ぴっぴ さん プロフィール

  •  
ぴっぴさん: やっぱり竜が好き
ハンドル名ぴっぴ さん
ブログタイトルやっぱり竜が好き
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/pippi4510-pippi4510/
サイト紹介文野球(主に中日ドラゴンズ)について語ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供239回 / 264日(平均6.3回/週) - 参加 2016/10/05 20:46

ぴっぴ さんのブログ記事

  • 強気と粘りがかみ合う快勝
  • 東京ドームで行われた巨人との11回戦は8−2で中日の勝利。小笠原は先週の菊池との投げ合いで内角を突くことの重要性を改めて感じたのかもしれません。今日はインコースのストレートが冴えていました。先週ほどの調子の良さは感じませんでしたが球威に加えインコース攻めが効いていたのか、少々甘く入っても詰まらせることもできていましたね。概ねよかったものの、課題もありました。山本、マギー、陽に与えたフォアボールは惜しか [続きを読む]
  • 冴える采配、応える選手
  • 東京ドームで行われた巨人との10回戦は1−0で中日の勝利。試合の感想の前にビシエドについて。アメリカの市民権を取得しに行ったビシエドがまだ帰ってきていません。球団社長いわく連絡もちゃんと取れていないようなのでまだ市民権の取得の見通しすら立っていないのか、そろそろ取得できそうなところまで審査が進んでいるのか、既に取得はできていてあとは帰ってくるだけなのかすら分からないというのが現状のようです。こうなって [続きを読む]
  • オールスターまでのローテ案
  • 今日丸山の一軍登録を抹消されました。替わりに昇格するのは恐らく昨日シートバッティングで登板し首脳陣からの評価も上々だった笠原。西武との1回戦で嫌な炎上の仕方をしてしまった丸山の抹消は残念ながら妥当な判断なのかなと。この経験を糧にまた力を付けて一軍に帰ってきてもらいたいですね。このタイミングでの抹消になったのは笠原の様子を一軍首脳陣が確認して合格点を与えられるようなピッチングをしたからでしょう。祖父 [続きを読む]
  • 交流戦振り返り
  • 雨天ノーゲームとなっていた横浜対オリックス最終戦も無事行われ、交流戦の全日程が終了しました。この試合の結果を受けて中日は12球団中横浜と並んで7位タイ、セ・リーグでは3位タイという結果に。勝率5割ならセ・リーグで単独3位、あわよくば2位になれるかなと予想していたのでそこは少し残念というか何というか……今回はそんなチームとしては善戦できたけれども順位的には少し物足りなかった今年の交流戦をカードごとに振り返 [続きを読む]
  • いい形での勝利
  • ナゴヤドームで行われた西武との3回戦は4−3で中日の勝利。柳が7回を投げ切り、打線は牧田から勝ち越し点をもぎ取る。最後は岩瀬、田島が締めて1点差勝利とかなりいい形で交流戦最後の試合を勝つことができました。これで交流戦は9勝9敗の勝率5割で終了。交流戦については後日改めて振り返りたいところですが、全体を通じて悪くない形で終えられたのかなと思っています。柳のピッチングについて振り返ってみると、初回からボールが [続きを読む]
  • 幸運というべきか相手の不運というべきか
  • ナゴヤドームで行われた西武との2回戦は4−1で中日の勝利。野手陣が先制、中押し、ダメ押しと効果的に点を取り、先発のバルデスが7回を1失点と試合を作る。あとを受けた岩瀬、田島がそろって三者凡退で締めた。こう見れば快勝だったと言えますが、その実相手のアクシデントに助けられた部分が大きい試合でしたね。西武の先発佐野が足のアクシデントを訴え初回に降板。キャッチャー前に転がったバントの処理を焦った炭谷が地面との [続きを読む]
  • 小笠原にあげた試合
  • ナゴヤドームで行われた西武との1回戦は1−9で西武の勝利。今回も試合の感想の前に選手登録の話をさせてもらうと、今日は鈴木が抹消されて遠藤が昇格してきました。何故中継ぎではなく野手を上げ、昨日上げたのが谷で今日上げたのが遠藤だったのでしょうか?言うまでもありませんが一度登録を抹消された選手は10日間再昇格することができません。「今日誰か中継ぎを上げて当座をしのいでもセ・リーグとの対戦再開後に今度は中継ぎ [続きを読む]
  • 細かく色々なミスが出る
  • ナゴヤドームで行われた日本ハムとの3回戦は4−5で日本ハムの勝利。まずは試合前の選手の入れ替えについて。今日大野、杉山の登録抹消と武山、谷の一軍登録が公示されました。杉山の抹消は昨日の精彩を欠くプレーを見れば致し方なし。大野の抹消も登板間隔が空くので当然の判断でしょう。雅人の身体の状態があまり良くないのなら捕手2人体制は不安ですし武山の登録も納得できます。しかし、谷の登録には驚きました。昨日、一昨日の [続きを読む]
  • 雑な野球
  • ナゴヤドームで行われた日本ハムとの2回戦は5−7で日本ハムの勝利。とにかくミスの目立つ試合になってしまいました。先発の大野は4点の援護点を守り切れず。今日の試合展開を考えれば最低でも6回を投げ切らなければなりませんでした。ストライクとボールがはっきりしてしまい決め球が甘くなる悪かった頃の大野がまた戻ってきてしまったのも残念です。6回表の失点は中田と勝負しきれない、わざわざ杉山を呼んだのに直後に首を振る、 [続きを読む]
  • 先週できなかった野球
  • ナゴヤドームで行われた日本ハムとの1回戦は7−5で中日の勝利。先発が崩れたときに試合を立て直すこと。競った試合で相手のリリーフから勝ち越し点を取ること。先週できなかった野球が今日はできました。大きかったのはやはり6回から投げたジョーダン。正直制球はかなりアバウトでしたが6回表は三者三振。同点に追いついた直後の7回表はピンチを作ったものの何とか切り抜けてくれました。あれだけ甘いボールが多かったのに結果を残 [続きを読む]
  • 昨日の試合とか今週の試合について
  • 昨日は急用ができてしまい試合を観ることができませんでした。結果やダイジェストからの感想でしかありませんが、まずは3タテを回避できてよかったなと。久しぶりの登板になったバルデスは7回を無失点。オリックス打撃陣を警戒しすぎたのか、ゾーンが狭かったのか、調子が悪かったのかは分かりませんが四死球がやや多かったようですが試合を作ってくれました。今週は若手が3日続けて先発するという中継ぎへの負担が大きくなりそう [続きを読む]
  • 昨日を引きずったのか……
  • 京セラドームで行われたオリックスとの2回戦は3−5でオリックスの勝利。先発の柳は試合を作ってくれました。7回を100球に満たない球数で投げ切りましたしテンポもよかったのかなと。球数だけを考えれば8回の続投は妥当な判断でしょう。しかし、7回裏はショートゴロもセカンドライナーもとらえられていた当たり。限界は見えていましたし、セ・リーグ主催のゲームで次の攻撃時に打席が回って来ていたら間違いなく代打を出されていた [続きを読む]
  • 苦しさが出た試合
  • 京セラドームで行われたオリックスとの1回戦は2−4でオリックスの勝利。かなり流れが揺れ動く試合になりましたが、勝敗の決め手になったのは投手力とそれにともなう継投なのかなと。先発の小笠原は前回と同様5回で100球を超えるピッチング。打たせて取るタイプではないので多少球数が多くなるのは仕方がないのですが、はっきりとボールになる球を減らせなければこのような苦しい投球が続いてしまうでしょう。ランナーを出した途端 [続きを読む]
  • 弱点を露呈
  • マリンスタジアムで行われたロッテとの3回戦は5−9でロッテの勝利。鈴木の投球がすべてでしたね。又吉、大野の好投もありロッテ打線の調子は落ちていたと思いますが、フォアボールを出してしまえば関係ありません。前回登板のピッチングが良い面ばかり出た日だとするなら今日はストレートのキレがなくコントロールもバラバラと悪い面ばかりが出てしまいました。4回までは「フォアボールを出すくらいなら」と真ん中あたりにボールを [続きを読む]
  • やっと1勝、まだ1勝
  • マリンスタジアムで行われたロッテとの2回戦は4−2で中日の勝利。7回2失点(自責点0)被安打4、四死球1、奪三振7。今日の大野は一昨年の調子が戻ってきたようなピッチングをしてくれました。今日はいつも以上にストレートに比重を置いた組み立てで、威力も上々。肝心の精度もかなり高かったと思います。インコースへのストレートの精度がいつも以上に高かったのでたまにあった甘いボールも打ち損じてもらえたのかなと。今日と同じ [続きを読む]
  • 流れを作れた試合
  • マリンスタジアムで行われたロッテとの1回戦は3−0で中日の勝利。今日は何といっても又吉でしょう。中継ぎ時代の印象が強すぎるせいだと思いますが、調子がいいようには見えませんでしたがポンポンと投げ込んで結局3塁すら踏ませずに完封。週の頭に中継ぎを使わずに済んだという意味でも非常に大きなピッチングでした。まともにとらえられたのは鈴木に打たれた二塁打と角中のセンター前くらいでしたし、私が感じた以上にボールがよ [続きを読む]
  • 負けない野球、粘る野球
  • ナゴヤドームで行われた楽天との3回戦は2−0で中日の勝利。攻守にわたって粘りを見せることができた試合だと思います。まず守りの方に目を向けてみると、先発のジョーダンが四死球を5つ出しながらも6回を無失点。特に2回表にフォアボールがらみで訪れた0アウト満塁のピンチを0で切り抜けられたのは大きかったですね。浅いイニングだったので無失点で切り抜けようとは考えていなかったのでしょうが、よく粘ってくれました。三者凡退 [続きを読む]
  • メモリアル祝えず
  • ナゴヤドームで行われた楽天との2回戦は1−5で楽天の勝利。まずは荒木の2000本安打達成をお祝いしたいなと。プロの目から見ればバッティングのセンスを感じさせるようなバッターではなかったようですが、足と守備、そして40歳近くになっても軽やかに動き続けることができる丈夫な身体を武器にここまでの数字を積み重ねてきてくれました。とはいえまだここは通過点。チームにとっていいことだとは言い切れないかもしれませんが、ま [続きを読む]
  • 詰めが甘い
  • ナゴヤドームで行われた楽天との1回戦は6−3で中日の勝利。明日の相手の予告先発が美馬、明後日は岸が来ることが濃厚ですし絶対に勝っておきたい試合だと思っていましたが、まずは勝ててよかったなと。ただ、小笠原が6、7イニングくらい投げて田島や岩瀬を出さない展開が理想でしたし、今日はそれができた試合だったとも思います。小笠原は楽天打線に慎重になりすぎてしまったと言っていましたが、100球を越えてもストレートはまと [続きを読む]
  • エースの風格
  • ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの3回戦は5−1で中日の勝利。バルデス、吉見、大野が連続で打ち込まれて嫌な流れを感じるなか鈴木がやってくれました。連敗、そして3タテを阻止してくれた今日のピッチングは本当に大きかったですね。普段の悪癖のフォアボールは最低限に抑えられましたし、シュート回転するストレートも雅人が上手く使っていたと思います。ただ、100球ほどで疲れ果てて8回裏の先頭打者にストレートのフォア [続きを読む]
  • 大野の何が悪いのか
  • ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの2回戦は2−7でソフトバンクの勝利。6回6失点、被安打13、与四死球2、奪三振2。満を持しての先発登板となった大野ですが結果はご覧の通り。ボテボテの内野ゴロがタイムリーになったり、藤井と大島のお見合いでレフトフライがツーベースになったり運の悪さはあったと思います。ただ、これだけヒットを打たれたりやってはいけないタイミングでホームランを2回も打たれるなど調子が上がってき [続きを読む]
  • ボロボロ
  • ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの1回戦は2−10でソフトバンクの勝利。ビシエドのゲッツーと柳田のタイムリーで流れを作られ、デスパイネのタイムリーで主導権を握られ、松田のタイムリーで大勢が決まり、上林のホームランでダメを押される、そんな試合だったのかなぁと。はっきりと言ってしまえば1回裏にほぼ終わってしまった試合でした。今のソフトバンク打線は甘い球を打ち損じる可能性が非常に低いですね。吉見は基本 [続きを読む]
  • 交流戦展望
  • 明日から始まる交流戦に向けて中日はローテの再編をするようです。その皮切りに今日バルデスが登録を抹消されました。小笠原や鈴木、柳に目途が立ち、大野の復帰もありとりあえず今週はお休みという判断なのでしょう。開幕から中4日、中5日でフル回転してくていましたし、この10日間で英気を養いまた頑張ってもらいたいですね。あくまで予想ではありますが、報道によると今週のローテは吉見、大野、鈴木、小笠原、又吉、柳で行くよ [続きを読む]
  • ひとつでも多くの収穫を
  • ナゴヤドームで行われたヤクルトとの10回戦は1−7でヤクルトの勝利。バルデスは立ち上がりから調子が悪そうな感じはしましたが立て直せないまま2回に捕まってしまいこの回でKO。ストレートは走らずいつも以上に球速が出ない、変化球は浮いてしまう、コントロールもイマイチ、そのうえストライクゾーンも今日はやや狭めではこの結果は必然だったのかなと。立て直せなかったというより初回から既に球数が100球を越えているような疲労 [続きを読む]
  • 多くの偶然、そして少しの必然の結果
  • ナゴヤドームで行われたヤクルトとの9回戦は4−2で中日の勝利。最近はターニングポイントでの勝負強さが出てきたように見えます。ヤクルトの先発小川は相変わらずの好投。正直、5回までは点を取れる気がしませんでしたし、「6回、7回に粘って何とかリリーフを引きずり出してそこで勝負をかけたいな」と思っていたので、6回裏の突然の乱れ、そして降板は結果的に中日にとってありがたいものになりました。小川は背中の張りで登録を [続きを読む]