CHIBANOKI さん プロフィール

  •  
CHIBANOKIさん: 千葉の樹
ハンドル名CHIBANOKI さん
ブログタイトル千葉の樹
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/chibanoki
サイト紹介文千葉の巨樹、巨木、古樹などいろいろな樹を紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 175日(平均1.0回/週) - 参加 2016/10/06 21:06

CHIBANOKI さんのブログ記事

  • 津田沼東漸寺のイチョウ
  • 《国道14号線沿いの樹 15》千葉県習志野市津田沼。京成津田沼の駅前から14号方面にのびる道路脇に続く商店街の合間に立派な寺院がある。それが東漸寺。なかなか古い寺院で資料によると室町時代にはすでにあったということだからなかなか悠所正しい。習志野には七福神があってそのうちの福禄寿にあたる。この寺の境内に習志野市の名木百選に選定されたイチョウの木が存在する。[津田沼東漸寺のイチョウ]訪れた時はちょうど工事 [続きを読む]
  • 津田沼東漸寺のイチョウ
  • 《国道14号線沿いの樹 15》千葉県習志野市津田沼。京成津田沼の駅前から14号方面にのびる道路脇に続く商店街の合間に立派な寺院がある。それが東漸寺。なかなか古い寺院で資料によると室町時代にはすでにあったということだからなかなか悠所正しい。習志野には七福神があってそのうちの福禄寿にあたる。この寺の境内に習志野市の名木百選に選定されたイチョウの木が存在する。[津田沼東漸寺のイチョウ]訪れた時はちょうど工事 [続きを読む]
  • 習志野市役所のシイ
  • 《国道14号線沿いの樹 14》習志野市鷺沼。京成津田沼の南口改札を出て目の前の道路を左に行くと、交差点先に習志野市役所市民課練がある。ここの駐車場に市指定の名木がある。駐車場左側の隅にその木はある。[習志野市役所のシイ]樹齢は不明とのことだがかなり古いスダジイの古木で幹周も3m越えの巨樹である。樹の前には名木100選のたて看板のほか石に「しいの木」と彫られたモニュメントもありシンボルツリーにしようという [続きを読む]
  • 習志野市役所のシイ
  • 《国道14号線沿いの樹 14》習志野市鷺沼。京成津田沼の南口改札を出て目の前の道路を左に行くと、交差点先に習志野市役所市民課練がある。ここの駐車場に市指定の名木がある。駐車場左側の隅にその木はある。[習志野市役所のシイ]樹齢は不明とのことだがかなり古いスダジイの古木で幹周も3m越えの巨樹である。樹の前には名木100選のたて看板のほか石に「しいの木」と彫られたモニュメントもありシンボルツリーにしようという [続きを読む]
  • 津田沼マルエツの小タブ
  • 《国道14号線沿いの樹 13》習志野市津田沼。謎の樹である。津田沼のマルエツに習志野市の名木があると聞いて訪問することに。場所は津田沼駅入り口交差点のちょっと先あたり。マルエツ津田沼南店の駐車場にその樹はある・・らしい。かつてここにあった民家を台風から救ったタブノキらしい。店舗なので場所はすぐにわかったのだが、それらしき樹が見当たらない。どこだろうと駐車場をグルグル回っていると中央にもしかしてこれか [続きを読む]
  • 津田沼マルエツの小タブ
  • 《国道14号線沿いの樹 13》習志野市津田沼。謎の樹である。津田沼のマルエツに習志野市の名木があると聞いて訪問することに。場所は津田沼駅入り口交差点のちょっと先あたり。マルエツ津田沼南店の駐車場にその樹はある・・らしい。かつてここにあった民家を台風から救ったタブノキらしい。店舗なので場所はすぐにわかったのだが、それらしき樹が見当たらない。どこだろうと駐車場をグルグル回っていると中央にもしかしてこれか [続きを読む]
  • 鷲沼八剱神社の御神木
  • 《国道14号線沿いの樹 12》習志野市鷲沼。習志野市は樹になかなか力を入れている市である。独自に市の銘木を選定していてこれを市のHPなどに乗せている。その選定は必ずしも巨樹、大木というわけでもなく独特の選眼を持ってこれを選定しているのがユニークである。東京方面から国道14号線を進んで行き幕張インター少し手前あたりに鷺沼霊堂というのがあるのだが、その近くに八剱神社(やつるぎじんじゃ)が存在する。1678年 [続きを読む]
  • 鷺沼八剱神社の御神木
  • 《国道14号線沿いの樹 12》習志野市鷺沼。習志野市は樹になかなか力を入れている市である。独自に市の銘木を選定していてこれを市のHPなどに乗せている。その選定は必ずしも巨樹、大木というわけでもなく独特の選眼を持ってこれを選定しているのがユニークである。東京方面から国道14号線を進んで行き幕張インター少し手前あたりに鷺沼霊堂というのがあるのだが、その近くに八剱神社(やつるぎじんじゃ)が存在する。1678年 [続きを読む]
  • 大須賀山塚の樹
  • 《国道14号線沿いの樹 11》千葉市花見川区幕張町。巨樹データベースをなんとなく眺めていたところ、子守神社のすぐしたあたりにかなり太い樹の記載がある。幹周が500cmを超えるもので、このあたりだと圧倒的に太い。検見川廣徳院の銀杏が450cmなのでそれより太いことになるのだが、まったくもって見当がつかない。管理に寺神の記載がないので個人のものだろうかと勘ぐっていたら、信仰の欄に禁忌の文字が。禁忌・・・要す [続きを読む]
  • 大須賀山塚の樹
  • 《国道14号線沿いの樹 11》千葉市花見川区幕張町。巨樹データベースをなんとなく眺めていたところ、子守神社のすぐしたあたりにかなり太い樹の記載がある。幹周が500cmを超えるもので、このあたりだと圧倒的に太い。検見川廣徳院の銀杏が450cmなのでそれより太いことになるのだが、まったくもって見当がつかない。管理に寺神の記載がないので個人のものだろうかと勘ぐっていたら、信仰の欄に禁忌の文字が。禁忌・・・要す [続きを読む]
  • 雑記1
  • どうも、こんにちわ。せっかく日記の項目があるので、ブログっぽく雑記を書きたいと思います。さてさて、そもそもなぜ木なのかというお話・・・自分千葉県民なのですが・・・もともとは、というか今でも自分は本当は滝巡りさんなんですけれど・・・本当は滝巡りブログを書きたかったんですけれど・・・いかんせん千葉の滝は・・・なんというか・・・はっきりいえば・・・規模という目で見ると・・・クソみたいなものしかなくて・・ [続きを読む]
  • 雑記1
  • どうも、こんにちわ。せっかく日記の項目があるので、ブログっぽく雑記を書きたいと思います。さてさて、そもそもなぜ木なのかというお話・・・自分千葉県民なのですが・・・もともとは、というか今でも自分は本当は滝巡りさんなんですけれど・・・本当は滝巡りブログを書きたかったんですけれど・・・いかんせん千葉の滝は・・・なんというか・・・はっきりいえば・・・規模という目で見ると・・・クソみたいなものしかなくて・・ [続きを読む]
  • 幕張金比羅神社跡の樹
  • 《国道14号線沿いの樹 10》14号線をタイヤ館幕張辺りから県道54号線に入り子守神社方面に進んでいくと、住宅と住宅のわずかな間に突然古ぼけた木の鳥居を発見する。そのまま参道らしき道を歩き先の階段を上っていくと小山の上に神社らしきものを発見する。神社ではない。かつてここに神社があった痕跡があるだけだ。ここにはかつて金比羅神社があったとのことだがもはやだれも管理している様子はなく、神社として完全に死んで [続きを読む]
  • 幕張金比羅神社跡の樹
  • 《国道14号線沿いの樹 10》14号線をタイヤ館幕張辺りから県道54号線に入り子守神社方面に進んでいくと、住宅と住宅のわずかな間に突然古ぼけた木の鳥居を発見する。そのまま参道らしき道を歩き先の階段を上っていくと小山の上に神社らしきものを発見する。神社ではない。かつてここに神社があった痕跡があるだけだ。ここにはかつて金比羅神社があったとのことだがもはやだれも管理している様子はなく、神社として完全に死んで [続きを読む]
  • 子守神社の銀杏
  • 新都心として開発された海浜地区にくらべ幕張町付近はまだ昔ながらの古風な町並みを残しており寺院や神社が多くある。京成幕張駅の線路沿いを上り方面に少し歩くと子守神社に行き着く。1194年創建の歴史ある神社だ。名前から想像できるようにここは安産祈願の名所として知られている。[子守神社の銀杏]この神社の御神木がこのイチョウの樹で、幹周りは320cm、樹高は15mの立派な巨木である。この神社がどちらかといえば寺の [続きを読む]
  • 子守神社の銀杏
  • 《国道14号線沿いの樹 9》新都心として開発された海浜地区にくらべ幕張町付近はまだ昔ながらの古風な町並みを残しており寺院や神社が多くある。京成幕張駅の線路沿いを上り方面に少し歩くと子守神社に行き着く。1194年創建の歴史ある神社だ。名前から想像できるようにここは安産祈願の名所として知られている。[子守神社の銀杏]この神社の御神木がこのイチョウの樹で、幹周りは320cm、樹高は15mの立派な巨木である。この [続きを読む]
  • 検見川神社の樫の木(子授かりの樫)
  • 《国道14号線沿いの樹 8》京成検見川駅の改札を出てすぐ踏み切りをわたると、検見川神社に行き着く。この神社は三つの神様を祀っている大明神である。鳥居の横にはなかなか大きな大木があり期待させられるが、この神社の代表樹はやや小ぶりな樫の樹である。[検見川神社の樫の木]この神社の御神木的な存在で実生からこのように育つ非常に珍しい形状から別名「子授かりの樫」として子授祈願の対象となっているようだ。決して大木で [続きを読む]
  • 検見川神社の樫の樹
  • 京成検見川駅の改札を出てすぐ踏み切りをわたると、検見川神社に行き着く。この神社は三つの神様を祀っている大明神である。鳥居の横にはなかなか大きな大木があり期待させられるが、この神社の代表樹はやや小ぶりな樫の樹である。[検見川神社の樫の樹]この神社の御神木的な存在で実生からこのように育つ非常に珍しい形状から別名「子授かりの樫」として子授祈願の対象となっているようだ。決して大木ではないものの一箇所に樫の幹 [続きを読む]
  • 検見川廣徳院の銀杏
  • 《国道14号線沿いの樹 7》千葉市花見川区毛見川町。京成検見川駅を降りてすぐ神社南交差点を左に入るとシタールというカレー屋に行き着く。ここは全国的にも名の知れたカレーの名店で週末ともなると県内のみならず近隣県からも食通が訪れる超人気店である。そんなシタールのすぐ隣に樹メグラーなら見逃せない樹木スポットが存在する。それがこの廣徳院である。[廣徳院入り口の樹]向かって門の右側に幹周り2Mほど大木が道からで [続きを読む]
  • 検見川廣徳院の銀杏
  • 千葉市花見川区毛見川町。京成検見川駅を降りてすぐ神社南交差点を左に入るとシタールというカレー屋に行き着く。ここは全国的にも名の知れたカレーの名店で週末ともなると県内のみならず近隣県からも食通が訪れる超人気店である。そんなシタールのすぐ隣に樹メグラーなら見逃せない樹木スポットが存在する。それがこの廣徳院である。[廣徳院入り口の樹]向かって門の右側に幹周り2Mほど大木が道からでも見える。これも見事なのだ [続きを読む]
  • 稲毛の庭銀杏
  • 千葉市稲毛区。関東の国道沿いにはオレンジ色の看板に「うまい」と書かれた怪しげなラーメン屋がいくつか点在している。このチェーン店はラーメンショップという名で14号線沿いにもちらちら見かける。しかし侮るなかれ。通称”ラーショ″と呼ばれているこの店は関東とんこつしょうゆの元祖であるとされ、家系らーめんの源流となった味なんだそうな。14号沿いにあるラーメンショップ稲毛店はそのラーショのなかでも比較的初期の [続きを読む]
  • 稲岸公園の松
  • 美浜区稲毛。浅間神社から14号線をはさんでちょうど反対側の土地に一面芝で覆われた広大な公園がある。この公園は稲岸公園といって、このあたりではちょっとだけ有名な公園なのだ。何でもこの場所は日本で始めての民間飛行練習場が出来た場所なんだそうだ。それが凄いことなのかどうかは良くわからないのだが、その関係でこの公園には飛行機に関するものがいくつかあったりする。その中に混じってこの松の樹がある。[稲岸公園の [続きを読む]
  • 稲毛公園の松林
  • 千葉市稲毛区稲毛。国道14号線の片側斜面には木々が多く覆い茂っていて、それが保護区としてのこされている。稲毛浅間神社もその中に立っている。神社隣は広大な緑地公園となっていて、それ自体が市の文化財として保護されている。[松林]特別大きな松があるということはないが、所狭しと松が乱立する光景は圧巻。晴れた日の朝などは絶好の散歩スポットだ。その昔はこのあたりまで海であったらしく、海岸線が間近に迫ったそれは素 [続きを読む]
  • 登渡神社の御神木
  • 千葉県千葉市中央区登戸。国道14号線と375号線が枝分かれする交差点を千葉駅方面に入りすぐある登戸小学校交差点の左側に登渡神社(とわたりじんじゃ)がある。このあたりでは登戸神社(のぶとじんじゃ)の名で知られている。この場所はかの浮世絵の鬼才葛飾北斎が『冨嶽三十六景』の『登戸浦』を描いた場所とされている。この神社の御神木のイチョウの木はあまり知られていない。根回りは見た目で3,5mほどの大銀杏。近く [続きを読む]
  • 本千葉神明神社の銀杏
  • 千葉市中央区神明町。東京方面から千葉市中心部を通る国道14号線付近には数々の銘木が点在する。ポートアリーナ先の交差点を本千葉駅方向に曲がるとすぐ神明神社に行き着く。この神社の御神木がこの銀杏の樹である。資料によると樹齢は900年を超えるらしい。幹回は350cmの巨樹。周りには簡易的な白い柵が設けられてはいるが手を伸ばせば樹に触れることは出来る。ただし、大銀杏のまえには立て札があり、ようするに「なか [続きを読む]