーフードの冷製サラダ 柚子のジュレフォアグラと大根タマゴ型の器を開けるとカリフラワーとカブの冷たいスープ鯛とオマール海老とポロネギ口直しのシャーベットみかわ牛とワサビのソースデザートレストランを出てスカイデッキの光の回廊にあったステンドグラス風のイルミネーシ [続きを読む]
  • カップヌードル パスタスタイル2
  • 以前食べたボロネーゼを食べた後に胃にもたれてしまい、たらこ風味を食べるのをためらっていました。今回、意を決して挑戦しました。蓋を開けると、ボロネーゼにはあったかやくは見当たらず麺のみでした。前と同じく液体ソースと粉末ソースが入っていました。熱湯を入れ5分間待ちます。お湯を切って、袋に書いてある指示どうりに、先ず液体ソースを入れて混ぜ合わせます。次に粉末ソースを入れて混ぜ合わせます。前回と同様かなり [続きを読む]
  • 今日のご飯4 ミートボールのトマトソース煮
  • 最後はミートボールのトマトソース煮です。挽き肉、卵、パン粉、ナツメグ、塩、コショウを加えよく練り合わせます。小さなミートボールを作ります。鍋に、オリーブオイル。バジル、ニンニクを入れ温め、トマトのみじん切り、塩を加え煮て、トマトソースを作ります。フライパンでミートボールに表面に軽く焦げまがつくように焼きます。ミートボールをトマトソースに入れ、肉に火が通ったら出来上がりです。昨日のご飯のまとめです。 [続きを読む]
  • 今日のご飯3 ゾルフィーニ豆のスープとシーフード
  • ゾルフィーニ豆はトスカーナ州の一部でしか収穫することができない希少な豆です。今回はこの豆を使いましたが、うずら豆等でも美味しくできます。ゾルフィーニ豆この豆は水に漬けずにそのまま調理するそうです。たっぷりの水に塩と香味野菜と共に、3〜4時間程煮込みます。煮あがった豆。煮汁は取っておきます。フライパンにオリーブオイル、ニンニク、イタリアンパセリのみじん切りを入れ熱し、アサリを入れ蓋をして調理します。ア [続きを読む]
  • 今日のご飯2 菜の花の卵焼き
  • もう日にちが変わっ昨日のご飯になってしまいました後、3と4に続きます。菜の花は、洗ってから沸騰した塩水で軽く茹でます。ざく切りにして、フライパンでオリーブオイル、ニンニクで炒め下味をつけます。ボールに入れ、卵、塩を加えて混ぜ合わせます。フライパンにオリーブオイルを入れ熱し、混ぜ合わせた卵と菜の花を入れ軽くかき混ぜ、軽く焦げ目がつくまで焼きます。ひっくり返して、お皿に盛りつけます。 [続きを読む]
  • 今日のご飯1 キノコのサラダ
  • キノコのサラダを作りました。ヒラタケ、マイタケ、エリンギを適当な大きさにします。フライパンに、オリーブオイル、ニンニク、イタリアンパセリのみじん切り、唐辛子を入れ弱火で熱し、キノコを入れ炒めます。キノコがしんなりしたら火を止め、ボールに入れます。塩、レモン果汁で味をととのえます。お皿にお好みのサラダをのせて、キノコを盛り合わせます。 [続きを読む]
  • サルシッチャ(salsiccia)
  • 大分前の写真ですが、ナポリ近郊に実家がある知人から自家製のサルシッチャをいただきました。サルシッチャは私の大好物のひとつ。彼の実家では豚を飼育していて、冬になると豚を解体して生ハムやサラミなどを作るそうです。頂いたサルシッチャ サルシッチャは、豚の挽き肉に塩、コショウ、お好みのスパイスを加えよく混ぜてから腸に詰めます。しばらく置いて焼いたり、パスタの具にしても美味しいです。今回頂いた物は、涼しく風 [続きを読む]