岡まゆみ さん プロフィール

  •  
岡まゆみさん: 岡まゆみ☆子どもの安全研究所ひなどり☆
ハンドル名岡まゆみ さん
ブログタイトル岡まゆみ☆子どもの安全研究所ひなどり☆
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/hinadori2016/
サイト紹介文2012年、未亡人になりました。当時保育園児だった息子と娘を育てながら大学院進学、子どもの安全研究。
自由文2012年、川で溺れていた小中学生の救助に当たった夫が亡くなり、突然シングルマザーになりました。二児の子育てをしながら大学院に入学、子どもの安全を学び、卒業時には新聞でとりあげていただきました。ヤフーニュースもなりました。http://mainichi.jp/articles/20160324/k00/00e/040/267000c?platform=hootsuite
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 200日(平均2.0回/週) - 参加 2016/10/01 11:04

岡まゆみ さんのブログ記事

  • 踏切での人命救助は
  • 踏切に進入した70代男性と、救助に入った50代男性がともに亡くなった。【YOMIURI ONLINE 4月17日 より】川崎市川崎区の京急線八丁畷はっちょうなわて駅近くの踏切で、男性2人が電車にはねられ死亡した事故で、川崎署は16日、踏切内で高齢男性を助けようとして巻き込まれた男性について、横浜市鶴見区尻手しって、会社員児玉征史まさしさん(52)と発表した。 児玉さんは横浜銀行に勤務し、人財部の主任人事役を務めてい [続きを読む]
  • 夏の事故予防!子どもの安全勉強会開催!?講師ご紹介
  • 6月10日(土)13:30−16:00大阪大学中之島センターにて、「夏の事故を予防しよう!―子どもの安全を考える勉強会―」 講師のご紹介お二人目です。 高井啓大郎さん 高井さんはのあっく自然学校代表。 季節ごとの多彩なキャンプ、0歳からの野外教育「森のようちえん」、海や魚に親しむ「お魚倶楽部」等々、「楽しく、自ら考え、自ら行動する事のできる子どもたちを育てる」活 [続きを読む]
  • 夏の事故予防!子どもの安全勉強会開催!?講師ご紹介
  • 6月10日(土)13:30−16:00大阪大学中之島センターにて、「夏の事故を予防しよう!―子どもの安全を考える勉強会―」 講師のご紹介まずは一人目です。今回、参加いただけない方も、こういった活動をされている方がいると知っていただけたら嬉しく思います。 吉川優子さん 吉川さんは「一般社団法人吉川慎之介記念基金」の代表理事。今回、吉川さんからお声掛けいただいたことがきっかけで勉強 [続きを読む]
  • 夏の事故予防!子どもの安全勉強会開催!?
  • 6月10日(土)13:30−16:00大阪大学中之島センターにて、「夏の事故を予防しよう!―子どもの安全を考える勉強会―」 を、吉川慎之介記念基金と子ども安全研究所ひなどりの共催で開催します! 夏場に子どもと楽しく遊ぶには、まずは安全でなければいけません。 講師として、アウトドア活動のプロ 救急のプロ保育事故遺族の事故防止活動第一人者子どもの安全研究者 の4名が、現場 [続きを読む]
  • 大分子ども園の刃物事件から考える
  • 保育園で刃物を持った男性が暴れた事件について。概要【31日午後、大分県宇佐市のこども園に刃物を持った男が侵入し、9歳の男の子と女性2人が切られるなどして軽いけがをしました。警察は、路上で取り押さえた近くに住む32歳の男を銃刀法違反の疑いで逮捕し、詳しい状況を調べています。】(NHKニュースよりhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20170331/k10010932731000.html)園長コメント【四日市こども園の川谷興仁(こう [続きを読む]
  • 四年前の今日、新聞に
  • 4年前の今日、私が大学院に進学することが朝日新聞の記事になりました。夫が亡くなったのが5年前。その後一年間に、川の事故の再発防止のために、大阪府土木事務所や、市教委、国交省、文科省などを訪れ、自治体の安全強化学校での安全教育の強化各校に安全管理の専門知識のある教諭の配置などを訴えました。(当時の市長のはからいで川の両側に危険を知らせる看板が立ちました!)また、川の管理を問うために行政訴訟も考え、弁 [続きを読む]
  • 西日本放送ラジオに出ます!
  • 今月1日、高松で開催された女性応援イベント「FES志国vol.5」の合間に、西日本放送さんにお邪魔してきました!そこでなんと、ラジオ番組の収録に入れていただきましたそしてその番組が明日18日と25日、2回にわたって放送されます西日本放送ラジオ(1449khz)5時45分〜6時「杉ノ内由紀の蔵出し文庫」 です。残念ながら関西には届かないのですが、故郷の香川で放送されること、感慨深いです!明日の回は私の自己紹介、 [続きを読む]
  • 雑誌「近代消防」に掲載されました(ちょっとだけ)
  • 消防関係者に多く読まれている雑誌「近代消防」3月号にちょっとだけ掲載されました。もう一昨年前になりますが、堺市消防局のご協力のもと、6歳〜12歳(小学生の年代)児童が、どういった怪我で救急搬送されているか調査を実施しました。そして、そこで得られたデータや、私の経験をまとめ、堺市立小学校で講演をさせていただきました。また、講演後は堺市消防局の予防救急ご担当者からの、プロのご経験に基づくお話もあり、学校 [続きを読む]
  • 阪大サイエンスカフェ無事終了!
  • 3/3、サイエンスカフェ@阪大歯学部病院無事終了しました「地域で育む子どもの安全〜心理学の理論に基づいた安全教育をもとに〜」と題して「ご主人が事故で亡くなったからといって、大臣にまで話をしにいったり、大学院まで行くのは普通できないでしょ」などとよく言われることから、なぜ大学院に入学したか、その経緯と思いをお話し、 怪我が軽傷で済むか重大事故に発展するかは確率の問題、つまり「運」であること。子ども [続きを読む]
  • 来週だけ売れっ子
  • 来週、人前でお話する機会が二回!3/1 (水)香川県高松市で開催される、女性を元気にするイベントFES志国!こちらでは、結婚教育カウンセラー棚橋美枝子さんとのトークセッション。棚橋さんは、元夫が作った約1400万円の借金をご苦労されて返済し、その中で、結婚も教育が必要な時代だ!と起業され、結婚教育の第一人者として、全国を飛び回ってご活躍中です。現役女子大生でもあります。 棚橋さんブログはこちら↓http://p [続きを読む]
  • 我が子をかばってなくなった女性遺族の報道
  • 悲しいことばっかりで、嫌になる。先日も、娘さんが亡くなった道路の見守りをしていた男性が、飲酒運転の車から小学生をかばって亡くなったニュースがあったばかりだ。今回女性が亡くなった事故。事故そのものに関することではないけど、突然パートナーを亡くした経験者として思ったこと。事故の翌日朝から被害者の自宅にまで行って、子どもを抱えたご主人にインタビューするのやめてほしい。インタビューに答えるかどうかを決め [続きを読む]
  • 地域の活動「みんな我慢してるから」?
  • 本年度のPTA執行部としての活動が終わりに近づき、子どもに負担をかけていたあの活動から解放だ!と思っていたら、来年度は地域の自治会が当たる。昨日、現役員さんから「まゆみさん、次、会長いける?」と打診がありました。「いやーー、ちょっと…無理ですねぇ…」と、返事。地域の自治会は、行事のミーティングとなると夜に召集がかかるし、夏祭りはPTAと同様2日丸々手伝い、他にもあんな行事、こんな行事…PTAでさえ、子ども [続きを読む]
  • 再発防止!〜遊具にランドセルがひっかかる?〜
  • 1/31夕方、小学一年生男児が遊具で遊んでいた際に意識不明の重体になる事故が発生しました。産経ニュースより31日午後4時55分ごろ、大阪市住之江区新北島の市営住宅の敷地内で、「意識がなく、呼吸もしていない小学生ぐらいの男の子がいる」と、通行人の女性から119番があった。大阪府警住之江署などによると、小学校低学年ぐらいの男児が意識不明の状態で病院に搬送された。  同署によると、男児は集合住宅の敷地 [続きを読む]
  • リブログ「風俗から子ども食堂へ」
  • 以前私は「貧困」は他人事ではないhttp://ameblo.jp/hinadori2016/entry-12193433262.htmlという文章を書きました。この意識は変わりません。このリブログさせていただいた「風俗から子ども食堂へ」という湯浅誠先生の記事と、ご本人のブログを拝読し、ご夫婦の行動力、意志の強さに敬服しました。貧困は他人事ではない、やはりそう思います。今年から、私もできることからひとり親家庭支援のお手伝いをしていきます。 [続きを読む]
  • 「いいパパ」のハードル低くないかい?
  • 栃木県宇都宮市で、子どもの目線を通じてその保護者たち・大人へモラル向上を訴えかける試みが行われています。 栃木県 宇都宮市 大人のモラル向上プロジェクト 啓発紙「コドモのメセン」 です。 http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kurashi/shogaigakushu/1012998.html 中身を一部ご紹介するとポップで手に取りやすい表紙です。これは(子どもに限らず)問題です。歩行者優先ですので、ドライ [続きを読む]
  • 大阪大学吹田キャンパス「サイエンスカフェ」に出ます
  • 【サイエンスカフェに出ます】少し先ですが、3/3(金)16:30-18:00吹田市阪大歯学部病院一階のカフェで「地域で育む子どもの安全〜心理学の理論に基づいた安全教育をもとに〜」と題して、スピーカーします(^o^)/http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/events/2017/hacafe_0303私が研究を始めたきっかけ、子どものケガの現状、小学校で三年連続実施している安全教育プログラム「ひなどり」の実施風景などをお話し、その後は参加者の [続きを読む]
  • 楽しい組体操とは?〜「学校でのスポーツ事故を防ぐために」より〜
  • 1月23日、スポーツ庁委託事業、スポーツ事故防止対策推進事業 「学校でのスポーツ事故を防ぐために」 に参加しました。 事業概要突然死防止のための心臓検診とAEDスポーツ中の歯・口のけが事例分析と予防10か条体育・スポーツ活動事故防止の取り組み組み立て体操の指導における怪我の現状と今後の在り方 と盛りだくさんの内容でした。特に私が興味深かったのは 組み立て体操についてです。(講師の日 [続きを読む]
  • 先生、雪の中自転車で来いって言ってないってさ
  • 先日、部活の部員たちに、市民マラソン会場まで雪道を通って自転車で来いと言った先生。詳しくは→雪の中自転車で来いという先生私、2012年4月に主人と、市内中学生が川で亡くなって、事故の再発防止のための対策や教育を教育委員会にお願いしました。一緒にやっていきませんか?という話もしましたが、教育委員会でやるから、遺族とは一切関われないと言われ、そういったことにカチンときたことも、私が大学院に入学までした動機 [続きを読む]
  • こども会が運営できない
  • 本日の回覧板で、こんなのが回ってきました。こども会活動が継続しづらくなり、市が、市内のこども会サポーターを募集しています。無償のボランティアです。登録した方には、市内こども会(自分の住んでいる地域ではないかもしれない)からの要請に応じて連絡がくるそうです。地域の活動は大切ですし、子どもも楽しみにしています。でも、PTAや自治会のような、「組織」「役職」「仕事」になると、とたんに負担感が増します。私も [続きを読む]
  • 雪の中自転車で来いという先生
  • 大寒波が関西にもやってきて、珍しく積雪が。この雪ですが、本日は「市民マラソン」開催日でした。地元中学のとある部活の生徒たちは参加のため、顧問の先生から9時の開会式より早めの8時に、中学校から6キロ以上離れた会場へ各自集合するように言われていました。自転車で。…なにそれ現地までの道や、その他周辺地域には車のスリップ痕も多々できました。実際、本日は事故多発したようです。だが、自転車で来いと。心配に思った [続きを読む]