Hayashi さん プロフィール

  •  
Hayashiさん: YSK Consulting 林義章税理士事務所
ハンドル名Hayashi さん
ブログタイトルYSK Consulting 林義章税理士事務所
ブログURLhttp://www.ysk-consulting.com/
サイト紹介文30代若手税理士が発信する節税、起業、国際税務、M&A、キャンプ、温泉などの情報ブログ
自由文1978年生まれ、千葉県出身東京都北区在住の税理士。東京税理士会神田支部に所属。
税理士講座の簿記の講師、国際4大会計事務所のひとつであるEY税理士法人、東証一部上場企業の経理部(税務担当)、大手証券会社投資銀行部門(M&Aアドバイザリー)を経て、税理士として独立。
趣味はキャンプと温泉巡り。子どもと共に過ごす時間を大切にしている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 140日(平均5.7回/週) - 参加 2016/10/05 00:32

Hayashi さんのブログ記事

  • 赤字申告法人の1割超が実は黒字法人〜税務調査は来る〜
  • 昨日(2017年2月19日)の日本経済新聞の記事によると、税務当局が実地調査をした赤字申告法人3万3千件のうち1割強の約4,000社が実は黒字だったとのことです。調査した3万3千社のうち申告に誤りがあったのは約2万4千件であり、そのうち8,000社で不正が見つかったとのことです。税務調査は来る税務調査はうちには関係ない、そう思っている方が意外と多いようです。しかし、税務調査はきます。今回のニュースで分かるように、赤字申告 [続きを読む]
  • 外国法人の日本支店の法人税確定申告【入門編(添付書類)】
  • 外国の企業が日本に進出するときの方法は、(1)日本子会社を作る、(2)日本に支店を作る、の2通りです。(2)の外国法人の日本支店の法人税確定申告は、会社全体ではなくその会社のうちの日本支店だけという特殊なものですので、慣れていないと細々とミスをしてしまいがちです。確定申告書に添付する資料でさえ、日本法人とは違うのです。法人税確定申告書の添付書類日本法人の場合日本法人の場合、確定申告書に添付する書類は、以下 [続きを読む]
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の給与計算、年末調整の留意点
  • 2017年1月1日から加入者の対象が拡がり、個人型確定拠出年金(iDeco、イデコ)の利用がしやすくなりました。そのメリットは、何といっても節税効果です。iDecoは、掛金の全額が小規模企業共済掛金控除の対象となります。所得税・住民税の合計税率は、15%〜55%です。つまり、毎月1万円、年間12万円の掛け金を支払ったとすると、1万8千円から6万6千円の節税効果があります。【2017年度税制改正案】積立NISAとiDeCo(イデコ)を比較 [続きを読む]
  • 所得税確定申告とマイナンバー【基礎編】
  • 平成28年分の所得税確定申告から、マイナンバーの確認が必要となりました。確定申告書にマイナンバーを記載すべき場所があるほか、本人確認書類の提示、または、コピーの提出が必要になります。マイナンバーによる本人確認税務署に確定申告書を持参する場合次のいずれかの方法で、マイナンバーの確認を行います。マイナンバーカードを持っている場合マイナンバーカードを提示するか、そのコピーの提出することにより、本人確認を行 [続きを読む]
  • FY2016はどの事業年度なのか?
  • Counselling / Pixabay税理士法人に勤務をしていた時、FY2016というと、事業年度終了の日が属する事業年度を指していました。つまり、3月決算の会社であれば、2015/4/1〜2016/3/31の事業年度をFY2016と呼んでいたのです。私が所属していた税理士法人のファームでは、全世界それで通じていましたし、それが普通だと思っていました。しかし、証券会社のバンカーが作成した資料を見ると、FY2016が2016/4/1〜2017/3/31を指していまし [続きを読む]
  • 個人の確定申告、誰に相談する?
  • 3月15日は確定申告期限です。今から慌てて確定申告の準備をするという方も少なくないでしょう。そして、いざ確定申告書を作ろうと税務署の手引きを見ると、専門用語が沢山で憂鬱な気持ちに…。そんなとき、確定申告の相談は誰にすればよいのでしょうか。税務署に相談する税務署へ行けば、無料で確定申告書の作り方を教えてもらえます。ですので、コストをかけたくない、でも、間違いのないように申告したいという場合、税務署がお [続きを読む]
  • 個人事業主のスーツ代は経費になるのか?
  • Unsplash / Pixabay個人事業主として創業する方からよく受ける質問が、「スーツ代は経費になるのか?」という質問です。スーツは仕事で着るためのものだから、経費として認めてほしいと思っている方が多いようです。税務署の考え方税務調査ではスーツ代は経費にならないと指摘されるスーツ代は、税務調査で調査官から経費とは認められないと指摘される定番のものです。スーツは仕事でしか来ませんと主張しても、調査官からは「冠婚 [続きを読む]
  • 地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)ってお得?
  • 2016年度税制改正で導入された企業版ふるさと納税。個人のふるさと納税と言えば、2000円の自己負担で様々な返礼品を獲得し、実質プラスというお得な制度ですが、企業版ふるさと納税はそのようなお得な制度ではありません。少子高齢化社会の中、地方で人口が減少し、地域の活力が失われていくことのないよう、企業から寄附をしてもらい、地域を創生しようという取り組みのもと、創設された税制です。企業版ふるさと納税のメリット税 [続きを読む]
  • セミナーを開催したい!敷居を下げるためにストアカを利用するのもあり
  • セミナーを開催したいけどなかなか踏み切れないという方は、ストアカを利用するとその敷居を下げることができます。自分のホームページやブログなどのSNSのみで集客するのが理想ですが、まだまだ集客できるほどのアクセス数がないようであれば、まずはストアカを利用して生徒を集めてみるのも手です。私は、自分の会社(合同会社YSKコンサルティング)で主催団体登録をし、セミナーを行っています。ストアカで先生をやってみるスト [続きを読む]
  • 【支払調書】地主さんへもマイナンバーの提供をお願いしよう!
  • 1月31日は税務署へ提出する法定調書の提出期限です。今年の法定調書と言えば、マイナンバー。無事に収集できましたでしょうか。従業員からのマイナンバーについては無事に収集できたものの、業務委託先や地主さんからもマイナンバーを収集しなければならないことに気づき、今慌てて収集しているという会社も少なくないと思います。マイナンバーの収集が必要な支払った報酬等や地代家賃報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書報酬、 [続きを読む]