kicca さん プロフィール

  •  
kiccaさん: 手抜き暮らし研究所
ハンドル名kicca さん
ブログタイトル手抜き暮らし研究所
ブログURLhttp://imagaichiban.hatenablog.com/
サイト紹介文40代主婦。中学生と小学生の母。2DKの公営住宅で4人暮らし。5年前から片づけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供292回 / 362日(平均5.6回/週) - 参加 2016/09/29 12:08

kicca さんのブログ記事

  • 本を読むのはめんどくさくない
  • 今週のお題「読書の秋」昨日は土曜日だけど赤い日で、チチがお休みだった。午前中は小学校の授業参観に行ったりしたのだけど、午後にぽっかり時間が空いてしまった。1人ならばだらだらを満喫するのもアリだと思うけど、チチがいるとなんとなく落ち着かないから1人でお散歩がてら図書館に向かった。バイト先の最寄の図書館にはよく行く。市内で1番大きな図書館なのだけど、近所の小さな図書館のほうが本は探しやすかったりする。 [続きを読む]
  • 振り回されない人
  • 何事にも振り回されない人になりたい。というのも、ワタシは人に振り回されてばかりだから。人の顔色を伺ったり、人の反応に一喜一憂したり、そのたびにぐったりと疲れるくせに無意識に人に合わせようとする。とりあえず、最近は家族以外には合わせないようにしていたけど、バイト先ではそうもいかない。しかも、人それぞれやり方や反応が違うから、そのたびに一喜一憂していたらホントに疲れてしまう。人に合わせるのは、自分で考 [続きを読む]
  • 気になったところに行ってみる
  • だらだらと午前中を無駄にした日に、キーケースとiPhoneと、ついでに捨てるリサイクルゴミを持って散歩に出た。目指すは、こないだのチャリ活で川沿いから見えた謎の幟のあるらしき場所。地図で見たら、お稲荷さんがあるようだった。その辺りの道はまっすぐではない。ワタシが子どものころは山だったような場所だ。はっきりと覚えてはいないけど、全校遠足では谷をふたつほど歩いて越えた。近所に畑や牛舎はあったけど田圃はなかっ [続きを読む]
  • だらだら生活
  • 休みの日についついだらだらしてしまう。引きこもっていても何か片づけでもできていればいいけれど、ホントに最低限の家事しかせずにゴロゴロと寝ていると、ひどくもったいない気分になる。かといって出かけてお金を使うのもイヤだし、休みなのだから体を休めたい気持ちもある。昨日から眠たくて眠たくて、夜は10時過ぎに寝てしまった。朝も眠くて、バイトがないのをいいことに廊下でうたた寝し、子どもたちを送り出してから居間で [続きを読む]
  • ミニマムに逆行する
  • 新しいお財布をおろした。生まれて初めての長財布。最近まで使っていたのは三つ折りのコンパクトなお財布だったのだけど、自分がレジに入るようになって長財布もいいなぁと気づいた。まず、お金の出し入れがスマート。愛用の三つ折り財布だと、お札が折れ曲がって自動レジに入れにくい。小銭を出すときも同じ方向なので裏返さなくていい。カード類は最小限なので、たくさんあるカードのポケットは余っている。ちなみに、長財布に入 [続きを読む]
  • 3つで108円
  • 連休中日は台風の影響で試合も中止になり、買い出しに行って両実家に敬老の日の鉢植えを配って回ったあとは家族で引きこもっていた。ムスコは塾の宿題をし、ムスメはひたすらスマホをいじり、チチは料理に勤しみ……ハハは100均でアクリル毛糸を買ってきて、ひたすらアクリルたわしを編んだ。1玉で3つ。食器洗いはやっぱりコレ。今回は台拭きの色に合わせて茶色にした。ハンドメイドはめっきりやらなくなったけど、これだけは編 [続きを読む]
  • じいちゃん伝説
  • 今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」ワタシの父方のおじいちゃんは、なかなかクセが強い。札幌の材木屋の長男だったのだけど、嫁姑の折り合いが悪く、弟夫婦に家と母親を押しつけて上京した。名目はばあちゃんを気遣ってという感じだけど、おとなしく材木屋に納まるクチじゃなかったんじゃないかと踏んでいる。 じいちゃんの写真伝説 じいちゃんとばあちゃんはお見合い結婚なのだけど、そのお見合い写真は写真の1 [続きを読む]
  • 仕事の手帳
  • バイト先では、必ずメモや手帳を持ち歩く。そして、毎朝そこにタイムスケジュールや売り上げ、通達などを記入する。お問い合わせの電話をとればメモもするし、ちょっとした伝達事項をメモして貼ったりもする。その手帳はポーチに入るサイズでなくちゃならないし、ある程度書くスペースも必要。でも、仕事のものにそれほどお金をかけたくない。ただでさえ、荷受で使う油性マジックは繁忙期なら月に1本は買うことになるのだ。同じビ [続きを読む]
  • バザーを有効活用する
  • 去年はムスメのサッカーの役員と自治会の役員をやっていたワタシ。今年は何もやらないぞーと思っていたのに、まんまとジャンケンに買って中学のクラス委員を勝ち取ってしまった。そのクラス委員の主な仕事である、制服バザーが無事終了。同じ役員のみなさんがヒジョーにテキパキしていてさっぱりした性格の方ばかりで、楽しく楽ちんに終わった。実はムスコの学年で古い制服は終わり、今の1年生やムスメたちは新しい制服になった。 [続きを読む]
  • 買いものは労働である
  • 朝7時半から働いて、1時間の休憩がある以外はずっと立ちっぱなし。退勤を押したあとは15分以内に受付を出なきゃいけないから、休む間もなく街へ出て、家族のために、自分のために買いものをして回る。今日は、ムスコの学校用のノートと、醤油と、子供たちのおやつや補食を買って帰った。0円趣味活動をしたくてちょっと遠回りして帰ろうかと思ったけど、ムスメのつまんないコールがかかってきたので寄らずに帰った。バイト先の周 [続きを読む]
  • 0円趣味
  • 母の影響でものを作ることは好きで、なんらかの形でずっとやっていた。絵を描いたり、本を作ったり、ハンドメイドや編みものにハマったり、工作をしたり。でも、主婦になると元手のかかる趣味はなかなかできなくなってしまった。お小遣いはあるのだけど、アパレル量販店で働いているので半分は仕事着に消えるし、ちょっと出かければ交通費に消える。それで、最近の趣味はもっぱらチャリ活(目的を作ってママチャリで出かけること)な [続きを読む]
  • やめること、やること
  • もう何周目かの捨てサイクルに突入している。その度に過去の自分の無駄遣いに苦言を呈したくなるのだけど、なんとか工夫をしながら暮らしてきた人がけっきょく何もしないほうがスッキリすると気づくまでには時間がかかるのだろう。チチが毎晩シフォンケーキに奇抜なアイディアを盛り込もうとするのも、つまるところシンプルなやつが1番美味しいというところにたどり着くまでの、遠回りだけど必ず通らなければならない道なのかもし [続きを読む]
  • 捨てるものを活用してみる
  • 工夫はやめると宣言しておいて、その舌の根も乾かぬうちに捨てようと取り出した紙類を使ってポケットアルバムを整理した。使った紙は、古い洋書を解体したもの。ラッピングとかに使えるかと取っておいたけど、プレゼントもしないのにラッピングはいらない。もし誰かにプレゼントするときは、お店でラッピングしてもらうか100均で袋でも買うわ。わが家のポケットアルバムは、無印良品のポリプロピレンフォト・ハガキホルダー2段2 [続きを読む]
  • 工夫することをやめようと思った
  • 文房具の抜き作業をしている。大量のセットしかなくてストックが溢れていたけど、案の定ほとんど使うことがなくて一向に減らないホチキスの針とか、いつの間にか増えたマスキングテープとか、何かについていたカラフルなクリップとか期限の切れたクーポンとか、ちまちまと抜いた。抜けるものを抜いた引き出しを見ていて、ふと気づいた。昔はいろいろと使っていたスタンプやかわいい穴あけパンチ。マスキングテープだって集金袋に封 [続きを読む]
  • ジレンマが少し晴れる
  • なんとなく訪れたミニマリストの方のブログがスッと入ってきて、しばらく遡って読んでいた。わが家は築15年ほどの公営アパートで、新築で入居したのだけれど昔はモノも多く子育てでいっぱいいっぱいで、気づけばあちこち薄ら汚れてカビだらけ傷だらけ。いっぱいいっぱいだったころはそれでも仕方ないと割り切っていたけど、片づけてゆくに従って汚いところが気になってきた。なんだか、過去の自分が責められているような気がして。 [続きを読む]
  • プチストレスをお金で解決する
  • バイトでは、毎日のように印鑑を押す。品出しさんのころは100均のシャチハタ風を使っていたのだけど、レジに入るとお客さまを待たせてしまうこともあるので、取り出しやすく捺しやすいものを探していた。かといって、シャチハタを買う気にはならず。だって、ちょっと珍しい苗字にもかかわらず100均にあるんだもん。ちなみに、電話帳に個人宅が載っていたころ、同じ市内に親戚ともう1軒しか同じ苗字がいなかったらしいのだけど、な [続きを読む]
  • お財布を替えてみる
  • 新しいお財布を買ってみた。生まれて初めての長財布。手に持ってみると、薄いものを選んだとはいえやっぱりデカい。なんで突然に長財布にしてみようと思ったかというと、自分がレジに入るようになって気づいたことがあったから。それは、小さく畳んだお札は、レジに入れにくいということ。コンパクトなお財布は場所を取らないしお気に入りだけど、丸まったお札は扱いにくい。あまりにも小さく畳まれたお札にいたっては、機械がちゃ [続きを読む]
  • お金について考える
  • バイト先では、9月は新年と同じだそう。わが家の中学2年生も、中2の2学期は中3の0学期らしいよ。じゃあ、中2の3学期は中3の何学期なんだろうと思ったけど、母さんは黙っておく。ついでに、小6のムスメは中学でもサッカーをやりたいならそろそろセレクションとか受けなきゃならないけど、日頃のムスメの行動を見ているとハハはまったく動く気にならない。制服買わなきゃ〜とは思うけど。9月から、新しい家計簿に替えた。 [続きを読む]
  • ムスコの片づけ
  • 夏休みの終わりに、ムスメの引き出しを片づけた。ムスメの引き出しはホントにカオス。今回も、お菓子の空箱と使用済み使い捨てマスクが突っ込んであってキレた。ムスコの引き出しは比較的片づいているのだけど、ほぼ使わないものしか入っていない。開けることもほぼないから、小学校卒業時くらいのまま、使わないものが整理されて入っている。久しぶりに中身を全出ししてムスコに確認してもらい、BB弾銃やらのいらないオモチャや、 [続きを読む]
  • 学校の雑巾は買う派
  • 新学期、前日にないと言われたのは雑巾。ストックがあったはずなのに〜と思ったらムスメが持っていっていたようで、「学校にあったわ〜」自宅で使う雑巾は、使い込んだタオルや手ぬぐいと、100均のマイクロファイバー雑巾。消耗品を増やしたくないので、床拭きワイパーも雑巾が挟めるものを探した。古タオルや手ぬぐいは、ウエス感覚でキレイなら洗って使い、洗う気も失せるぐらい汚れたら捨てる。いわゆる雑巾として縫ったりはし [続きを読む]
  • 小学生の母最後の夏休み・ラストスパート
  • 本日から子どもたちも新学期。今日は引き取り訓練のため、母はシフトを入れずに自宅待機。小学校の引き取り訓練もこれで最後だなぁ。小学生の夏休み最後の週末は、ムスメにとっての初めてのMVP。他の子がひどかったからおこぼれでいただいた感もなきにしもあらず。でも、期待はしたんだ。翌日にはその期待も粉々に打ち砕かれると薄々わかっていても、この子がやる気にならないのは自信がないからだと、夫婦で自分の気持ちをごまか [続きを読む]
  • タオルは何枚?
  • わが家では、台ふきんにいただきものの手ぬぐいを使っていたのだけど、ヘタレてきたものから100均の手ぬぐいに替えた。ところが、この手ぬぐいが曲者で。毛玉ができやすかったり、毛玉はできにくいけど水分を拭き取りにくかったり、普通の手ぬぐいならそんなことはないけど、手ぬぐいって意外とお高い。ワタシが手ぬぐい好きだからたまに普通の手ぬぐいも頂くんだけど、ムスメとハハはいつも手ぬぐいで身体を洗っていて、いただき [続きを読む]
  • 来月からがんばる
  • もうすぐ8月も終わる。バイトのシフトも平常通り。繁閑があるから多少の増減はあるだろうけど、去年よりは収入は増えると思う。チチの収入はけして多くない。今は家賃の安い公営アパートに住んでいるし、子どもたちも義務教育だからなんとかやっていけてるけれど、ムスコは来年高校受験、3年後にはムスメも高校生になる。楽天的なワタシでも、少々不安になっている。そんな中で、脳内では実家の妄想リノベーションも進んでいる。 [続きを読む]
  • 好きなことと向き合う
  • 暮らしをコンパクトにしたいと思っているうちに、ワタシ自身はすっかりものを作ることから遠ざかってしまった。ものを作ること自体は好きなのだけど、自分が作ったものに思い入れがない。手先が器用な母親の影響でものを作る楽しさは覚えたけど、母親ほど器用ではなくて出来上がりに納得がいかないというのが真実か。最近はなかなか作る時間もないし、ものが増えることにもお金を使うことにも抵抗を感じるし、それならば作らないで [続きを読む]
  • 小学生の母最後の夏休み・5週目
  • 週末はムスメが2日通しで試合、日曜日はムスコも試合だったのでハシゴした。ムスメの試合は、毎年恒例の中学校の部活との招待試合。今年はレベルの違う中学校があり、ボコられたけどなんとか3位。ムスコのときは前の代が中学生たちに勝利して優勝してしまったので、決勝でそれはもうギャラリー(先輩)が怖かったのを鮮明に覚えている(笑) U13の試合だったので、翌年はムスコたちの代を助っ人に呼んでリベンジ。今年も1年生が助っ [続きを読む]