小早川秀秋@関ケ原おもてなし野良武将 さん プロフィール

  •  
小早川秀秋@関ケ原おもてなし野良武将さん: 小早川秀秋 平成古戦場日記
ハンドル名小早川秀秋@関ケ原おもてなし野良武将 さん
ブログタイトル小早川秀秋 平成古戦場日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/kobayakawa-kingo/
サイト紹介文古戦場の町関ケ原で観光案内、おもてなしをする関ケ原おもてなし野良武将小早川秀秋の日記。
自由文評価見直して欲しいな金吾中納言小早川秀秋です。
汚名返上と評価向上を目指し、現世に甦り数年。
関ケ原のこと、戦国時代のことを書きます。
毎週日曜日10時〜16時、岐阜県関ヶ原でおもてなし。
関ケ原町の観光案内武将です。

Twitter:@kingo_hideaki
インスタグラム:kingo_hideaki
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 248日(平均1.7回/週) - 参加 2016/10/08 17:14

小早川秀秋@関ケ原おもてなし野良武将 さんのブログ記事

  • 岐阜県博物館関ヶ原展
  • 数個前に話た通り迷いに迷った岐阜県博物館だが、正しい道を行くと鉄駕籠を降りて15分で着きます。本日後期展示へ行ってきたので前期内容とあわせて紹介します。二度目の博物館攻めはちゃんと行けたから!!前回はここをこっちへ曲がらなかったのが駄目だったんだよ。いや、あの時もそんな気はしたのだが…取り敢えず突っ込んだ←さて、岐阜県博物館の関ケ原展示ですが解説が丁寧。くずし字を活字に直したのも置いてくれているし [続きを読む]
  • 小早川隆景展
  • 三原で開催されている小早川隆景へ行ってきた。今年は三原城築城450年。催しが色々あるそうだ。その一つがこの展示だ。見つかったばかりの隆景さんの肖像画や、ボクの忘れ形見くん・羽柴秀行(土肥秀行)(というらしい)の子孫に伝わった隆景さんの木像(木造)が出ている。この木像、大阪城に寄贈した時に一度出て来たのだが、それ以来出された話を聞かなかったので会えるのが嬉しかった。忘れ形見くんが何故土肥を名乗ったかというと [続きを読む]
  • 武者の日(出陣6/4)
  • 6/4は武者の日。ということで、何か武者ぽいものをやってみることにした。幼い子も出来る武者ぽいもの…何だろう?詩は?と案をいただいたので、和紙に詩を書き、折って紙扇子を作ってみることにした。折り紙なら幼い子も出来るし、暑い関ケ原散策に使えるだろう。筆ぺんと和紙を用意し、いざ出陣!!ばささささ〜ぶふ〜風強いね…強いけど心地よい温度だね。今日は扇子要らないな…色々な物を飛ばす強風は下だけで、笹尾山山頂は [続きを読む]
  • 迷子武将 ―岐阜県博物館は遠かった―
  • 先日岐阜県博物館へ初めて行って参った。関ケ原の展示がやっているからだ。ボクの文も出ているそうだ。あの二日酔いで書いたふにゃふにゃした字のやつね…笑うなよ。祐筆を使わないで自分で書いた律儀さに感心してほしいね。まず関市ってどう行くの?(°▽°)から始まり、岐阜駅から長駕籠で30分と知る。降りたら歩き20分か。関ヶ原駅〜笹尾山とそう変わらないな。ここの長駕籠はといかが使えないのは岐阜城へ行く時に学んだから [続きを読む]
  • 夏日の五月(出陣5/21)
  • 蛙がよく鳴き、日射しが痛い日だった。笹尾山山頂展望台は日陰全く無しの直射日光。ボクの長〜い話をしたら皆倒れてしまうね…展望台に陰が出来るまで木陰にて雑談。この日は官兵衛殿や真田丸、夏にやる映画関ヶ原などどらまに絡めての歴史話が多かった。午後に入り一度山を降りた。笹尾山交流館の横では『月花』殿が店を出されていた。ん?三成柿氷(かきごおり)だと?関ヶ原産干柿を使った削り氷。なんて素晴らしい名だ!是非と [続きを読む]
  • 黄金週間の援軍(出陣5/3)
  • 黄金週間5/3の話をしよう。この日は少し雲がかかり、風が気持ち良い日だった。前日に関ケ原町観光のTwitterで中古のぼり旗の販売が流れてきたので人が少なくなる昼頃迎えにいこうと先に笹尾山へ布陣する。あ、中古のぼり旗販売は初めてじゃないかな。数日前の突如の大暴風雨で旗がばきばきに折れたんだ。その子たちだと思う。結果だけいうと、昼を待たずにすぐ売り切れてしまったのだそうだ。わざわざ遠くの地からそれを買う為だ [続きを読む]
  • 2017年期始動(出陣4/30)
  • 黄金週間。関ケ原もいよいよ本格的に動き出しました。関ケ原町民武者さん(町武者さん)も動き出し、関ケ原に武者が居る景色がまた始まった。町武者さんたちは土日祝日に誰かが居ます。何百年も関ヶ原に居るもののふは戦の話、土地の話、書物には載らない土地の者ならではの話を色々知っているよ。ボクもあそこに土塁が残っているとか教えていただいている。関ケ原町の名札を付けているから見かけたらお話聞いてみてよ、面白いよ。 [続きを読む]
  • 伝小早川秀秋甲冑
  • 紫糸威二枚胴具足三鍬形後立小星兜靖国神社遊就館にある小早川秀秋のものと『伝わる』甲冑と兜だ。それが今展示されている。かつては常設展示だったが展示に耐えられなくなり、常設を止めたと聞いていた。前回会ったのは二年?三年?前だったか。待っていたが久しぶり起きた。しかも今回は写し絵可能だった。行くよね。行く行く♪高速長鉄駕籠でしゅたっと江戸へ。現代の駕籠の素晴らしさよ。早い早い。さて、この伝小早川秀秋甲 [続きを読む]
  • (出陣4/15)春の嵐
  • 桜が開いたと思えば雨ばかりが続く週の土曜日。久しぶりの出陣となったがやはりこの日も雨予報。昼を過ぎれば晴れると聞いていたので小雨の中出る。やはり連日の雨で花が散っているが、まだ楽しめる。おや。笹尾山の西階段に手すりが付いた。これで少しは上りやすくなるだろうか。あまり人がいないので散歩に出ることにした。細川陣跡は地元の方が花見の宴をする場なだけあり、桜が綺麗だ。川沿いはだいぶ散ってしまったね。次第 [続きを読む]
  • 静岡まつり2017
  • 先週の4/1(土)に駿府は静岡で開かれた静岡まつりに行って参った。とある戦場で出会った東のもののふ殿が今川隊を率いて参列すると聞き、戦慣れをした彼らのおもてなしを学びに武者行列の末端に加えていただいた。日ノ本の民は国で気質が違うのは皆知っているね。写し絵一つでも違うんだよ。例えば、西の民は自分も入って皆で武者と撮りたいから、かめらを押してくれる人が欲しい。東の民は自分はいいから家族と武者で撮りたい。そ [続きを読む]
  • 新笹尾山始動
  • 昨年の霜月から石田三成陣跡笹尾山が改修工事の為閉鎖された。昨日から新たな姿で登場し、本日はお披露目式だった。関ケ原鉄砲隊の鉄砲の音や太鼓が笹尾山に響き渡る中、早速ボクも笹尾山(山頂)へ。どのように変わったのだろうか。階段の足元に新しい解説板が。工事でなくなっていた西側の階段は元に戻っていた。あれ?手すりを付けるって言ってなかったかな?階段は特に変わった所は無し。階段を上りきると山頂には展望台のはず [続きを読む]
  • 波游ぎ兼光薬師寺に現る
  • また波游ぎ兼光に会えるのかな?ボクの愛刀波游ぎ兼光。龍の彫り物が綺麗な幅が広く、長い、大柄な刀。この子と共に朝鮮出兵に行ったとの話もあるけれど、ちょっとそこは覚えていないが← ボクの愛した刀。昨年初めに四百年ぶりに再会出来たのだがまた出てくるらしい。4/2(日)・4/3(月)の二日間限定で。●薬師寺 大宝蔵殿 特別開扉「噂の刀展Ⅱ 見どころ学べる! 目で観る刀の教科書」http://www.nara-yakushiji.com/data/0026.h [続きを読む]
  • 馬走らせてすまほすたんぷらりー
  • 小早川秀秋個人企画、馬走らせてすまほすたんぷらりーにご参加くださりありがとうございましたm(__)m当日は風も穏やかで良い天気、野駆けするには気持ちの良い日でした。『三成の生涯と関ケ原合戦をたどるスマホスタンプラリー』と『文化遺産カード』を集めるということで、寄り道をしつつ今回は以下の史跡を周りました。関ケ原町歴史民俗資料館 ↓決戦地↓石田三成陣跡笹尾山↓島津義弘陣跡↓開戦地&小西行長陣跡↓不破の関資料 [続きを読む]
  • 文化遺産カード
  • 今日は暖かく良い天気だった。か、花粉が!!第一回関ケ原まるごと検定だったけどどうだったのかな?検定を受けに遠い國から来た童が居ると聞いたけど、どんな感じだったのだろう?ボクは来週のすまほすたんぷらりーの為、道を確認しながら文化遺産かーどを集めに行ってきました。文化遺産かーどって何?という者が多いと思う。ボクも今年入ってから知った。史跡とか、施設のかーどで写し絵を撮ってかーど配布場で見せると貰える [続きを読む]
  • 平岡頼勝旧暦命日2017
  • 2/24は我が家臣・平岡石見守頼勝の旧暦命日だった。2/29とも言われているみたいだが、うぃき先生の2/24で。翌日の岐阜県は可児市にある禅台寺へ墓参りに行ってきた。可児駅から歩いて15分。この辺りでは唯一の山の上。もう何回目かな。改めて見ると、墓石には没年月日が刻まれていない。(※墓全体の写し絵は載せない主義です)『前石州太守 心月宗安大居士』とある。前の石州:先の石見守(息子も石見守だからね)戒名は大居士だから [続きを読む]
  • にほんのしーる
  • えへへ♪なんか嬉しかったから載せた。今のところ三種類は確認出来ているんだ。『にほんのしーる』というそうだ。色々な武将があるよ。左のもの、陣羽織を見せびらかしているね。分かる分かるボクも背中自慢するもの←自慢の猩々緋羅紗地違い鎌模様陣羽織春だね。そろそろ冬眠終わりかな。 [続きを読む]
  • 関ケ原まるごと検定
  • はい、こんばんは。日も変わりそろそろ床に…な時に、呟きでは何度も書いているのに此方には書いていないことに気付きました。いけませんね。締め切りは3/1です。ささ!申し込んでくださいね。何を?関ケ原検定を。第一回関ケ原まるごと検定〜!!今までにも関ケ原検定は何度か行われておりますが、此度は関ヶ原史跡がいどさんたちが企画されております。公式本はこちらこの本から出されるということは、関ケ原合戦だけではなく、 [続きを読む]
  • 丸毛サミット
  • 岐阜県は輪之内町で開かれた丸毛さみっと〜関ヶ原合戦と福束城主・丸毛兼利〜なるものに行ってきましたよ。小和田哲男先生の講演会や、歴史なびげーたー長谷川よしてる殿を進行役とし、関ケ原町歴史民俗資料館の館長殿や岐阜県博物館学芸員殿を迎えて繰り広げられる歴史話が聞きたくてね。丸毛兼利って誰?となるのかな?関ケ原合戦の前哨戦の一つである、福束城の戦いで出てくるのだけど…まずは福束城の位置。大垣から南へ。歩 [続きを読む]
  • 宇喜多直家バレンタイン法要2017
  • 戦国の涼星☆宇喜多直家ふぇす、通称(?)宇喜多直家ばれんたいん法要に今年も参加してまいりました。この日は雪予報で早めに出たんですけどね…米原辺りが雪どっさりで高速長鉄駕籠もゆるりゆるり。ばっちり遅参でしたorz秀家が八丈島の屋敷に植えたと言われる蘇鉄の株分けがあったのだが、それには間に合わなかった。光珍寺の入り口に植えられた蘇鉄何故蘇鉄?と思っていたのだが、八丈島の蘇鉄はご赦免花とも呼ばれるそうだ。特 [続きを読む]
  • 【個人企画】馬走らせてスタンプラリー
  • 関東では春一番が吹いたとか。今日は雨水、雪も水に変わり雛飾りを飾る時季だ。さて、Twitterでもお知らせしたが、3/12(日)に『三成の生涯と関ケ原合戦をたどるスマホスタンプラリー』を馬を走らせて集めよう!を行います。これね。せっかく楽しい企画があるのだから、一人でまわるより、戦国が好きな人たちとお話しながら、楽しみを分かち合えたらいいんじゃないかな〜と思いまして。(※ただボクが一人で寂しいだけです。)時間上 [続きを読む]
  • 関ケ原合戦スマホスタンプラリー
  • 始まりました。三成の生涯と関ケ原合戦をたどるすまほすたんぷらりー。せっかくこういう企画があるのだから、春先の来月に皆で馬に乗って関ケ原と垂井のすたんぷをまわろうかな〜と思い、下見を兼ねてまわってきました。二市町をまわると参加賞が。全部まわると踏破賞が関ヶ原の駅前観光案内所で貰えます。 なので、大垣から始めてみました。予めすまほ殿を登録しておきます。http://n-wondergo.com/stamp-rally/event置いてある [続きを読む]
  • 太郎次郎
  • 先日刀を観に熱田神宮へ行って参った。流石三種の神器の一つ草薙の剣を祀る神社、参拝客で賑やかだ。おっと。これは信長塀だね。神社の敷地内にある。信長公が桶狭間の戦い前に熱田神宮で祈願をし、戦に勝てたのでお礼に作ったんだ。平成人に『みるくれーぷ』と言われて以来、これが食べ物に見えてくる…普通の塀だったのに…なんてことだ。皆も見えるように呪いをかけてやる。えいっ☆←目的はここ宝物館入ってすぐに太郎太刀が [続きを読む]
  • 真田かふぇ
  • 日ノ本各地大雪で埋まっているようだが皆無事かな?関ケ原は…もう少し溶けてからおいで、雪になれていない者は今はおすすめ出来ないなぁ…今日は天気がよくないから空いているかな〜と思って、尾張は名古屋、栄で始まったばかりの戦国BASARAの真田かふぇに行ってきました。予想通り待ち時間無しで入れた。此度は食事、飲み物、甘味の三種版で。特典は写し絵の三枚をいただきました。天海殿ではなく明智殿がいらした。【飲み物】 [続きを読む]
  • ばぼつく!
  • ばぼつく!馬防柵を作ろうの略です。何年前だったかな、関ケ原で馬防柵を作ったことがあります。馬防柵ってこれね。笹尾山で見たことあると思う。矢来とも言う。馬防柵とは名前の通り、走ってくる馬を防ぐもの。だから本来は笹尾山みたいに山の斜面ではなく、平らな所につくります。そしてこれ単体では使いません。前に堀を作ったり、後ろに土を盛って土塁を作り、そこから鉄砲を撃ったりします。治部の陣も前線(決戦地の辺り)に [続きを読む]
  • 豊臣参り
  • 正月休みも終わってしまいましたね。え?今日から三連休?体の流れを取り戻すのに時間がかかりそうですね…皆は正月はどのように過ごされたのでしょうか。ボクは今年も中村の豊国神社へお参りに行って参りました。殿下は酉年生まれなんだよ。年男☆尾張中村は殿下や主計殿(加藤清正殿)の生誕地。木下家縁の地でもある。三箇日はお参りの人で賑わう豊国神社。ボクが行った日も参拝客が列を成していた。並んでいてふと気付いたのだ [続きを読む]