小早川秀秋@関ケ原おもてなし野良武将 さん プロフィール

  •  
小早川秀秋@関ケ原おもてなし野良武将さん: 小早川秀秋 平成古戦場日記
ハンドル名小早川秀秋@関ケ原おもてなし野良武将 さん
ブログタイトル小早川秀秋 平成古戦場日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/kobayakawa-kingo/
サイト紹介文古戦場の町関ケ原で観光案内、おもてなしをする関ケ原おもてなし野良武将小早川秀秋の日記。
自由文評価見直して欲しいな金吾中納言小早川秀秋です。
汚名返上と評価向上を目指し、現世に甦り数年。
関ケ原のこと、戦国時代のことを書きます。
毎週日曜日10時〜16時、岐阜県関ヶ原でおもてなし。
関ケ原町の観光案内武将です。

Twitter:@kingo_hideaki
インスタグラム:kingo_hideaki
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 325日(平均1.5回/週) - 参加 2016/10/08 17:14

小早川秀秋@関ケ原おもてなし野良武将 さんのブログ記事

  • 映画関ヶ原公開翌日【出陣8/27】
  • 昨日は映画関ヶ原公開初日でしたね。早速観に行って今日から語り合えるよう備えていた葉月最後の出陣。朝から秋の風が吹き良い天気。映画関ヶ原の間はこの子を連れて行けと託された。三成くま(治部くま)まぁ、仲悪くない程度に仲良くやろう…今日の関ケ原はばすばすばす!!先週も多かったがそれ以上のばすばすばす!!そして映画観てきたよという方も多い。先週に続き壊れている音声解説。金吾喋りまーす\( ̄0 ̄)/・・・ばて [続きを読む]
  • いよいよ映画関ヶ原【出陣8/20】
  • いよいよ土曜日から映画関ヶ原ですね。楽しみで仕方ありません((o(^o^)o))関ケ原の役場も貼り紙沢山♪今日は何と蒸し暑いことか、笹尾山山頂にあまり風が吹かない。本日も音声解説は故障中。さぁ!解説・お話するよ!!今日はばすという名の長駕籠が多いこと。某旅行会社日帰りつあーだけでも五台くらい来たかな。他も入れたらもっと来ていたね。ちょっと連続で話過ぎたかな。風が無いし、蒸し暑いしで途中でばてた…(-_-;)人前で [続きを読む]
  • 焼ききんご【出陣8/19】
  • 蛙が日陰でじっとし、蜻蛉が沢山飛び交う。つくつくぼうしが鳴き出し、稲がふさふさと風で揺れる。夏なのか秋なのか、そんな季節が混じった青空の今日も出陣。風は気持ちよいけど暑いね。笹尾山に栗が落ちていた。風で落ちたのかな?山頂に着くと既に沢山人が展望台にいらした。上がった息を整え…ん?何か静かではないか?故障中ー!!あらら…この時期の午前中の展望台は直射日光だけど、これは解説しないわけにはいかないね。 [続きを読む]
  • お盆【出陣8/13】
  • お盆ですね。立秋を過ぎた関ケ原はひぐらしが鳴き、蜻蛉が沢山飛び交い始めました。でも日差しは夏!!空も夏!!風は秋が見え隠れ。この日は童と観光ばすが多いこと多いこと。笹尾山山頂展望台は午前中は直射日光なので木陰で歴史話や雑談。ボクの解説(?)最近物語って言われる。は、長いのでお客さんが倒れちゃうといけないからね。展望台に陰が出来るまではのんびり。陰が出来てからは喋るよ〜!!「小早川さんのこと見直した [続きを読む]
  • 関ケ原ナイト2017
  • いつもの見慣れた古戦場が灯籠に照らされる。そんな夜の催し。不思議な一時だった。決戦地へ向かう緩やかな上り坂の両脇に小さな灯籠が何本も連なる。一つ一つ丁寧に明かりを灯していくすたっふさんたち。風で消えてしまったらまたすぐに点けてくださる。かなり多くの人に支えられていることを実感しながら七武将の舞台が始まるまでおもてなし。だんだん暗くなっていくにつれ、灯籠がその姿を主張し始める。昼間には映画関ヶ原の [続きを読む]
  • 山口宗永
  • 山口玄蕃頭宗永。ボクの家臣。筆頭家老だ。ただし、仲が悪い。山口はボクの家臣だけどボクの家臣ではなかった。殿下に言われて仕方なくボクについた。ボクの話はあまり聞いてくれなかった。殿下の命に忠実で、名島入りした時も山口が先に入って殿下式に整えてくれた。はっきり言って苦手。名島から越前北ノ庄へ飛ばされそうになった時もやはり山口が先に行っていた。山口は関ケ原の前に亡くなった。戦で亡くなった。ボクは人伝え [続きを読む]
  • 豊臣秀次命日2017
  • 7/15は豊臣秀次殿の旧暦命日。今年は土曜日だった。午後から尾張で用事があったのだが、どうしても手をあわせたくて朝早く京へ向かった。京へ上るのもお手軽な時代だね。そうだ、京行こう。で行けるのだから。すっかり変わってしまった京。鉄駕籠に乗り、覚えた現代の道を歩き瑞泉寺へ。人が居ない…去年は大河真田丸の力で賑やかだった瑞泉寺は静かなお寺に戻っておりました。あ、藤。藤の花の季節は終わったはず。遅過ぎる開花 [続きを読む]
  • 夏休み始まりました2017(出陣7/23)
  • 学生さんが夏休みに入りましたね。梅雨明け宣言もされ、夏休み最初の日曜日。・・・じめじめ!!雨が降った後なので高湿度の関ケ原は霧ヶ原。猫っ毛のボクの髪が湿度で跳ねる曲がる広がる直らない…orzどうにもならないので諦めて出陣!やはり童が多い。集団も多い。賑やか賑やか♪雲っていて日が当たらないので笹尾山山頂展望台で長話しても(お客さんが)大丈夫♪久しぶりによく喋る武将が此処に。しかし今日は会う人会う人に心配 [続きを読む]
  • まだ梅雨、三連休(出陣7/16,17)
  • 東海はまだ梅雨明けはしていない。が、いい天気だな〜( ・∇・)こんがり焼ききんごになりそうな三連休は二日目三日目の連続出陣。笹尾山交流館で甲冑を借りて援軍に来てくださった方とのんびり出陣したり、交流館横に出張中の月花さんでかき氷を食して涼んだり、いつの間にかきらきら綺麗なかき氷『藤古川の蛍』(左)が増えていた町武者さんが持ってきてくださった西瓜を川で冷やしてお客さんに振る舞ったり、夏休みに実家(?)へ帰 [続きを読む]
  • 第三弾大谷吉継(出陣6/24)
  • 今日の関ケ原は催しの日。映画関ヶ原の役者殿がいらしたり、武者行列があったり、合戦ちゃんばら、ゆるきゃら、大道芸、とにかく色々あった。まずは新商品の確にんんんん!Σ(×_×;)!小早川秀秋裏切りすなっくぅ!?裏切られて青ざめた真っ青な武将入り!???味も見た目も想像を裏切ります。…(°▽°)焼き肉味ということは、これを肴に一杯やれということですね。そうですね。分かりました。(そこか!!)裏切りじゃないもん! [続きを読む]
  • 岐阜県博物館関ヶ原展
  • 数個前に話た通り迷いに迷った岐阜県博物館だが、正しい道を行くと鉄駕籠を降りて15分で着きます。本日後期展示へ行ってきたので前期内容とあわせて紹介します。二度目の博物館攻めはちゃんと行けたから!!前回はここをこっちへ曲がらなかったのが駄目だったんだよ。いや、あの時もそんな気はしたのだが…取り敢えず突っ込んだ←さて、岐阜県博物館の関ケ原展示ですが解説が丁寧。くずし字を活字に直したのも置いてくれているし [続きを読む]
  • 小早川隆景展
  • 三原で開催されている小早川隆景へ行ってきた。今年は三原城築城450年。催しが色々あるそうだ。その一つがこの展示だ。見つかったばかりの隆景さんの肖像画や、ボクの忘れ形見くん・羽柴秀行(土肥秀行)(というらしい)の子孫に伝わった隆景さんの木像(木造)が出ている。この木像、大阪城に寄贈した時に一度出て来たのだが、それ以来出された話を聞かなかったので会えるのが嬉しかった。忘れ形見くんが何故土肥を名乗ったかというと [続きを読む]
  • 武者の日(出陣6/4)
  • 6/4は武者の日。ということで、何か武者ぽいものをやってみることにした。幼い子も出来る武者ぽいもの…何だろう?詩は?と案をいただいたので、和紙に詩を書き、折って紙扇子を作ってみることにした。折り紙なら幼い子も出来るし、暑い関ケ原散策に使えるだろう。筆ぺんと和紙を用意し、いざ出陣!!ばささささ〜ぶふ〜風強いね…強いけど心地よい温度だね。今日は扇子要らないな…色々な物を飛ばす強風は下だけで、笹尾山山頂は [続きを読む]
  • 迷子武将 ―岐阜県博物館は遠かった―
  • 先日岐阜県博物館へ初めて行って参った。関ケ原の展示がやっているからだ。ボクの文も出ているそうだ。あの二日酔いで書いたふにゃふにゃした字のやつね…笑うなよ。祐筆を使わないで自分で書いた律儀さに感心してほしいね。まず関市ってどう行くの?(°▽°)から始まり、岐阜駅から長駕籠で30分と知る。降りたら歩き20分か。関ヶ原駅〜笹尾山とそう変わらないな。ここの長駕籠はといかが使えないのは岐阜城へ行く時に学んだから [続きを読む]
  • 夏日の五月(出陣5/21)
  • 蛙がよく鳴き、日射しが痛い日だった。笹尾山山頂展望台は日陰全く無しの直射日光。ボクの長〜い話をしたら皆倒れてしまうね…展望台に陰が出来るまで木陰にて雑談。この日は官兵衛殿や真田丸、夏にやる映画関ヶ原などどらまに絡めての歴史話が多かった。午後に入り一度山を降りた。笹尾山交流館の横では『月花』殿が店を出されていた。ん?三成柿氷(かきごおり)だと?関ヶ原産干柿を使った削り氷。なんて素晴らしい名だ!是非と [続きを読む]
  • 黄金週間の援軍(出陣5/3)
  • 黄金週間5/3の話をしよう。この日は少し雲がかかり、風が気持ち良い日だった。前日に関ケ原町観光のTwitterで中古のぼり旗の販売が流れてきたので人が少なくなる昼頃迎えにいこうと先に笹尾山へ布陣する。あ、中古のぼり旗販売は初めてじゃないかな。数日前の突如の大暴風雨で旗がばきばきに折れたんだ。その子たちだと思う。結果だけいうと、昼を待たずにすぐ売り切れてしまったのだそうだ。わざわざ遠くの地からそれを買う為だ [続きを読む]
  • 2017年期始動(出陣4/30)
  • 黄金週間。関ケ原もいよいよ本格的に動き出しました。関ケ原町民武者さん(町武者さん)も動き出し、関ケ原に武者が居る景色がまた始まった。町武者さんたちは土日祝日に誰かが居ます。何百年も関ヶ原に居るもののふは戦の話、土地の話、書物には載らない土地の者ならではの話を色々知っているよ。ボクもあそこに土塁が残っているとか教えていただいている。関ケ原町の名札を付けているから見かけたらお話聞いてみてよ、面白いよ。 [続きを読む]
  • 伝小早川秀秋甲冑
  • 紫糸威二枚胴具足三鍬形後立小星兜靖国神社遊就館にある小早川秀秋のものと『伝わる』甲冑と兜だ。それが今展示されている。かつては常設展示だったが展示に耐えられなくなり、常設を止めたと聞いていた。前回会ったのは二年?三年?前だったか。待っていたが久しぶり起きた。しかも今回は写し絵可能だった。行くよね。行く行く♪高速長鉄駕籠でしゅたっと江戸へ。現代の駕籠の素晴らしさよ。早い早い。さて、この伝小早川秀秋甲 [続きを読む]
  • (出陣4/15)春の嵐
  • 桜が開いたと思えば雨ばかりが続く週の土曜日。久しぶりの出陣となったがやはりこの日も雨予報。昼を過ぎれば晴れると聞いていたので小雨の中出る。やはり連日の雨で花が散っているが、まだ楽しめる。おや。笹尾山の西階段に手すりが付いた。これで少しは上りやすくなるだろうか。あまり人がいないので散歩に出ることにした。細川陣跡は地元の方が花見の宴をする場なだけあり、桜が綺麗だ。川沿いはだいぶ散ってしまったね。次第 [続きを読む]
  • 静岡まつり2017
  • 先週の4/1(土)に駿府は静岡で開かれた静岡まつりに行って参った。とある戦場で出会った東のもののふ殿が今川隊を率いて参列すると聞き、戦慣れをした彼らのおもてなしを学びに武者行列の末端に加えていただいた。日ノ本の民は国で気質が違うのは皆知っているね。写し絵一つでも違うんだよ。例えば、西の民は自分も入って皆で武者と撮りたいから、かめらを押してくれる人が欲しい。東の民は自分はいいから家族と武者で撮りたい。そ [続きを読む]
  • 新笹尾山始動
  • 昨年の霜月から石田三成陣跡笹尾山が改修工事の為閉鎖された。昨日から新たな姿で登場し、本日はお披露目式だった。関ケ原鉄砲隊の鉄砲の音や太鼓が笹尾山に響き渡る中、早速ボクも笹尾山(山頂)へ。どのように変わったのだろうか。階段の足元に新しい解説板が。工事でなくなっていた西側の階段は元に戻っていた。あれ?手すりを付けるって言ってなかったかな?階段は特に変わった所は無し。階段を上りきると山頂には展望台のはず [続きを読む]
  • 波游ぎ兼光薬師寺に現る
  • また波游ぎ兼光に会えるのかな?ボクの愛刀波游ぎ兼光。龍の彫り物が綺麗な幅が広く、長い、大柄な刀。この子と共に朝鮮出兵に行ったとの話もあるけれど、ちょっとそこは覚えていないが← ボクの愛した刀。昨年初めに四百年ぶりに再会出来たのだがまた出てくるらしい。4/2(日)・4/3(月)の二日間限定で。●薬師寺 大宝蔵殿 特別開扉「噂の刀展Ⅱ 見どころ学べる! 目で観る刀の教科書」http://www.nara-yakushiji.com/data/0026.h [続きを読む]
  • 馬走らせてすまほすたんぷらりー
  • 小早川秀秋個人企画、馬走らせてすまほすたんぷらりーにご参加くださりありがとうございましたm(__)m当日は風も穏やかで良い天気、野駆けするには気持ちの良い日でした。『三成の生涯と関ケ原合戦をたどるスマホスタンプラリー』と『文化遺産カード』を集めるということで、寄り道をしつつ今回は以下の史跡を周りました。関ケ原町歴史民俗資料館 ↓決戦地↓石田三成陣跡笹尾山↓島津義弘陣跡↓開戦地&小西行長陣跡↓不破の関資料 [続きを読む]
  • 文化遺産カード
  • 今日は暖かく良い天気だった。か、花粉が!!第一回関ケ原まるごと検定だったけどどうだったのかな?検定を受けに遠い國から来た童が居ると聞いたけど、どんな感じだったのだろう?ボクは来週のすまほすたんぷらりーの為、道を確認しながら文化遺産かーどを集めに行ってきました。文化遺産かーどって何?という者が多いと思う。ボクも今年入ってから知った。史跡とか、施設のかーどで写し絵を撮ってかーど配布場で見せると貰える [続きを読む]
  • 平岡頼勝旧暦命日2017
  • 2/24は我が家臣・平岡石見守頼勝の旧暦命日だった。2/29とも言われているみたいだが、うぃき先生の2/24で。翌日の岐阜県は可児市にある禅台寺へ墓参りに行ってきた。可児駅から歩いて15分。この辺りでは唯一の山の上。もう何回目かな。改めて見ると、墓石には没年月日が刻まれていない。(※墓全体の写し絵は載せない主義です)『前石州太守 心月宗安大居士』とある。前の石州:先の石見守(息子も石見守だからね)戒名は大居士だから [続きを読む]