TIGER LILY さん プロフィール

  •  
TIGER LILYさん: レッスン〜今日の処方箋
ハンドル名TIGER LILY さん
ブログタイトルレッスン〜今日の処方箋
ブログURLhttp://pianoleitmotiv.blog.fc2.com/
サイト紹介文ライトモチーフ百合ケ丘〜丘の上のピアノ教室 レッスンで感じたこと、日々雑感。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 175日(平均7.2回/週) - 参加 2016/10/05 13:28

TIGER LILY さんのブログ記事

  • もう 子どもじゃないから
  • この旋律同音連打の旋律「もう子どもじゃないから」どっどーってならないように。「もう子どもじゃない」という言葉が心に響いた方はちゃんとできる。どうすればいいのかなって考えちゃったかたは・・・ざんねん・・・処方箋効くも効かぬもあなたの感性にほんブログ村 [続きを読む]
  • ウクライナ
  • いまどきですからスマホ、タブレットレッスン中に大いに活用します。今日はウクライナの曲「ウクライナってしってる?」「知ってるよ。ナターシャ!」「へ?何?」「CD持ってるよ。若い女の人」このお弟子ちゃんは思わぬところでものすごい知識力を発揮する。これです↓↓ナターシャ ウクライナ">ナターシャ ウクライナ寡聞にして存じ上げませんでした(笑)「センセー、大ファンになっちゃったりしてね〜」にほんブログ村 [続きを読む]
  • 人間とは・・・
  • 室内楽ってなんですかそんな・・・無垢な質問はこっちが戸惑う。5月20日藝大同級生と演奏する「ブラームス室内楽の魅力」〜第3回のご案内をしたときのお弟子くんの質問。もう〜そんな「人間ってなんですか」みたいな質問を〜というワタクシにお弟子くん曰く「人間は思考を持った動物です」と即答。はああ参りました。さて室内楽。二人でネットやら辞典やらピアノの本やらわらわらと読みあさります。うん。なんだかわかってきまし [続きを読む]
  • タッチの処方箋
  • アルベニスセルビアパーツの性格がコロコロ変わっていく日差しに映える木の葉のように日差しに映える水面のようにたっちもコロコロ変えなくてはね左手のオクターブもっさ・・・という音にならないようにいわゆる「上手」な方でも鍵盤をねらって音を出す方多いです音大などをめざしかなり本気のピアノ弾き昭和高度経済成長期にピアノを習っていた方は鍵盤の底をねらってタッチする方多いです鍵盤に触れてからならまだましですが鍵盤 [続きを読む]
  • 黒鍵だけで
  • 50の短いピアノ曲で学ぶ旋法と調性の冒険5音音階全部黒鍵で弾ける曲知ってる?ねこふんじゃった・・・あぁ北島三郎は〜るばる〜きたぜ はっこだて〜・・・しらない・・・いいことあっるぞ〜お ミスタードーナツ・・・しらない・・・じゃあキンキキッズもしらないよねまんがにほんむかしばなしぼおやあ〜よいこだ ねんねしな・・・しらない・・・レッスンがもりあがらない(^_^;)チャルメラ・・・あっ その曲は聞いたことがある [続きを読む]
  • ラ カンパネラ
  • そのへんはねちゃんと弾かなくていいんだよえ・・・あのね上級になるとね「どうしてその音をちゃんと弾くの!?」「ちゃんと弾いちゃダメ〜っ!」って怒られるんだよ。えぇっ・・・!へえぇ・・・目が白黒。芸術だから道だから進んでいかないとわからないこと出会えないことたくさんあるよ芸術は道だから進んだ人にしかわからないのさ。 [続きを読む]
  • 上級そしてその先へ
  • 初級ということ譜面にある音を全部きちんと発音すること次の段階は音の重要度を決めて優先順位を決めて発音することぐーっと上級になるとちゃんと弾かない音というのが出てきます。この判断ができるということは楽曲全体を把握しその音の存在価値がちゃんと認識できているということ最近私が聞いたとあるレッスンでの指導者の言葉「どーしてその音をそんなにちゃんと弾くの?」「その部分は弾かないの!」というもの。超上級ですね [続きを読む]
  • 音大受験生
  • 受験の演奏は音楽的なことと離れる、または意味が違う場合があります。仕上げも緻密に。本番前覚書アサイチ、一日のホントの最初ぼーっとしている時一回練習メトロノームを使う支配されるレベルから支配するレベルまで練習表で一小節ずつ練習音を出さずに弾いてみる鍵盤にもふれず頭の中だけで弾いてみる。バカみたいに遅く弾くバカみたいに速く弾くバカみたいに強く弾く写譜声に出してドレミで歌う気絶していても弾けるくらいにし [続きを読む]
  • はな子先生のレッスンにて
  • フランクヴァイオリンとピアノのためのソナタ合わせをしていただいております。次回は本番ですから最後の合わせ。いつも同じところなんども言葉を変えて要求されています。モウ、ワタシったら。タイミングや意識でぜんぜん響きが変わってくるもっともっとアンテナを敏感にしておきたいのに・・・まだまだまだまだ修行は続く。指の内側でタッチすると音が変わるとか音が無い=休符ではなくてペダルを踏んでいたって休符感が出るとか [続きを読む]
  • BGM
  • 曲名がぱっと浮かぶ方ではないなんだっけなんだっけと考えれば考えるほど記憶が逃げていくドラマ映画ドキュメント映像を見ながらBGMあ、この曲なんだっけと思い始めると内容が頭に入らずしゅん。 [続きを読む]
  • 穏やかな日々
  • 百合ケ丘に住んで30年以上。新百合ケ丘駅周辺は賑わいを増していますが百合ケ丘は昔と変わらぬ佇まいです30年前の頃日曜日になるとどこからともなくトランペットの音が聞こえていました聞こえない日曜日はおやと思うくらい(笑)百合ケ丘の風物詩のようでした数年たつうちにふとあら、上手になったわねえとご近所さんとうわさするほどまた別のある頃日曜日になると百合ケ丘名物団地のどこかからプロコフィエフのピアノソナタ第7 [続きを読む]
  • 若者前途に幸あれ
  • お弟子くんの卒業公演マーラー一番を聴いてきました何に感動するのだろう曲に?いや音楽に向かう真摯な姿勢に感動するのだな指揮者のことば前途を応援する拍手を社会に巣立っていく彼らにエールを音楽は人生に寄り添ってくれます若者前途に幸あれと祈ります。 [続きを読む]
  • 心のぬけ道
  • 4月から中学生のお弟子ちゃん学生は社会に出るための準備期間経験したり失敗したりしながら生きる力をつけていく人生の大切な時期です。いろいろあります。正しいことが必ずしも正しいとならないこともあります。心が困ったら相談して。心のぬけ道を教えてあげる。セインセーが心の避難所になってあげる。 [続きを読む]
  • マエストロ
  • マエストロというタイトルの映画はたくさんありますね。amazonプライム動画見放題でみつけた観月ありさ主演のマエストロ篠田節子の小説です。かつて藝大大スキャンダルとなったガダニーニ事件私は大学受験生でした。音楽の世界と世間の違い正義を振りかざす民意の怖さ深く心に刻まれました。さて観月ありさデビュー以来主役を張りつづけるオーラ。毅然としたいい人生なのだろうな。 [続きを読む]
  • 細く長くは
  • 細く長く続けるということはタイヘンなことです。細くて切れそうなときに堪える心の強さ。攻める時もあるし守る時もある。趣味を細く長く続けられるヒトは人生上手かも。ピアノを習い始める日本の子供とお母さんはほぼ全員「ピアノはいつかやめるもの」と思っています(笑)わがお弟子さんたち「え?まだやっているの?」と聞かれることが多いようで。「ピアノって習慣ですからねえ」というお弟子ちゃん。正解です。「習慣は心を支え [続きを読む]
  • 小旅行
  • 3月5日小平までの小旅行。お弟子ちゃんの自主企画コンサートに出かけました。新小平での乗り換えは駅から駅へ7分も歩き!着いた駅は「青梅街道」。「せいぶたまこせん」に乗る。ホームがひとつ、単線。軽く感動を覚える。お弟子ちゃんが伴奏したのはワタクシの高校の後輩かつ高校同級生の教え子ちゃん。良い演奏でした。プログラム全体を通して洗練されユーモアあふれる素晴らしいステージでした。お弟子ちゃん、ダンス上手なのだ [続きを読む]
  • 考えないで。でも、考えて。
  • 順次進行摩擦なくためらいなくすっと行っちゃってください。とくに深い意味は感じなくてもいいと思います。順次進行が拡大されて配列されているときは意味を感じてください。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 連続オクターブ
  • オクターブ黒鍵は4の指白鍵は5の指これが標準。黒鍵は手首山おり白鍵は手首谷おりこれで練習。まるで「オクターブヨガですね」オクターブヨガいいですね。呼吸もつけてみましょうか!にほんブログ村 [続きを読む]