ラピスラズリ さん プロフィール

  •  
ラピスラズリさん: 心の薬 by ラピスラズリ
ハンドル名ラピスラズリ さん
ブログタイトル心の薬 by ラピスラズリ
ブログURLhttps://ameblo.jp/lapislazurixxx/
サイト紹介文目に見えない世界のことを知って、うつ病を克服しましょう!知ると楽しいスピリチュアルな話♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供231回 / 350日(平均4.6回/週) - 参加 2016/10/03 18:27

ラピスラズリ さんのブログ記事

  • 旅の始まりはJアラートから
  • 15日から友達と長野県の茅野市に来ています。その前日から友達の茨城のアパートに泊まりに来ていて、15日の朝は茨城で迎えたのですが…7時ごろ私たちのスマートフォンに北朝鮮のミサイル発射に関するJアラートが鳴り響くとともに、つけていたニュース番組から緊急放送、アパートのある町内からは至急屋内へ避難するようにとの放送が流れていました。もしかしたら自分たちの身に危険が及ぶかもしれないと思ったとき、ものすごく恐 [続きを読む]
  • ★間逆の誕生日に生まれた人
  • 西洋占星術では、自分とは間逆の誕生日に生まれた人とは引き合いやすいと言われています。間逆の誕生日とは、ホロスコープ上の太陽??が180度反対に位置する太陽を持って生まれた人。牡羊座の私の場合はそれが天秤座にあたり、なかでも10月18日から10月20日ごろに生まれた人が私にとって間逆の誕生日に生まれた人なのです。調べてみると面白いくらい私の好きな人が多いです。クラムボンの郁子ちゃん、写真家の蜷川実花さん、モデ [続きを読む]
  • 11歳の哲学者
  • つい最近テレビで中島芭旺(ばお)くんのことを知りました。11歳の哲学者であり、彼の著作『見てる、知ってる、考えてる』は17万部を超えるベストセラーだそうです。世間の情報に疎いので、全然知らなかったのですが、テレビ番組で紹介されていた彼の生き方がとてもかっこいいと思いました。彼は小学校でイジメを受けたことをきっかけに「学校は自分には合わないから通わない」という選択をしました。そしてそんな自分を肯定して [続きを読む]
  • 潜在意識を読む
  • 阿武山地震観測所(9/1は防災の日)私は幼少の頃から人の心の奥深くにあるものを見抜くのが得意でした。小さい頃、友達のことが嫌になって自ら離れることを決意したときも、本当は自分自身の心が満たされていなくて、友達につまらない子だと思われて離れられるのが怖いのだということ、そしてそんな惨めな思いをするのが怖くて自分から縁を切ろうとしてることを分かっていました。何かを拒絶したり、何かを「嫌い」だと思う瞬間で [続きを読む]
  • つぶやき
  • 自分ことを褒めちぎってくれる人よりも、疑ったり、誤解したり、否定したりしてくれる人の方が本当はものすごく、自分が進むべき方向を教えてくれたりするものだ。そのたび私は一旦立ち止まって自分自身について見つめ直すことができる。そしてそのたび誰かに肯定されるために生まれてきたわけではないことを思い出せる。だからいつも最終的にその人に出会えたことが嬉しくなる。また少し強くなって、そしてより無邪気になって、 [続きを読む]
  • ”限界突破から始まる本当の覚醒とは”
  • 屋久島 ウィルソン株のあたり「私は目の前の石ころしか見てないの。だって道が続いてると思うとこわいんだもん」屋久島で往復10時間の縄文杉トレッキングにチャレンジし、私も周りも疲れ果てていたとき、近くにいた一人でトレッキングに来た美人なお姉さんが、同じく一人でトレッキングしに来た男性に話しているのが聞こえました。「それこそ、山登りの極意!人生の極意だよね〜!」と、心のなかで頷く私がいました。苦しいとき [続きを読む]
  • 白谷雲水峡トレッキング(屋久島)
  • 少し間が空いてしまったけれど、屋久島のつづき…3日目はもののけ姫のモデルにもなったとされる白谷雲水峡のトレッキングへ。この日は朝レンタカーを借りて登山口へ行き、9時ごろからトレッキングをスタートしました。白谷雲水峡のトレッキングは超超超楽しいです!!!でもこれが雨になると沢が増水して靴の中までびしょ濡れになる危険性大なので、天候にとても左右されるコースです。7年前は白谷雲水峡と縄文杉を一緒に行っ [続きを読む]
  • 縄文杉トレッキング(屋久島)
  • 屋久島に着いて2日目からトレッキングスタート?この日は縄文杉を見に行くコースのトレッキングをしました。あ、ちなみに私のトレッキングのステッキ?ポール?はコンパクトにしても機内持ち込みサイズ外で、預けなければいけませんでした。成田から旅立った私の友は、預ける時間がなかったらしく空港で処分されることになってかわいそうでした。笑縄文杉を拝むトレッキングコースは、朝5時半からスタートしました。ちなみに往 [続きを読む]
  • 屋久島の宿のご主人との出会い
  • 屋久島の宿のご主人が朝食のデザートに出してくださったパッションフルーツパッションフルーツの季節はもうこれでおわりらしい。金曜日からずっと屋久島を旅して昨日の夜帰ってきました。泊まった宿がとても素敵で、今も宿のご主人に想いを馳せながら深い喜びのなかにいます。私が宿を決めるときの基準は、宿を経営している人がそれを生きる喜びとしてやっているのか、ただのお金儲け程度にやっているのか、ということでした。生 [続きを読む]
  • おすすめの愚痴の聞き方
  • 家族や友達から愚痴を聞かされて疲れるーって思っちゃうときがありますが、それは愚痴を聞かされたから疲れたというよりは、愚痴を聞く前からほとんど疲れてたってことがほとんどなんだろうなぁって最近気がつきました。なぜならエネルギーが溢れていて心が愛で満たされているときは、愚痴を聞いても、私は可笑しくて笑っちゃうからです。あぁ人間やってる〜!頑張って生きてる〜!って相手に対して思うからかもしれません。笑 愚 [続きを読む]
  • 人間関係を整理する
  • by 中村岳陵一昨日職場の友達と喋りながら、もうこれからはこの人としょっちゅう会うこともないだろうと思っている私がいました。笑まるで友達を切り捨てたみたいな発言だけれど、そうではなく、永遠に友達ではいるし、喋りたくなったら会うだろうし、頼られたらいつでも会いにいくけれど、私は私のフィールドで、ときには一人になって生まれてきた目的のために、自分が信じる世界の創造(現実化)のために、頑張らなきゃいけない [続きを読む]
  • それは愛!
  • Cocktail party by Alex Katz傷ついたときに「傷ついた」と伝えることすらできなくて、それを自分の心にしまって怒りや恨みに変えていた私だけれど、最近になって傷ついたときに「傷ついた」と伝えることはこんなにも愛なのか〜っていうのを実感したのでした。それは本当の私の姿で目の前の相手と向き合う姿勢だから。愛だと思う。ムカつく前に傷ついてるはずなのに、傷ついたことを隠してしまうから、イライラに変わっちゃうんだ [続きを読む]
  • 諭鶴羽山登山&諭鶴羽神社(淡路島)
  • 今日は山の日!ですが、そんな今日にふさわしく登山をしてきました。淡路島最高峰の山である諭鶴羽山(ゆづるはさん)です??淡路島のことを調べたとき、諭鶴羽山に諭鶴羽神社があることに気づき、ホームページをチェックしてみなさいって言われている気がしたのでチェックしてみると、山の日に神社の宮司さんと一緒に諭鶴羽山を登るイベントが企画されているのを知ったのです。なんだか楽しそう?と思って、母を誘い一緒に行っ [続きを読む]
  • 他人のエネルギーに触れる
  • Paris by Savignac私はあまり人付き合いが得意な方ではないけれど、それでも色んな人のエネルギーに触れてみるのってすごく大切だなぁと思います。傷つきやすい人は共感しあったり、自分をちゃんと認めて愛してくれる人を求めるから、どうしても自分に近いエネルギーを持った人にしか近寄ろうとしなかったり、あるいは常に単独行動ばかりしてしまいがちだけれど…全くタイプの違う人と話すことで自分の世界観が変わったり、そこに [続きを読む]
  • 京都案内*魔法みたいな紅茶のお店
  • 京都に大好きな紅茶のお店があります。その名もムレスナティーハウス。魔法みたいな香りの心ときめくフレーバーティーを出してくれるお店で、大好きでもうかれこれ10年近く通い続けています???魔法みたいな香りだけど、合成香料ではなく天然の香料で香りをつけているので、体にも安心です。このお店に入って漂うフレーバーティーの香りを嗅ぐだけでも癒されるので、私にとっては京都一の癒しのスポットかもしれません??笑西 [続きを読む]
  • 夜の海を泳ぐ
  • The Goldfish by Paul Kleeなんだか訳も分からず苦しかったここ最近でした。何度も何度も、なんで苦しいんだろう?って問い続けて、ガイドさんたちに聞いてみてもよく分からず。前世が関係しているの?ってスピリチュアル好きな人が陥りがち?な見えない世界の迷宮にも迷い込んだりして…そんなときぱっと降りてきた言葉「苦しみに理由がなければ自分を癒してあげられないのか」そんな言葉が聞こえてきて、私は自分自身に対してま [続きを読む]
  • 夜空みたいな歌を歌う人
  • はじめてフィッシュマンズのいかれたbabyを聴いたとき、なんて暗い曲なのかしらと思って長い間この曲は聴かずにいたけれど、本当に苦しかったとき慰めてくれたのはこの曲でした。星がきらめく夜空の絵は暗い色がないと描けないように、たしかに佐藤さんは暗い部分を多く持ってた人だったけれど、それを使って夜空みたいに美しい歌をたくさん作った人だった、と思う。自分を偽って太陽のふりをすることは私にはできないから、せめ [続きを読む]
  • ブレサリアン
  • 最近食べることに執着がなくなって、もともと小食で朝ご飯も食べなくても全然平気だったけれど、今は夜ご飯も食べなくても私大丈夫なんじゃないかなぁと思ったりしています。食べたら消化にエネルギーを使って、眠くなったりもするわけで、何のために食べているのかわからない瞬間もあります。世界にはブレサリアンと呼ばれる不食の人たちが存在していますが、私は中学生の頃からそういう人たちがいるということをテレビで知って [続きを読む]
  • 筑波山神社
  • 今日は母に連れられて実家のある神戸の教会のミサに参加したりしてました。京都に戻ってからは、なんだかアパートの近くの神社に呼ばれてる?と思って行ってみると、明日、特別行事があるみたいで準備をされていました。なので私も龍を呼びシャーマンとしてサポートさせていただきました???この神社は私がシャーマンになりたてのころも呼んでくれたことがあります。その日も特別行事の前日だったのでなんだか呼ばれたことがと [続きを読む]
  • 好きな映画
  • 私たちは相手の目を見るとき、その人がいつだっていかようにも変化していける存在である、ということを決して忘れてはいけないと思う。人の心に希望の光を灯せる人になれるように。そのためにまずは自分が希望の光を放つ人でいなきゃと思う。今まで長い長い旅をしてきた魂に敬意を払って、よりよい旅ができるように導くのが旅の仲間の宿命であることを忘れないように。 [続きを読む]
  • まっさらな気持ちで飲み会に参加する
  • 明日は待ちに待った!?同じ課のみんなとビアガーデン??の日です。とは言え、私はお酒も苦手だし、飲み会も苦手なのです…しかも課で女性は私だけ??でも上司にキラキラした目でビアガーデン行こうって誘われたら、この私でも断れないのです。そんなこと思ってた私ですが、最近すべてをリセットしてまっさらな気持ちで楽しめばいい!それがこの世界の楽しみ方だ!と言うことに気付かされたのでした。何かを分かった気になった [続きを読む]
  • 戦わないシャーマン
  • たまに映画やテレビ番組でエクソシズムを行うシャーマンの映像を見ることがあります。キアヌ主演の映画『コンスタンティン』もその一つです。そこではエクソシズムをするシャーマンが、まるで闇の存在と戦う光の戦士であるかのように描かれていたりするのですが、私が受講したリーブスのカリスマシャーマンのワークでは闇の存在と戦うようにエクソシズムをすることはありません。高次元の部屋でアファメーションを唱えるのですが [続きを読む]
  • 星降り祭@星田妙見宮(大阪)
  • 7月23日は大阪府交野市にある星田妙見宮を訪れました。 交野(かたの)市ってずっと関西圏で育った私にもちょっと聞き慣れない地名だったのですが、実はここはある映画のモデルになった街ではないか!?ということで少し話題になっています。 その映画とは、、、、大大大ヒットを記録した新海誠監督の『君の名は。』 というのも、この映画と同じように、星が降って(隕石が落下して)町が消滅したという記録が交野市には残さ [続きを読む]