kattpamaki さん プロフィール

  •  
kattpamakiさん: 子宮頸癌4aから経過観察に至る現在
ハンドル名kattpamaki さん
ブログタイトル子宮頸癌4aから経過観察に至る現在
ブログURLhttp://ameblo.jp/kattpamaki/
サイト紹介文2012年5月の余命宣告から5ヶ月の治療を経て癌が消えた現在に至る日常 なぜ癌が消えたのか?私の考察
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 205日(平均5.5回/週) - 参加 2016/10/05 17:31

kattpamaki さんのブログ記事

  • 人生旅行
  • 癌細胞は、戦う敵では有りません自分の大事な体の一部です成ったものは受け入れて、感謝で溶かしほぐすその気持ちが大事です 遺伝子が絡まっているだけなのです人の一生は一瞬のドラマの様で在るのが真相ですわずかな期間でしかないのです恐れることは有りません必ず人間は死にます誰一人例外無く…たった10年が8回程度だからこそ・・・・あなたには、遺伝子的にも全ての先祖を宿していますこの先祖への「感謝」「リスペクト」 [続きを読む]
  • 今までの話
  • 月とパワースポットと言われる所に行きお願いをしては、いけないと書いてきましたその理由も書きましたがそれをされてる方には受け入れられない事だとはわかっておりますそれでいいのです私の言う事を頭の隅にでも置いてくださりいろいろな方の意見を聞いてそれでご自分の判断で行動なさればいいだけです自分の人生ですから、決定権は自分に有るのだから…そして、その結果も自分で受け取るだけですから私は以前、話題この記事を書 [続きを読む]
  • 清正井2
  • 貴方が親で子供がいるとしますその子供が何の努力もせず、あれが欲しい、こうなりたいお願い、お願い…頂戴、ちょうーだい抱きつかれる度に削れてゆく身体…そんな事言ってきたらどうしますか?なのに、他にもいる子供は生かされていることだけに、すべてのものに感謝だけをしている姿を見たら …どちらの子供に「おかげ」をあげたいと思いますか??私が実感した事ですが神仏は個人の願望に関知はしません存在が大きすぎて、ひと [続きを読む]
  • 清正井
  • 引き寄せについていろいろ書いてきましたが我先にと行くパワースポットも同様です例えば …明治神宮にある、清正井(清正の井戸)多くの霊能者が勧めるものだからパワーをもらいに、大勢の人々が押し掛けた触るとご利益があると御神木に抱きつく者まで …全国各地の神社に押し寄せる我欲の亡者達己の願望を叶える為には神様の木が傷つこうが、弱ろうが知ったこっちゃない実にあさましいとは、このことです当然、そんな事をすればご [続きを読む]
  • マザー・スキャンダル
  • 嘘かホントか、私にはわかりませんが下記のようなマザー・テレサの黒い噂が在るのも事実ですマザーはどういう人だったのでしょうか?ただ、貧者の施設を維持する為に悪い奴らからお金をせしめたのだと、思ったのですが、カルカッタの施設は荒れ放題だったと...ただ貧者の面倒を見たのは確かでしょうとはいえ、誰にでも出来る事ではないとは思います①彼女はハイチの残虐な独裁者デュヴァリエを支持しその代償に膨大な寄付を受けた [続きを読む]
  • マザーの間違い
  • 私ごときがマザーを語るのもおこがましいですが…マザーが神の声を聞けずに悩んだのは彼女の奉仕活動に感謝が無かったからではないかと思います「神からスラムに行けといわれたからスラムにいた もし宮殿にいなさいと言われてたら宮殿にいたわ」主よ〜をお与えください 主よ〜としてくださいそこに感謝はなく、お願いばかりなのです善を行っている、与えているという意識が知らずしてあったのかも?もし、与える事で与えられてる [続きを読む]
  • 沈黙
  • 今、遠藤周作原作の「沈黙」が映画になり公開されてます「沈黙、サイレンス」という題名です江戸時代初期の、キリシタン弾圧信者たちは棄教を迫られ、踏み絵と言われるキリストが描かれた絵を踏むよう、強制されます次々と投獄させられ、処刑され殉教する信者たち布教にきた若きポルトガル人司祭ロドリゴひたすら神の勝利と奇跡を願うが「神」は沈黙を押し通すなぜ?神は助けては、くださらないのか?その後もありますが、ここまで [続きを読む]
  • マザーテレサ
  • マザーテレサの神の存在への疑念を手紙に記した本[MotherTeresa:ComeBeMyLigeht]が出版されています手紙を通して初めて明かされた驚くべき事実それは貧者の側で布教を開始した頃に始まり生涯ずっと続いた「魂の苦悩」だそうです1946年9月10日、毎年恒例静修の期間を過ごす為カルカッタ(コルカタ)からダージリングに向かう列車の中でマザーは「神の声」を聞きますイエスが彼女に「貧しい人々の中で最も貧しい人々の側で救ってあげ [続きを読む]
  • 塞翁が馬
  • 人生万事、塞翁が馬(じんせいばんじ、さいおうがうま)古代中国の故事です砦の近くに住む主人の、飼っていた馬が隣の国の胡に入ってしまいました …近所の人々はこの不幸に、一応に慰めてくれましたしかし、その主人はこう言いました「これがどうして、幸福にならないと言えようか」それから数ヶ月が過ぎ、何とその馬が胡から駿馬を連れて主人の元に帰ってきました近所の人々は、皆祝福してくれましたしかし、その主人はこう言い [続きを読む]
  • 引き寄せ
  • >マザーテレサの名言、>あなたの中の最良のものを、この世界に与えなさい>たとえそれが十分でなくても>気にすることなく、最良のものをこの世界に与え続けなさい最良のものこそ、この世界に与えることは出来ない分かち合うことさえ出来ないその方がより真実に近い表明です最も大切なもの、それは血と汗と涙と苦しみに裏打ちされたものです愛を、あなたの喜びを与えたくても、それは血と汗と涙と苦しみの体験も共に与えなくては与え [続きを読む]
  • 天国と地獄
  • 願望を引き寄せても必ず反対のものがついて来ます引き寄せの法則を使い、望みの物を手にしてもそのための代償が一緒について来ます引き寄せの法則は、バランスを取り戻すためにのみ使っても良いことだと思っていますでも直観からすると、やはりこのような不自然な物事にのめり込むのは大きな回り道にしかならない、そう私には思えます人が引き寄せることができる幸福はその人の苦しみの裏返しです浅い苦しみしか知らない人が、引き [続きを読む]
  • アポロ計画で人類が月に行ったのに、そこで撮影が出来ずわざわざ地上のスタジオで撮影をしたのは…映ってはいけないものがあったからです見せられない何かが…スタジオ撮影なので影が反対にある、宇宙は無風のはずが風が吹いてる等の矛盾が起こったのです月には、宇宙船の残骸もありパイロットの男女の遺体まで米国NASAに回収されています男性の遺体は損傷が激しく、首だけだそうですが女性の方はキレイにありましたモナリザと名付 [続きを読む]
  • 満月
  • 今日は満月です(雨だから見えないけど)満月に願い事をすると叶うとかお財布をフリフリすると金銭が増えるとかそんな事がまことしやかに世間を賑わせてますが …私は逆の事と思います本物の月と入れ替わって、超古代から今ある月は人口物ですなので絶対に裏側の姿を見せません科学的には「月が地球の周りを一周するのにかかる時間=公転周期」と「月が自転するのにかかる時間=自転周期」とが同じ長さでだいたい27日になっている [続きを読む]
  • 教え
  • お釈迦様のお話を、もうひとつ…ひとりで生まれ、ひとりで死んでゆく行くように人生は自分対神仏の登山道だと思います他人と影響を受け合う事はあってもひとを登らせたりは出来ない道です登ってる最中は苦しいものですでも、そういうものだからですただひたすらに、頂上で食べるおにぎりを目指して頑張ってるのです苦しければ苦しいほど、おにぎりの味は極上のものとなりますただ、辛い、苦しいとしか思わなければ途中の景色の美し [続きを読む]
  • 釈尊
  • 今日はお釈迦様のお誕生日ですなので …釈迦やキリストの言葉って「あっ」と気づかせてくれるものが多い他の名言や教え、普通の人々の中にもそれはある我が身に起こる事はあり得ない事ばかり …なぜ?どうして?私は答えが欲しくて、ありとあらゆる物をむさぼった何故か悩んだり、行き詰まったりするとそれらは私の前に現れるそれは求めてるからだと思うのである「求めよ、然らば与えられん」「叩けよ、然らば開かれん」それは電車 [続きを読む]
  • 検診日
  • 昨日は4ヶ月ぶりの経過観察5年目の検診日でしたまず採血室で採血するんですが下手くそに当たってしまい、腕が赤と青に染まってちょっと痛いです上手い人は痛くないし、内出血もしません注射が下手な人はここに居ないで欲しいと、まぢ思いますそれが終わると2時間待たされ、やっと順番になりましたいつもはPCを見て、私の事をまったく見ない主治医が5年目突入という事だからか?今日は満面の笑みで私を見て、テンション高いです [続きを読む]
  • 嘆き
  • 勿論、あの世にお金は持って行けないから命と引き換えるしか無いのだけれど無職の闘病女には... 減るだけの通帳を見るのは苦しくて、こっちの方が死にそうだった独身時代に自分で作った預金しかないのだから...足りるか心配だし若かりしころの自分に感謝だ...過去の自分が現在の自分を助けてるのだ...稼いで貯金してくれておいて有り難う、自分こんな事なら結婚なんてしないで働き続けててればよかった同じ孤独なら独り身の方がい [続きを読む]
  • 入院前
  • ともかく、自分で死に支度しないといけない家賃に毎日の食費に加え、治療費に病院までの交通費、入院準備品お金がかかる事ばかり...旦那は病院には行かないからと国保も滞納してるこれから健康保険はお世話になるから大事だちゃんと使えるようにしておかないと...自転車こぎこぎ40分 ...まずは役所に行き、滞納分を毎月4千円で分割して時間かけて払う事を交渉した。何十年もかかるだろう ...ここで劇団kattpamakiの登場だ思いっ [続きを読む]
  • 体より心
  • しかし...まったく病気の事書いてないじゃないの??スレ違いだよ??最近はそう思われて当然の内容ばかりですね...でも...心(想い)が変われば、体(不調や病気)は変わってゆきます心と体は連動してるのです体を直すには、心から直すのが順番ですでは、ここらで治療中の話でも私はひとりで治療しました(ある意味ひとりぼっちでは無いですが)家族はいるのに、孤独を感じました末期だとは言わずにガンである事を告げ、入院もす [続きを読む]
  • 挑戦者
  • 365歩のマーチ♪幸せは〜歩いてこない、だから歩いて行くんだね 一日一歩、三日で三歩 三歩進んで二歩さがる子供の頃はふ〜ん位しか思わなかったけど今はこの歌の歌詞がじ〜んときます人生って汗かき、べそかき歩いて行くんだなって先がわからないから...見えないから素晴らしいだって我々はチャレンジャーだからもし、財布を落としたとして、10日後にそのままの姿で見つかったとしたらこの10日間でいろいろと感じるものが有 [続きを読む]
  • 幸福の選択
  • ドラマ、世にも奇妙な物語ご存知かと思いますだいぶ昔の浅野ゆう子サン主演の「幸福の選択」コレが忘れられません...何故?覚えてるのか??若かった私が...自分のその後をキャッチしてたのかも今日の為に覚えていたのかも...選ばなかった人生も枝分かれごとに全て平行して存在してるのですそして、過去も、現在も、未来も...全て終った事でも起きていない事でもないのが真相だから現在の自分の行動で過去を励まし癒せるし、未来を [続きを読む]
  • 喜び
  • ヒトは何のために生きるのか?それは...生き抜くため♪お腹がすいたらパンを食べ、パンが無ければ我慢して鳩をとばせにゆくんですこの歌知ってますか?私は小学生の時に唄ったのですが....未だ覚えています頑張らない...ただただ、道があれば、淡々と歩くでも、歩くのを止めずに目の前に起こることに、ただただ対処するパンを買うにはお金がいるお金を得るには労働しなければならない頭を下げたり嫌な思いとの引き換えに ...でもこ [続きを読む]
  • 働き蟻のうち、2割はさぼって働かない怠け者だそうでもその2割を取り除くと働き蟻だったのに、また2割が怠け者蟻になるそうだそれを除いても、また2割は怠け者蟻に...つまり怠け者蟻でも、何らかの役割があって居てくれないといけない存在なのだ...だから働き蟻だったのに、怠け者蟻に変身するもしかしたら働き蟻はせっせと巣の外に出て、エサを見つけ運ぶ怠け者蟻は巣に居残って怠けながらも留守番になってるのかも?巣に近づ [続きを読む]
  • 菜種梅雨
  • 冬から春になる頃に雨が続く事を「菜種梅雨(なたねづゆ)」といいます菜の花の咲いてる時期に、降り続く雨です北の方では、未だ雪が降りますね3月下旬から4月上旬今頃の季節です菜の花を始め、いろいろな花を咲かせるという意味で、別名「催花雨(さいかう)」桜の蕾みが膨らんで、暖かくなったかな?そう思ったのも、つかの間...雨が続き、ちょっと肌寒い今頃...不思議なものですその時の気分によって雨が好きだったり憂鬱だっ [続きを読む]
  • 出世
  • 前に、机の上が汚いヒトは仕事が出来ないと書きました仕事ができない=出世出来ない出世にこだわってはいませんが愛すベき存在により良い暮らしをさせてあげたいそう思えば、一生懸命働いていお金を得ようと思うと思うのですそうすれば、ポストはふさわしいものが付いてくるのだと無ければ無いで肩書きはどうでもいいのですが...お金があっても幸せにはなれないけどお金が無いというのは、確実に不幸です何をするにもお金がかかり [続きを読む]