ちぃこ さん プロフィール

  •  
ちぃこさん: 布団の選び方と豆知識
ハンドル名ちぃこ さん
ブログタイトル布団の選び方と豆知識
ブログURLhttp://futoninfo.xyz
サイト紹介文西川の某 布団会社で販売員を務めたちぃこが布団の選び方から布団に関する豆知識を綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 320日(平均1.5回/週) - 参加 2016/10/05 18:36

ちぃこ さんのブログ記事

  • 8月夏生まれ赤ちゃんのベビー布団
  • 8月暑い時期の出産を控えたお母さんにとって、どんなベビー布団を用意したら良いか?迷っている新米ママも多いと思います。出産前に助産師さんから、いろいろ話を聞かれている事でしょう。その中でも近年は、特に母乳による子育てが推奨され母子のコミュニケーションに重点が置かれています。この様な赤ちゃんの育て方の変化が、ベビー布団の需要の変化へと変わってきています。どの様に変わって来ているのか?を中心にお話します [続きを読む]
  • 8月話題の冷感敷きパット素材と価格
  • 8月は夏のバーゲンも終盤に入ります。そんな中、出始めの頃の上質冷感敷きパットもバーゲン対象になります。まだまだ夏の暑さが続くこの時期に、手に入りやすくなった高機能冷感敷きパットの購入を検討してみましょう。今回は、エアコン温度を26度~28度設定で一晩中使用する条件でお話します。ちなみにこの夏の季節の快眠は、翌日に疲労を残さないためにも、夏バテ防止にもとても大切になります。その快眠のためには、エアコンの設 [続きを読む]
  • 8月が最適 手持ちの布団を新品同様にする
  • 8月は布団のお手入れには、適した時期です。昔から8月の土用干しとも言われ、布団のお手入れや着物のお手入れなど風通しをしました。そんな布団のお手入れの中で気付くのが、掛け布団のヘタリです。ヘタリとは、以前より布団のかさ高が減ってきたり,ふんわり感が無くなってきた,重く感じる様になった等中綿の劣化による症状の事を言います。手持ちの布団を再生する方法60代以上の方はご存知だと思いますが、綿わた布団は、一定期 [続きを読む]
  • 子供の成長に最適な敷布団
  • お子様の睡眠時間は、心と体の健全な成長には欠かせないものです。そこで今回は、お子様の睡眠をシッカリサポートできるお子様用の敷き布団をご紹介します。子供の睡眠と成長を考えた敷布団今回ご紹介する敷き布団は、西川リビングから発売されている「BODY ZERO KIDSマット」です。2014年キッズデザイン賞を受賞した商品です。この敷き布団の特長は、成長著しい子供の体質も考えられて素材や洗濯等あらゆる角度からの商品づくりに [続きを読む]
  • 子供の成長と睡眠時間
  • 昨今夏休みに入ると、子供の夜更かしや深夜の徘徊による子供の事故が多く報道されます。また夏休みは、花火大会や縁日など夜の誘惑も多く、なかなか親の目の届かない所での子供の付き合いが増えてきています。すると当然、睡眠時間が減ってきます。子供にとって、睡眠時間は成長と発達に大きな影響があります。正しい睡眠を知って、健全な子供の成長を促しましょう。成長と睡眠の関係子供の成長にとって、睡眠は非常に大切な時間で [続きを読む]
  • 布団のアレルギーと対策
  • 現代はアレルギー社会と言われるほど、ほとんどの方が何らかのアレルギーをお持ちです。よく知られているものに、花粉症,ダニアレルギー,ハウスダスト,食物アレルギー,喘息,アトピーなどです。多くの種類のアレルギーの中、布団が大きく関係しているのが、ダニ,ハウスダスト(ホコリ),喘息だと思います。布団によって引き出されるアレルギーの種類布団は、毎日私たちの身体を休ませるのに不可欠な物です。しかしその分取り [続きを読む]
  • 7月布団乾燥機の有効活用と効果
  • 6月から7月にかけて、梅雨の時期に大いに役立つのが布団乾燥機です。(冬場は、もっと役立ちます)最近のご家庭では、一台は何らかの乾燥機をお持ちではありませんか。ここでは、布団乾燥機の有効的な使い方とその効果をお伝えします。乾燥機の役割家庭用乾燥機には、多くの種類があります。布団乾燥機,衣類乾燥機,くつ乾燥機,お風呂に設置のカワックなど、種類も大きさも様々です。その効果役割は、高温の温風で濡れた物を乾か [続きを読む]
  • 布団の収納 押入れが無い
  • 近年の住宅は、畳の部屋が減りフローリングの部屋が多くなると同時に、押入れが減りほとんどがクローゼットに変わってしまいました。そのため寝具の収納が難しくなってきています。そこで今回は、クローゼットを利用した布団の収納方法と衣装ラックを利用した収納方法をご紹介します。クローゼット収納の例上記は、敷き布団シングルサイズ2本と羽毛布団シングルサイズ2枚を収納した写真です。敷き布団は、長さ200?~210?です。三 [続きを読む]
  • 寝ていて腰が痛い方の原因と対策
  • 腰痛は国民病とも言われています。その原因は様々で、よく知られているヘルニヤや腰椎の圧迫骨折・ぎっくり腰などがあります。上記にあげた腰痛は、医師の診断のうえ適切な処置をしなくてはいけません。しかし表題の「寝ていて腰が痛い」については、敷き布団が影響していることがあります。寝ていて腰が痛い原因敷き布団が原因として考えられる症状には普段の昼間の生活では腰痛をあまり感じないのに寝ている間、腰が痛くて目覚め [続きを読む]
  • 布団の買い替え時期のめやす
  • 毎日使う布団ですが、いつ,どのくらいで買い替えた方が良いのか迷いませんか?特に敷き布団は、毎日全体重が掛かっているのでヘタります(ヘタるとは、押し潰される様なイメージで、綿の敷き布団だとせんべい布団とも言います)ヘタった敷き布団を使用していると、ダニが生息しやすくなったり、寝起きに感じる腰痛の原因になったりと安眠環境を妨げます。掛け布団,敷き布団の特性を知って、適切な買い替え時期の目安にしてくださ [続きを読む]
  • 7月梅雨時期のカビ対策 敷き布団
  • 6月から7月にかけての梅雨時期は、カビにとって絶好の季節です。海に囲まれた日本の夏は多湿になり、カビの繁殖には適した気候です。しかし私達にとっては不快なカビ!発生を抑える対策をご紹介します。カビが好む環境カビが最も活発に繁殖する環境が、湿度70%以上温度20度~30度と言われています。そこに、カビの栄養となるホコリや食べカスなどに含まれるタンパク質等の栄養素が加わって、はじめてカビが繁殖します。では、毎日 [続きを読む]
  • 冷感パットはタイプによって持続時間が違います
  • 7月に入り暑い夏に向けて、皆さんは寝苦しい夜の対策をどうされていますか?今回は、快適な眠りを確保するアイテムの一つ、冷感敷パットの3つのタイプをご紹介します。寝苦しさを解消する冷感敷パットには3タイプあります数年前から急に種類が増えたのが、冷感敷パットでしょう。冷感敷パットといえば、まず1タイプとして以前からジェル敷パットが多く販売されてきました。ジェルパットは重いため身体全体をカバーするものはなく一 [続きを読む]
  • 話題のヒンヤリパットの特長を知り最適パット選び
  • そろそろ暑い夏がやって来ます。寝苦しい夏の寝具に、ヒンヤリ敷きパットを購入される方も多いと思います。でもたくさん商品があって、どの商品も本当に冷たいの?そこで、ヒンヤリ敷きパットのメカニズム(どうして冷たく感じるのか?)を知って快適な睡眠を手に入れましょう!ヒンヤリ敷パットって本当に冷たいの?お店で、ヒンヤリパットを触られて「コレほんま冷たいわ」と言われます。確かにこれらのヒンヤリ系商品は、冷気が [続きを読む]
  • 寝苦しい夜の暑さ対策 エアコン嫌いでも大丈夫!
  • 梅雨から夏にかけて寝苦しい夜が続きますが、皆さんはどの様に過ごされていますか?ほとんどの方が、エアコンを利用されていると思います。最近のエアコンは省エネ対策が進んでいるので、一晩中点けっ放しという方も多いでしょう!しかしエアコンが苦手な方や、設定温度で家族ともめる方もおいでと思います。そこで今回は、暑さ対策をいくつかご紹介します。冷んやり寝具冷んやり寝具は今大変多く販売されています。代表的な商品に [続きを読む]
  • 7月に使うタオルケットの扱い方と長く使うポイント
  • 7月頃からタオルケットをご使用される方も多いと思います。でも数年間使用していたタオルケットって、なんとなく今年は使いたくないなぁと思っていませんか?その訳は、タオル地特有の引っ掛けによる、見た目が悪くなったと感じる事が大きいと思います。ではどの様にお手入れすれば、何年も見た目良く快適に使えるでしょうか?ここでは、お手入れのポイントをお教えします!タオルケットの良さと特長についてタオルケットは、真っ [続きを読む]
  • 7月に使うタオルケットの扱い方と長く使うポイント
  • 7月頃からタオルケットをご使用される方も多いと思います。でも数年間使用していたタオルケットって、なんとなく今年は使いたくないなぁと思っていませんか?その訳は、タオル地特有の引っ掛けによる、見た目が悪くなったと感じる事が大きいと思います。ではどの様にお手入れすれば、何年も見た目良く快適に使えるでしょうか?ここでは、お手入れのポイントをお教えします!タオルケットの良さと特長についてタオルケットは、真っ [続きを読む]
  • 6月の布団の入れ替え収納袋と収納方法について
  • 冬布団の収納時期になりましたが、皆さんはどの様な収納袋に収納されていますか?今回は収納方法の中で、収納袋と収納場所についてのお話です。圧縮袋は布団に使わない布団収納で圧縮袋をご使用の方もおいでと思いますが、どのタイプの布団も圧縮袋は絶対にダメです。押入れで、嵩張る布団を圧縮袋で嵩を低くしたくなりますよね!圧縮袋を使用する事で、押入れスペースが広くなり収納量が増えるので助かりますよね!しかも圧縮袋っ [続きを読む]
  • 6月にする布団の切り替えと収納のコツ
  • 6月の梅雨時期は、布団収納にはあまり適さない時期ではありますが、冬布団から夏布団への入れ替えの時期にもなります。この時期の布団収納で気をつけたい事を中心に、グッズもふまえてご紹介します。布団の大敵は湿気です押入れやクローゼットは、毎日布団を片付けたり着用済の衣類を片付けたりしているので、思った以上に湿気がたまっています。5月の乾燥時期に、布団を干し湿気を飛ばして収納していても、押入れやクローゼット内 [続きを読む]
  • 6月梅雨時期に行う布団の湿気対策について
  • 6月から7月にかけて梅雨の時期になります。この時期は、湿度も高くジメジメとして不快指数もUPする中、お布団の湿気も気になります。そこで、比較的簡単な湿気対策をご紹介します。布団の湿気には風で対策を取ろう洗濯物を乾かす時もそうですが、曇っていても風が有ればお洗濯物は乾きます。それと同じで、お布団も風が有れば湿気が気にならない程度にはなります。そこで利用したいのが、扇風機です。部屋のドアを開け、布団を椅子 [続きを読む]
  • 5月から夏産まれの赤ちゃんの布団選び方
  • 5月から9月にかけて、夏産まれの赤ちゃんの寝具選びを出産を控えた新米ママや、初孫のベビー布団をお考えの方に布団選びの参考に最新の情報をお届けします。ベビー布団のセット内容とサイズについてベビー布団は、上下セットで販売されている事がほとんどです。セット内容は、敷き布団,掛け布団,枕,掛け布団カバー,敷き布団用シーツ,枕カバー等がセットになっています。他に季節に合わせてお布団を揃えたい方のために、個別に [続きを読む]
  • 5月から出す夏用布団について
  • 新緑の5月、お布団も夏に向けて衣替えの季節になりました。そこで、夏布団の種類と特徴を書きます。ご自宅のニーズに合った、夏布団を選ぶ参考にしてください。キルトケット(合繊肌掛け布団)についてキルトケットは、側記事に綿素材のガーゼ地やタオル地を使用し、中綿にポリエステル綿を200g?程度入れて、ミシンでキルトステッチを入れ中綿が偏らないようにした掛け布団です。サイズは、横140? 縦190?と通常の掛け布団より [続きを読む]
  • 関西テレビ「よーいドン」でオーダーメード寝具紹介
  • 4月5日に関西テレビ朝10時から放送の「よーいドン」で、最近の寝具事情としてオーダーメード寝具の紹介がありました。ご覧になった方も多いと思います。いちゃん高いもんHAUMATTIのコーナーで、計測機を使ったオーダーメード寝具の紹介がありました。番組では測定機で、体型を頭の先からふくらはぎの下まで、背後と側面を計測します。次に体圧を測定するために、ベットの上の測定器に横向きと上向きに寝ます。それらの計測で身体 [続きを読む]
  • 毛布の干し方と手入れの方法 注意する事がたくさん
  • 天然毛布の干し方とお手入れ天然素材の毛布の手入れをするにあたって、綿毛布以外は基本的にドライクリーニングで洗濯しなくてはいけません。天然毛布の代表的な素材として挙がるのは、カシミヤ、シルク、ウール、キャメル毛布です。これらの毛布の特徴といえば、シルク以外全て動物の毛から作られているもので、獣毛が持つ自然のコーティングがされている事です。そのため、直接肌に触れる襟元の汚れ以外は、獣毛の持つ天然コーテ [続きを読む]
  • 5月は布団干しとお手入れに最適
  • 5月になると、気候も落ち着き、昼は夏日になる日もあります。空気が乾燥して湿度が低いこの時期は、布団も衣類も衣替えに最適!乾燥注意報が出た日は、冬用の布団を干しましょう。羽毛布団の干し方冬の間、軽く快適な暖かさで眠りをサポートしてくれた羽毛布団を、長く大切に使用するにはチョットしたコツがあります。そのコツを上手に活用していただく事で、羽毛布団は快適に長く使う事ができます。羽毛は水鳥の胸毛を利用して作 [続きを読む]
  • 5月は布団干しとお手入れに最適
  • 5月になると、気候も落ち着き、昼は夏日になる日もあります。空気が乾燥して湿度が低いこの時期は、布団も衣類も衣替えに最適!乾燥注意報が出た日は、冬用の布団を干しましょう。羽毛布団は干し方が重要です冬の間、軽く快適な暖かさで眠りをサポートしてくれた羽毛布団を、長く大切に使用するにはチョットしたコツがあります。そのコツを上手に活用していただく事で、羽毛布団は快適に長く使う事ができます。羽毛は水鳥の胸毛を [続きを読む]