MH さん プロフィール

  •  
MHさん: 信州駒ヶ根自動車学校合宿免許日記
ハンドル名MH さん
ブログタイトル信州駒ヶ根自動車学校合宿免許日記
ブログURLhttp://menkyohunter.hatenadiary.com/
サイト紹介文信州駒ヶ根自動車学校での合宿免許日記。合宿免許ってこんな感じなんだ程度でよろしく!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 186日(平均1.1回/週) - 参加 2016/10/04 23:13

MH さんのブログ記事

  • 合宿免許のスケジュール(普通自動車AT・大型二種)
  • まずは普通自動車ATの方のスケジュール表。時間割ということですね。下の方には大型二種の予定表も貼ってあります入校日や何やで各々組まれ方は違うと思いますのであくまで参考程度にしてね普通自動車ATも中々に予定が詰まってますね。この免許を受けていた友人曰く、とりあえずどんどん声掛けていくと楽しい日々を過ごせるらしいです。まあそれは何処でも一緒ですけどね合宿所には着いてすぐ視力検査等をして、その後授業が [続きを読む]
  • 教官と他の合宿生(評判)
  • 駒ヶ根自動車学校の評判 てか評価ね自分基準の教官について教官は軒並み丁寧で優しい方ばかりで教習所サイドによる徹底した管理教育もあるように思われます。教官を評価する仕組みもあり避けたい教官がいた場合は避けることできそうなくらいですたぶん知らないけど優しい教官ばかりと比較してしまうと少し厳しめのコトを言う方もいましたが、それはあくまで自分の運転に関すること(自身のタメになる)なので全くもって問題無。と [続きを読む]
  • 周辺施設(外食・銭湯)
  • いな垣タクシーの運転手さん曰くここいらで人気のお店とのことで、実際に行ってみたら確かに結構混んでいました。とりあえずソースカツ丼食べたくて行ってみたんですけどB級グルメってことでまあまあジャンクでした。わたしは嫌いじゃないけど一緒に行った人は苦手とのことそう言えばソースカツ丼じゃなくて茶蕎麦が美味しいって言ってた誰かが[食べログ]アクセスが制限されていますこぶしの湯部屋(メゾネットウィンズプラス)に [続きを読む]
  • 周辺施設(周辺地図とコンビニとその他)
  • 基本的には移動のためにまず自転車を借ります。何故ならその方が楽だからでも自転車を借りる為には、ホントのホントの最初に1度だけ500円を払わなければなりません。何故なら旅行保険だかという保険に入らなければならないから(一回払ったらもう払わないでオッケ)そして雨の降ってる時は借りられず、1回の使用につき2時間以内というルールが有り、何時に借りようが18:00までに返却しなければなりません。ふと疑問に思ったこ [続きを読む]
  • 細かい規則
  • 結構細かい規則が多々あります。その中から個人的に印象に残ったものをピックアップ大型2種等トラック系の方のみ自室で飲酒が可能郵便物や配達物を自動車学校自分の部屋宛に送ることが出来る。これAmazon届くよねたぶん自家用車で来ても空き時間に普通自動車教習生を同乗させることは禁止されている当然の如く門限(普通車は21:00大型2種等トラック系は22:30)が存在している。それだけでなく部屋に異性を入れることは禁止されていて [続きを読む]
  • 自転車レンタルとコンビニ
  • 自転車借りる為に1度だけ500円が必要となる。なぜなら旅行保険だかという保険に入らなければならないから。そして雨の降ってる時は借りられず、1回の使用につき2時間以内というルールが有り何時に借りようが18:00までに返却しなければならないグーグルマップ曰く一番近いコンビニは約800mと表示されていたのだが、受付の人にコンビニはどこにあるか訊ねると約900m離れたコンビニの記載されたマップを渡されたのでそちらに行って [続きを読む]
  • 部屋の備品+持ち物について
  • 主な備品は公式サイトに書いてあるとおりだがそれだけではわからなかったところを書きたいと思います。要は持ち物について部屋にはハンガーが5つ有り小さめの角ハンガーも有りカップとなる物はティーカップ1つなので歯ブラシを入れたりしておく用があると良いかも台所用洗剤もありますシャワー室(浴槽無し)については僕の部屋だけかわかりませんがボディーソープのみ置いてありました。他の方に聞いたらそちらにもボディーソープ [続きを読む]
  • 駒ヶ根合宿ルール
  • 結構細かい規則が多々あります。その中から個人的に印象に残ったものをピックアップ大型二種等トラック系の方のみ自室で飲酒可能郵便物や配達物を自動車学校自分の部屋宛に送ることが出来るっぽい。これAmazon届くよねたぶん自家用車で駒ヶ根自動車学校まで来ても、空き時間に普通自動車教習生を同乗させることは禁止されている当然の如く門限(普通車は21:00大型2種等トラック系は22:30)が存在している。それだけでなく部屋に異性 [続きを読む]
  • 食事・ケーキバイキングの写真
  • 朝昼夜共にバイキング方式。決められた時間内に行かないと食べ逃すことになりますのでご注意ください朝食は白米・食パン・シリアル・味噌汁・野菜(海藻・千切りキャベツ・レタスがランダムであるたまにミニトマトある一回ブロッコリーもあった)納豆卵漬物が基本的にありそれに+1、2品ある感じだったまた食いたいタマゴ昼は白米+麺類あるいはメインオカズって感じで基本的に野菜は三食にある夜は白米・味噌汁・メインのおかず・ [続きを読む]
  • 府中試験場
  • 府中試験場まで学科試験を受けにきました。この試験にさえ受かれば晴れて大型2種と大特ゲットということになります。試験場までの道中頭の中は、合宿仲間に聞いた人口多いところの方が試験内容難しいらしいという話や、合宿時に使ったタクシー運転手さんの二種学科試験に7回落ちた話や、その同僚さんだかには20回も落ちた鉄人もいるというとんでも話が無限ループしていて、結構ビビってましたが無事一発で合格出来ました。とりあ [続きを読む]
  • 合宿14日目終(大特卒検)
  • 本日は08:05集合で卒検の説明をうける大特の試験は私1人ということもあり、またもや初陣を切ることになりました。まあ、いくら大特の試験が簡単と言えど、いくら教官が大特で誰も落としたことないと言っても、もしも落ちたら延泊それも大部屋になるわけですから緊張してしまいましたね。勿論合格しましたけどというわけで、晴れて合格し帰宅ということになりますと卒業式なるものがあり、その後お昼を食べてバスなり電車なりで [続きを読む]
  • 合宿13日目落ちすぎ運転手話
  • 本日は大特⑤⑥です。大特卒検前最後の教習となります。多少技術に修正点はあれど、時間一杯ひたすら卒検コースを走る内容となっております。これ本当に退屈今日はたった2コマしかないので暇を持て余すかと思いきや、帰宅に備えた荷物の整理と試験場でのペーパーテスト用の勉強とで何だかんだ忙しくなり帰宅前日だというのに駒ヶ根探索する時間は取れませんでした。さらには私のように複数免許取得を目指していると、同じタイミ [続きを読む]
  • 合宿12日目(卒業検定大型二種)
  • 本日は、大型二種卒業検定と大特③④です。検定者は朝08:05に集合をし説明を受けることとなります。(5分くらい前にどの検定コースを走るかの発表がある)そして08:45くらいから順次検定が始まります。バスは一台につき二人の検定者が乗車することとなり、片方が運転している間もう片方は後部座席に座っているという形です。今回僕はトップバッターということで、試験の先陣を飾ってやると思いやたら意気込んで臨みましたが、初 [続きを読む]
  • 合宿11日目 鋭角エグすぎ
  • 本日は技能(17)(18)(19)の計3コマ。大型二種卒業検定前、最後の技能教習となります。技能(17)は、Aコースと方向変換。技能(18)は、Cコースと縦列駐車。技能(19)は、Bコースと鋭角というバランスの良い内容となりました。教習日程を全て終え卒検を迎えるにあたり思うことは、感慨に耽るとかではなく、とりあえず教習時間足りなかったな、合格ギリギリまで仕上げれたかどうか五分五分だな、延泊も覚悟しておこうって感じです。とりあ [続きを読む]
  • 合宿10日目 心肺蘇生
  • 本日は学科[11][12][13][14] 技能(15)(16) シミュレーター?です学科4連続は応急救護となります。内訳は、[11]がいつも通りの教科書と映像による授業、残り3コマは人形を使った心肺蘇生法・三角巾の使い方など実戦形式です。シミュレーター?は、いつも通り古いゲーセンにありそうなシミュレーターでするのかと思いきや、まさかの新型機が存在していました。今回そちらを使うことになったのですが、新型のブレーキはかなりシビアな [続きを読む]
  • 合宿9日目 応急救護
  • 本日は、観察学習+技能(14) +学科[8] と、シミュレーター③ 学科[9][10]の計6コマ観察学習と技能(14)と学科[8]は3コマset教習なので必ず連続になったんじゃないかな?という曖昧な記憶ですでは観察学習とは何をするのかですが、結局のところシミュレーターを使った授業でした。技能[14]は卒検Bコースを走るです学科[8]は観察学習と技能(14)を踏まえた上での授業です。まあ要はいつも通りビデオを見て走ったコースについて話した [続きを読む]
  • 合宿8日目 電車運転したい
  • 本日は、技能(12)(13)学科[15][16][17]の計5コマ技能(12)は、山コースということで、山間部を運転することになります。バスの大きなフロントのお陰で乗用車とは違う景色となりかなり楽しめます。これもドライブみたいなものでボーナス時間と言えるでしょう技能(13)は、卒検コースを走るです。卒検コースは3コースありその内1つを走ってみるという内容となります。そしてこれが意外なところで難しく、まずバスのサイドミラーが街 [続きを読む]
  • 合宿7日目 割と栄えてる
  • 本日から第二段階となります。流れは効果測定→技能(10)(11)→シミュレーター②→学科[18][19]の計5コマとなります。まずは仮免許の配布から始まります。これは最終的に試験を受ける試験場で返却しますさて技能ですが初の路上教習ということで身構えていましたけど教習所内を運転するよりも楽に感じました。というのも技能(10)(11)はともかく直進していくという内容で駒ヶ根の景色を眺められるボーナス授業という内容で楽しいです [続きを読む]
  • 合宿6日目(大型2種修了検定)
  • 本日は大型2種の修了検定、大特①②、適正検査(大特版)です。ここで初めて大型特殊自動車の教習が3コマ入ってきます。とはいえ技能教習全6回と適性検査のみで卒業検定となる大特はこの日を境にしばらく乗りません。どうやら違う車種の免許教習を同じ日に練習してはいけないというルールがあるようです。たぶんね朝、修了検定あるいは卒業検定を受けるあらゆる車種の人が集まり検定がスタート大型2種の修了検定は、S字・クランク [続きを読む]
  • 合宿免許5日目
  • 今日は技能(8)(9)の2コマだけです。とはいえ明日に控えた修了検定に備えた最後の練習となるので気合い入れまくりです。技能(8)(9)はどちらも検定コースを走り続ける内容となりました。この教習時間の初めはクランク・隘路共に全く自信もなく、おまけに確認作業も出来てませんでしたが、何とか教習2時間以内に教官殿から「これならなんとか合格出来るのではないかな?」という御言葉をいただきました。一夜漬けで試験に臨む中高時 [続きを読む]
  • 合宿4日目 美麗陳列棚
  • 本日の流れは、学科[6][7]学科[4]技能(6)(7)の計5コマなります。学科[6][7]については、いつも通り教科書と動画という内容となります学科[4]については、いつもと違い障害者の方の誘導方法を実践してみる体験学習となります。目の不自由な役をして乗車まで誘導したりされたり、あるいは車椅子に乗り段差を乗り越えたりといった内容です。新鮮な体験で良い経験となります技能(6)は、方向変換と縦列駐車です。縦列駐車は苦手なので身 [続きを読む]
  • 合宿3日目 スイッチそれは浪漫
  • 本日の流れは技能(5)→シミュレータ①→学科[5]→適性検査(性格分析)何故学科[4]を飛ばして[5]なのか?書き間違えた訳ではありません。学科は1段階2段階合わせて[19]まであり各々の数字にやる範囲やる事が決まっているので予定表通りに書こうと思った次第です。↓の記事には予定表の写真が載せてあるので参考までに合宿免許1日目 到着編 - 信州駒ヶ根自動車学校合宿免許日記さて技能⑤の内容ですが主に隘路(あいろ)と鋭角でし [続きを読む]
  • 合宿免許2日目
  • とりあえず中々乾燥するところのようで朝は口がパッサパサでした今日の流れは学科[2][3]→技能(3)(4)の4コマです学科は基本的に1コマの前半は教科書に沿った教官の話を聞き後半部に動画を見るようです。教官によっては軽いディスカッションもありますが基本的にはひたすら交通ルールの話とお馴染みの動画です。次に技能(3)です。クランクにS字が始まりました。S字は簡単ですがクランクは内輪差気にしなくてはいけないので難しいで [続きを読む]
  • 合宿免許1日目 初めてのバス編
  • 小さい頃から乗っている馴染みのあるはずのバスでしたが実際に運転するとなるとやっぱり長い!運転席から眺める最後尾の座席まで兎角長く感じました。まず一回目の技能教習では最初に教官からエンジンの付け方からミラーの確認方法等色々教わるわけですが流石大型2種、流石バス、面倒くさくてとりあえず今すぐは覚えきれないと悟り実戦で指摘されながら慣らすことへ切り替えることに。そして運転席周りにある色々なボタンは男心を [続きを読む]
  • 合宿免許1日目 到着編
  • 新宿を8時くらいに出発して駒ヶ根自動車学校に着いたのは13時近かったと思います。着いてからの流れとしては、まず適正検査や書類の提出→入校説明会が終わると早速授業が始まります。本日初日は学科[1]→技能教習(1)(2)の計3コマ(1コマ50分)でした。 部屋案内は授業の合間合間に行われているようですこんな感じで予定が組まれています。(当然ですが同じ申し込み内容だからと言って同じ日程になるわけではないでしょう)まず駒ヶ根 [続きを読む]