Honoka さん プロフィール

  •  
Honokaさん: 自家製生活レシピ・美味しい毎日の作り方
ハンドル名Honoka さん
ブログタイトル自家製生活レシピ・美味しい毎日の作り方
ブログURLhttp://ring.victorica.biz/
サイト紹介文知っておくとおトクな簡単な手作りレシピや、ちょっとした台所の知恵やコツなどをまとめています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 259日(平均1.0回/週) - 参加 2016/10/03 12:04

Honoka さんのブログ記事

  • 梅干しの作り方
  • 自家製梅干しは、カビが生えなければ賞味期限なしで食べられます。塩分控えめの梅干がありますが、控えすぎるとカビが生えやすくなります。また、聞くところによると塩分は20%以上ないと梅の薬効成分が出てこないそうです。塩分20%の梅干しであれば、カビることもないようです。(今、家にあるのは5年前に漬けた塩分20%の梅干ですがカビは生えていません)できて1年目は、ちょっと塩分が強いかな、と感じますが、年数とともに [続きを読む]
  • チョコレートの湯煎のしかた
  • チョコレート菓子は、チョコレートを上手に溶かしておかないと出来上がりに大きな差が出てしまいます。チョコレートの湯せんのしかたをご紹介します。なめらかに仕上げましょう!用意するもの・チョコレート・木杓子・ボウルは2個用意します。(A)(B)ボウル(A)には刻んだチョコを入れます。お湯を入れるボウル(B)は(A)よりも一回り大きいものを用意します。ボウルや木杓子の水気は完全に拭いておいてください。チョコレー [続きを読む]
  • 白菜の漬物(白菜の浅漬け)
  • 白菜の漬物を本格的に作るとなると、ちょっと大変!なので、私は「白菜の漬物が食べたいなー」と思ったときに作ります。2時間ほどでできるので、夕食の支度をする前に仕込んでおけば文字通りの浅漬けが食べられます。分量は「おおまか」ですので、塩や唐辛子の量などはお好みで加減してください。白菜漬物(白菜の浅漬け)の材料・・・・白菜 1/8個分・柚子の皮の千切り 1/4個分・昆布 2cm四方くらい・赤唐辛子 輪切りのもの少 [続きを読む]
  • ぜんざいの作り方
  • ぜんざいの作り方です。2017年の鏡開きは1月11日です。鏡開きのお餅でぜんざいを作りませんか?砂糖の量は一般的な量でご紹介していますが、お好みで増減させてください。我が家のぜんざいは、かなり砂糖を控えて作っています。◆ぜんざいの材料(4人分)◆小豆 200〜250g砂糖 200gゆでこぼし用の水 5カップ煮上げ用の水 6カップ塩  少々もち  4個◆ぜんざいの作り方◆よく洗った小豆とゆでこぼし用の水を鍋に入れ、 [続きを読む]
  • 七草粥(土鍋)
  • 1月7日は七草粥(ななくさがゆ)!(土鍋で作る七草粥)お粥にして食べると「邪気を祓い、万病を除く」という言い伝えがある春の七草。七草粥は、お正月に食べ過ぎた胃腸を休めるとも言われています。新春の1月7日の朝に、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、セリ、スズシロの春の七草が入ったおかゆを食べて、今年1年の無病息災を願いましょう!平安時代から伝わる風習で、七草の由来は、平安時代に「四辻 [続きを読む]
  • 七草粥の炊き方(炊飯器)
  • 七草粥を食べて今年一年の無病息災を願いましょう!(七草粥を炊飯器のおかゆモードで炊こう)1月7日の朝に、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、セリ、スズシロの春の七草が入ったおかゆを食べると、邪気を払い、万病を除くといわれています。もともとは中国の風習に由来するものだそうですが、日本では平安時代から続いているそうです。炊飯器のおかゆモードで炊く七草粥の作り方です。手間といえば、七草 [続きを読む]
  • 博多雑煮の作り方
  • 博多雑煮の作り方レシピ我が家の博多雑煮は、家庭用なので博多商家のごりょんさんのように竹串は使いません。年末年始の忙しい博多商家のごりょんさんは、餅以外の具を椀に盛り付ける順に竹串にさしてで準備しておき、料理するとき人数分の串を取りだして料理します。博多雑煮の特徴は、だしを「焼きあご」で作ることと、「ぶり」を入れること、青菜は「かつお菜」、餅は丸もちで焼かずに柔らかく煮たものを使うことです。出来れば [続きを読む]
  • 雑煮の作り方
  • 雑煮の作り方お正月に欠かせないお雑煮。地方によって「具」や「だし」や餅も「丸もち」「角もち」「あんもち」などいろいろ違っていますね。餅も、「焼く」地方や、やわらかく「煮る」など、さまざまです。◆前準備◆だしは、前日夜に「干し椎茸2枚、いりこ、昆布」を水(2カップ半ほど)を入れた鍋に浸しておきます。削り節を5gほど用意しておきます。◆お雑煮の材料 (2人分)◆・鶏 肉   60g・丸もち   2個・ [続きを読む]
  • 慈姑(くわい)の含め煮の作り方
  • 縁起ものの慈姑の含め煮を作りましょう!・大きな芽が出るので「めでたい」・たくさんの子芋ができるので「子孫繁栄」・くわいの花言葉「縁起がいい!」作るのめんどくさそうですが、たいしたこともなかったような・・・以前、母と作ったときのメモよりご紹介します。慈姑(くわい)の含め煮の作り方◆慈姑の含め煮の材料◆○ 慈姑(くわい) 10個くらい (くちなしの実1個) ○煮汁 ・だし 1カップ ・酒 大さじ1/2 ・砂糖 大さ [続きを読む]
  • 田作りの作り方
  • 田作りは田畑の肥料として使われていた事から、別名「五万米(ごまめ)」とも呼ばれています。五穀豊穣を願って、どうぞ!田作りのつくり方です。 ◆田作りの材料◆○田作り 50g ○タレの材料  ・しょうゆ 大さじ2  ・みりん 大さじ2  ・砂糖 大さじ1  ・水あめ 小さじ1 ○酒 大さじ2○白炒りゴマ 大さじ1◆作り方◆田作りは耐熱容器に広げ、パキッと折れるくらいまでに、ラップをせずに電子レンジで1〜2分加熱する。フ [続きを読む]
  • 金柑の焼酎煮
  • 喉に良いといわれる金柑(きんかん)。金柑の焼酎は冷蔵庫に入れて置けば1年くらいは保存できるので、金柑(きんかん)が安く購入できるときに1年分作っています。焼酎(ホワイトリカー35度)を使いますが、じっくり煮るのでアルコール分は蒸発しますので、子供も食べられます。作り方はとっても簡単です。◆金柑の焼酎煮(甘露煮)の材料と道具◆金柑(きんかん)  500gホワイトリカー(35度) 2カップ砂糖   240〜260g [続きを読む]
  • 金柑のはちみつ煮
  • 金柑の甘煮により簡単な金柑のはちみつ煮を電子レンジで作りませんか?お重箱の中の彩りが綺麗になります!ハチミツは癖のないものの方が美味しくできるようです。 ◆金柑のはちみつ煮の材料◆金柑  200gはちみつ 大さじ2〜3◆金柑のはちみつ煮の作り方◆金柑をよく洗い、ヘタを取って深めの皿に入れ、はちみつをかける。1にラップをして、レンジ強で3分くらいかける。レンジから取り出し、そのまま冷ます。ちょっとひと手間・ [続きを読む]
  • 黒豆の煮方
  • 黒豆煮は、時間かかりますがほとんど放置なので楽です。黒豆煮のコツ重曹を入れるとふっくらと煮えます。さび釘(3〜4本)を、ガーゼにくるんで 作り方2のときに一緒に煮ると、黒豆がより黒くきれいに仕上がります。煮るときに豆を煮汁から出ないように、時々差し湯をします。 黒豆煮の作り方◆黒豆煮の材料◆黒豆   200g煮汁の材料 ・水     4カップ ・砂糖    160g ・しょうゆ  大さじ1と1/3 ・塩     [続きを読む]
  • 安納芋のきんとんの作り方
  • 甘みが強く、濃い黄色の鹿児島県産の安納芋(さつまいも)で栗なしの「芋きんとん」を作ってみました。砂糖はてんさい糖を使用しています。クチナシを入れなくても鮮やかな黄金色のきんとんができました。茹でたさつまいも(安納芋)を潰したあと裏ごしをせずに仕上げました。栗の甘露煮のシロップを入れないので自然な甘さですっきりとした味わいです。◆材料◆さつまいも(安納芋) 大1本砂糖  大さじ3〜みりん 大さじ1塩  [続きを読む]
  • 栗きんとんの作り方
  • お正月料理の定番の栗きんとん!クチナシの実を使えば色鮮やかに仕上がります。クチナシの実はスーパーに売っています。◆材料◆ さつまいも 大1本 クチナシの実 1個 砂糖  大さじ4 みりん 大さじ1 塩   少々 栗の甘露煮 3個◆栗きんとんの作り方◆さつまいもは2センチ厚さの輪切りにし、皮は内側の黒い筋まで剥いて水にさらしアクぬきをします。クチナシの実はガーゼに包みます。アク抜きをしたさつまいもをたっぷりの水 [続きを読む]
  • 数の子の塩抜きと味付け
  • 子孫繁栄を願って数の子を作りましょう!数の子は、薄皮むきにちょっと手間がかかりますが、難しいものではないのでぜひ作ってみてください!◆数の子の材料◆ 塩数の子 300g漬け汁 ・濃いだし 1と1/2カップ ・薄口しょうゆ  1/4カップ ・みりん 1/4カップ ・酒 1/4カップ ・砂糖  小さじ1/2 好みで  唐辛子(輪切り種ナシ)  削りかつお 適量◆数の子作り方◆(数の子の塩抜きから味付けまで)です。塩抜きの時間が必要ですので、 [続きを読む]
  • 小豆(あずき)のゆで方・煮方(基本)
  • 豆の扱いって悩みませんか?一晩水に浸しておいたほうがいいのか、そのまま煮てもいいのか・・・?小豆のゆで方(下ごしらえ)です。小豆は、水に浸すことなく、そのままゆでます。小豆は、他の豆に比べると皮が破れて煮くずれしやすいんです。なので、他の豆のように一晩水に浸すことなく、いきなり水からゆでます。◆小豆のゆで方(下ごしらえ)◆小豆をたっぷりの水で洗い、ざるにあげる。鍋に洗った小豆を入れ、水を小豆の5〜6 [続きを読む]
  • 自家製ベーコンの作り方
  • 薄塩で作る自家製ベーコンの作り方です。4日〜1週間くらい下味をつけておき、いぶした後熟成せるのに数日かける作り方が主流ですが、少しスピードアップした作り方でしています。ご参考までにどうぞ!豚バラ肉が安いとき(100g100円くらい)に1kg作って、適当な大きさに切って、小分けして冷凍保存しています。毎月1回作って、1か月分のベーコンにしています。端切れは味がしっかりついているので、スープの具や炒め物、 [続きを読む]
  • 紅茶で豚肉をゆでると臭みが取れる
  • 豚の塊肉をゆでるとき、普通は深ねぎ(緑の部分)、ショウガなどを入れると思います。豚肉をゆでるときに紅茶パック(ティーパック)を使うと、ショウガ・深ねぎを入れなくても肉の臭みも取れますし、肉に紅茶の色が移り、色良く仕上がります。もちろん、紅茶でゆでる時に、ねぎ・ショウガを入れてOK!紅茶の代わりに緑茶で豚塊肉をゆでても良いです。ゆであがった豚肉は熱いうちに、ショウガ・ニンニク・酒・みりん・砂糖・醤油 [続きを読む]
  • カレーを酢でまろやかに!
  • 子供も大人も大好きなカレーライス!カレーライスを作るとき、仕上げに「りんごのすりおろし」や「トマト」「ヨーグルト」などを入れて、味をマイルドにさせている方も多いと思います。でも、りんご、トマト、ヨーグルトがないときは?「酢」で代用できます。一人分につき小さじ1程度の酢を入れます。「小さじ1×人数分 の酢」でまろやかでおいしいカレーを作ってくださいね。 [続きを読む]
  • チキンカレーの作り方(自家製カレールゥ)
  • チキンカレーの作り方カレールゥから作ってみませんか?市販されているカレールーは種類も豊富で各社それぞれおいしいですが、ルゥから作る自家製カレーもよいものです。学校で習ったレシピよりご紹介します。チキンカレーです。◆チキンカレーの材料(5〜6人分)◆◆手羽先    10本 a   塩     小さじ2/3   こしょう  少々   カレー粉  小さじ1 小麦粉   大さじ1 サラダ油  大さじ1.5※スープ b  [続きを読む]
  • 魚の臭みの取り方
  • 魚料理嫌いな人って、魚の生臭さが嫌なんでしょうか?手についた魚の生臭さってしつこく取れませんものね。まな板についた生臭さも取れにくいし・・・焼き魚だとグリルはベトベト、臭いし・・・でも、旬のお魚はおいしいし、健康にも良いのでぜひおうちで料理して食べてください。魚を箸で上手に食べることで指先も器用になれる。きっと・・・!で、まず魚自身の生臭さを取る方法ですが、魚を冷やしたお茶(茶汁)に4〜5分つけてお [続きを読む]
  • 親子丼の作り方
  • 簡単で、ちょっとボリューム感があって、経済料理の親子丼。お味噌汁と野菜の煮物や酢の物などの小鉢をつければ立派な夕食になります。鶏肉の代わりに豚肉の切り落としにすれば「他人丼」鶏肉の代わりにかまぼこを使えば「木の葉丼」◆親子丼の材料(1人分)◆ご飯    1杯鶏もも肉  80g玉ねぎ  1/2個醤油、砂糖、酒  各大さじ1だし汁または水    大さじ3卵    1個三つ葉またはネギの小口切り  適量 [続きを読む]
  • 肉まん(包子・パオズ)の作り方
  • 肉まん(包子・パオズ)の作り方です。包子(パオズ)=肉まんは、小麦粉を水でこねて皮を作り、具を包んで蒸し上げた饅頭です。家で手作りした肉まんは肉汁がジュワーと出てきて、とってもおいしいんです!◆肉まんの材料(8個分)◆◇皮・小麦粉 400g・ベーキングパウダー 大さじ1と2/3・水   200〜220?・砂糖   50g・塩    小さじ1/2 (打ち粉   適量)◇肉餡・豚ミンチ  200g・白菜    150g・玉ね [続きを読む]
  • 牡蠣(かき・カキ)の洗い方
  • 牡蠣(かき・カキ)は海のミルクといわれるように栄養たっぷり!今回は、この牡蠣のむき身の洗い方をご紹介します。大根おろしで洗います。牡蠣は大根おろしで洗うと、白くきれいに洗いあがります。ボウルに水気を切った牡蠣を入れて、一握りの大根おろしをまぶしつけて一呼吸おいたら軽くかき混ぜ、ざるにあげ、流水で大根おろしと一緒に汚れとゴミを洗い流します。最後に、水でさっと洗い流します。生食用なら酢ガキ。カキフライ [続きを読む]