藤沢市 辻堂の植木屋 小林庭園の造園ブログ さん プロフィール

  •  
藤沢市 辻堂の植木屋 小林庭園の造園ブログさん: 藤沢市 辻堂の植木屋 小林庭園の造園ブログ
ハンドル名藤沢市 辻堂の植木屋 小林庭園の造園ブログ さん
ブログタイトル藤沢市 辻堂の植木屋 小林庭園の造園ブログ
ブログURLhttps://kte.muragon.com/
サイト紹介文神奈川県は藤沢市、辻堂を拠点に造園業を営む、植木屋小林庭園のブログです。 日々の生活の中で気がついた
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 357日(平均0.5回/週) - 参加 2016/09/30 21:57

藤沢市 辻堂の植木屋 小林庭園の造園ブログ さんのブログ記事

  • Test
  • 植木屋小林庭園は、神奈川県は藤沢市、辻堂を拠点に造園と剪定・伐採を行っています。 日々の生活の中で気がついたこと、印象に残ったこと、勉強になったこと等、記録しています。 季節ごとにオススメの施工も紹介しています。 ??ウェブサイト 【藤沢市の造園と剪定・伐採なら】辻堂の植木屋 小林庭園まで [続きを読む]
  • 危険木の伐採 1
  • 危険木の伐採です。 このクスは幹が半分以上枯死しており、エントランスの構造物に幹が当たっており、電線や街灯にも干渉していました。 ↑ 幹の枯死が確認できます。 ↑ 幹が当たっています。 ↑ 危険な部位を取り除き… ↑ 伐倒(切り倒すこと)です。 ↑ 直径は約65cm、時計で言う4時から10時ぐらいまでの、幅15cm足らずの部分を除き全て枯死しているのがわかります。 このような状態の木を放置すること [続きを読む]
  • チャドクガ 1
  • チャドクガが発生しています。 画像は5月の頭頃に撮ったものです。 チャドクガは、一般にツバキやサザンカ、ヒメシャラによく発生し、その名の通りチャノキにも発生します。 春と秋の二回(※条件次第では三回の場合もあるようです)、卵から孵化し、夏に孵化した個体の成虫が産卵し、卵塊で越冬します。 湘南の海寄りの地域は比較的暖かいので、孵化も早めです。少し内陸の地域では今頃、画像のような状態まで成長しているの [続きを読む]
  • 伐採の道具達 1
  • 伐採に使う道具を紹介します。 ・制動器 重量物を吊り下ろす際に、ロープの制動に使用します。 ↑ このように、ロープを巻きつけて使用します。 この器具にロープを巻きつけることで、僅かな労力で、安全に重量物を吊り下ろすことができます。 ある程度の重量物になると、人力だけで制動するのは困難です。そこで、かつてはロープを木の幹に巻きつけるなどしていたのですが、このような器具を使うことで、幹もロープも傷めず [続きを読む]
  • サンゴジュハムシ 2
  • こちら ↓ の記事で卵を紹介したサンゴジュハムシの幼虫です。 サンゴジュハムシ 1 綺麗な葉が食い荒らされてボロボロです。 こうなってしまう前に、食い荒らされた部分をやまだ孵化していない卵が残っているであろう小枝を剪定し、残った幼虫を薬殺すれば、夏の間は艶々した綺麗な葉が楽しめます。 春の剪定と駆虫は遅くとも5月中に済ませておきたいところです。 【藤沢・辻堂・茅ヶ崎でお庭のお手入れなら】辻堂の植木 [続きを読む]
  • スズラン??
  • 鎌倉方面にて。 道端に咲いていたきれいな花。 スノーフレーク(別名スズランスイセン)と呼ばれる種です。 スズランによく似ていますが、花弁に緑色のポイントがあるので見分けは容易です。 スズランとは、分類上交配が可能とされる「科(か)」よりも上位の「目(もく)」から違うので、交配すら不可能なレベルで全くの別種です。 「目」から違うとはどういうことかと言うと、ネコとネズミぐらい違うということです。 ネコ [続きを読む]
  • フキノトウ
  • お客様にいただいたフキノトウ 調理に使ったのはもちろんこのまな板です。 ハムと卵で炒めていただきました。 独特の香りとほろ苦さが美味です。 このようなことで四季を感じられるのも植木屋の良いところです。 ご馳走様でした。 [続きを読む]
  • サンゴジュハムシ 1
  • ・お宅にサンゴジュはありますか? ・葉がボロボロに食い荒らされてはいませんか? それはサンゴジュハムシという虫の食害です。 サンゴジュハムシは幼虫・成虫ともにサンゴジュの葉を食害します。見た目が汚らしくなるだけでなく、あまり酷いと樹が弱って枯れてしまうこともあります。 ↑ ↑ ↑ 画像の中心あたり、割り箸ほどの太さの枝に、茶色い半球状のものが数個固まって着いています。 これがサンゴジュハムシの卵で [続きを読む]
  • 伐採→再利用
  • 数年前に伐採したイチョウをまな板に加工しました。 イチョウは材が柔らかく、滑らかな平面を出しやすく、刃当たりが優しいので、まな板の材に適していることで知られています。 伐採して捨ててしまえばただのゴミですが、少し手間を加えるだけで永く使える道具に生まれ変わります。 【藤沢・辻堂・茅ヶ崎で伐採なら】辻堂の植木屋 小林庭園 [続きを読む]
  • ゴヨウマツの手入れ
  • 松の緑、枝の影、真っ青な空のコントラストが美しいです。 ゴヨウマツの剪定には大変手間がかかりますし、少々気を遣います。 単に樹形を整えるだけではなく、ある程度透けるように、かつ、柔らかく下がる枝を育てるように剪定します。 そうしないと、切ったその時は格好良くても、木が年々大きくなってしまい、枝ぶりがゴツゴツしていきり立って、柔らかさが無くなってしまいます。 なぜ透かす必要があるのでしょうか? 一つ [続きを読む]
  • 冬は伐採シーズンです
  • 高木の伐採を行なったので、作業風景を職人仲間に撮ってもらいました。 なぜ、冬が伐採シーズンなのでしょうか? 木が軽くなるからです。 多くの樹木は、冬季には気温の低下と共に休眠状態になります。 樹木が成長を休止すると共に樹体内に含む水分を減らすことで低温による凍結を防ぎます。 また、落葉樹であれば冬は葉がありませんから、その分軽く、見通しもよくなります。 余談ですが、樹木の芯材に年輪が刻まれるのは、 [続きを読む]
  • ヘリグロテントウノミハムシ 1
  • 画像のような状態になっているヒイラギモクセイはありませんか? これは、ヘリグロテントウノミハムシという、テントウムシに似た虫による食害です。 ヘリグロテントウノミハムシ(成虫) ※画像は森林研究所より引用 この虫は、5〜6月頃に黄色い幼虫が出現し、葉を食い荒らすので、この虫がついた葉は画像のような状態になってしまいます。せっかく綺麗に刈り込んでも葉がこのような状態では台無しです。 今この記事をアッ [続きを読む]
  • 【比較検証】固まる土 4種
  • 以前の記事↓ 【自宅で実験】安い「固まる土」を施工 - 【藤沢市の造園と剪定・伐採なら】辻堂の植木屋 小林庭園 では、たまたま安いものが手に入ったので施工してみましたが、今回は、近隣で入手可能なものを片っ端から比較検証してみることにしました。 比較したのは以下の4商品 ・楽土 標準色:陽光物産 ・まさ王 オレンジ:株式会社テラダ(右上) ・防草クン レッド:ホームセンターコーナン(右中) ・エコグ [続きを読む]
  • そろそろ収穫?
  • 最近の寒さのせいか、ハバネロがやっと赤くなりました。 まだほんのりオレンジ色です。 知人が育てていたやつはどぎつい赤だったので、収穫はもう少し先が良さそうです。 とうがらし 種 【ハバネロレッド 小袋】 [続きを読む]
  • 藤沢・茅ヶ崎の土
  • 本日は、鵠沼のK様宅にて伐採抜根と除草を行いました。画像はその際のもの。 藤沢・茅ヶ崎は、ご覧のように山砂と赤土を7:3で混ぜたような、粘らず掘りやすい土が多いです。 先日も、ガラと砕石が埋設されている場所を花壇にするためにガラを除去し客土されたいというご依頼がありましたが、思ったよりもガラの層が薄く、すぐ下にこのような土がありました。 このような場合、わざわざ費用をかけて処分するのはもったいない [続きを読む]
  • 「桜切るバカ」?
  • 先日、お庭の手入れをしていたところ、こんな声が聴こえてきました。 「桜切るバカって言うでしょ、桜は切らない方がいいよ」 どうやら、近所の方が別の方と、お宅に植わっている桜についてお話しされているようでした。 確かに、昔から「桜切るバカ、梅切らぬバカ」という諺があります。 …本当でしょうか? 答えはNOだと私は思っています。 なぜなら、【いずれ必ず切らなければいけなくなる】ことはほとんどの場合確定し [続きを読む]
  • 松っぽい樹の描き方
  • お庭のラフスケッチの際の、簡単な「松っぽい樹」の描き方を紹介します。 1.富士山を描く 2.富士山の麓に池を描く 3.池の上にS字を適当に描く 4.S字をカクカクさせる 5.カクカクの山の部分から斜め下に下がる直線を描く 6.富士山の形に沿ってまんじゅうを描く(頂上に近いほど小さく) 7.カクカクを滑らかな曲線で太らせる 8.曲線をウネウネさせる 9.まんじゅうの左側をフサフサさせる(光源は右上) [続きを読む]
  • 花の癒し
  • 「認知症ケアに花 介護者にも癒し」:gooニュース 引用:「花にはイルカや犬などの動物と似た癒やし効果があり、実際に認知症が改善したり、子供の自己肯定感が高まるなどの変化が起こったりするという。」 自然や緑や、もちろん庭にも、同じような効果があると、私は思います。 [続きを読む]
  • 魚の骨
  • 「フィッシュボーン」という名前で売られている植物があります。 調べてみると、別名「ジグザグカクタス」というそうです。 日本で路地植えできて(半日陰)、春には花も咲くとのこと。 形のインパクトが強いので、なんとなくこのままの姿でいてくれそうな気がしてしまうけど、先端が伸びて行って垂れ下がり、そこから枝分かれして、地面や壁面に着生するという、ツル植物のような性質を持つらしい。 そうなると、画像のものは [続きを読む]
  • バナナ(?)の香り
  • お庭で見かけたカラタネオガタマの花芽です。 カラタネオガタマ(オガタマノキとは別種)は春の花木で、「オガタマ」は「招霊」とされ、古くは神事に使われていたそうです。 クリーム色の花が放つ強い芳香はよく「バナナの香り」と言われ、あまり大きくならないので、植えやすく、育てやすい庭樹です。 香りのある花が好きな方にはオススメしたい庭樹ではありますが、強い芳香が苦手という方もいらっしゃいます。 個人的にはオ [続きを読む]
  • 軍曹
  • ※【虫】ネタです!苦手な人は読まないで下さい! 我が家にアシダカグモが出ました。 ネット上では「アシダカ軍曹」などと呼ばれているそうです。 大きくて動きが速いので、部屋に出たら気味が悪いかもしれません。 しかし、このクモ実はみんなが大嫌いな"G"の天敵です。 家にアシダカグモが二匹いると半年で"G"は全滅するとか… しかも人間の食べ物には興味がない、刺さない、噛まないという益虫です。 いきなり部屋 [続きを読む]
  • 良くない見本
  • 本日はあいにくの雨の中、茅ヶ崎市のA様宅にて芝面の地盤調整。その作業の過程で判明したこと。 お庭に植えられているオリーブの樹が、なんと地中用不織布ポットのまま植えられていました。 このポットは腐らない素材でできており、植木を一時的に植えておくためのものですが、お庭に植わっているということは言うまでもなく「一時的な」施工ではありません。 このままでは、植木はしっかりと根を張ることができず、最初の数年 [続きを読む]