トシ さん プロフィール

  •  
トシさん: ふるさと納税
ハンドル名トシ さん
ブログタイトルふるさと納税
ブログURLhttp://furusatonouzei.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文ふるさと納税の仕組み、限度額、返礼品、人気の自治体などの情報です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 95日(平均1.7回/週) - 参加 2016/10/03 23:23

トシ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ふるさと納税 還元率 2016
  • ふるさと納税の還元率は、ふるさと納税のポータルサイトにも、自治体の説明などにも明確には書いてありません。還元率は寄付金が1万円だとして、返礼品の店頭小売価格が5,000円なら50%になります。店頭小売価格をいちいち調べるのってけっこう面倒ですし、地域によってもお店によっても差があります。2016年の全国のふるさと納税の還元率は、おおよそ30-40%が平均的な値だとされています。人気があるのは還元率が50%くらい [続きを読む]
  • ふるさと納税 期限
  • ふるさと納税には期限は無いのですが、平成27年の寄付とするためには、平成27年の12月31日までの入金完了が必要です。平成27年の寄付となれば、平成28年の所得税・住民税から控除されます。もし、平成28年の1月にふるさと納税をすると、控除されるのは平成29年の所得税・住民税になりますから、約1年のタイムラグが生じます。どうせなら、12月中にふるさと納税をして、翌年の税金を控除してもらうのが効率としてはいいわけです [続きを読む]
  • ふるさと納税 確定申告 不要
  • ふるさと納税をした時に、確定申告が不要になる人は、次の条件を満たした人です。(1)会社員であること、(2)年収が2000万円以下であること(3)給料は1カ所からしかもらっていないこと、(4)ふるさと納税以外で確定申告をする義務がないこと、(5)2015年にふるさと納税を行ったのは、4月1日以降であること、(6)寄付した自治体の数は5カ所以下であること、(7)ワンストップ特例制度を利用することを  「寄附金税額控 [続きを読む]
  • ふるさと納税 家電 2016
  • ふるさと納税というと、返礼品は地方の特産物の農作物というイメージが強いかもしれません。でも、意外と家電やスポーツ用品などもあります。これは、企業がその地方に工場を置いているなどの理由から、自治体に協力して商品を提供していると思われます。やはり毎日使う家電製品が返礼品のふるさと納税は人気があります。翌年の納税額を先払いするので寄付金として出費になりますが、寄付の上限額を越えなければ実質2,000円の [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング 牛肉
  • ふるさと納税で人気というより、 返礼品として人気なのが肉類、魚介類、果物などの食品です。 中でも美味しそうな牛肉の写真はアピール強いですね。九州宮崎県の都城市と高千穂町、茨城県境町、山形県川北町、 大阪府泉佐野市などが国産牛肉でボリュームも多くて人気です。 その他にもブランド牛や、 用途別の牛肉(すき焼き用、煮込み用など)など、 牛肉を返礼品にしている自治体は多数あるので、 「さとふる」などのふるさ [続きを読む]
  • ふるさと納税 還元率 高い
  • ふるさと納税の還元率とは、寄付金に対する返礼品の価値(価格)の割合です。例えば、1万円の寄付をして5,000円の品物がもらえる場合、還元率は50%になります。多くの自治体が還元率50%前後の返礼品を設定しているようです。ですから、ふるさと納税の還元率が高いと言えるのは、おおむね50%以上と言えます。特に高い所では80−100%というところもあるようです。しかし、なぜこんなに高い還元率が実現できるのかというと、 [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング カニ
  • 返礼品としてカニをくれるふるさと納税のランキングを探しました。ふるさとチョイスに出ていたエビ・カニのランキングから、カニだけのものを抜き出して並べ直しました。自治体名、寄附金額ともらえるカニの種類・量です。1位  福岡県福智町   15,000円  ズワイガニ 1kg2位  島根県安来市   15,000円  ズワイガニ 1kg3位  北海道根室市   20,000円  ズワイガニ 3kg4位  大阪府泉佐野市  10 [続きを読む]
  • ふるさと納税 仕組み 限度額
  • ふるさと納税は、自分が住んでいる自治体以外の地方自治体に、寄付金として定められた金額を払います。寄付金から2000円を引いた額は、翌年の税金から差し引かれます(控除)。でも、寄付金に上限を設けておかないと、人気の地方自治体に寄付金が大量に集まり、その人が住んでいる所に税金を払わない、もしくは少ししか払わないということになってしまいます。限度額というのは、その上限のことです。世帯の年収に応じて限度額 [続きを読む]
  • ふるさと納税 限度額 早見表
  • ふるさと納税の限度額は、各世帯の年収と家族構成(扶養家族の人数)などによって決まっています。限度額とは、その額以内ならふるさと納税した分を、翌年の税金から控除してもらえる額です。その額を超えてふるさと納税をすることはできますが、超えた分は寄付(自己負担)になります。もちろん返礼品で還元はされますが、一番効率的なのは限度額ぎりぎりのところです。その限度額が一番わかりやすくて詳しい早見表は、総務省 [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング 家電
  • ふるさと納税の中で、家電が返礼品になっているもののランキング表を探してみました。「ふるとく」というサイトの「2016年ふるさと納税で最新家電をもらおう!勝手にランキングベスト10位!」というページがわかりやすかったので、ご紹介します。ふるとくのサイト寄付金の大小にもよりますが、任天堂DSから電動スクーターまでいろんな返礼品があるんですね。寄付をする時は、自分の年収と限度額を確認して、複数寄付する場合は [続きを読む]
  • ふるさと納税 仕組み 2016
  • ふるさと納税の仕組みを、年収600万円の人が2016年にふるさと納税をしたケースで見てみます。 年収に対して所得税が20%、住民税が10%で、年収の30%にあたる180万円を税金として毎年支払わなければなりません。上の図の左側(赤枠)は、2016年と2017年のどちらもふるさと納税をしなかった場合で、今までどおり所得税と住民税の合計は180万円ずつで、2年間の支払い額は合計360万円です。上の [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング 還元率
  • ふるさと納税では、還元率(寄付金に対する返礼品の価格の比率)が話題になります。でも、ふるさと納税の自治体のサイトでは、普通は還元率や返礼品の価格は書いていません。通常は、寄付金の半分位の額の返礼品(還元率50%前後)が多いのですが、中には100%を超える超お得なものもあります。それを計算して掲載してくれているサイトがいくつかあります。「ふるとく」というサイトがわかりやすかったので、リンクを付け [続きを読む]
  • ふるさと納税 都城市
  • 宮崎県都城市のふるさと納税に興味のある人が多いようです。ふるさと納税サイトの「ふるさとチョイス」の、都城市の閲覧数が「殿堂入り」していて、よく見られているんです。返礼品(特典)は、宮崎牛、豚肉、鶏肉、焼酎、スイーツ、乳製品、おつまみなどです。都城市のふるさと納税は、市の8つの事業のなかから、寄付金を役立てて欲しい事業を選べるようになっています。これも人気の理由なのかもしれませんね。 [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ
  • ふるさと納税は、自分が住んでいない場所に寄付をして、そのほぼ同額を所得税・住民税から控除してもらう仕組みです。当初は、ふるさと納税した人は皆、確定申告をする必要がありました。でも、給与所得者のほとんどは確定申告が不要な人なので、手続きを簡略化するためにワンストップ特例申請書という手続きができました。ふるさと納税をした後に、ワンストップ特例申請書をふるさと納税先の自治体に送ると、その自治体が納税 [続きを読む]
  • ふるさと納税 楽天
  • インターネットの通販モールの楽天市場。この楽天のサイトにも、ふるさと納税のいくつかが商品として出品されています。ポイントの利用やポイントの加算など、楽天のポイントを使って実質的な割引を受けたい人は、楽天から購入すればいいわけです。楽天市場のサイトには、ふるさと納税の特集ページもあります。楽天 ふるさと納税の特集ページ [続きを読む]
  • ふるさと納税 人気
  • ふるさと納税で人気なのは、返礼品に食品が多い所です。中でも牛肉は人気が高く、うなぎなどの高級食材、海産物や果物も人気です。また、返礼品の選べる品数が多い自治体も人気となっています。例えば、静岡県焼津市は寄附金額に応じて、細かく特産品などの返礼品を1000品も用意していて、サイトがよく見られています。高知県須崎市、佐賀県上峰町なども同様にたくさんの返礼品があり、人気となっています。 [続きを読む]
  • ふるさと納税 確定申告
  • ふるさと納税では自分の選んだ地方自治体に寄付をして、その寄附金額に応じて翌年度分の住民税の減額が受けられます。このため、ふるさと納税をどこにいくらしたかを証明する書類を添付して、「これだけ減税してください」と確定申告の際に申告する必要がありました。しかし、給与所得者は本来確定申告をしなくてよいので面倒ですし、税務署も申告者が増えると仕事が増えます。そこで、現在は「ワンストップ特例申請書」を、ふ [続きを読む]
  • ふるさと納税 家電
  • ふるさと納税の返礼品というと、地域の特産物として農林水産業の産物や特産品・民芸品などを思い浮かべますが、家電を返礼品にしているところが少ないながらあります。特産品など家電の両方セットのところもあります。その地方の工場で生産されているとか、主要な部品を生産しているなど、地域ゆかりの家電が返礼品になっていることがほとんどです。これまでの実施例では、長野県安曇野市と飯山市、山形県米沢市がパソコン、福 [続きを読む]
  • ふるさと納税 還元率
  • ふるさと納税で「還元率」というのは、寄付をする人が実質負担する額に対して、返礼品の金額がどれくらいの率かという数値です。値打ちの高い返礼品を少ない負担額でもらえば、100%以上になり、大きければ大きいほど得というわけです。例えば、返礼品が牛肉1kgとします。寄付者の住む場所でその牛肉が3000円とすると、最低で2000円の負担で3000円の返礼品をもらって、還元率は150%になります。この数字が100%を超えているか [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング
  • ふるさと納税のランキングには、いろんなジャンルのランキング集計があるんですね。「ふるさとチョイス」という会社は、ふるさと納税の総合サイトを運営しているので、どの地域のページが多く見られたか(PV数)の月間ランキングを掲載しています。また、おすすめ投稿ランキングや、寄附金額、返礼品の品目ごとにランキングがあります。例えば、返礼品で「肉」のベスト30とか、「米・パン」のベスト30など細かく集計されていま [続きを読む]
  • ふるさと納税 仕組み
  • ふるさと納税の仕組みは、好きな「ふるさと納税先」を選んで指定された寄付金を払うと、本来支払うべき住民税・所得税が減額され、さらに「ふるさと納税先」からは返礼品がもらえるというものです。「ふるさと」という名前ですが、実際には故郷や本籍地でなくてもいいんです。「納税」と言っていますが、実際には寄付金を払うことで寄付金控除を受けることです。ですから所得税法の寄付金控除に定められた控除額を超えない額を [続きを読む]
  • ふるさと納税 限度額
  • ふるさと納税の限度額というのは、これ以上寄付すると税の軽減額を超えてしまい、返礼品はあるものの超えた金額が寄付になってしまう金額です。文章だと難しいですね。ふるさと納税は返礼品と1口の金額が決まっているものが多いのですが、寄付の合計が年収によって決められた限度額より少なければ、2,000円の負担で返礼品がもらえてお得です。下記は、夫婦のみの給料収入の世帯の場合(配偶者控除あり)の例です。年収    [続きを読む]
  • 過去の記事 …