ピストン さん プロフィール

  •  
ピストンさん: ただよう雲のように
ハンドル名ピストン さん
ブログタイトルただよう雲のように
ブログURLhttp://twinpiston.blog.fc2.com/
サイト紹介文知らない街、知らない風景の中でボーとしてみませんか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 350日(平均3.1回/週) - 参加 2016/10/06 21:28

ピストン さんのブログ記事

  • 紙上日本一周 目次 四国・近畿南部編
  •  四国編香川で瀬戸大橋の巨大さを改めて感じる超特急で伊予の八幡浜まで走る佐田岬メロディラインを快走する四万十と四国カルスト近辺はアウトドア好きにはたまりません高知城や室戸岬など定番観光地を行く阿波街道を徳島へ目をつぶって鳴門大橋を渡る 近畿南部編地震、雷、火事、おやじと言われていたが、ダントツで地震が一番大江鬼瓦公園はなかなか楽しい東海道関宿は心を癒される場所です室生寺、長谷寺を歩く桜で有名な吉野 [続きを読む]
  • 紙上日本一周 目次 九州・山陽編
  •  九州編平尾台から朝倉三連水車、吉井、八女の古い町並み武雄温泉は熱かった佐賀県は陶磁器がメインだと思います本土最西端と長崎の夕日長崎は今日も雨ではなかったです。フェリーで天草四郎の怨念の怖い話で脅される明治の産業革命遺産三池炭鉱通潤橋から五木村、人吉まで走る霧島から薩摩半島を楽しむ大隅半島をぐるりと回り本土最南端を訪問都井岬と飫肥の町並み神話の国宮崎やっぱり宮崎県の観光は高千穂が一番です阿蘇は雄大 [続きを読む]
  • 紙上日本一周 目次 近畿北部・山陰編
  •  近畿北部・山陰編琵琶湖東岸を行く琵琶湖南部は有名な寺、神社が多い京都は観光客が多すぎて人を見に来ているみたい舞鶴と丹後半島めぐり出石から城崎を通り余部で大事故を思うワイルドな砂丘や修行の国宝投入堂を歩く大栄でコナンと会い、大山・蒜山を楽しむ鬼太郎ロードと月山富田城登城奥出雲をぶらつき石見銀山で歴史を学ぶ明治の香り高い萩へ角島大橋を眺めて九州上陸へ [続きを読む]
  • 紙上日本一周 目次 関東甲信越、北陸
  •  関東甲信越は面積としては北海道より少し広いくらいでしょうか。大分と並ぶ温泉県の群馬、長野を持ち首都圏周辺ゆえの巨大都市があります。それゆえに観光地もたくさんありますが、自然派の私は人混みを避けて通るのでパスする地域が多いということでもあります。出羽三山から笹川流れ、新潟へ弥彦神社でバワーをいただき良寛の里でやさしさを学ぶ春日山で上杉謙信と出会い、千曲川まで南下野沢温泉で湯あたりし、小布施で冷ます [続きを読む]
  • 紙上日本一周 目次 東北編
  •  大好きな東北ですが、まだまだ行きたいところがあります。北海道から青森へ種差海岸と陸奥湊の朝市奥入瀬から青森市内へ大好きな青森市、三内丸山遺跡を学ぶ東北六魂祭ねぶた、田んぼアートなど青森はイベントたくさん鉄道ファン憧れの五能線沿線を行く八幡平から田沢湖の絶景を楽しむ角館、秋田から男鹿半島へ、そして秋田竿灯に酔いしれる日本海側を南下し鳥海山を見ながら酒田に至る東北から新潟まで記事にしなかった観光地① [続きを読む]
  • 紙上日本一周 目次 北海道編
  • 北海道編 日本海フェリーで小樽へ上陸し積丹半島を周回した後は日本海側を北上し宗谷岬へ進みます。その後はオホーツク側を南下し知床半島へ、納沙布岬から東へ進み、最後は函館に達します。北海道を一周する行程です。 それぞれの記事名を すると該当の記事に飛びます。 小樽上陸、余市へ積丹半島・神威岬へ留萌・増毛へオロロンラインを行く①ロロンラインを行く②">オロロンラインを行く②オロロンラインを行く③宗谷 [続きを読む]
  • 新しくブログをはじめました
  •  こんにちは、夕陽が三度の飯よりも好きなピストンです。 町内会などですっかり、旅に出なくなりました。しばらくは、旅も掲載しますが主力は日常生活となりますので、別のブログで日常を綴っていくことにします。 さかやんのつれづれ日記です。相変わらずブログのこともわからず、とちってばかりですがよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 思い出を紙上日本一周として記事にしたこと
  •   これまでのお出かけを紙上日本一周として整理しました。 思い出を明確にする作業は、やってみるとなかなかむつかしいです。行った場所でも写真がなかったり、神社がいくつかある場合にどの写真がどの神社のものかわからなくなっていたり、記憶がだんだん少なくなってきているようです。北海道編が終わったところでも記憶の衰えを書いたのですがメモを残すことが大切ですね。1 お出かけの期間・回数  これまでのお出かけは約 [続きを読む]
  • 遠野から久慈まで雨の悪天候でした
  •  道の駅厳美渓はあいにく雨模様でしたが充実した休憩スペースなど快適な道の駅でした。 今日は平泉を素通りして一気に遠野まで進みます。道の駅遠野です。 道の駅で休憩してから観光地を巡ることにしましょう。 遠野とは、岩手県中東部の市です。もと南部氏の一族八戸(はちのへ)氏の城下町。古くから南部駒の産地であり、馬の競り市が行われました。また柳田国男「遠野物語」で民話・伝説のふるさととして知られています。 素 [続きを読む]
  • 奥州三湯鳴子温泉と絶景の厳美渓
  •  今日は移動がメインになります。松島から鳴子まで約65キロです。 鳴子温泉の発見は承和4(837)年。鳥谷ヶ森(鳴子火山)が大爆発し、熱湯が噴出したといわれ、一説には、そのときの轟音から村人が「鳴郷の湯」と名づけたとも伝えられています。 源義経が兄・頼朝に追われて平泉へ落ちのびる途中に鳴子を訪れたことや、松尾芭蕉が「おくのほそ道」で鳴子から尿前を通る出羽街道中山越えを選んだことも知られており、義経や芭 [続きを読む]
  • 日本三景松島は間違いなく日本三景でした。
  • 道の駅おおさとで起床です。 昨日の車中泊は15台くらいでした。軽四での車中泊が結構多いんです。 朝一番に日本三景松島へ行きます。 朝が早すぎて誰もいません。瑞巌寺の職員駐車場に車を置いてしばらく散策です。 やはり人はいません。 しばらく 散策して無料の駐車場を探します。少し離れますが無料駐車場がありました。 それでは松島を楽しみましょう。近くの四大観の一つに行きます。 これが松島なんですね。たくさん [続きを読む]
  • 仙台の奥座敷秋保で大滝を見て多賀城跡で蝦夷との戦いに触れる
  •  道の駅村田から出発します。仙台方面は混んでいますので避けて仙台の奥座敷秋保温泉を訪れます。仙台もサラリーマン時代にご縁があり長町に住んでいたことがあります。国分町など40年前ですが盛り場でした。今は新幹線が通り大きく変貌しているのではないかと思います。大都市は避けるのが本ブログのポリシーですので仙台シティは行きません。 おっと、こんなところに支倉常長生誕地があった。 秋保温泉には入ってきました。  [続きを読む]
  • 白石温麺をいただき蔵王のお釜の絶景に感激する
  •  これまでの旅の思い出を整理しようと始めたブログも残すところ宮城県と岩手県だけになりました。両県とも松島や平泉などの有名観光地がありますが、私はそれ以外はあまり訪れてはいません。東北は私にとってはまだまだ魅力あふれる地域です。 いずれにしろ、あと数回のアップで終了ですのでお付き合いください。 相馬から、白石に向かいます。 白石は宮城蔵王の玄関口と言われています。伊達政宗の重信片倉小十郎が城主のお城 [続きを読む]
  • 芭蕉の入浴した鯖湖湯に入り、相馬野馬追を学ぶ
  •  道の駅安達から福島市内に入ります。信夫山公園の羽黒神社に向かいます。  こんな道を登っていきます。 ありました。大わらじです。なぜわらじが福島のシンボルとなったのかは定かではありません。夏には東北夏祭りのひとつわらじ祭りが開催されます。 除染作業が行われています。 信夫山からは福島市内が見渡せます。 さて、奥州三泉飯坂温泉に寄りましょう。飯坂温泉は福島市から近いのです。東北を代表する温泉街です。 [続きを読む]
  • 福島空港のウルトラマンにビックリした
  •  道の駅よつくらで起床したのですが朝早くから駐車場が混み合い、何だろうと思っていたら隣に停まった車では女性が着替えを始めてサーフィンの板を持って出かけていきました。自分も行ってみましょう。道の駅の周囲では復興工事が進行しています。 考えてみると、今日は休日でした。ここはサーファーにとっていい場所なんですねぇ。 まずいわき湯元温泉さはこの湯でお風呂をいただきましょう。ここは朝の8時から営業しています [続きを読む]
  • 白河からいわきまで一気に太平洋側まで横断する
  • 道の駅しもごうを早く起きて、白河に向かいます。白河と言えば松平定信で有名ですね。東北の玄関でもあります。白河小峰城跡、南湖公園、白河の関所、白河ダルマ・・・・など見て行きましょう。 小峰城跡は東日本大震災の被害から復興していません。修理中なんです。 白河駅に行ってみましょう。レトロでいいですね。 白河ダルマを見に行きます。駅から一番近いお店に行きお土産購入です。 南湖公園へ行きます。松平定信の像 [続きを読む]
  • 南会津は自然を楽しめる場所です
  •  福島県は日本一周と言う行程ではとても巡りにくい県です。海岸沿いを浜通り、国道4号線沿いの白河、郡山、福島と言ったところを中通りといい、会津地方と3地域に分かれています。そして、それぞれの地域は山岳地帯で遮られているのです。 東北の玄関と言われる白河から須賀川、郡山、二本松、福島と巡っていくと海岸沿いのいわき、福島原発、相馬といったところが大回りになってしまうのです。会津は単独旅行したことがありま [続きを読む]
  • 日本三名瀑袋田の滝、龍神大吊橋を巡る
  •  道の駅うつのみやろまんちっく村を出発します。この道の駅はこちらの方に来ると必ず利用させてもらっています。新しくて、広くて、温泉があって、直売施設が充実していて、そして広範囲にWi-Fiが使えるんです。また、車中泊は屋根付きの駐車場を利用できて安全・安心の道の駅です。 それにしても最近は空前のキャンピングカーブームですね。どこにでもキャンピングカーが駐車しています。 茨城に戻り大子町を目指します。途中 [続きを読む]
  • 大谷資料館の地下空間に度肝を抜かれる
  •  水戸から宇都宮に来ました。宇都宮の吊天井で名高いお城を見に行きます。 がっかりです。何もありません。公園になっていて、全国ギョーザ大会があるようです。 宇都宮ギョーザをいただきます。 そして向かったのが大谷石の大谷公園です。ここには巨大な地下空間があると聞いてやってきました。 ありました。地下空間入り口、大谷資料館です。 すごい空間でした。 このあと道の駅うつのみやろまんちっく村で車中泊です。  [続きを読む]
  • 水戸偕楽園は渋い公園でした
  •  朝一番に向かったのは水戸の偕楽園です。日本三大名園といわれる庭に期待が高まります。初めてですと駐車場が分からず千波公園に停めました。 たくさんの人がランニングなどをされています。 水戸光圀像があります。 偕楽橋を渡り偕楽園に向かいます。 梅園ですね。 水戸の東照宮にも寄っていきましょう。 このまま袋田の滝と思っていたのですが、それでは宇都宮が抜けてしまうと思いなおし宇都宮に向かうこととしました。 [続きを読む]
  • まさに神の領域鹿島神宮
  •  今日は茨城入りです。 茨城県がなぜか連年魅力のない県になっています。昨年も連年最下位でした。どうしてなんでしょうか。 観光で言うと水戸の偕楽園、高さ世界一牛久大仏、湖面積第二位霞ケ浦、アンコウ鍋の大洗、日本三名瀑袋田の滝、九重夢の吊橋よりも美しい龍神大吊橋、鹿島神宮、水戸の納豆まであります。また、つくば市は万博会場がそのまま先端都市となり各省庁の研究施設、筑波大学のほか国内有力企業が工場や研究機 [続きを読む]
  • 思い出探して房総一周する
  •  私は若いころ千葉県に住んでいました。 もう40数年前のことです。船橋に住んで東京まで電車通勤をしていました。職場ではレクリェーションといえば旅行とかキャンプだったりしましたが房総半島にはよく来ました。行川アイランドとか、御宿の民宿とかに泊まりどんちゃん騒ぎです。あのころの日本はノミュニケーション全盛だったようです。 そんな思いでを抱えて房総半島を一回りします。あいにくの天候でほとんどが車窓からの [続きを読む]
  • 江の島、鎌倉をスルーして三浦半島を観光する
  •  ここ2,3日は冬型の天気図だったんですが、山陰の日本海側では大雪に見舞われ、鳥取智頭では300台が立ち往生など雪の被害が大変でした。関係の方々にはお見舞い申し上げます。 私の北陸地方は雪は降りましたが、例年降っていますので、特に騒ぐほどのこともない降雪でした。毎日の除雪作業に汗を流しています。 さて、日本一周は道の駅伊東からスタートです。 伊東は自分的には伊豆半島で一番なじみやすい町です。低価格の共 [続きを読む]
  • 伊豆最南端石廊崎を巡り東海岸へ
  •  今日は伊豆半島最南端石廊崎です。40年ほど前にバイクで伊豆半島を巡っているときにカーブを曲がり切れずに転倒した思い出のある場所です。今もバイクの運転は上達していません。運動神経が悪いんですね。 先端までは歩いていきます。 太平洋に突き出した岬は佐多岬、足摺岬、室戸岬、潮岬、大王崎、御前崎と巡ってきましたが、それぞれの風景は個性があり楽しいですね。 進んで行きましょう。弓ヶ浜がありました。 更に北 [続きを読む]