teamkaru0 さん プロフィール

  •  
teamkaru0さん: 「捨てられる命をゼロに!」
ハンドル名teamkaru0 さん
ブログタイトル「捨てられる命をゼロに!」
ブログURLhttp://tozero-life-bediscarded.com/
サイト紹介文本当の意味での殺処分ゼロは捨てられる命がゼロになる事です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 291日(平均4.5回/週) - 参加 2016/10/03 14:35

teamkaru0 さんのブログ記事

  • 「流れの速い川の対岸に取り残された子猫を救助する男性〜イタリア」
  • 一人の男性が流れの速い川のそばでなにやら準備らしき事をしている。靴の紐を締めなおしたり手袋をはき直したり入念な様子です。そして川の対岸を何度も見る。用意ができてイザ川の中へ思ったよりも深い。流れも速そうだ。それでも男性は対岸に向けて一歩一歩滑らないように進む。その先には何と・・・・・・・。《スポンサード リンク》子猫が擁壁のわずかに平らな部分に動けずにじっと座り込んでいる。男性がそーっと近ずくと逃 [続きを読む]
  • 「犬が海で溺れていた子鹿を救助?!〜アメリカ」
  • 海に犬と一緒に遊びに行った家族。ふと気が付くと犬のレトリバーが沖のほうから何か咥えてくる。最初は何を咥えているのか全くわからず犬を呼ぶと岸の方に戻ってきた。その咥えていたものを見ておどろき!何と小鹿だったのです。咥えるには大きすぎるけどそれでも犬は岸からもっと陸地の方へと咥えて移動。小鹿を鼻で突いたり足を掛けてまるで大丈夫か?と言ってるようでした。《スポンサード リンク》――――記事転載ここから― [続きを読む]
  • 「旭川市あにまある」4年連続犬の殺処分ゼロ〜北海道」
  • 北海道では犬の殺処分ゼロを達成した自治体が複数あります。その中でこの旭川市の「あにまある」では4年連続で継続中ですが北海道の中では最長となっています。↑写真出展元:どうしん https://goo.gl/USgJ6h数値のゼロにこだわり過ぎてしまう事も問題になりつつありますがそれだけではないようです。2017年の9月に以前は郊外にあった施設を市内中心部に移転して市民の方が訪問しやすくした事も大きな要因の一つです。《スポンサ [続きを読む]
  • 「全盲だって何でも出来るんだよ〜大阪府」
  • 猫風邪の後遺症で全盲の子猫。全盲?何も見えなくて大丈夫なのか?と思いますか?人間だったら大変ですよね?でも犬もそうですが猫も全盲でも普通に生活できるんです。たしかに見える仔よりはハンデがあるのは当然ですけどキャットタワーも上ります。トイレもトイレの中でします。ゴハンも自分で食べられます。遊ぶことだって、できるんです。一度、実際にご覧になってください。記事元の保護猫カフェにいますよ。《スポンサード [続きを読む]
  • 「九州北部豪雨 犬を連れて行けないなら避難しない」
  • 今回の九州豪雨の中ヘリで到着した救助隊員に「犬と命とどっちが大事ですか?」と言われ「連れて行けないなら避難しない」と答えた老夫婦。(小型どうぶつしか乗せられないヘリだそうです)一時は拒否したが逆に迷惑を掛けると思ったのだと思います。泣く泣く犬を置いてヘリに乗ったそうです。その後、5日後に自宅に向かい警察官の方が犬を保護してくれて再会を果たす事ができました。↑写真出展元:産経新聞 https://goo.gl/eLWs [続きを読む]
  • 「ニッサンが熱駐症 ゼロプロジェクト発足」
  • もう毎日、暑い日が続いてると思います。毎年、今時期になると車の中の温度の上昇で犬猫ばかりではなく人間の赤ちゃんまで犠牲にならないように呼び掛けが多くなりますね。今年ニッサン自動車では「熱駐症ゼロプロジェクト」が立ち上げられました。車内に放置される犬猫や赤ちゃんがゼロになるように考えられたプロジェクトです。毎年、犠牲になる犬猫が後を絶ちません。日本の場合は犬猫が犠牲になっても法律では何も処罰がありま [続きを読む]
  • 「九州豪雨で避難している方々に必要な物を必要な方に届けたい〜長崎県」
  • 九州豪雨でまだ行方不明の方もいらっしゃる状況ですが避難されている方々も避難所が孤立している所もあるそうです。↑写真出展元:九州Komeito https://goo.gl/qZ4CKq長崎県の団体「ラビのなかま」では現在も熊本地震による被災者の方々の為に支援を続けています。熊本地震の時に全国から支援物資が送られましたが実際には本当に必要な物でなかったり本当に必要な方には届いていなかったりした事があったそうです。そこで「ラビの [続きを読む]
  • 「なんで動かないの!?〜親友が亡くなって理解できない猫」
  • 今まで2頭で暮らしていた猫たち。その仲間の1頭が亡くなった。その事を理解してもらう為に飼い主はリビングに亡くなった仲間の遺体を置いた。何も知らない仲間がもう動かなくなった仲間を最初は不思議そうに見ていたけどその内、舐めたり手で叩いたり甘噛みしてみたり・・・・どうやっても仲間は動かない。《スポンサード リンク》しばらくして、ようやく事実を理解?できたのかそばでボー然と座っている。飼い主は仲間を捜し回っ [続きを読む]
  • 「子育て中のツバメの為に改札口を封鎖したJR鎌倉駅〜神奈川県」
  • よく家の軒下などに巣を作るツバメ。公共施設だと上から糞が落ちてくるとかで巣を撤去される事が多いです。でも知らない方も多いかもしれませんが子育て中のツバメの巣を撤去または子ツバメを殺してしまうのは鳥獣保護法違反となります。だからと言って逮捕までされる話は聞いた事もありません。先日もどこかのJR駅でツバメの巣を撤去して子ツバメを死なせてしまった駅がありました。↑写真出展元:ツイッター 「コペハ鳥」さん [続きを読む]
  • 「産まれてすぐに事故で3歩足になった小ジカがセラピー鹿になるまで〜」
  • 生まれて2日目で子ジカ「ルデイ」は事故で足を失ってしまいました。もし野生のままだったら「ルデイ」は今ここにいなかったでしょう。獣医師の治療と幸いな事に看護師の家庭に引き取られることになったので「ルデイ」の運命は変わりました。最初は3本足でバランスがうまく取れず歩く事がようやくだったのがじょじょに慣れてきたのか今では普通の鹿のように自由自在に走れるようにまでなりました。《スポンサード リンク》そこには [続きを読む]
  • 「飼い主が逮捕され自宅もすでに荷物が運び出され残された猫たちは・・・大阪市」
  • 大阪市東淀川区飼い主が突然逮捕され(理由は不明)2年半の懲役だそうです。自宅も友人が半年間家賃を払ってきましたが当然、限界を向かえて荷物も運びだされました。残されたのは猫たちだけ・・・・・・「成猫たち5頭の一時預かりさん叉は里親さんを募集しています(6月末が期限です)」その友人が猫が居たはずだと訪問した際、網戸から外に飛び出した猫もおり現在は外猫と化してしまいそうな仔もいます。室内は良く見る多頭崩壊 [続きを読む]
  • 「小学生が保護してくれた子猫の里親募集を開始します〜山口県」
  • 県内の小学生が瀕死の子猫を個人で保護活動をしている方の元へ連れてきたそうです。猫風邪で目がほぼ塞がってしまい体温も低く食欲もありませんでした。子猫にとって体温が低いのはとても危険な状態です。その子猫たちに目薬を指してミルクも飲まないのでシリンジで口の中に入れて暖めての繰り返しで2〜3日経ちようやく元気を取り戻しました。目も綺麗になって元気になったので里親さんを募集する事となったそうです。《スポンサー [続きを読む]
  • 「お子さんが犬猫を拾ってきたら、どうか誉めてあげてください〜宮崎県」
  • 昔はよく聞きました。子供が犬猫を拾ってきたら「元の場所に返しておいで!」とか「捨てておいで!」とか親に言われたという話を。無責任なのは犬猫を捨てた人間です。それは当たり前。子供が棄てられた犬猫をかわいそうだと思って拾ってきたら(表現に語弊はありますが)どうか命を大切に思った気持ちを誉めてあげてください。それが大人になった時に人の命ももちろんすべての命を大切に思う気持ちに繋がっていくと思います。それ [続きを読む]
  • 「犬肉を少しでも高く売るためにコンクリートを食べさせる中国の犬肉業者」
  • 中国だけではありませんが犬の肉を食べる国が何カ国かあります。中国、韓国、ベトナム、アフリカ、ナイジェリアなどなど。中国・玉林(ユーリン)では毎年、6月に犬肉祭りと称して約1万頭ほどの犬が食肉として処理されるそうです。今年(2017年)も一時は中止されるのでは?という噂も広まりましたが結局はやはり開催されるようです。他国の文化に口出すなという方もいますが中国では文化&伝統だと言い張ってます。↑写真出展元 [続きを読む]
  • 「迷い犬が保護されています。飼い主さん捜してますか?〜千葉県松戸市」
  • 千葉県松戸市小金きよしヶ丘5丁目付近で一人で歩いていた犬が保護されました。写真を見ただけでもわかるようにひどい皮膚病のようです。現在は保護主の方によって病院で治療中です。飼い主さん、この仔を捜してますか?捜し方がわからない方も多いです。近所の方でこの仔を見た事がある方はいませんか?早く飼い主さんの元へ帰れますように。《スポンサード リンク》―――-記事転載ここから―――ツイッターより【拡散希望】千葉 [続きを読む]