金沢文庫 さん プロフィール

  •  
金沢文庫さん: 浮世かわら版
ハンドル名金沢文庫 さん
ブログタイトル浮世かわら版
ブログURLhttp://kanazawabunko.net/category/blog/
サイト紹介文復刻版手摺り木版画浮世絵のショップサイト「金沢文庫」のブログです。浮世絵やアート系記事を日々更新中!
自由文海外土産に最適な復刻版手摺り木版画浮世絵のショップサイト「金沢文庫」です。季節のセット商品やコラボセットもございます。
熟練の技術で版木に命を吹き込み、江戸時代の人々が手にしていたものと同じ、色鮮やかな浮世絵を販売しています。
彫師と摺師の技術を写し出す和紙は、人間国宝、岩野市兵衛氏が一枚一枚を手で漉いた越前生漉き奉書を使っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 169日(平均5.4回/週) - 参加 2016/10/05 12:58

金沢文庫 さんのブログ記事

  • 春です、縁起物アートを飾りませんか?
  • 引っ越し、入学、就職など、何かと慌ただしい季節ですね。新しいことが始まる時は、ドキドキワクワクしつつ、ちょっと不安になるものです。そんな時は「縁起物アート」をお部屋に飾ってみませんか?あなたの元気や笑顔を引き出す「縁起物アート」を取り揃えてみました。まずはこちらです!『見ているだけで元気が出る赤富士と浪裏セット』赤富士で有名な「凱風快晴」、ダイナミックな波が世界的にも有名な「神奈川沖波裏」。 [続きを読む]
  • お家のなかに、春の光を飾ろう
  • 柔らかな日差しはあるものの、花冷えのする日曜日です。この微妙な寒さが春を感じさせてくれる、そんな気がします。外を歩けば、梅の花の佳い香り。春はいいなぁ。いろいろなものが上に上に向かっていく感じ。それもゆっくり自然と。フワァと太陽に向かって緩んで広がっていく。そんな春の日差しのような色彩を堪能できる作品がこちらになります。歌川広重 「梅に三光鳥」淡い紅色から春の日差しのような眩しい光の色を背景に梅の [続きを読む]
  • 「カエルさんと一緒に江戸時代にタイムスリップ!」へのお誘い
  • なぜか昔からカエルの造形に惹かれ、浮世絵をはじめ絵画が大好きな青野カエルさんコラムです。カエルさんの江戸時代にタイムスリップしたかのような生き生きとした描写、話の展開はとっても読み応えがあります。どうぞ春の心地よさにとろけるようにのんびり読んでくださいね。*今でこそ浮世絵は美術館に飾られ、名のある絵師のものには何千万円という値が付きますが、江戸時代の人たちにとって浮世絵とはどんな存在だったのでしょ [続きを読む]
  • あのスティーブ・ジョブズを魅了させた浮世絵
  • 米アップルの創業者、スティーブ・ジョブズが1984年、初代マッキントッシュを発表したセレモニーでのことです。熱狂的な大観衆の見守る中、デモ画面の冒頭に映し出された画像が、長い黒髪をくしけずる日本人女性の絵でした。その絵こそ、橋口五葉の「髪梳ける女」。ジョブズ所蔵の版画をMacの担当デザイナーだったスーザン・ケアが、開発中のスキャナで取り込み、清書した白黒の画像でした。30年以上も前のこと、日本でも今ほどの [続きを読む]
  • 絶対に一番になりたい、その気持ちが「錦絵」を生んだ!?
  • 今日はひな祭り。何か良いことが起きそうなワクワクした胸騒ぎ。さて、二つ前のブログで「浮世絵の元祖はいったい誰!?」を掲載しました。今日はその続編です。ゆっくりのんびり読んでいただけると嬉しいです。*テレビも写真もない時代、近くで見ることがかなわない噂の遊女や人気役者を描いた浮世絵は飛ぶように売れました。東国出身の菱川師宣の作り出す開放的で親しみやすい絵は「菱川様の吾妻俤」(あずまおもかげ)と称され [続きを読む]
  • 鳥瞰図絵師、安楽さんの心の内に秘めているもの。
  • (金沢文庫鳥瞰図 2007年 作:安楽雅志)先日のブログで「金沢文庫パノラマ鳥瞰地図」のお話しをしました。不思議なもので鳥瞰図を眺めるとデジタルな地図がちょっと物足りなくなってきます。なぜでしょうね。不思議です。たぶん、鳥瞰図はそこに暮らす人や日常がイメージできるからかもしれません。ザワザワとした町の音、商店街の賑わい、走る電車の音まで聞こえてきそうなんです。そんな楽しい鳥瞰図を描いてくれた鳥瞰図絵師の [続きを読む]
  • 浮世絵の元祖はいったい誰!?
  • 浮世絵の元祖は岩佐又兵衛か、菱川師宣か。ふたつの説があるようです。まずは「浮世絵」誕生前夜、「浮世又兵衛」と呼ばれた男のお話しです。福井藩の御用絵師に岩佐又兵衛という絵師がいて、その評判は江戸にまで聞こえるほどでした。寛永3年(1637年)、徳川3代家光の時、将軍の娘の嫁入り道具の蒔絵を依頼された又兵衛は、江戸へと召し出されます。早く仕事を終えて福井に帰りたかった又兵衛ですが、その見事な腕前を買われて、 [続きを読む]
  • 「今日、欲しい! 」「ハイ!ご希望にお答えします!」
  • 急な出張が決まって、さて『お土産どうしよう!!!』って、ありますよね!そんな時は「当日お届け便」をぜひ活用してください!平日の朝8時までに商品をご注文していただきますと、なんとなんとその日のうちに(夕方6時から夜9時までに)お届けにあがります!(対象地域は関東一都六県/離島を除きます)これで安心、楽々出張!行ってらっしゃいませ! [続きを読む]
  • 渡辺くん節でいきます、『市川家の三升紋』のお話。
  • 暖かくなったり、寒さが戻ったり、この時期はいつも以上に体調管理をバッチリしたいものですね。さて、あの渡辺くんから原稿が来ました。和文化を日常にしっかりと取り入れている家紋研究家です。では、いきますね!東洲斎写楽〈市川蝦蔵の竹村定之進〉 今回は『市川家の三升紋』のお話です。歌舞伎役者の紋で広く世に知られているのは、↑市川家の三升紋でしょう。 四角い枠を三つ、大中小と規律よく配置したこの紋は、 見る人に [続きを読む]