giny さん プロフィール

  •  
ginyさん: ウイスキラヴァーの日常
ハンドル名giny さん
ブログタイトルウイスキラヴァーの日常
ブログURLhttp://malt.hateblo.jp/
サイト紹介文シングルモルトにハマった20代が、テイスティングしたりウイスキーについて語ったりするブログです。
自由文シングルモルトのテイスティングが記事の中心ですが、蒸留所体験記であったり、おすすめのウイスキーやウイスキーに関する事柄のまとめをしたいと考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 175日(平均6.7回/週) - 参加 2016/10/04 11:16

giny さんのブログ記事

  • イチローズモルト 秩父 Exclusively Bottled For HBA 2010-2016 6年 59.5%
  • 評価:A+〜A++香りはエステリーで甘い。アプリコット、アップルのコンポート、シナモン、アメリカンコーヒー、焼きたてのトースト。飲むとしっかり熟成したプラム、ストロベリー、桃、トロピカルティー、リッチな麦のコクがあり飲み応えがあるが、粘性はそれほど多くない。余韻はスパイシーさと、程よいタンニンとウッディネス、。先週は体調不良か花粉のせいかわかりませんが、鼻詰まりがひどくモルトをテイスティングする機会 [続きを読む]
  • ジュラ 1989 26年 ヘビリーピーテッド シグナトリー
  • 評価:A+香りはグレープフルーツ、キンカン、すりおろしたリンゴ、穏やかな麦感、土っぽいピート香。飲むとスパイシーだが僅かにシトラスやパイナップルなどのトロピカル感、その後スモーキーなしっかりとしたピートが覆う。余韻はウッディ、バニラ、スパイス。シグナトリーからリリースされている、ジュラの1989年蒸留、2016年リリースです。アイラ島の東側に隣接しているジュラ島。アイラのアスケイグ港からアイラ海峡を200 [続きを読む]
  • 【初心者向け】ウイスキーの定義や分類など
  • ここ数日で初心者向けの資料を作ってまして、せっかくですのでブログにも掲載しようと思います。美味しいウイスキーを飲むのが一番の目的ですが、そのためには最低限の知識があった方が、美味しいウイスキーにたどり着きやすかったり、また興味や関心も増えるかと思います。尚、初心者向けカテゴリにはこれまでにも幾つか記事を作っていますので、そちらも参考にして戴ければ幸いです。  1.ウイスキーとは? 2.ウイス [続きを読む]
  • 白州蒸溜所に行ってきました(ツアー編)
  • 先日行ってきました、白州蒸溜所のレポートです。金曜日に風邪をひき、土曜日にインフルの検査、陰性を確認してそのまま飲み会、日曜日は5時起きで白州へというイミフスケジュールでしたが、某酒屋さんの運転とお話のお陰で、楽しく有意義に過ごせました。また行き帰りの車で少しBABYMETALに詳しくなるという…さて、日曜日の10時半頃に白州に到着したのですが、ツアーまで時間がありましたのでウイスキーミュージアムに行ってきま [続きを読む]
  • 白州蒸留所に行ってきました。試飲編
  • 今週末は風邪を引いてしまいダウンしていました…。幸いインフルエンザではなかったので、気合いでなおす(薬漬け)ことにして、最低限の予定は参加することにしました。今回の連休中に行く予定だった、白州蒸溜所。こんなコンディションですが、楽しく参加出来ました。蒸留所レポートは後日記入することとして、今回は色々試飲してきましたので簡単にまとめてみます。他にも、同行したグループの方から5-6種類少しおすそ分け頂 [続きを読む]
  • 戸河内 18年 ブレンデッドウイスキー
  • 評価:A香りはバタービスケット、オレンジ、蜂蜜、ほんのりとしたピート、僅かに焦げた木のニュアンス。飲むとグレーンのさらっとした甘味が主体だが、麦のコク、クリーム、バニラ、ピートなどのニュアンスがあり、飲みやすくも飲み応えがある。余韻はビターでウッディ。中国醸造が2014年あたりにリリースした、戸河内18年です。元々はみりんや焼酎を作っている会社のようですが、岡山県北部の戸河内にある、線路のトンネル跡を [続きを読む]
  • ブナハーブン 1969 40年 ダンカンテイラー ロナック
  • 評価:A++香りはパイナップル、マンゴー、洋梨などのトロピカル。奥にウッディ、バニラと軽い溶剤、樹脂。飲むとパッションフルーツ、パイナップルなどのトロピカル感に、広葉樹のような木のニュアンス、木のえぐみがある。余韻は長く、程よいウッディネス。えぐみは時間経過で抜けていく。ダンカンテイラーのロナックシリーズより、ブナハーブンの長期熟成、1969年の40年ものです。ダンカン・テイラー社は1938年、ビジネスマン [続きを読む]
  • ベンネヴィス 1966 44年 キングスバリー 40.7%
  • *1評価:S-S+香りはフルーティーでエステリー、過熟なプラム、アプリコット、桃やリンゴのジャム、高級家具、バニラ、少し漢方薬のような香り。飲むと軽やかだが芳醇で、香り通りのフルーティーさ、プラムやアプリコット、チェリーなどのコンポート、白ワイン、パイナップルやパッションフルーツなどのトロピカル感、フィニッシュは非常に長く、果実感と僅かな樽香、わずかな粉っぽさが続く。キングスバリーより、ベン・ネヴィ [続きを読む]
  • Whisky Day in Takaokaに行ってきました。
  • 3/13日(昨日)、富山県は高岡でウイスキーフェスがありました。調度ガロアのパーティーと被ってましたが、前日金沢で用事がありまして、ついでということで高岡のフェスに行ってみました。金沢では結局朝まで飲む羽目になり、てんやわんやで準備する暇もなく、グラスも持たずにほぼ徹夜でフェスに行き、偶々高岡に住んでる知人にアドバイスや一緒に昼食を取りつつの緩いフェス参加となりましたが、少しばかりレポートしていきます [続きを読む]
  • 余市 NA 旧ボトル
  • 評価:A香りは若く、乳酸系のフレーバー、しっかりとした麦芽、焦げたピート、少しエステリーでオレンジの皮。飲むとしっかりとした麦感、食パンの白い部分、少しピーティや塩辛さ。旧ボトルの余市、NAです。先日、ふと余市を飲もうと思い立ったときに、開栓している余市がないことに気づき、とりあえず取り出しやすい位置に置いてあったので開けた一本。終売後に見つけたミニボトルで、ドラッグストアーでものすごく格安で売って [続きを読む]
  • ボウモア ホワイトサンズ 17年 43%
  • 評価:A+香りはトロピカルとピート。柿、ビワ、パッションフルーツ、ピート、少し紙っぽさ、焦がした麦。飲むと口当たりはさらりとしており、パイナップル、桃やチェリーの缶詰、ジューシーさにしっかりとしたスモークとピートが混じる。ボウモアが2014年ころにリリースした免税店向けボトルから、ホワイトサンズ17年です。逆算して1997年からそれ以前のリリースが使われていると思われ、トロピカルが主体の90年代中後期のボウモア [続きを読む]
  • アラン 2001 14年 53.6% #908
  • 評価:A+香りはヘーゼルナッツシロップ、青草、華やかな麦の香り、オレンジの皮。飲むとナッツ、オレンジ、ハニーシロップ、最中皮、しっかりとした麦のコク、少しグラッシー。さて今回は久し振りにアランを飲もうかな、と思いこちらをテイスティング。95年設立で、今年22年目になるアランですが、これは2016年に発売されたウイスク・イー向けのものです。価格も8000-9000円程度で、そこまで高くなく、高騰したこのご時世にシ [続きを読む]
  • ウエストコーク10年 カスクストレングス 57.3%
  • 評価:B+〜A香りは、ラムネ菓子、若い麦の香り、パッションフルーツ、ライム。飲むと華やかで軽やか、オレンジ、若々しく軽やかな麦、メロン、香草、若干のケミカル感や紙っぽさ。余韻は長く、花の香り。アイリッシュウイスキーより、ウエストコーク蒸溜所です。ウエストコーク、全然情報がありませんが、ミドルトン蒸溜所の近く、アイルランドの南にあるコーク州西部の海岸にウエストコークという地区があり、そこで2003年から [続きを読む]
  • イチローズモルト秩父 single cask PX For MMWM 2014
  • 評価:A+香り プラム、チェリーブランデー、キャラメル、レーズンバター、ドイツパン。飲むとフルーツとスパイスが混ざり合う。レーズン、ジンジャー、りんごのコンポート。余韻はスパイシーでオーキー。イチローズモルト秩父より、2014年のモダンモルト向けのボトルです。2010年蒸留、2013年に2nd caskの表記があるので、ダブルマチュアードまたはカスクフィニッシュ的な位置付けかと思いますが、記載には PX SHERRY spanish [続きを読む]
  • ブナハーブン 18年 OB 46.3%
  • 評価:A++香りはややわざとらしいチェリー、キャラメルマキアート、ナッツのシロップ、シナモン、じっくり煮詰めたアップル、プルーン、梅の塩漬け。飲むとリッチでフルーティー。ココアパウダー、レーズンやプルーン、しっかりとコクのある麦感、ブリニー、余韻は塩気やビターチョコレート。ブナハーブンのオフィシャル、18年です。ブナハーブンの歴史については前回の記事を参照いただくとして、現行の蒸留内訳についてまと [続きを読む]
  • ブナハーブン 1988-2016 28年 single malts of scotland 46.8%
  • 評価:A++香りはミントキャンディ、華やかで嫌みのない麦感、ハニーシロップ、クリーミーで甘い、バタースコッチ、僅かに海苔のような磯の香り。飲むと厚みのある麦の甘味やコクが華やかに口の中に広がり、白い花、マカダミアナッツ、クリーミーでオイリー。わずかに樽の引っかかりやブナっぽいエグミ、紙っぽさ。余韻は長くリッチ。スペシャリティドリンクス社より、シングルモルツ・オブ・スコットランドシリーズの1988年蒸留 [続きを読む]
  • オスロスク1993-2009 43% Gordon & Macpail Connoisseurs Choice
  • 評価:A~A+香りはモルティで華やか。シトラス、ハニーシロップ、モルティでクリーミー、パセリなどの香草。飲むと口当たりは軽く、モルティ、麦汁、軽いスパイスや紙っぽさ。余韻は淡く、生木のニュアンス。ゴードン&マクファイルのコニサーズ・チョイスより、オスロスク1993です。J&Bでお馴染みのJusterini & Brooks社が、ブレンド用キーモルト生産のために1972年に設立した、比較的新しい蒸溜所です。設立の経緯の一つには、 [続きを読む]
  • ブッシュミルズ21年 40% OB 2014年ロット
  • 評価:A+香りは、焦がしたカラメル、ローストした麦、ハニーシロップ、桃の皮、リンゴ飲むと口当たりは軽く、麦汁の甘い香味、熟したリンゴ、シナモン、ハニーシロップなどの甘い香味が優しく広がる。昨日に続き、アイリッシュはブッシュミルズの21年、こちらは2014年ロットです。知り合いが持っていたのを詰めてもらいました。2015年と2014年で味が違うのかどうかですが…全然別物でした。2014年ロットはガブガブ飲んでいるわけ [続きを読む]
  • ブッシュミルズ21年 40% 2015年ロット
  • 評価:S香りは甘く、トロピカルで華やか。ハニーシロップ、リンゴ、マロン菓子、ナッツ、過熟のプラム、パイナップル、ドライマンゴー。飲むと口当たりは軽く、プルーン、ナッツ、パイナップル、パッションフルーツ、アップルジュースなどのトロピカルやフルーティーを感じ、軽くケミカル、麦汁のニュアンス。余韻は長く、嫌味のない軽いウッディネス。アイリッシュウイスキーからブッシュミルズ21年、2015年リリースのものです [続きを読む]
  • トマーティン 1993-2010 17年 BBR 復刻ラベル
  • 評価A+(写真掲載忘れてました…すみません)香りは赤い果実やウッディ。桃の皮、砂糖漬けのアップル、プルーン、バニラ、古い家具、木イチゴ、ナッツ。飲むとリッチでフルーティー。蜂蜜、熟れたアップル、キウイフルーツ、バニラ、古めの家具、濃いめに淹れた紅茶、ヘーゼルナッツ。余韻は長くスパイシー。BBRの復刻版ラベルのトマーティン1993-2010 17年熟成です。一年ほど前に近くの酒屋で見かけて買った一本。トマーティン [続きを読む]
  • サマローリ ’S PEATY 1995 ブレンデッドモルト for Whisky Live 2014
  • 評価:A+香りはヘザー、メープルシロップ掛けのパン、バニラ、少しのウッディネス、ピーティ。飲むとソルティ、ヘザーハニー、クラッシュナッツ、ウエハース、僅かにグラッシー、アニス。程よいピートに引き締めるウッディネス。サマローリより、2014年のWhiskyライブ向けにリリースされたブレンデッドモルトです。中身はラフロイグとハイランドパークのようです。Peatyと銘打ってはいますが、ピート感だけではない麦芽やハニ [続きを読む]