大文字左京 さん プロフィール

  •  
大文字左京さん: Dufftown 街角ミュージック
ハンドル名大文字左京 さん
ブログタイトルDufftown 街角ミュージック
ブログURLhttp://duff-buskers.doorblog.jp
サイト紹介文鉄道から酒、音楽、更には夜景等に至るまで幅広いジャンルをカヴァーする写真ブログにして参ります。
自由文諸般の事情を鑑みて2016年9月、FC2 より移転致しました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 177日(平均3.0回/週) - 参加 2016/09/29 19:02

大文字左京 さんのブログ記事

  • モデル撮影記 福永桃子 Part 3
  • ももちんのPart 3 も勿論、鉄グッズシリーズ。そしてバルーンも登場  移転後では初登場となった 京阪3000系(Ⅰ) 引退記念タオルバルーンも 特急車 と一般車をイメージしたカラーコーデのつもりだったが、よく見るとしっくり来ない。どことなく カラーピーマン な感じに…本来使うべき筈の ゴールデンロット ではなく イエロー を使用した事で、一寸したミスマッチ感が生じたか?何故 イエロー を使用したかというと、次の回に [続きを読む]
  • モデル撮影記 福永桃子 Part 2
  • ももちんこと福永桃子 嬢のネタのPart 2 ここで登場するのは御馴染みとなった 485/489系 ヘッドマーク(のレプリカ、勿論)  先ずは はくたか 、北陸新幹線開業でこの名を知ったという娘も多いだろうが、それでも何故かマイナーなイメージは抜けないか?小生にとっての はくたか は2代目となる北越急行を走った「部分的」スーパー特急。尤もこのトレインマークが見られたケースは少なく、その場合スーパー特急ではなかった。狭い [続きを読む]
  • モデル撮影記 福永桃子 Part 1
  • 溜めてしまったモデルちゃん関係ネタ、そのストックの消費期限が過ぎない内に消化してしまいたいので、又かと思われるかも知れないが、そこは何卒彼女の美しさに免じて御許し賜りたい。今回取り上げる彼女の名は、福永桃子(ふくなが・ももこ)ファッションブランドで Black Peach (ブラック・ピーチ) というのがあるのだが、実はその社長が誰あろう彼女。先日アップした汲沢芽衣子 嬢の10分後の続行のスジとして(曝)彼女 [続きを読む]
  • 千葉のJR は小生にとって鬼門か? Part 3
  • 千葉のJR が小生にとって少々忌まわしいものになっているという話のPart 3都内在住の小生としては、高速代とガソリン代をタップリ取られるのと引き換えにするのだから、曇られたり失敗するだのという事は本来あってはならないのだが、千葉ではそういうケースになる確立が高い気がする。Part 2 で述べた様にSL、 キハ35 をダブルでしくじったその次の週末、E655系の団臨が千葉県中部を巡るという事で、成田→山武→東金と追い掛けて [続きを読む]
  • 千葉のJR は小生にとって鬼門か? Part 2
  • Part 1 では2010年秋のケースだったが、今度は2012年2月最初の週末での話である。小生の機材もその間にK-7 からK-5 に代わり(予備機もK-5になっていた)、画質は大幅に改善されて連射性能もアップで使い易くはなった。2012年1月の成田臨はそこそこの収穫があり、千葉のJR に対する苦手意識は払拭されたかと思われたが、千葉で待ち受けていた魔物はそんなに甘くなかったのである。E655系の団臨が内房線に昼前に入るという情報を受 [続きを読む]
  • 千葉のJR は小生にとって鬼門か? Part 1
  • 最初に言ってしまうが、小生にとって千葉、殊にJR はあまり面白い印象がない。足を運んでも具合の悪い事に見舞われやすい印象が拭えず、兎に角ゲンが良くない場所という感じで見てしまうのである。勿論それなりの回数は足を運んでいるのだが、満足が行ったというケースが非常に少ない。晴れるという予報を信じて行ってみると、着いた途端に曇りだす、午後から急に曇りだす、肝心な時にマンダーラ。挙句の果にメインのネタで失敗す [続きを読む]
  • PENTAX DFA 15-30mm f2.8 を使ってみた件 Part 5
  • このネタもいよいよ最終回、象の鼻テラス屋上を早々に後にして、臨港線プロムナードに移動。テラス屋上と高さはほぼ一緒だが、夜景スポットとしての認知度はこちらの方が全然上!このプロムナードは貨物線の廃線跡で、以前は山下公園を貫いて山下埠頭に達していた。山下埠頭への延伸時に山下公園内を通る事に反対が多かった。ただ、小生的には山下公園というと高架線があるというイメージが長い事残っていて、それがいつの間にか撤 [続きを読む]
  • PENTAX DFA 15-30mm f2.8 を使ってみた件 Part 4
  • この15-30mm × みなとみらいのネタもPart 4 に突入このレンズと共にみなとみらいに行くのは3回目になったのだが、以前象の鼻パークを旧ブログ時代に取り上げたが、実はそこに「象の鼻テラス」と称するレストハウス兼アートギャラリーがあって、その建物の屋上スペースも夜景スポットになっているのである。臨港線プロムナードから、又地上からでも建物に入る事なく直接屋上に行ける様になっている。因みに、小生がこの事を知った [続きを読む]
  • PENTAX DFA 15-30mm f2.8 を使ってみた件 Part 3
  • 今回=Part 3 は北仲町通から万国橋に戻って、その北詰(ナビオス寄り)から撮った作例集ナビオスの陰から観覧車が一部覗く様なアングルを作ってみた。見ての通り、ナビオス(画面右端)から運河パークにかけての場所の照明が波長の長い光源なので、そこを実際よりオレンジヴァーミリオン風に仕上げてアクセントにしてみた。1枚目よりアングルを若干狭めて撮ってみる。ワイドにしたり狭めたりという画角の調整が1本で出来るという [続きを読む]
  • PENTAX DFA 15-30mm f2.8 を使ってみた件 Part 2
  • PENTAXが漸く出したフルサイズ対応レンズ群の中のDFA 15-30mm f2.8 を今年1月に再び借りられたので、又横浜みなとみらいでの夜景撮影で使ってみる事にした。みなとみらいでもド定番夜景スポットの万国橋付近に狙いを定め、如何にもこのエリアという夜景をこのレンズで撮ってみた 。先ずは万国橋南詰からのショットとはいえ、橋自体が15m程度しかないので南も北もないのだがww20世紀初頭に新港地区を開発する際に懸けられた橋で現在 [続きを読む]
  • PENTAX DFA 15-30mm f2.8 を使ってみた件 Part 1
  • ここで取り上げるDFA 15-30mm といえば、フルサイズ対応シリーズとしてリリースされた4本のレンズの一本だが、去年秋と今年早々の2回に渡って借りられたので、これを使っての夜景撮影に繰り出してみた。因みにこれ、f2.8通しなのだが☆(star)は付かない。これには埼玉の某〇ムロ〇のO.E.M.(公然の秘密)という事が背景にあるのか?小生はK-1 を持っていないので使用するボディは当然K-3(APSC)、ということは22.5〜45mm相当の [続きを読む]
  • Chambolle-Musigny 1er cru Les Cras 1999 Ghislaine Barthod
  • ここで取り上げるDomaine Ghislaine Barthod(ドメーヌ・ギスレーヌ・バルト)をご存知の方もかなりおられるとは思うが、この蔵は1925年、Marcel Noëllat(マルセル・ノエラ)等によってDomaine Barthod Noëllat(ドメーヌ・バルト・ノエラ)として設立されたドメーヌで、その本拠は勿論Chambolle-Musigny(シャンボル・ミュジニ)村。同村内に7つの1er cru を保持していて、この村の所謂スタードメーヌであるのは言うまでもない [続きを読む]
  • Truchard Syrah 1998 Carneros Napa valley
  • このlivedoor に移転してからワインの記事を書くのは初めてと思われる。小生としては珍しく、所謂新大陸のワインを取り上げる事となった。最初に述べてしまうが、今回のワインは新大陸ワインの一般的なイメージとは違うものと言える。この作り手であるTruchard(トゥルチャード)の所在であるCarneros(カーネロス)といえば、カリフォルニア北部の有名な産地であり、Oakland(オウクランド)より北にあり、Mendocino(メンドシノ [続きを読む]
  • モデル撮影記 汲沢芽衣子 Part 7
  • このネタの締め括りもバルーンシリーズ、その第3弾!ポートレイトで横位置は絵作りが難しい事も多いのだが(だって人間は縦長に出来ているから)、これならそれなりに纏まる気がする鮮やかなルビーレッドの風船を抱える彼女、乙女には真っ赤な風船も非常にイイオレンジは転がって影に隠れてしまったorzローピンとブルーが完全に平行の向きになってしまっているのも一寸マイナスか風船を抱えながら何かを訴え掛けるかの様なこの表情 [続きを読む]
  • モデル撮影記 汲沢芽衣子 Part 6
  • バルーンシリーズも2回目、ド定番化した戯れ系ショット!世界中でとんでもない事が続出していて落ち着かないという御仁達には、この可愛らしさに心癒されて頂きたいものである。   やっぱ風船は楽しい! 彼女のこの表情! 思い出すだけで、小生の気持ちも最早、何も言葉は要らないというレベルか?(何やねん、そら?)  青い風船を片手にして…、彼女の楽しさも伝わるだろうか?凄く楽しそうに撮っている様に見えるが [続きを読む]
  • モデル撮影記 汲沢芽衣子 Part 5
  • 今回のモデル撮影記、汲沢芽衣子嬢のシリーズは、少し早めだが?恒例バルーンシリーズに突入!えっ? 最初からバルーンシリーズみたいなもんやんか!というツッコミは無しで…w  スタジオの階段の踊り場で撮ったが、実はこれがこの撮影会での最初のショット!このモデル撮影記では撮った順番通りに掲載するわけではない。表情も出だしのためか少し硬いか。いきなりバルーンから入ってはいけないという決まりはないし、これでお [続きを読む]
  • モデル撮影記 汲沢芽衣子 Part 4
  • このネタも只今Part 4 ここで登場するのはあの伝説の列車、北斗星! といっても勿論実車ではなく、関連グッズだがw  決して、バルーンシリーズfeat. 北斗星グッズではない。メインはあくまでも北斗星!バルーンのコーデは言うまでもなく、真っ赤なパーイチ牽引時代を基にしたものこのサボ風プレートは両面で、裏返すだけで変化は付くので有難い。  このヘッドマークレプリカも直径30cm位あると存在感が出て色々使えるのだが… [続きを読む]
  • モデル撮影記 汲沢芽衣子 Part 3
  • 前回に引き続いて南海グッズとのコラボしたヤツの第2弾。そもそも南海グッズをフィーチャーした絵を撮る事もあまりないであろうから、こんな時にでも大々的に載せておく。南海のグッズはこのタオル2種だけなので、早速バルーンとの複合技に走る。バルーンのコーデは現在の装飾帯のカラーリングであるブルー+オレンジ  床にタオルを彼女を挟むように並行に置いて、バルーンを「普通に」持たせる。この時点で南海タオルとバルーン [続きを読む]
  • モデル撮影記 汲沢芽衣子 Part 2
  • 汲沢芽衣子 嬢のPart 2 はこのブログ初登場になる南海電鉄グッズとのコラボ。この年の5月に南海7000系等を狙って大阪に遠征した際に難波駅のショップで購入したのが、撮影会の小道具として活躍する事に。小生が南海という言葉を口にした途端、彼女から返って来た言葉に少々驚いた。「南海ホークスの?」彼女の出身が大阪とはいえ、年代からして南海ホークスなんて記憶にない筈である。実は彼女、野球オタクでもあった事が後に判っ [続きを読む]
  • モデル撮影記 汲沢芽衣子 Part 1
  • 立て続けのモデル撮影記になってしまうが、一昨年からのネタが貯まっていていっその事、ここで続けて放出した方が良いと思った次第である。何でこんなに貯まったのかといえば、旧ブログ時代から更新ペースが思った様に上がらなかったのに加えて、去年は移転のために2ヶ月程休んでいたという事情がある。更には公開予定の急遽の差し替えや追加もあっていつの間にか貯まってしまったのである。言い訳じみた話はこれ位にして、今回の [続きを読む]
  • 今でも受け入れ難い現実
  • これ、先日ワシクリの八甫で撮った画像である。 桃タキ というのはそれなりの回数撮っているが、何と金タキ(EH500牽引の石油列車)!この金タキになった列車の存在は判っていたが、実際に撮ってみると、この現実に対して受け入れ難さを禁じ得ない小生である。中央線や高崎線でのブルサンタキでも短くて間抜けなケースは多々あるが、こんな程度のヤツやったらH 級になんか牽かせんなと思ってしまう。去年の今頃はももちんこと EF21 [続きを読む]
  • モデル撮影記 うてなまりえ Part 7
  • このネタ最後も、アイドルとふう〜せ〜ん、後半戦はベッドの上で戯れるの巻若い娘を風船で囲むってやっぱりキュートでイイ ベッドの上で風船で戯れる、この構図は嵌るとホンマに可愛い!  先ずはブルーの風船を持ってもらった。右画像=風船を抱いているところの表情が小生としては好きである。何で残り3つを全部前に置くのかって? なるべく全部フレームにしっかり入れたい、そうでないともったいない気がする。ただ、バルー [続きを読む]
  • モデル撮影記 うてなまりえ Part 6
  • このネタも漸く佳境に入り、小生も彼女もルンルン&アゲアゲのバルーンシリーズ!毎回の事ではあるが、風船を手渡す時のモデルちゃん達の嬉しそうな感じを見ると、こっちもギアが2段位上がってくるというものである。  アイドルとふぅ〜せ〜んっ!これだと、腰の下くらいまでになってしまうが、全身とは行かないまでも、本当は膝下位までの絵が撮りたかった。ここでは距離が取り辛い事もあったが、何と言ってもPENTAX のAFエリア [続きを読む]
  • モデル撮影記 うてなまりえ Part 5
  • うてなまりえ 嬢の楽しい撮影ネタもPart 5 になるが、ここは、目先を変えてスポーツシリーズを行ってみたい。ただ、シリーズと銘打ってみたところで、ネタは2種類しかないのが痛い。   この記事がアップされる時点ではPro Bowl(プロボウル=オールスター戦)もキックオフ前である。(時差の関係上仕方がない)それが終ると、残るはSuper Bowl LI(第51回スーパーボウル)のみとなる。今回は New England Patriots(ニュー [続きを読む]
  • モデル撮影記 うてなまりえ Part 4
  • この撮影日は横浜・元町春の名物?Saint Patrick's Parade (セント・パトリックス・パレード)が行われた日でもあった。そこに小生も足を運んだのだが、このイベントも昔に比べてここ数年は少しケチになった様な気がする。日本でこの日を祝うイベントは東京=表参道のパレードが1992年に開始されたのに始まる。横浜のそれも2004年の第1回から去年で12回を数えているので(2011年は東日本大震災で中止)、2番目に古いのがこの [続きを読む]