jimklavier さん プロフィール

  •  
jimklavierさん: コンサルティングと医療とピアノのこと
ハンドル名jimklavier さん
ブログタイトルコンサルティングと医療とピアノのこと
ブログURLhttp://jimkbys471.hatenablog.com/
サイト紹介文バイリンガルの現役コンサルタント兼ピアニストが仕事術と医療とピアノ等について語りまくります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供446回 / 236日(平均13.2回/週) - 参加 2016/10/03 22:38

jimklavier さんのブログ記事

  • おとぎの国日本再興
  • 「このままで日本は大丈夫なのか」「日本の未来は明るいのか」と街角で100人に聞いて「はいはいはーい!そうおもいまーす!」と胸を張って答えられる人は何人いるだろうか。1人でもいるといいな。・・・というのが現実ではないでしょうか。世界最速で進行する少子高齢化、止まらない国債発行、社会保障負担増大、年金受給の位見通し、経済低迷、世代間資産格差、孤独死、シャッター街、過疎化・集落消滅・・・問題は山積してかつ深 [続きを読む]
  • 大辛グリーンカレー食すの巻
  • 普段は昼はカロリーメイト半箱しか食べない自分ですが、昨日は時間ができたので遅めのランチをちゃんと食べました。あまり職場近くでもランチを食べないので、あまり店のチョイスが自分にはありません。しかし辛いものには目が無いので、市ヶ谷にあるタイ料理屋を新規開拓することにしました。Thailand料理Soinana市ケ谷店です。都営地下鉄新宿線出口から靖国通りから一本入った路地にあって歩いてすぐです。retty.meここはラ [続きを読む]
  • ピアノが弾けるというのはどういうことなのか
  • 自分が生まれる前から母が弾きまた教えるのを聴き、また気がついたらいつの間にか家のピアノを弾いていた、「ピアノ歴≒人生」の自分ですが、そもそも「ピアノが弾けるというのはどういうことなのか」を真剣に考えるようになったのは今年になってからのことです。大学を卒業してから10年前まで実は長いブランクがあったとはいえ、ピアノを弾くことは自分にとって当たり前のことだったので、当然と言えば当然かもしれません。が、自 [続きを読む]
  • p進数の世界観
  • 最近勉強しているp進数がなんか自分の世界観を変えるような気がしている。「p進数」をGoogle先生に尋ねると、とてもアカデミックな説明が出てくる。p進数 - Wikipediaむ、むずかしい・・・明らかに「X進法」(たとえば2進法)とは違うものである。しかしこれを使うとこれまで証明が難しかった数学の定理が証明できるパワフルなツールらしい。こちらの解説のほうがまだわかりやすい(がやはりむずかしい)。peng225.hatenablog.com [続きを読む]
  • 体脂肪率5%のサラリーマンは何を食べているのか
  • ぼくが1年半前決意して減量というよりバイオハックに乗り出して以来体脂肪率体重維持のためにやっていることは大きく3つです1. 歩く2. 食べない3. モニタリング1.については、再三(しつこく)このブログでアップデートしていますがとにかく歩きます。1日2万歩は守っています。本日は2についてお話しましょう。シンプルです。3食食べます。間食は一切しません。甘い飲み物はのみませんが、朝起きたらスティックカフェオレに [続きを読む]
  • fitbit日記:とてつもない目標設定
  • 4/24以来fitbit日記を書いていませんでした。GWとは言え何かと忙しくしていましたが、旅行には行ってません。休みがとれない方がたはGWに行くしかオプションはないのですけど、うちの家族はとにかく人が多いのが嫌いなのであえてGWとかお盆、年末年始はどこにも遠出はしません。累積歩行距離が10,300kmを超えたのでアメリカ本土ど真ん中とヨーロッパ中心に迫っています。かつて住んでいたミシガン州アナーバー市にも到達してしまい [続きを読む]
  • ウルトラスーパーマニアックなトピックでPV狙わない
  • 価値観の地球的規模での多様化が進展し需要と消費のロングテール化は進展の一途を辿る。そんな環境に置かれている我々にとって、広く人口に膾炙する話題などより、10万人に1人或いは100万人に1人しか関心を持たれないようなトピック、すなわちウルトラスーパーマニアックなトピックこそが、ブログというメディア上で展開すべきである。ねこあつめは1,000万人を超えるユーザーを誇る大ヒットアプリだが、ただ単にそれを解説するので [続きを読む]
  • 人を疑うのは損である
  • コンサルタントという職業から、ロジカルシンキングの基本として常に「すべての前提を疑ってかかる」ことを後進にも指導し、社外講師としても教え、また自分も実践してきたことではありますが、ただひとつ疑ってはならないものがあります。それは「人」です。もっと正確に言うと、人の潜在能力であり人の本質です。こんな記事がありました。matome.naver.jpこの記事が根拠として引用しているのが、英オックスフォード大学が、米国 [続きを読む]
  • 生まれ変わったらこの曲になりたいという曲はあるか
  • 「生まれ変わったらこの曲になりたい」衝撃的なことばです。こういうことばがすっとストレートにまっすぐな表情で語れてしまう音楽家。すばらしいです。NHK Eテレで5/5朝放映された伊藤悠貴チェロリサイタル。この番組しばしばチェックしています。しかし繰り返し視聴したのは本当に久しぶりのことです。日本人弦楽器奏者の水準は世界的にも最高水準。(ピアノもがんばれ!)そして彼が「生まれ変わったらなりたい曲」とはラフマ [続きを読む]
  • 練習論を語る才能
  • Twitterでピアノ練習法についてふと思ったことをつぶやいたらイイねとリツイートの嵐が発生した。誰の受け売りでもない自分の考えをわずか50文字ほどで鋭く表現する。そんな才能が自分にあるのかもしれない。もっともここに至るまでにはプロのコンサルとして技を磨き、ピアノに真剣に取り組んできた年月があったのは確かだ。 [続きを読む]
  • セルフブランディングは自分の過去を全て肯定すること
  • セルフブランディングというコンセプトが数年前から流行っていますね。個人事業主として成功するにも、組織人として活躍の機会を増やし実績を上げるのでも、あるいは個人としてSNSで友達のネットワークを広げ仕事も趣味もうまくいくようにするにも、セルフブランディングはとても重要です。セルフブランディングにはSNS上で人気者になるための自己アピールという狭義の定義なり理解はあるようですが、このサイトはそうではない本 [続きを読む]
  • 儲けたいなら科学ですよ 〜ブルーバックスの名著たち〜
  • 例によって図書館で借りてきたホリエモンの本が(意外にも)面白かった。www.amazon.co.jp儲けたいなら(ホンモノの)科学、それはきわめて正しい。しかも長期投資であればなおさらである。しかしタイミングと評価が難しいのも事実である。現下の再生医療ベンチャー株のように、まだ製品を上市するには程遠い状況ながら、臨床開発段階に入っただけでとんでもなく高い時価総額になっているものが米国でも日本でもいくつかあります。 [続きを読む]
  • GW明けをハッピーに
  • 昨日まで連休で、きょうから出社という方も多くおられると思います。(ぼくの場合には連休とかあまり関係ないのですが、クライアントが連休のところが多いのでその分クライアントに連休明けにプレゼンする資料の作成や調査、原稿書きなどをやっているのであまり休んだ感じはありません)中には9連休、10連休という方もおられると思いますが、Twitterとかみてると既にきのう日曜の朝から憂鬱になっておられる方も多いようですね。そ [続きを読む]
  • 読書メモ:とんでもなく役に立つ数学
  • 2週間に1回は地元の図書館に行きその時興味のあるテーマの本を借りてきます。今回のテーマも前回と同じくビジネス数学ですが、前回はExcelで学ぶ統計分析とかかなり実務向けだったのを、今回は一歩引いてみました。とんでもなく役に立つ数学 単行本 ? 2011/3/19 西成活裕 (著)Amazon CAPTCHA(あいかわらずAmazonのリンク貼り付けがうまくいかないです・・・)著者の西成さんは東京大学先端科学技術研究センター教授で、渋滞の研 [続きを読む]
  • 注目の日本人若手ピアニスト2人
  • いま注目している日本人若手ピアニストが2人います。森本隼汰君と黒木雪音さんです。森本隼汰君は今年中学に入ったばかりの若干13歳ながら、既にコンクールで何度も優勝しており、各地のコンサートに引っ張りだこの人気者だそうです。昨年ピティナのピアノコンペティションE級で金賞を受賞した際の、全国決勝大会での演奏をお聴きください。みずみずしい躍動感ある演奏です。www.youtube.com個人的には彼の個性が既に出ている演奏 [続きを読む]
  • 音楽は指数関数で捉える
  • 音楽について、特にピアノ演奏の上達について線形思考に囚われてはいないだろうか。「完成度の高い」演奏を100として、練習量xを横軸に、完成度を縦軸にとって100×(1-exp(x))のグラフをイメージする感じ(図の赤線グラフ)。これだと最初の頃は譜読みが進んで、音楽が形になってきて・・・と上達が判り易いが、いわゆる収穫逓減的に、練習量を増やしても「完成度」が僅かしか上がらない、と感じてしまうことになる。これではつま [続きを読む]
  • コンサルタント不要論をよく耳にします
  • 自分はかれこれ経営コンサルティングの世界に通算で12年いるのですが、かけだしのコンサルタントの頃から「コンサルタントは不要」という声をよく聞きます。自分の職業を否定する物言いですので聞き捨てならないのです。そしてそれが誰の言うことであっても一旦は真摯に受けとめます。が、その多く、いや全てが一般論としては誤りです。一般論としてコンサルタント不要とおっしゃる主張にはこういうのがあります:「自分で経営をし [続きを読む]
  • 平均律2巻16番フーガの鳥肌パート
  • ウルトラスーパーマニアックな投稿です。土曜のレッスンで再度(3回目?)バッハの平均律2巻16番フーガをみていただきました。このフーガは四声で超過主題まで提示されますが、その後喜遊部(嬉遊部)を経て主題が提示されますが、第2展開部でニ短調で主題がアルトに提示され、対位主題がソプラノに提示されるこの箇所は、最難部であり最も美しい鳥肌パートです。主題がソプラノ以外の声部に提示される場合は常に難しいのですが、 [続きを読む]