isuzuno117 さん プロフィール

  •  
isuzuno117さん: 量産丸目道(117クーペのブログ)
ハンドル名isuzuno117 さん
ブログタイトル量産丸目道(117クーペのブログ)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/isuzuno117/
サイト紹介文いすゞ117クーペ中期型 量産丸目がテーマです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 334日(平均1.1回/週) - 参加 2016/10/05 23:39

isuzuno117 さんのブログ記事

  • ナルディーボス壊れる
  • タイトルを見てハンドルがもげた〜!みたいな展開を期待した方、残念ながらそれはないです。(笑) またもや聞いたこともないトラブル事例です。今回はクーペ自体の故障ではなくナルディーボスのトラブルです。クーペで出かけて帰宅後ガレージに車をしまって30分後ガレージ... [続きを読む]
  • ラジエーター爆発す(笑) 後編
  • さて、前回に引き続きラジエーター修理の話です。クイックスチールのうたい文句、金属のような硬さとか、車を吊り下げられるほどの強度とか・・・http://www.bike-b-1.com/benri_syouhin/quicksteel/quicksteel.htm実際はそこまで強度はありません。カッターでさくさく削れるし厚みが無ければ手でポキッと簡単に折れます。ロアタンク接合部の亀裂、長いです。さすがにこれだけ亀裂が長いと無理だったか。^^;)ここは予想以上に [続きを読む]
  • ラジエーター爆発す(笑) 前編
  • 話が長くなるので前編/後編の分割で書きます。クイックスチールにてラジエーター修理を試みて水漏れも止まり6月末に修理完了し、その後、猛暑の中クーラーもかけて2ヶ月ほど快調に走行していました。コア交換暦のあるこのラジエーターは明らかに効率が良く、ラジエーターの効率はクーラーの効きにも影響することも分かりました。クーラーオンで猛暑でも快適。修理したことも忘れかけた頃、異変は突然やって来ました。まずはクー [続きを読む]
  • 真っ直ぐ走らないと思ったら
  • まずはしょーもないネタを一発かましてと。・・・^^)ボンネット裏に新車完成時に貼られた油脂の種類(上)とサービスデーター類(下)の記載されたステッカーが2枚あります。油脂の種類のほうは、43年間ほとんど劣化も無く残っています。サービスデーター類のほうは・・・この車を入手時からすでに何が書いてあるか分からないくらい劣化していました。上の昭和48年排出ガス規制対策済車と下のいすゞ自動車株式会社しか判読でき [続きを読む]
  • オイルエレメントの流用を検証する
  • 現在’74年式117クーペXC(G180SS型エンジン)のオイル・エレメントはメーカー欠品ですが、AE86でおなじみトヨタ4A-Gエンジン用のエレメントが流用可能なことが分かり、今は4A-G用を使っています。機能上は何ら問題無く使用出来ていて良いのですが純正に比べるとサイズが小さくて見た目的に今ひとつだなぁ。と思っていました。流用できるかどうかのポイントは以下の2点。①取り付けネジ部のサイズ(ピッチ)が合うか。②エレメント [続きを読む]
  • 番外編:アメ車・ミニカーコレクション
  • 今回は番外編、アメ車のミニカーの特集です。栄華を極めた1950年代のアメリカ車のデザイン。クロームで、きらびやかに彩られた1957年〜1959年までのテールフィン時代のアメリカ車は今見ると、とても車とは思えないデザインです。モデルカーとしても見栄えがするので好きな車種だけコレクションしていました。今回紹介するのは、すべて1/18スケールで、でかいので、あまり沢山陳列できません。それではアメ車コレクション紹介、いっ [続きを読む]
  • 角目117のパーツを流用する
  • 一ヶ月ぶりの更新です。まぁ楽しみにしてる人も居ないのでこのくらいのペースでいいか。お盆休み、暇なのでワックスがけをしました。ワックスがけ、盆と正月くらい。^^;おかげで元々メッキが薄く仕上げも悪いハンドメイド・ミラーは、さらにメッキが薄くなって錆びが出てきています。固形ワックスでボディーの手入れとか昭和な光景ですね。フロントガラスを磨こうとしてワイパーを立てたところバキッ!(驚) と、音がしてワイ [続きを読む]
  • DRIVING 117COUPE
  • 新緑のワインディングロードをクーペで走ってきました。愛知高原国定公園・三河湖というところ。お気に入りのドライブコースダムの上を車で通ることが出来ます。サイドガラスが曇っているのはクーラーが、(エアコンではない)ガンガンに効いているから。(^^)以前、トヨシマH150強化サスを入れていましたが、乗り心地が硬く、車高の落ち具合も気に入らなかったので現在はノーマルリーフ+ローダウン・ブロックで車高を落として [続きを読む]
  • 自宅整備工場?
  • 暑いですね。本日のガレージ内の気温40度!・・・にもかかわらず自宅整備工場?で作業をこなします。^^;)工場扇(大型の扇風機)が夏は大活躍です。 クーペの作業の合間に自分以外の車も作業依頼が来ますので中々忙しいです。お金をくれないお客さんなので工場、もうかりません。(笑) S13シルエイティーのエアコンが壊れたので直してくれとのことです。単なるガス漏れなら配管接続部分のオーリング交換で直ります。真空ポ [続きを読む]
  • ルームミラーの話
  • 量産丸目117クーペのルームミラー、かなりの確立で鏡のふちが腐食してみすぼらしい状態になっています。さらにミラーの柄も腐食します。これは'74XCに最初付いていたもの。ボロ〜いですね。(笑)こんなボロいミラーは嫌だ!と新品が出るか聞いたところ、ハイ出ますよー。早速注文して来たのがこれ。角目用でした。^^; 柄の根元の取り付け部分は同じです。丸目用は昼夜切り替えをノブを回して行いますが現代調になった角目は一 [続きを読む]
  • ガソリン漏れた
  • 自宅の秘密基地。(笑) 背後に写るのは3年前に身内が下取りに出そうとしたら3万円にしかならなかったので、3万円でもらった通勤用の軽。三菱トッポBJ。2000年式の ”新しい” 車です。しかし、クーペと並ぶと車高が高いなぁ。^^;)7月1日(土曜)は非常に暑い日でしたので、クイックスチールによるラジエーター修理後の耐久テストです。クーラーをかけてドライブに行きました。本当に暑い時にも耐えられなければ意味がありま [続きを読む]
  • 117XE 備蓄品
  • 当ブログでは赤XCが主役で117XEは一応、脇役なのですが。・・・^^; XEの記事を書くと、赤XC君が主役の座を奪われそうになります。(笑)今回はXE用に集めた備蓄品(スペアパーツ)の一部を紹介します。この車で、ゆういつオリジナルでない部分がラジオ。S51年式までの純正8トラデッキを付けてありますがS52年式は本来、FM/AMラジオ、もしくはAM/カセットデッキ(オプション)が純正装着品です。部品が妙に新しいですが交換とか [続きを読む]
  • ラジエーターを修理する・完成編
  • ラジエーターを付けたり外したり、試運転に出たり入ったり、一週間ほど、すったもんだのあげく、ラジエーター修理に成功致しました。試運転を繰り返し水漏れが無いことが確認出来たので黒塗装をしてファンシュラウドも取り付けました。完成の図。しつこく動作確認中。(笑) 純正のラジエーター・アッパーホースは布バンテージで強化してあってホースも硬くてつまんで圧力のかかり具合を見ることができませんが延長した部分(クー [続きを読む]
  • ラジエーターを修理する(失敗編^^;)
  • クイックスチールによるラジエーター修理後、耐久性の確認の為に毎日クーペを走らせていましたが、ラジエーターの補修した部分からピュ〜!っと、温水が勢いよく噴出しました。(笑) 見事失敗。 やっぱだめか?・・・暑い日だったのでクーラーをかけて、ちょっとスポーツドライブ的な走りをしたらパテが割れました。見栄えを気にしてパテの量が少なすぎたのが原因と思われます。亀裂の入っていた部分はラジエーターに圧力がかか [続きを読む]
  • ラジエーターを修理する
  • オリジナルのS49年純正ラジエーターの腐食劣化が進んで、水漏れして使用不能になったので、現在は予備に持っていたS51年XC5速用のラジエーターを取り付けています。ファンの位置関係や給水口とアッパーホースの位置が左右逆だったりで本来、付きませんが裏技でアッパーホース延長、ファン位置調整などで取り付けています。(ファン・シュラウドはS49年用を使用)ラジエーターの穴あきで水漏れが発生した場合、DIYでの修理は不可能 [続きを読む]
  • オーリーポリマー
  • 久しぶりにボディーを磨きました。 AURI(オーリーポリマー)深夜のテレビ通販で盛んにPRしていたのをご存知の方もおられるのでは? ボンネットに火を放つ派手なPR・・・^^;https://www.youtube.com/watch?v=HkPiBmhJYoU長年の経験から選び抜いたカーワックスです。ワックスというか液体のコーティング剤。輝きはこれに勝るものは無いでしょう。(使用法による)柔らかいタオルにつけて円を描くように丹念に磨きこむと細かい [続きを読む]
  • AIR CONDITIONED 冷房車
  • その昔、117クーペの純正オプションであるクーラーをオーダーするとクーラーの取り扱い説明書と共に、オマケ ? で、”AIR CONDITIONED 冷房車”のステッカーが添付されていました。ステッカーには純正クーラーのメーカーであるヂーゼル機器のロゴも入っています。クーラー付きであることを"冷房車"なるステッカーで誇らしげにアピール。昭和40年代は、まだカークーラーは贅沢品だったのでしょう。私の車も入手当時、三角窓に、こ [続きを読む]
  • 117クーペ ミニカー編
  • 今回は117クーペのミニカーの話です。正直、117クーペは世間一般では人気は無く、(ハコスカとかに比べれば)ミニカーもあまり沢山は出ていません。やっきになって集めている訳でもないのですが、いつの間にか集まった手持ちの物を紹介します。高い物は買いませんので、オモチャレベルの物ばかりです。^^;まずは、どこでも売っている定番のチョロQから・・・ハンドメイドでなく量産丸目という車種選定がシブいです。量産丸目の [続きを読む]
  • 部品取り車両
  • かつて所有していた部品取り車両2台。(いったい何台持ってんの?・・・^^;)左:’75XC。右:’76XE。2台とも書類は無しだったので安く、XCは1万5千円、XEは2万円で購入しました。量産丸目、昭和49・50・51・52年と48年式以外は全部の年式を手元に置いたことになります。(48年と49年は、ほぼ同じ)48年式は、なじみの解体屋さんに私専用の部品取り車(専用と言うか、他に誰も部品取りに来る人居なかった。^^) [続きを読む]
  • ボルテージレギュレータ交換
  • 少し前からアンメーターの針がプルプルと小刻みに振れていました。これはズバリ、ボルテージレギュレータの不良です。一応カバーを開けて中の接点を磨いてみたり、ギャップを調整してみたりしましたが、改善しません。 しかも最近は電気を使っても補充電がうまく出来ていない感じになってきてしまい、せっかく新品に交換したバッテリーにも負担がかかってしまうので、ボルテージレギュレータを交換することにしました。右:日立製 [続きを読む]
  • ドア音の考証
  • どうでもいいような話ですが。・・・この車、運転席と助手席でドアの閉まる音が全然違います。車内に乗り込んでドアを閉める時の音です。助手席側のドアはスチャン!と、歯切れ良く、かつ余韻のある金属音(どんな表現だ?^^;)の、とても良い音で閉まります。ところが運転席のドアはバタッ!と、まるで節操のない、つまらない音で閉まります。(笑) この違いは一体何なんでしょう?ドアの構造は左右対称のはずなので、おそら [続きを読む]
  • 4スピーカー化
  • '74年型の117XCの純正オーディオはクラリオン製のAMラジオ一体”8トラ”ステレオ。^^;)8トラとか・・・そんなメディア知らない人が大半でしょうね。今や骨董品レベル?スピーカーも低出力のものがリヤに2個だけ。この8トラステレオは珍しいものと思いきや比較的、入手し易く、ヤフオクでも時折コンソールごと出品されていたりします。(左右の丸いノブとその奥のメッキのノブは角目の純正オーディオと共通部品です。)この8トラは [続きを読む]
  • ローズウッド・メーターパネル
  • この車はXCですがXEのブラジリアン・ローズウッドのメーターパネルに交換してあります。ずっと気になっていた点がありながらも長年放置していたことが有り。・・・それは何か?^^入手した当初、ライトスイッチの右側に丸いシールが貼られていて、それを剥がしたら日焼けで丸くシールの跡が残ってしまいました。今回はこのシールの跡を消すのが目的です。メーターを全部ばらしてパネル単体にしてペーパーで一皮剥きます。ウッドの [続きを読む]
  • ワンループ・シートベルト
  • この車のシートベルトは緊急時のみロックするタイプでは無く、腰ベルト、肩ベルトの長さを、それぞれ調節して装着すると身動き出来なくなるというもので、しかも肩ベルトはスルスルと、いつの間にか緩んできてしまい、なんとも不便なものです。角目モデルになると現代車並にワンループ・シートベルトとなり緊急時のみロックで通常は自由に動けるものに改良されています。この角目のベルトが移植できないかと思いましたが、どうも車 [続きを読む]
  • 燃料警告灯
  • 燃料の残量10リットルで点灯するウォーニングランプが作動するか、確認したいと思いつつ、つい燃料を入れてしまい確認する機会が中々無かったのですが、今回は忘れず燃料を減らして点灯確認をしました。燃料を減らすのはいいけど、タンク内のレベルゲージが不良で警告灯が点灯しない場合はガス欠で止まってしまいます。(笑) まだかな、まだかな?と、思いつつ・・・燃料計がこの位置でウオーニングランプ点灯!^^)  長く点 [続きを読む]