名神ロード さん プロフィール

  •  
名神ロードさん: 名神ロード・レコード
ハンドル名名神ロード さん
ブログタイトル名神ロード・レコード
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/meishin12go
サイト紹介文バスがメイン 名阪近鉄バス、名鉄バス、名古屋市交通局、三重交通 etc...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 176日(平均2.3回/週) - 参加 2016/10/07 22:31

名神ロード さんのブログ記事

  • いってわかった 松江⑤
  •  JR松江駅のバスターミナルへ戻ったのは17時ごろであった。平成町車庫へ行こうとしたが断念することに。バスターミナルで撮影をすることにした。すると松江市交通局初のLED行先表示機へ換装した632号車、LEDヘッドライトに換装された539号車が運転されていた。知り合いは前者が換装することは事前に知っていたが換装したことは知らず、後者がヘッドライト換装されていたことは予告もなかったことなので少々驚いた様子であった。こ [続きを読む]
  • いってわかった 松江④(出雲市)
  •  列車とバスを乗り継ぎ出雲大社連絡所へ。ここには出雲大社から発着するバスのバースが用意されており、また車庫としても使われている。私たち一行は出雲大社で参拝した後、今週いっぱい(2017年3月31日)で一畑バスから廃止となる出雲大社から北側の集落を周るうさぎ線に乗ることにした。可愛らしい路線名だ。車両はいすゞ自動車のU-LR332Fという中型でも短い部類の車両であった。出雲大社の参道を横切って山を越えてゆく。スッと [続きを読む]
  • いってわかった 松江③
  •  翌日、現地の知り合いと市内観光及び出雲市へ。松江市交通局のおすすめ路線を聞いたところ。法吉ループということで法吉ループ右回りを乗ることにした。使用車両はなんとCNG改造したスペースランナーRMで気になっていた車に乗れることになったので嬉しかった。城下町をぐいぐいと進んで住宅地へこのあたりは丘になっており、坂が多くなっている。CNG車は力が出ないので坂ではあまり速度出ず、エンジンにもかなりの負担がかかって [続きを読む]
  • いってわかった 松江②
  •  いよいよ駅へ戻っていざ松江へ。松江へは伯備線を走り山陰地方へ向かう「特急 やくも」で。旧国鉄381系電車という、旧型車両であったが内装はリニューアルしており、そこまで古さは感じなかった。高梁川(たかはしがわ)と平行しており、谷間を縫うように北上。車窓から望むエメラルドグリーンの清流はとても美しく癒された。やがて鳥取県に入りさらに進むと大きく平たい大山を見ることができた。以前は5月ということもあって、既 [続きを読む]
  • いってわかった 松江①
  •  先日(27日、28日)、1泊2日で島根県の松江市・出雲市を中心にバスの撮影を兼ねた旅行をした。今回は新幹線と在来線特急を乗り継いでいくことにした。JRの普通乗車券は101km以上になると途中駅で戻らなければ途中下車ができるということなので岡山駅でひとまず途中下車。岡山駅前にはバスターミナルがあり、岡山電気軌道を中心に数多くのバス事業者がバスターミナルへ乗り入れるため、様々な車種やカラーリングの車が行きかってい [続きを読む]
  • 中川に新顔
  •  名古屋市交通局中川営業所へ配備された新車・エルガミオ(SKG-LR290J2)が今日(14日)から営業運転が開始された。中川営業所へ新車が入るのもNS-300号車(QPG-LV234N3)以来3年ぶりで、中川営業所では初のAMT車である。NMS-99号車は名駅19号系統で走っており、4HK1-TCNの可愛らしいエンジン音を奏でて往復していた。地元の路線で新型車両がより多く見られるようになったので、喜ばしいことであると思った。中川営業所に新たに配備され [続きを読む]
  • アスナルの解体
  • 名古屋市は副都心機能の強化を目的とし、現在試験的に建てられているアスナル金山を解体することを決定した。あとの敷地は、民間のテナントと下層部にバスとタクシーの乗降場を設けた高層ビルを建てるそうだ。名古屋駅の近辺も再開発が進み、いよいよ副都心にも再開発を進めて来たようだ。市バスターミナルが路上のりばに変更されるのはいつかは不明だが、十数年使用されたアスナルのりばのお別れも近そうだ。 [続きを読む]
  • 第二次発注分順次到着
  •  名古屋市交通局のツーステップバスも順次除籍され、先日はH-824が富山の方へ回送されたようで、おそらく日本総合リサイクルセンターへ陸送されたと思われます。また、新しく入ったエルガミオ(SKG-LR290J2)も順次営業路線で走るようになっているそうです。私自身もニューモデルのエルガミオを見ることは初めてになるのでとても楽しみにしております。地元、中川営業所へ入ったかは未だに聞いていませんが、近日中に覗きたいと思っ [続きを読む]
  • 女性限定のバス運転会
  • 昨日2月18日は、津島営業所で女性限定のバス運転体験会が開かれたそうだ。バスの運転をするためには営業で運転しなくても大型免許が必要になるが営業所構内なのでMTで取得した方ならいいそうだ。バスの運転手は全国的に見ても足らない状態が続いており、止むを得ず従業員に過酷労働させなければならない状況になっている。以前、神奈川県の臨海バスで労働問題が原因でストライキになったのもそれに関連している。そんななか名鉄バ [続きを読む]
  • 栄バスターミナル噴水南のりばが移転
  •  1967(昭和42)年から長く使われてきた栄バスターミナル噴水南のりばが2019年を目処に役目を終えることがわかった。噴水南のりばにあるバス停はオアシス21の西側に設置され、後車場はオアシス21の東側の路上に設置される。設計・着工は、2017(平成29)年度に予定しており、完成は2018(平成30)年度になるそうだ。オアシス21の東側にある自転車置き場と植栽は撤去されるようである。バスターミナルを移転したあとの用地には名古屋の魅 [続きを読む]
  • MH-34号車(KK-RR1JJGA)
  •  今日(2月17日)は東海通交差点で撮影を行った。お目当ては「ハートバス」であったが、名駅19号系統にレインボーRRが入っているのを確認したのでこれも撮ることにした。名古屋市交通局のレインボーRRは、今年度末での引退で、名古屋市内外のバスファンも撮り収めや乗り収めしている方も多い。レインボーRRは大体使用される路線が決まっており、比較的狙いやすい。中川営業所の「ハートバス」の方が多いが、実質レインボーRRの方が [続きを読む]
  • 「幸せをつかもう!ハート?バス」キャンペーン
  •  先日の2月11日にプレイベントが開催され、14日にバレンタインデーに合わせて運行が開始された「ハート?バス」。乗車できた方には記念乗車証をもらうことができ、その乗車証を交通局のサービスセンターで提示すると「ハート?バス」のイラストバッチがもらえるキャンペーンを行っている。「ハート?バス」は車内のつり手のひとつがピンク色のハート型のものに交換され、運行開始の29日間だけは本来のハートバスの約1.5倍の29台( [続きを読む]
  • 多治見へ
  •  今日は、東濃鐵道のバス車両を見に多治見駅前へ。多治見駅には発着バースが北口と南口と分かれており、南口がメインのバスターミナルとなっている。東濃鐵道は、かつて鉄道事業を行っていた鉄道会社であったが、晩年には台風で不通になってしまい、交通手段も自動車へシフトしてしまった関係で鉄道の存続は断念したが、バス事業は現在も営業している。今では鉄道事業者でなくなったが、社名変更することはなかった。営業圏は社名 [続きを読む]
  • 地元が一番。
  •  2月10日に兵庫県へバスを見に、乗りにいってから三日後の今日・2月13日は、久しぶりに地元で名古屋市交通局のバスを撮ることにした。特にこれを撮りたいとかいうものもなく、来たものだけを撮るという感じだった。今日はいつもより大型が少なく感じ、中型がよく来るように思えた。中でもエアロミディMJ(KK-MJ27HL)が多く見られ、港巡回系統や高畑18号系統など中型車量を使う系統で多く使われていた様子であった。また、MS-16号 [続きを読む]
  • 兵庫へちょっぴり足伸ばし
  •  昨日2月10日、神戸市交通局の落合営業所208号車及び209号車を見に名谷駅へ行くことにした。1時間程立っていたが来る気配もなく、立っていることもしんどく感じたため食事をし、その後落合営業所まで歩くことに。落合営業所への道は坂が多く、やや地図でみるより長く感じた。着いてみると二台共に営業所内にともに駐車されていた。30分ぐらい待っていたが動く気配もなく、再び名谷駅へ戻ることに。名谷駅からは明石駅ゆきのバスが [続きを読む]
  • 高齢者と運転免許証
  • 全国で高齢者による自動車の事故が後を絶たない。事故を起こすからと簡単に自動車の運転を止めるにはいかない。なぜなら生活の足であるからだ。そんな中三重交通では運転免許証を返納された高齢者に対して割引フリーパスが3月1日から開始すると発表した。その名も「セーフティパス」。運転経歴証明書を提示すれば購入できるそうで、高速バスとコミュニティバス以外の乗合路線全てで利用可能だ。名古屋市の「老人パス」と違い定期券 [続きを読む]
  • 節分会臨時バス ’17
  •  今年も節分会の臨時バスを撮影することができた。なんと言っても去年は1台も入らなかった平成12年度に導入された車両が大量に入ったことだ。緑営業所のKL-UA272KAM改の富士重工業車体車両全3台、浄心営業所のKL-LV834N1が1台、同営業所のKL-HU2PPEEが1台であった。また鳴尾営業所の車両では、CNG車が今年も使用されて、KL-MP37JM改の1台が使用された。また今年は基幹バス用車両は2台のみにとどまり、去年より少なく、また去年度 [続きを読む]
  • 節分会臨時バス
  • 明日は立春、そう節分の日だ。名古屋市交通局では、節分会に伴い臨時バスが運行される。笠寺観音と大須観音を結ぶ路線、新瑞橋から笠寺観音に止まり笠寺駅へ結ぶ2本が設定される。系統表示は急行となる。急行バスはあおなみ線が開業する前に名古屋港バスターミナルから金城ふ頭にあるポートメッセ名古屋までの路線があったが現在は廃止され、臨時バスだけでも節分会の臨時バスだけである。1年でこの日だけしか見られない節分急行バ [続きを読む]
  • トヨタFCバス 東京都交通局への配備先決定
  • 先日、公道を牽引されて輸送されている東京都交通局へ配備される予定である「トヨタFCバス」が東京都交通局深川自動車営業所に配備されたことが今日わかった。局番は「S-B101」で、2台配備されるはずであるが、1台のみ情報が回っている。これで燃料電池バスが走る事業者が2つになる。今年度は、どのくらい他の事業者に導入されるか気になるところである。 [続きを読む]
  • 相次ぐ富士重工業 R17型E(新ボディ)の除籍
  • 関東で活躍している富士重工業 R17型E(新ボディ)で架装された車両が相次いで除籍されている。KL-UA272KAMはもうすでに他の事業者に転籍や廃車も出てしまっており、他のシャーシを架装したものを保有している東武バスや横浜市交通局、神奈川中央交通など多くの事業者から除籍されている。また東京都交通局は新車の第二次発注車が入ることで全滅してしまうだろう。名古屋市交通局や京都市交通局、神戸市交通局でも導入されているがこ [続きを読む]
  • 県営名古屋空港ゆきが実証運行
  • 昨日、今年度の政策である県営名古屋空港へ市バスを走らせることで、昨日30日に路線図が交通局ウェブページで発表された。今までは公共交通機関で名古屋から同空港へ向かうにはあおい交通のバスを利用するか、名古屋鉄道西春駅まで行き、同駅から出ている名鉄バスの路線バスを利用するしかなかった。この空港まで行くバスは、黒川11号系統の北部市場ゆきが延伸する形で実現するらしく、利用する客がいるのかが疑問である。実証運行 [続きを読む]
  • 港分所(仮称)の委託先決定
  • 港分所(仮称)の委託先が決定された。それは三重県内外で路線バスや高速バス、観光バスを運行している三重交通だ。三重交通は全国で見ても大きな事業者で東海地方では私営で一番大きな事業者であろう。三重交通は、浄心営業所の運営を受託、さらに三重交通の名古屋観光営業所内に同営業所楠分所を設けてある。その三重交通が今度は港分所を受託することになったそうだ。委託開始は平成30年10月から。20台が当営業所へ配備されるそう [続きを読む]
  • 名鉄バスのバイオディーゼル車
  •  名鉄バスでは、津島営業所に所属する一部の車両に天ぷら油を利用して動く「バイオディーゼル車」が在籍している。一般のディーゼルエンジンで改修しなくても使用できるが、天ぷら油は量が限られているからバイオディーゼル燃料を使用している車両は限られている。排気はNOxは増えるが、他の有害物質は減るということで、また燃焼後の臭いも化石燃料と違って独特臭いをだす。それを使用されている車両が1400番台に集中しており、 [続きを読む]
  • バス紹介ページの順次更新
  •  バス車両紹介ページの更新を順次新しいレイアウトに更新。半分もまだ行ってない感じだがサーチコンソールを見て閲覧数が多いものから。エンジンの出力などの情報も追記した。また、本文自体の書き換えや画像の入れ替えなどもおこなった。以前よりもマシなページになったのではないかなとは思う。もしよろしければ、バス車両紹介ページをご覧になっていただきたい。バス車両紹介のページ [続きを読む]