ぽっぽ さん プロフィール

  •  
ぽっぽさん: のぐらいふ
ハンドル名ぽっぽ さん
ブログタイトルのぐらいふ
ブログURLhttp://www.poposenyou.top/
サイト紹介文おすすめする韓流・華流・海外ドラマ、映画、本ビューティ。コラムに自律神経失調症の闘病記
自由文一押し
・おすすめ韓流ドラマ/おすすめ人気韓流ドラマ「ラストゲーム」
・コラム/女ひとりで焼肉屋に入れる?
・本・マンガ/エロとヤンキーと時々、哲学的なつぶやきと・・みうらじゅんと宮藤官九郎の対談本「どうして人はキスをしたくなるんだろう?」など
・コラム/母が自律神経失調症になりまして


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 177日(平均3.7回/週) - 参加 2016/10/02 22:01

ぽっぽ さんのブログ記事

  • 「間取り図大好き」
  • 間取り図、見ていて飽きません。間取り図に妄想が止まりません。そして今回、間取り図で面白い本を見つけました。不可思議な間取りを集めた本間取り図大好き!posted with ヨメレバ間取り図ナイト 扶桑社 2013-01-30AmazonKindleアマゾンの「なか見!検索」で内容を見て頂くとわかるんですが、「どっから入るの?」って物件やなぞの間取りの物件が沢山出てきます。思わず笑ってしまいました。サザエさんちの間取り図その昔 [続きを読む]
  • 【ネットが生んだ文化】を読んで
  • 「ネットが生んだ文化(カルチャー)」の初版は平成26年10月。今から三年前に発行された本なので、ご覧になった方も多いことと思います。この本はDWANGOの会長、川上量生さんが監修したもの。研究者の方々の見解がテーマに沿って纏められています。角川インターネット講座 (4) ネットが生んだ文化誰もが表現者の時代posted with ヨメレバ川上 量生 KADOKAWA/角川学芸出版 2014-10-24AmazonKindle楽天ブックス総してとても [続きを読む]
  • 韓国ドラマ・おすすめの定番人気ラブコメ
  • いっぱい笑えてキュンとなるラブコメから厳選を重ね、これぞと思う恋愛ドラマ・ラブコメを集めてみました。お気に入りの韓国ドラマが見つかれば幸いです。人気作からなつかしい名作まで。おすすめのラブコメを随時更新♪*ランキングではありません。年代等順不同。ご紹介するおすすめのラブコメは「韓流好きがおすすめする人気の韓国ドラマラブコメ20作品」からお引越ししたものです♪【嫁は崖っぷちアイドル】U=NEXT [続きを読む]
  • 【恋のスケッチ〜応答せよ1988】あらすじ&感想 おすすめです
  • 社会現象を巻き起こす?!ほどの人気作泣いて笑って喧嘩して。青春あり、家族愛あり、ご近所愛ありのどこか懐かしいハートフルドラマ        おすすめのラブコメおすすめの韓国映画名作・人気作時代劇(おすすめランキングより)主な登場人物ドクソン:明るく根が単純で能天気な女子高生。近所の幼なじみとは兄弟のようにして育つボラ:ドクソンの姉。ソウル大に通う女子大生。鬼のように恐くソン家でも1番の権力者ソヌ: [続きを読む]
  • 【もう一度ハッピーエンディング】あらすじ&感想&キャスト
  • 結婚?!離婚??再婚!!「ホジュン〜伝説の心医〜」「春の輪舞曲〈ロンド〉」のクォン・ソンチャン監督と、新鋭脚本家ホ・ソンヒが描く、ちょっと笑えてちょっと切ないアラサー女子のラブコメディー ☆アマゾンプライムビデオで視聴される方はこちら→第1回           おすすめのラブコメおすすめの韓国映画名作・人気作時代劇(おすすめランキングより)他、韓ドラ記事一覧主な登場人物ハン・ミモ:バツイチ、再 [続きを読む]
  • 映画「殿、利息でござる!」をみた感想
  •            とてもいい映画でした。この映画は冒頭が肝となっているので、ヘタに内容を覗かせてしまうとその冒頭を台無しにしてしまう。ので、今回はできるだけスジを伏せつつ感想を綴っていきたいと思います。「殿、利息でござる!」わたしはこの映画の前情報をほとんど持っていなかった。知っていたのは実話であるということ。お金に関してのお話しだということ。その2点だけ。ジャンルもよくわかっていなかった [続きを読む]
  • 【女を泣かせて】あらすじ&感想 主演キム・ジョンウン他
  • 2015年MBC演技大賞・脚本家大賞を受賞した「女を泣かせて」     大ヒットドラマ「金よ出てこい☆コンコン」の脚本家ハ・チョンオクと、「善徳女王」「ホジュン〜伝説の心医〜」などの人気時代劇を手掛けた演出家キム・グンホンがタッグを組んだ話題の愛憎劇            おすすめのラブコメおすすめの韓国映画名作・人気作時代劇(おすすめランキングより)他、韓ドラ記事一覧「女を泣かせて」主な登場人物ド [続きを読む]
  • 希少品種みかん「たまみ」が美味しかった♪
  • 何気にスーパーで買った「たまみ」びっくりするほど甘かったです。記事にするなんて思ってもいなかったので、たまみの画像なんてものはなく、ただただ、捨てられようとしていた包装のシールを撮る羽目に(汗)「たまみ」の食感はいよかんに近い。袋に書いてある通り、オレンジの薫りがする。ラベルには「オレンジ様の強い香りがあり・・」とある。オレンジ様 [続きを読む]
  • 天然ママ
  •          うちの母は仕事がバリバリできて、昔から若い人に慕われる性質。そんな母だが、これがなかなか始末におけない天然で、ウソだろと思うような、珍行・奇行は日常茶飯事である。先日も、スプレー缶みたいなものを手に、シューシュー自分にふりかけていた。ぽ「なにしてんの?」母「えっ?ほらここに、除菌って書いてあるから・・」たしかに、その缶にはでかでかと除菌・消臭と書いてある。でも、それ、 [続きを読む]
  • 韓国映画【恋するインターン】あらすじ&感想 パク・ボヨン他
  • ラブコメ?!これはサクセスストーリーでした!就職すればラクになると思っていたインターン娘が真実に立ち向かう。痛快サクセスストーリー「恋するインターン〜現場からは以上です〜」働くあるあるがここにありました。          おすすめのラブコメおすすめの韓国映画名作・人気作時代劇(おすすめランキングより)他、韓ドラ記事一覧韓国映画【恋するインターン】主な登場人物ト・ラヒ・・芸能記者見習い。鬼編 [続きを読む]
  • ゲゲゲの鬼太郎の作者:水木しげるコミック「昭和史」
  •           激動の昭和の中を当時の子供たちがどう過ごしていたか。気になった事ありませんか?ゲゲゲの鬼太郎の作者水木しげるさんの著「昭和史」をひも解きながら、今日はちょっとだけ日本にあった風景を語ろうと思います。コミック一巻は満州事件あたりから始まります。作中では鼠男が当時の様子を語っています。並行して水木少年が過ごした日々が漫画に納められています。「昭和史」は水木少年のなまの日常が描かれ [続きを読む]
  • 川柳ではじまるお正月 お題:「お正月」(涙)
  • 「大みそか カウントダウン待ちきれず」新年おめでとうございます、ぽっぽです。大みそか、カウントダウンまで起きていたかったのですが、9時過ぎたあたりからもう目がしばしばしてしまって、そのまま記憶がありません。おそらく、白目をむいて寝ていたに違いありません。かわりに今年は日の出を拝むことができました。うん、よかった(笑)さて、さて皆さま。昨年は、しょーもないブログにお付き合い下さり、まことにあり [続きを読む]
  • 【ティッピ】 アフリカで育った少女の今(現在)
  •             驚きに出会うためには、いつも美しいものをみるようにすればいい。目に見えるものも。見えないものも。邪気のない笑顔。空を貫くほどの笑い声。動物と話ができる少女は、1990年6月4日、アフリカで生を受けた。Tippi Degre(ティッピ ドゥグレ)野生写真家(フランス人)の御両親の元、ティッピは10歳になるまでアフリカの大自然の中で育てられました。「 わたしも裸にならなければ、動物たちは心 [続きを読む]
  • 今更ですが・・野生爆弾のロッシーが面白すぎるww
  •           「エピソード」をあげたらきりがないほど超天然の野生爆弾ロッシー。そしてロッシーがその天然っぷりで笑わせてくれるオモシロ動画あり?おすすめです♪年の瀬。仕事に大掃除に何かと大忙しいのことと思います。皆さん、お元気ですか?この時期を乗り切って頂くべく、ちょっとお時間拝借。天然でおなじみ野爆ロッシーのライブ動画、よかったら♪桁の数え方?は天然のロッシーならでは!(2分13秒か [続きを読む]
  • 『名人に香車を引いた男 升田幸三自伝』を読んで
  •              以前、ある棋士が弟は馬鹿だから医者になったというエピソードを聞いてクスッとさせられた記憶があります。御兄弟ともに東大卒です。どこが馬鹿なのかと凡人は思ってしまうわけですが、将棋とはそんなに奥深いものなのかと思ったことがあります。また最近ではロボットとの対局。食い入るように見てしまった。そしてようやくかねてより読みたいと思っていた本に手を付けることが出来ました。読 [続きを読む]