h2oceanic さん プロフィール

  •  
h2oceanicさん: Your English Place
ハンドル名h2oceanic さん
ブログタイトルYour English Place
ブログURLhttp://ameblo.jp/h2oceanic/
サイト紹介文楽しく英語を学ぼう ? 洋画・ドラマ・音楽から英語を覚えるコツ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 170日(平均2.1回/週) - 参加 2016/10/04 12:03

h2oceanic さんのブログ記事

  • 英語の怪獣がやって来ます
  • この電車にゴジラが接近中です。 3分後に到着するので逃げてください。 急にそんな放送があったら、 どうしますか?? そんなこと言ったって どこに逃げるんだよ! と慌てふためくでしょう。 英語のリスニングについても 似たような状況 [続きを読む]
  • 英語の文法嫌いをコロッと直す劇薬
  • あなたの文法嫌いを一瞬で治す すごい薬があります。 ただし、強い副作用があるし お値段もすごいですよ・・・ と聞いたら、どう思いますか。 若い頃の私なら すぐに飛びついたと思います。 そして、たとえ髪の毛が抜ける とか、 急激に太る、 などの副作用があっても きっと飲んだと思います [続きを読む]
  • 恥ずかしさを一瞬で消し去る魔法
  • 英語を話すのって恥ずかしいですよね。 特に初心者のうちは、 単語を間違えるんじゃないか 発音を笑われるんじゃないか など、心配は絶えません。 私も実際、留学先で 発音の大間違いをしたことがあります。 bath(お風呂)を bus(バス) と言ってしまったのです。 ある国の生徒から大笑いされて 正しい発音はこうだよと教えられて [続きを読む]
  • 金欠ダメ男がどうやって留学できたのか
  • 今日は、私が格安・最速で語学留学を実現した方法を暴露します。 外国人に混じって授業を受けて緑豊かなキャンパスで談笑する自分の姿・・・ そんな華やかな留学生活に憧れる人は多いと思います。 正規留学、語学留学、交換留学などいろいろあるなかでどれを選ぶにせよ、 1つの巨大なハードル があります。 何だと思いますか? 英会話力でしょうか。 異国の地を怖がらない [続きを読む]
  • 英語が万年赤点だった私がTOEICで910点を叩きだした方法とは!?
  • 突然ですがあなたは 簡単に英語がペラペラになる方法はないかな? なんて思ったことはありませんか。 英語に興味があるなら、誰でも一度は思ったことはあるのではないでしょうか。 しかし、英語って難しい・・・なんかいい方法や裏技はないかな・・・ なんてこと、つい考えたりしませんか。 20数年前の東京で 新聞配達をしながら私もそんなことを考えていました。 [続きを読む]
  • すぐ飽きちゃうんです!―英語の勉強を習慣化するには?
  • 皆さんこんにちは。 今週も木曜になったので、Podcastを配信します。 今日のテーマは、英語の勉強を習慣化する方法。ぜひ、聴いてくださいね↓https://itun.es/jp/vURqfb.c 今日はブログでも、この習慣化について取り上げたい思います。 しかし英語の勉強って、なかなか続かないですよね。どーしてなんでしょうか。 なんか飽きちゃうんですよね、本とか教材とかって。内容つまらない [続きを読む]
  • 恥ずかしい日本人の英語発音3つと、その直し方
  • おはようございます。 今日は、聞いてて恥ずかしい日本人の英語発音を3つ紹介します。 1.They を ゼイ と言う2.Thank you を サンキュー と言う3.OK を オッケー と言う 私達日本人は、カタカナ語のせいで、間違った英語の発音をしていることが多いです。これら3つは、その典型的な例ですね。 日本に住んでいる英語教師などの外国人なら、日本人発音に慣れていて分かるかもしれません [続きを読む]
  • 英語をやり直すために本屋さん?―そりゃないでしょう
  • Podcast 好評配信中です! 大人になって英語をやり直したい、そんな初心者がやってしまう間違いの1つは、本屋に行って参考書を選ぶこと。 たくさんありすぎて混乱して、どれを選んだら分からないから、とりあえず効果が高そうなものを選んじゃう。ほとんどが、やっぱり文法だから!いや発音が大事!いやいや単語でしょう―まず何百語・何千語覚えてからですよ!なんてものばかりですよね。 はっきり言って、どれ [続きを読む]
  • 明るいけど悲しい曲―Luka
  • こんにちは。 世間でヒットしていて何気に耳にしているけど、歌詞の意味までは気にしてないという曲、結構ありませんか? 特に洋楽なら、なおさら中味まで気にしないですよね。 今日ご紹介する曲 Luka は、僕にとってそんな曲の1つでした。 明るい曲調なので、てっきりティーンの青春の歌かな? という程度に思っていました。最近歌詞を目にするまでは。 これは、Suzanne Vega という [続きを読む]