NORI さん プロフィール

  •  
NORIさん: 坂田流ジャイロスイングに挑戦
ハンドル名NORI さん
ブログタイトル坂田流ジャイロスイングに挑戦
ブログURLhttp://noriyasu.muragon.com/
サイト紹介文40年以上ゴルフをしてピーク時は片手シングルまでなっていたのに最近は視力・体力の低下でスコアがまとま
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 75日(平均1.6回/週) - 参加 2016/10/04 16:08

NORI さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 17. 悔しい!
  • ジャイロスイングでは解決しないパット! 昨日のゴルフでも悔しい思いを何度もした。 左眼が黄斑変性症のため1〜2Mのパットに自信が持てない。 所詮、独眼でのライン読みだから遠近感や傾斜を判断するのが難しいことは 分かっているのだが、平坦な場合でも1.5M程度の距離を左側に1カップ程度 はずしてしまう。同伴者から慰められながらのラウンドは辛く、悔しい。 タイでのゴルフは各自専用のキャディーがOKなので [続きを読む]
  • 16.  正しい呼吸法が良い姿勢を生むんだナ!
  • 最初、私は間違っていた! ゴルフスイング、野球の打撃、剣道の打突など棒状の道具を目標物に当てる動作中の 呼吸法は同じなのか?という疑問を持っていた。 野球の場合は投球されてエネルギーを持ったボールを打ちかえすのだからやはり 相当のエネルギーが必要だし最大ではホームランも期待できる。 剣道の場合でも古来、人切り由来であれば「骨を断つ」相当な瞬発的エネルギーで あったに違いない。現に以前習った師範の二 [続きを読む]
  • 15.  ゴルフ場選びの条件は?
  • ゴルフ場選びはプレースタイルで変わるけれど・・・。 私の場合は 1. プレー料金が安いこと。 2. 自然に溶け込んだ美しい景観で適度な難度があること。 3. 水利が良くコース全体の樹木、草花が豊かで手入れが良いこと。 4. グリーンの手入れが良く適度なアンジュレーションがあること。 5. 年間を通じて芝が緑なこと。(国内では難しいが) この条件にピッタリなのがタイ・バンコクのKrung Kavee [続きを読む]
  • 14.  感触上々!第二段階に入ったジャイロスイング
  • 10月に始めたジャイロスイングも実践を含めて50日が経過 この期間の練習でジャイロスイングに慣れてきた感触がある。 軸を「額、鼻先、アゴ」を結ぶ線として右腰骨を後方にゆっくりと回転し 止まったところでバックスイングは終わり、再び右腰骨は先の軸を中心として 右回転する。(途中、ボールにクラブフェイスが衝突する) これを身体に染み込ませる過程ではいろいろ邪念が発生したが今は大分改善した。 特にアイアン [続きを読む]
  • 13.  中間距離をどうするか?
  • ジャイロスイングはシンプルだが・・・ 今回のタイゴルフツアーで課題がはっきりとしたのはピンまでの距離が 自身のクラブ番手で中途半端に残った場合をどうするかである。 もちろんライによっても違うが無風でフラットなフェアウエーでの場合だ。 例えばグリーン中央のピンまで125Yの場合。 私は通常のジャイロスイング(ショートスイング)であれば9 or 8アイアンだ。 距離とはキャリーとランの合計で考えている [続きを読む]
  • 12.  タイの最難関コース・NIKANTI GCにジャイロで挑戦
  • 11月のタイはゴルフに最適! 今回は5日〜16日の間バンコク周辺の9コースをジャイロスイングで挑戦した。 先月国王が死去したことから喪に服していてアルコール類を提供しないコースも 数ヶ所あったけれど乾季の天候に恵まれ充分堪能できた。 タイゴルフツアーは2000年から年2〜3回のペースで続けているが今回の目玉は 昨年オープンした国内で最も美しく最難関と評判のNIKANTI GCなので、ここに挑戦 の [続きを読む]
  • 11.  使用球がすごく重要だ!
  • ジャイロスイングでは使用球がとても大切なんだ。 私が行く練習場のボールは敷地の関係やネット保護のために飛ばないボールだ。 もちろんスイング調整などが目的なので全く問題はなのだが、ついついアイアンなど の練習の場合は飛距離に意識が気になり力んでしまう傾向がある。 元来パワーが無い私がシニアになってからのヘッドスピードは36〜40m/sec程度だ。 ジャイロスイングにしたからといってこれが伸びるはずも [続きを読む]
  • 10. 横浜CC西コースをジャイロで挑戦!
  • 横浜CCは東・西36Hの都心から最短のコースだが1年以上東18Hで営業されていた。 2018年の日本OPを開催すべく西コースを大改造したのだ。 距離も相当長くしてPar71となったコースはベンクレンショー設計事務所が監修した とかで全く変貌している。特に大きなワン・グリーンは起伏に富んでいる。 グリーン・エッジから7〜8ヤードが極端に上り傾斜になっているところが、花道か左右・奥のどこかにあるのでア [続きを読む]
  • 9.   悲しいことが多い最近のラウンド
  • 最近は家から近いコースでのプレーが多くなったが千葉方面の格安セットが 以前名門と呼ばれたコースでも企画されているので時々利用する。 そんなセルフコースでは最近のゴルフ事情をいろいろ感じることができる。 1. 女性のプレーヤーが世代をこえて多くなった。   (色とりどりのファッションがコースを明るくしてくれる) 2. 若い初心者の男性仲間はコースを独占するかの様に奇声をはっしながら縦断する。 3.  [続きを読む]
  • 8.  中部銀次郎とジャイロスイング
  • 中部銀次郎のスイングはジャイロスイングではなかった。 私が現役時代の頃、25年ほど前だが下関CCで彼とラウンドできる事があった。 俗に言う「接待ゴルフ」であったが前夜は興奮して良く眠れなかったことを思い出す。 広めのスタンスだが全身バネかと思われる大きなスイングアークで流れる様なとても 美しいスイングは鮮明に覚えているし、その後それを理想型と考えてきたのだが、 現実は「明治の大砲」と「ヒョットコ踊 [続きを読む]
  • 7. 発見!練習場でジャイロスイング
  • 今日は爽やかな天気に誘われて朝から練習場に行った。 練習場での定位置は喫煙コーナーに近い左端だが、前方にズラーと入場者が見える。 4〜5人前方の打席でジャイロスイングを試みている人がいるではないか! 話したことはないが、ここでよく見かける方で良いショットを打つので覚えていた。 年恰好も同じくらいの人だから内心ライバル視していたのだ。 私がジャイロスイングに挑戦しはじめた頃と同じミスショットを重ねて [続きを読む]
  • 6. ゴルフ中継・私の見方は・・・
  • 今日は男子(日本OP)、女子(富士通)とも観たので練習場は休んだ。それに 私は平日安く、空いてる時間帯を選べる年金受給者だから。 松山君出場の日本OPはさすがにギャラリーも多く、TV中継の視聴率もきっと高かったと思うのだが、その他の男子トーナメント中継はあまり人気が無いように思う。 一方、女子の方はスタイルの良いかわいらしい新人も最近どんどん出てきて視覚的にも 娯楽番組を観ている感覚で楽しめるから [続きを読む]
  • 5. TVコマーシャルでジャイロスイング発見!
  • BSテレビなどのゴルフ番組は録画して見ることにしている。 コマーシャル部分を早送りして時間を節約の為だ。 しかし、今日は何気なく見た某クラブメーカーの新作クラブ性能テストの場面で 「そう、これだよ!」と気付けたのがジャイロスイングそのものだった。 クラブ性能はどうでもいい、それは新作クラブを固定してあるスイングマシンである。 固定されたマシンには腕にみたてたシャフトがあり先端にクラブが固定されてい [続きを読む]
  • 4. レッスンプロにもいろいろありまして・・・。
  • レッスンプロを選ぶ事が一番大切だ。 30年以上前のことだが長期出張で東海地区での仕事があって宿泊先近くの練習場によく通っていて、そこのレッスンプロと仲良くなりよく一緒に飲んでいた時のこと。 スイング技術の話題や身の上話(トーナメントプロを諦めた経緯)などいろいろあった。 そんな彼が言っていた言葉がその後の自分の練習する姿勢を変えた。 「生徒は僕達のメシのタネですよ!」 生徒をどうして離れないように [続きを読む]
  • 3. 80前後で大満足のアマチュアはジャイロスイング!
  • コースはストレートボールだけで克服できる。 ゴルフコースで1番から18番まででスライス、フックが絶対に必要なホールは無い。 飛距離にもよるがそんなホールはもともとアマチュアには難しいホールなのだから 最初からボギーオンでOKと自身にプレッシャーをかけず無理しない。 スライス、フックを打ち分ける練習は時間の無駄。 賞金で生活しているプロは常にバーディを狙っているが、アマチュアはパーを目標に練習をして [続きを読む]
  • 2. 不安は大敵、自分を信じてコマになりきる!
  • この歳になったら氾濫するスイング指導情報を一本化する。 いままで国内・外の多くのレッスン書やDVDを見てきたが、それはそれとして 坂田流ジャイロスイングが信じるにたりると今日も練習場通いだ。 腰を水平に回転させる。 全身が固くなってきている私でもそれが可能だった。アドレス時にガニ股状態(見た目には相当カッコ悪い)だから回転方向に膝だけを開いてやればOKなのだ 球を凝視しすぎると飛ばないし方向・弾道 [続きを読む]
  • 1. 良いショットが出た時の感覚が大切なんだナ!
  • 練習場で何球か打って自分なりに注意すべき点は以下の通り。 1.「自分は駒になっている」という意識を強く持つ。   そしてコマなら相当斜めでも回転するが、軽い前傾を維持する。 2. 前傾時の軸は解説の通り「額・鼻先・アゴ」をむすぶ線だ。 3. スタンスは両方の踵を約15cmあけつま先は逆ハの字で35cm程度開く。   重心は左右均等で土踏まずあたりが良さそう。 4. バックスイングの始動は「縦ぶりす [続きを読む]
  • 過去の記事 …