ぴっぴ さん プロフィール

  •  
ぴっぴさん: やっぱり竜が好き
ハンドル名ぴっぴ さん
ブログタイトルやっぱり竜が好き
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/pippi4510-pippi4510/
サイト紹介文野球(主に中日ドラゴンズ)について語ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 201日(平均6.4回/週) - 参加 2016/10/05 20:46

ぴっぴ さんのブログ記事

  • 冷や汗をかく勝ち方
  • ハマスタで行われた横浜との6回戦は1−0で中日の勝利。今日はバルデス、田島、そして亀澤がよく頑張ってくれました。バルデスは中4日で8回無失点。ここまでしないとダメなのかと野手陣への不満も感じますが、20試合目にして始めて先発ピッチャーについたことは喜びたいと思います。8回裏に訪れた唯一と言ってもいいピンチは亀澤のファインプレーで切り抜けました。このプレー以外にも再三にわたって好守を見せてくれた亀澤は今日の [続きを読む]
  • 疲れた上に負けてしまった
  • ハマスタで行われた横浜との5回戦は4−11で横浜の勝利。今日の試合は2回裏の桑原の3ランで決まってしまいました。戸柱に打たれたホームランも含めてバッテリーは安易にインコースを攻めてしまったようですね。「狭い球場だから」は言い訳になりません。ピッチャーの石田につながれてしまったところなどを見るとナゴヤドーム開幕戦での反省も活きていないようなところも残念です。去年までは相性がいいと思っていた若松と杉山のバッ [続きを読む]
  • 疲れたけど負けなくてよかった
  • ハマスタで行われた横浜との4回戦は2−2で引き分け。1度もリードできなかた試合でしたが勝機はあったと思います。ただ、その勝機を逃しミスも出たのに負けなかったのはよかったのかなぁと。投手陣と平田のおかげです。今のメンバーで野球をやっていく以上ある程度のミスには目をつぶらなければならないので、そのカバーをすることができた試合だとポジティブにとらえたいですね。先発の又吉は7.2回を投げて2失点(自責点1)とよく [続きを読む]
  • ツキが出てきたかもしれない
  • ナゴヤドームで行われた阪神との3回戦は5−2で中日の勝利に終わりました。前半は重苦しい展開だったものの平田の一発で流れを引き寄せ、相手のミスなども絡んでその流れをつかみ取れた試合でしたね。先発に勝ちが付いたわけでも先制点を取ってリードを守ったまま勝てたわけでもないので快勝とまでは言えないかもしれませんが、久しぶりに気持ちよく勝てました。先発の大野はボールがばらつきかなり苦しいピッチングを強いられて6回 [続きを読む]
  • ポジティブにとらえたい勝利
  • ナゴヤドームで行われた阪神との2回戦は4−3で中日の勝利。今日はスタメンからゲレーロを外し、3番大島、7番ビシエドなどと打線に大きなメスを入れました。それが功を奏したのか初回に荒木、大島の連打で先制。ただやはり打線の状態が打順の入れ替えだけで上がってくるなんてことはなく、その後は中々点が取れない重苦しい展開に。6回裏に同点に追いついた場面も荒木と大島がつないで平田のダブルプレー間に取ったものという喜びに [続きを読む]
  • バルデスまたも報われず
  • ナゴヤドームで行われた阪神との1回戦は1−3で阪神の勝利。はっきり言って収穫が皆無に等しい試合だったと思います。今日もゲレーロ、ビシエドは音無し。内容も酷いといっていいものでした。特にゲレーロは力のない内野フライ3つと特別難しくない変化球に対して空振り三振とかなり深刻な状態です。延長12回にサヨナラヒットを打った試合は同点だったとはいえ「12回に打席が回る可能性があるから」と守備固めを出さなかったのに、今 [続きを読む]
  • 中継ぎ不足と二遊間のだぶつきが気になる
  • 今日、明日の予告先発がバルデスだと発表されました。また、中日スポーツの予想では今週のローテはバルデス、ジョーダン、大野、又吉、若松、バルデスとのこと。吉見は1度飛ばすようですが、登録抹消されていないので来週のヤクルト3連戦のどこかで登板することになるでしょう。そうなると気になるのは中継ぎの枚数。今一軍登録されてる中継ぎピッチャーは田島、佐藤、祖父江、三ツ間、岩瀬、小川の6人。人数は他球団と変わりませ [続きを読む]
  • 隙に付け込めない
  • ナゴヤドームで行われた巨人との6回戦は0−2で巨人の勝利。今までやられていなかったのが不思議なくらいですが、ついに完封負けを喫してしまいました。野球というスポーツはピッチャーが抜群によければ点を取れないスポーツなので相手の先発が絶好調で打てる球が来なかったというなら諦めがつくのですが、今日の攻撃は(今日の攻撃も?)チャンスを作っては潰すといういつも通りの拙攻。最近ではチャンスができても「どうせ点は入 [続きを読む]
  • 中軸の差、バッテリーの差
  • ナゴヤドームで行われた巨人との5回戦は2−6で巨人の勝利。試合を決めたのはやはり5回裏と6回表の攻防でしょう。お互いに0アウトランナー1,2塁というチャンスを作り点を取れなかった中日と3点取った巨人の差。もっと言うとその場面で回ってきてインフィールドフライを打ち上げてしまったビシエドとタイムリーツーベースを打ったマギーの差とも言えますね。また、解説の人も言っていたように田口の変化球を丁寧に止めていた小林と [続きを読む]
  • 次につながる試合にしたい
  • ナゴヤドームで行われた巨人との4回戦は3−2で中日が勝ちました。今日もまた延長戦。12回裏の2アウトまで追い込まれて今日も勝てないのかと覚悟をしかけたところで大島と亀澤の連打でチャンスを作り、最後の最後でゲレーロが決めてくれました。ただ、勝てたことは嬉しいのですが、本当なら9イニングで決めたかった試合だったと思います。先発の大野は途中7者連続三振を含む抜群のピッチングを披露してくれました。それだけに2点先 [続きを読む]
  • 強気でもなく弱気でもない継投
  • 神宮球場で行われたヤクルトとの2回戦は2−3でヤクルトが勝ちました。まず反省しなければならないのは9回裏の継投でしょう。左の雄平から始まる攻撃ですし、これまでずっと安定していた岩瀬を出すのは分かります。ただ、2アウト3塁という状況で代打鵜久森を迎えて岩瀬から佐藤に代えた意図は分かりません。状況を整理すると・ランナーが3塁にいるからヒットは許されない・当然ワイルドピッチやパスボールも許されない・1塁と2塁は [続きを読む]
  • 勝てたからよかったものの……
  • 神宮球場で行われたヤクルトとの1回戦は5−2で中日の勝利。バルデスの日になるはずでした。打ってはタイムリー。投げては7イニングを自責点無し。中4日や中5日でローテを回してくれている上に、これまですべての試合でゲームを作ってくれているバルデスに勝ち星のプレゼントをしてあげられなかったことについて選手でもない私が申し訳ない気になってしまいます。ビシエドは去年の甲子園やマツダでも同じような落球をしてしまったの [続きを読む]
  • 1球の怖さ、最低限の難しさ
  • ナゴヤドームで行われた横浜との2回戦は1−2で横浜の勝利に終わりました。この試合の前半、試合の主導権を握っていたのは間違いなく中日。その主導権を梶谷への1球で横浜に譲ることになってしまいました。思い返してみればピッチャーの濱口に粘られてしまったところから試合の流れの揺らぎがあったのかもしれません。その濱口を何とか打ち取ったものの、続く桑原にヒットを打たれ、梶谷に投じた初球をバックスクリーンに叩き込まれ [続きを読む]
  • 粘り合いというか譲り合いというか……
  • ナゴヤドームで行われた横浜との2回戦は1−1で引き分け。言葉にしにくい試合ですが、お互いのチャンスの数を考慮すれば負けなくてよかった試合なのかもしれません。先発の若松は中3日ながら前回とは別人のようなピッチング。ストレートがキレて、チェンジアップとのコンビネーションも上手くできていたと思います。また、今日のピッチングは木下のリードがあってこそ。木下にはボールを受ける機会の少なかったピッチャーと組んで試 [続きを読む]
  • 勝利の余韻に浸りたい
  • ナゴヤドームで行われた横浜との1回戦は7−5で中日の勝利。苦しい試合でした。先発の大野はボールがばらついてせっかく取ってもらった援護点をすべて吐き出してしまうピッチング。焦りからなのか守備や走塁でミスが続きました。勝つためには最善だったとは思いますが、一昨日4.1イニング投げた又吉を中1日で3イニング投げさせる継投は先を見ていないと言われても仕方がないでしょう。勝てたからよかったものの反省点の多い試合だっ [続きを読む]
  • 決めきれずに決められる
  • ナゴヤドームで行われた広島との3回戦は3−5で広島の勝利。チャンスは沢山ありました。それ活かせず9回2アウトまで追い込まれたものの、そこから追いつけました。それでも負け。ここまでくると運も悪いような気もしてきますが、自分達のミスや広島の好守に得点を阻まれてしまったわけですからこれも実力でしょう。先発のバルデスは中4日で6回3失点。贅沢を言えばエルドレッドのタイムリーは防いでもらいたかったのですが、QSは達 [続きを読む]
  • 夜は明けない
  • ナゴヤドームで行われた広島との2回戦は3−3の引き分け。今日の先発八木はホームランを打たれたとはいえ粘り強く投げていたので打球直撃による降板は残念でした。その後を受けて4.1イニングを投げた又吉は完璧と言っていい内容。今日のような使い方をするということは来週は八木の代わりに先発させるのかもしれませんね。岡田もいいボールが行っているようには見えませんが打者2人をきっちり抑えました。そして1点リードで迎えた [続きを読む]
  • 年をまたいで10連敗 〜つながれるけどつなげない〜
  • ナゴヤドームでの開幕戦となった広島との1回戦は1−7で広島の勝利となりました。先発の若松は悪かったオープン戦のときよりも更に酷かったという言葉しか出てきません。初回は杉山に助けてもらって、3回は打ち上げてもらって何とか無失点で終えることができましたが2回の失点の仕方はちょっと悪すぎます。投げてる球はストレートは130キロに届かないこともしばしば、チェンジアップも高めに浮き、悪い意味でストレートとチェンジア [続きを読む]
  • 広島戦のローテとそれにともなって二軍に落ちる野手の予想と
  • 明日のナゴヤドーム開幕戦の予告先発が若松だと発表されました。キャンプ序盤はいいところを見せていたものの球数が多くなってしまう去年の悪癖が出てきてオープン戦や二軍戦で結果を出せず、開幕ローテには入れないのかなと思っていましたが山井の炎上などもあってかギリギリ滑り込む形に。直近での登板では4イニング投げて失点1、被安打2、与四死球1、奪三振4。本当ならもっと別格の投球をして上がってきてもらいたかったの [続きを読む]
  • 開幕3連敗
  • 東京ドームで行われた巨人との3回戦は3−6で巨人の勝利。この3連戦のキーマンは阿部でした。正直今の阿部を抑えられるだけのボールを持っているピッチャーが中日にはいないので、ランナーのいない状態で阿部を迎えることができるか否かが勝敗に直結し、3試合とも阿部にチャンスで打席を回すことができた巨人が3連勝。「阿部の前を抑えろ」と言っても去年首位打者と取った坂本も当然ながら良い打者ですし、立岡の調子もよさそ [続きを読む]
  • 田島サヨナラ被弾(年をまたいで3試合連続)
  • 東京ドームで行われた巨人との2回戦は2−4で巨人の勝利。昨日は惨敗でしたし「長いシーズンこんなこともある」と割り切れる試合でしたが、今日は勝たなければいけない試合でした。このような試合を落としているうちは上位に浮上していくことはないでしょう。先発のバルデスは投げては7回途中1失点。打っては先制ホームランと大活躍。フォアボールを7つも出してしまった点は要反省ですが、今後も今日のような粘り強い投球に期 [続きを読む]
  • 幸先の悪い惨敗
  • いよいよ2017年のプロ野球が開幕しました。その初戦、東京ドームで行われた巨人との1回戦は2−6で敗戦。今日の試合は何といっても大野につきます。オープン戦であれだけの投球をしていただけに上位打線に毎回とらえられた6失点にはガッカリしました。その失点の仕方も先制、中押し、そして2点取ってもらった直後にダメ押し点を取られるという相手にとって理想的な展開。開幕を任せるようなピッチャーには悪くてもその3度 [続きを読む]
  • オープン戦総括と開幕一軍予想 〜野手編〜
  • 前回に引き続き、今回はオープン戦での野手について。☆キャッチャー基本的には杉山と木下の併用。序盤は木下が結果を出し杉山は二軍戦に回るほど攻守に精彩を欠いていたので、開幕マスクは木下でほぼ決まりかなと思っていましたが、最後の最後で打撃の調子を上げた杉山が逆転で開幕スタメンの座を勝ち取ったのかなと。木下は杉山の調子が上がってこないところで一緒になって調子を落としてしまったのが痛かったですね。ただ、打撃 [続きを読む]
  • オープン戦総括と開幕一軍予想 〜投手編〜
  • 昨日でオープン戦も終了したので今回はその総括と、その結果を踏まえた開幕一軍選手の予想を書いていきたいと思います。オープン戦の総括ですが、ポジション別に見ていくと☆先発大野、吉見はしっかりと調整できたと思います。バルデスも昨日の登板を見るかぎり開幕に合わせて状態を上げてくれました。又吉もとりあえずはローテに入ってくれるでしょう。しかし、5人目以降が決まらないという苦しい状況。鈴木と小熊はチャンスをつ [続きを読む]
  • 成果と課題が見えた試合 〜対楽天戦〜
  • ナゴヤドームで行われた楽天とのオープン戦は6−2で中日が勝ちました。オープン戦最後の試合は久しぶりの快勝。昨日に引き続きビシエドと杉山にヒットが出て、右肩痛から復帰した直倫も攻守にわたる活躍。平田にもホームランが出て、昨日は進塁打を打てず併殺打を打ってしまった荒木も1塁にランナーを置いた状況でライト前ヒットを2本打つなど野手陣はいい状態で開幕を迎えられそうです。その中で少し気になっているのは「サー [続きを読む]