kicca さん プロフィール

  •  
kiccaさん: 手抜き暮らし研究所
ハンドル名kicca さん
ブログタイトル手抜き暮らし研究所
ブログURLhttp://imagaichiban.hatenablog.com/
サイト紹介文40代主婦。中学生と小学生の母。2DKの公営住宅で4人暮らし。5年前から片づけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 299日(平均5.6回/週) - 参加 2016/09/29 12:08

kicca さんのブログ記事

  • ちんまりと整理する
  • 最近、チチとテレビを見ていて苦言めいたことを言われた。まずは、高圧洗浄器で掃除する番組を見ていたときに、スチームクリーナーを捨てたことでチクっと。でも、ワタシ以外誰も使わないのに、使いづらいスチームクリーナーを狭いわが家に置いておくメリットを感じなかった。ここ数年は大掃除すらしていない。普段の掃除と年に数回の中掃除くらい。スチームクリーナーを使うほど汚れを溜めてしまうより、軽いうちにサッと掃除した [続きを読む]
  • 妄想ショッピング
  • よもや、自分が2泊3日の旅に出ることなんてないだろうと思っていた。だから、下着は3セットもあればじゅうぶんだと思っていた。ところが、先日2泊3日の旅が決まった。夏休みは家族の予定が合わないのがお約束で、チチの仕事とムスコのサッカーが夏季休業になる週末、ムスメのサッカーの遠征が重なった。もうこの際、ムスメの試合を見に行くか、と3人分の宿を予約した。去年は日帰りで行ったけど、さすがに運転するチチがかわ [続きを読む]
  • もっと整理してみよう
  • 本日はお仕事お休み。だけど、自分がやらかしたケツを拭きに歩き回る。こういうムダなことで動き回るたびに自分の考えなさにガッカリするんだけど、ガッカリしてるだけじゃダメなんだなぁ。というわけで、銀行の届出印を全部確認してきた。銀行の届出印、口座引き落とし手続きのときにいつもわからなくなってやらかしてしまう。今回も、ムスコの修学旅行の積立金の口座引き落とし手続きでやらかした。今回はちゃんと銀行で確認して [続きを読む]
  • 成長期と思春期
  • ムスコのものばっかり。去年はまだ150cmが着られたから買い渋っていたけれど、今年はついにメンズのSサイズになったからちょこちょこムスコの服を買い足している。しかも、最近色気づいたのか、注文がうるさい。靴のサイズも25cmになって、ジュニアサイズ卒業。なんとなく納得いかないのは、ムスコに乗じてチチのステテコも買わされたことだなぁ。なら、着ない服を処分してくれ。ムスメの林間学校の準備をしながら、買い足さなき [続きを読む]
  • 冷蔵庫を片付ける
  • わが家の15年ものの冷蔵庫。そろそろヤバいかと思いつつ、まだまだ頑張ってくれている。ちょうど買い出し前で中身もスッキリしているから、お掃除がてら中身の整理をした。ワタシはあまり凝った料理もしないから使う調味料も多くはないんだけど、チチは何かというと新しいものを買ってくる。今後使わないならやめてというのもめんどくさいからワタシもたまに使うのだけど、ものが増えるのはいただけない。でも、チャレンジしてみた [続きを読む]
  • 転んでもしぶとい
  • 靴ずれとウオノメのダブルパンチで右足が死んでる。とはいえ、バイトには行く。片道徒歩20分。開店準備2時間半。開店後、2時間レジ兼品出し。1時間休憩後、2時間レジ兼商品整理。また片道20分かけて帰宅して、やっと靴を脱ぐ。あー疲れた痛かった。本当は、バイトのあとさらに片道20分くらい歩いて役所に行く予定だった。なのに、下調べが足りなくていろいろ必要なものを忘れたから、明日出直すことにした。まぁ、用が足りない [続きを読む]
  • わが家の寝間着事情
  • 子どもたちもなんだか最近すくすくと育っていて、いろんなものを買い替えている。そして、夏休み前はいろいろ入り用なものも多い。今年はムスメもムスコも2泊3日の予定が2回ずつ入っているから、ムスメのブラトップを買い足し、ムスコのきったない肌着を買い替えた。1番下に着ているはずの肌着がどうしてあんなにきったなくなるんだか、理解に苦しむ。もしかして、裸でグランドに転がってるんじゃなかろうか。もう1つ、ムスコ [続きを読む]
  • 靴ずれとムスメの靴
  • 昨日突然、酷い靴ずれになった。朝、スニーカーを履くときにキツいな〜と思ったのだけど、歩き出したらものすごく痛い。痛いけどバイトに行かなきゃならないからそのまま歩き続けて、バイト先で絆創膏を貼ろうと思ったら、なんと靴まで血塗れになっていた。痛みに強いにもほどがある。けっきょく気休めにでも絆創膏を貼って働き、帰ってから消毒をして靴下とスニーカーを洗った。その夕方、リハビリのお迎え帰りにムスメの新しいス [続きを読む]
  • 記録することを手放す
  • ワタシは、手帳に家計簿と日記をつけている。もちろん、その手帳は持ち歩かない。スケジュールはiPhoneのスケジュールアプリで管理している。子どもたちのiPhoneにも入れて共有できるし、どこでも追加・確認・訂正ができるから、スケジュールに関しては紙媒体よりアプリのほうが便利だと思う。もういっそ、家のカレンダーもなくしてしまおうかと思っている。そうしないと、ついついカレンダーをあてにしてアプリを確認してくれない [続きを読む]
  • 自分が楽になる暮らし
  • カメラを手放したら、なんだかスッキリした。今までは、こうありたいとかこうなりたいとか漠然としたイメージがあったけど、そういう憧れを手放してみたら思ったより執着もなかった。諦めるんじゃないの、手放したの。着るものは、今着ているものだけになった。実際には今の季節ではないものもあるけれど、その季節になれば必ず着るものしかない。バッグや小物、アクセサリーも必ず身につけるものだけになった。本はもうほとんどな [続きを読む]
  • 憧れを手放してゆく
  • デジカメを売っぱらってきた。ムスコが生まれるときに、初めてコンパクトデジカメを買った。ムスメが生まれるときはデジカメが壊れていたから、ケータイのカメラで写真を撮った。子どもたちが動くようになり、出かけるときや普段の巣がも写真を撮った。ずっとコンパクトデジカメでじゅうぶんだった。子どもたちが幼稚園を卒園したあと、自分のためにミラーレスを買った。自分の時間もでき、子どもたちの荷物を持たずに出かけられる [続きを読む]
  • 癒しを求めて
  • 頑張ってる自分へのご褒美やストレス解消を食べもの以外にしたいと思うのだけど、やっぱり食べものが手軽でついつい何かと理由をつけて食べてしまう。本なんかでは今までやりたくてもできなかったことや、自分を高めることにお金を使うようにしようとあるけれど、先立つものも時間の余裕もないのが現実。とくに先週は保護者会週のうえに研修が重なり、買い出しに行くのもなんだか障害物リレーのようであった。そんな感じで平日はほ [続きを読む]
  • 好きな顔 苦手な顔
  • 小学校の保護者会に行ってきた。中学校になると、良くも悪くも親同士の距離も離れるからワタシみたいに1人でフラッと行って、知ってる人なら誰とでも話すみたいなタイプは気楽になったけど、小学校はまだ親と子の関係性やら親同士の距離も近くて気疲れする。実際は中学校の気楽さやバイト先のほどよい距離感に気づいてしまってから感じている違和感なのだけど、まだ自分の中でも「誰かと話したほうがいいかな」とか「声かけなきゃ [続きを読む]
  • カメラはいらない
  • 古本屋さんに売るものをまとめている。何度か取捨選択を繰り返しているから、わが家のものはだいぶ少なくなった。でも、まだいらないものは出てくる。早く大きなゴミ袋を買わない暮らしがしたい。ワタシが仕分けしているのを見て、学校から帰ってきたムスコが覗き込んだ。「カメラ捨てるの?」iPhoneあるから、デジカメ持ち歩かなくなっちゃったんだよねー。アンタたちも大きくなって、被写体になってくれないし。「あ、もしかして [続きを読む]
  • 続・食器のハナシ
  • 新しい食器を買ってきた。ついでに、気づいたら欠けていた食器も買い替え。こうやって不都合や不具合があって買い替えるたびに、もう少し買うときに考えていればと後悔する。後悔といってもあまりクヨクヨしたり自分を責めたりするほうではないけど、やっぱり日々のプチストレスをごまかして生活するのも、ささやかとはいえ無駄金を使ったなぁと反省するのも、人生の中で少ないに越したことはない。生活の中のプチストレスとして、 [続きを読む]
  • 親バカか、謙遜か
  • 今週のお題「テスト」男の子の親なんてそんなもんかとは思うけど、たいてい親同士が顔を合わせると、自分の子どもちょっとしたダメなところ自慢に話が落ち着く。「ぜんぜん勉強しなくって〜」「うちもそうよ〜」みたいなやつ。あれはあれで、共感心理だとか共通の会話の糸口として必要なものだと思うから否定はしない。ワタシもやる。ただ、あんまり「うちのダメな子自慢」をしてると、例えばうちの子だと「あそこの子、いじめられ [続きを読む]
  • 捨てる覚悟
  • ムスコの中学校の制服バザーの準備に、役員として参加した。ムスコの通う中学校では、体育祭のときにお下がりの制服を回収し、秋の説明会のときに販売をするのが恒例らしいのだけど、実はムスコの代を最後に制服が変わってしまった。ということは、制服バザーを開催したところでわざわざ買いに来るのはムスコの代の子を持つ人くらいなのだけど、どうせお下がりをあげる人もいないと思ったのか、体育祭では山ほど回収できてしまった [続きを読む]
  • 食器のハナシ
  • ワタシのお気に入りの小鉢をムスメが割ってしまった。もう立ち回り先には置いていなくて、ネットで買うしかない。でも、あまりにも思いきりよく飛び散ったのを見たら、なんだかその小鉢を買い直す気が失せてしまった。送料がかかるのもバカバカしいし、立ち回り先のお値段以上でいいかなー。食器にはあまりこだわらない。シンプルでサイズがちょうどよくて、扱いやすければいいかなと思っている。結婚するときに、実家の亡き祖父母 [続きを読む]
  • 日用品のまとめ買い
  • 家計をもう少し改善できないものかと考えている。今だってけっして浪費しているわけではないけれど、買いものの回数も減らしたいし、もう少し計画的に暮らしたい。とはいえ、予想外のことというのは必ずあるし、わが家はありがたいことにもらいものが多いから計画するのも難しいのだけど。ただ、固定費で削れるところとか、腐らなくて必ず使う定番の日用品をネットでまとめ買いして買い出しの回数を減らしたりとかできることはない [続きを読む]
  • ちょっと探しものがしたかった
  • ちょっと借りたいものがあって、チチの製菓コーナーである台所の吊り戸棚を開けたらとんでもなくカオスだった。なんとか目的のものを見つけて借りたあと、片づけようとまたカオスを目の当たりにしてムリ、戻せない。チチは、収納の中を見ないでしまうタイプだ。たぶん、ムスメもそう。だから、とにかく詰め込む。ボックスのこんな穴から耳かきを突っ込んで、「ちゃんと片づけた」とのたまう。遊びにきたムスメの友達が、「ムスメの [続きを読む]
  • ハンドメイドを諦める
  • ハハ母は、とても器用な人でなんでも作ってしまう人。クリエイティブでアクティブで、とても尊敬している。その娘であるワタシは、大抵のことは人並みにできるけれど実はあまり器用なほうではなく、クリエイティブなことに憧れながら思ったようにできないのがずっとコンプレックスだった。小さいころ、ものを作ることに関しては何をやっても母には敵わなかった。独創性がない中途半端だと母にも酷評され自信をなくした。でも、母の [続きを読む]
  • 好きなものは変わる
  • 20代のころはキャラクターもののグッズを集めていた。チープでカラフルな雑貨や古着も好きだった。20代の終わりに結婚して子どもが生まれて、独身のころほど自分のものにお金はかけられなかったけど、やっぱり雑貨は好きだった。少ないお小遣いで買ったものは、友達から可愛いと褒められることも多かった。今もまだ模索している。いくら好きだからといっても、もう20代のころの服装はできない。サイズは変わらないとしても、パンツ [続きを読む]
  • キレイな人になりたい
  • ときどき、キレイめな人になりたい願望がやってくる。普段はカジュアルで、ゆるっとデニムにTシャツがデフォルトなんだけど、バイト先はキレイなお姉さま(学生さんもたくさんいるけど、意外と年上も多い)がたくさんいて憧れる。ただ、実はスーツを着て通勤したこともないし、人生で自分がキレイめだったことなどないから、たまにフルメイクするとやりすぎ感がハンパない。それで、マスカラもビューラーも使わないと決めた。アクセ [続きを読む]
  • 引き出し1個
  • あれもいらないかも、これもいらないかも、と普段使わないけどキープしていたものをどかしてみたら、ワタシの身の周りのものが引き出し1個になった。・メガネ・ワセリン・椿油・アクセサリーが少し・ハンカチと手ぬぐい・友達からもらった卓上ミラー白いケースは結婚指輪。ワタシもチチも力仕事なので指輪はしていない。なくすとイヤだから、ケースに収めた。実際には、カバンの中に入れるようなものは別に小さな手提げにまとめて [続きを読む]
  • できないと思ってたこと
  • ワタシは身長が平均より少し高いので、標準よりは痩せているほうだと思う。両親ともに痩せ型で背が高く、たまに不節制で太ったりすることがあっても平均的にはボチボチのところで収まっている。たまたま手元にあったから、中学生男子の身長体重比のグラフを見てみたら「痩せすぎ」だったけどそこは中学生男子なんで。仕事では、レジに入るようになって力仕事は減ったものの終始動いている。休憩時間もまちまちなので、ガッツリお昼 [続きを読む]