kuma176 さん プロフィール

  •  
kuma176さん: バツイチアラフィフオヤジの映画日記
ハンドル名kuma176 さん
ブログタイトルバツイチアラフィフオヤジの映画日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/kuma1760004/
サイト紹介文基本ネタバレ無しの無責任ブログです(#^.^#)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 318日(平均5.2回/週) - 参加 2016/10/08 17:19

kuma176 さんのブログ記事

  • ドント・ブリーズ
  • 昨年公開されたばかりの話題作、観たかったんですよね〜コレ!「20年に一本の恐怖の作品」と云う煽り文句が若干気にはなりましたがサム・ライミも製作に関わっているようですし楽しみにしていた一本です(^◇^)養育放棄の母親と暮らすロッキー(ジェーン・レヴィ)は幼い妹の面倒を見ながらいつかデトロイトの街を出てカリフォルニアへ行き妹と二人で新たな生活をはじめたいと夢見ていた。生活も苦しくもっぱらの収入源はボーイ [続きを読む]
  • 僕たちがやりました
  • あまり期待しないで見始めたこのドラマ。回を追うごとに面白くなっていってスッカリハマっちゃいました!永野芽郁や水川あさみと嫌いじゃない女優さんが出演する中でひときわ際立っているのが川栄李奈!彼女の演じる今宵ちゃんの無自覚に振りまくエロさが最高!あのムチムチ感が堪りません(≧∇≦)高校時代にこんな感じのサセ子感漂わせてる子確かに居ましたね〜〜(≧∇≦)懐かしい!オジさんはもう川栄李奈の虜です。三人組 [続きを読む]
  • ビルマの竪琴(1985)
  • 公開当時、めちゃくちゃフジテレビでCM流してたの覚えてます。ただ全く興味が無かったので今まで一度も見てこなかった作品、今回初見です。 太平洋戦争末期のビルマ戦線、井上隊長の率いる小隊は中立国タイを目指し撤退中に立ち寄った村で英国軍に包囲され日本が敗戦したことを知った。武器を捨て投降した彼等に英国軍は終戦を信じずに抵抗を続ける日本軍の説得を依頼、水島上等兵(中井貴一)がその任に選ばれ説得に向かうが・・ [続きを読む]
  • ハンバーガー・ヒル
  • 1969年の5月、ベトナム戦争においてアメリカ陸軍101空挺師団の部隊と北ベトナム正規軍とが激戦を交わした937高地、後にハンバーガー・ヒルと呼ばれた丘をめぐる10日間の攻防戦を映画化した作品。だいぶ前に観た覚えがあるんですがかなりグロイ戦闘描写があったようなイメージを持っていましたが今回再見してみたら意外と大人しい感じ。まぁ、30年前の作品なのでその間に「プライベー・トライアン」や先日公開された「ハクソー・リ [続きを読む]
  • 野火(2015)
  • 2年前の公開時に渋谷のユーロスペースへ観に行きましたが終戦記念日に合わせて日本映画専門チャンネルで放送されていたので再見です。太平洋戦争末期、フィリピン戦線で肺病を患った敗残兵・田村(塚本晋也)が極度の飢餓の中で戦地を彷徨いながら遭遇する地獄絵図を描いた衝撃作。今朝もニュースで見ましたが戦後72年で戦場を経験した人、この映画で塚本監督が描いたような凄惨な戦場を実際に体験し無残な屍の山を目にしてきた人 [続きを読む]
  • ミスター・グッドバーを探して
  • だいぶ懐かしい一本、小6か中1の頃に日曜洋画劇場で放送されていたのを覚えてます。内容的に親と一緒に観た筈はないし、内容も殆ど覚えてなかったので最初から最後までしっかりと観たわけではないんだと思いますが主人公を待っている結末だけはしっかりと印象に残ってました。今回、観たのが偶然吹替え版で主人公の声を小柳ルミ子が当てていましたけどコレって自分が覚えている日曜洋画劇場で放送されたものなんですよ〜、当時は [続きを読む]
  • ユダ -Judas-
  • 昔はよく見ていたワイドショーなんかでコメンテーターとしてよく見かけた立花胡桃の自伝的小説「ユダ」の映画化作品。この人伝説のカリスマキャバ嬢って事で有名になったらしいですがどこら辺が伝説なのか?なって前から気になってました。埼玉近郊に住む女子高生の絵里香(水崎綾女)は妊娠したが彼氏には裏切られバイトはクビになり堕胎費用の当てもなく途方に暮れていた。そんな彼女に声をかけたのが大宮のキャバクラのマネー [続きを読む]
  • 春との旅
  • 2010年公開の仲代達矢主演作品。公開時にTVで紹介されたのをチラ見したんだと思いますが「おじいちゃんのロードムービー」と云うイメージで覚えてて先日、日本映画専門チャンネルで放送されたので早速チェックしてみました。仲代達矢と云えば大御所中の大御所、でも自分的には最近の出演作はなじみが薄くて過去の作品、例えば「切腹」の主人公や「椿三十郎」での敵役、あのクライマックスで三船敏郎と演じた一瞬の殺陣が強く印象 [続きを読む]
  • オーケストラ!
  • クラッシック音楽は垣根が高くて全く無知、映画は沢山観ているので劇中で効果的に使われている聴けば判る楽曲もある筈なんですが興味がないからタイトルとか覚えていないんですね((+_+))そんな親しみのないクラッシックのオーケストラを中心に描いた作品なんですが、どなたかのブログを読んでで面白そうだ!とタイトルを覚えていたのでチェックしてみました。かつてロシアのボリショイ交響楽団の天才指揮者と名をとどろかせたアン [続きを読む]
  • 夕凪の街 桜の国
  • 普段はすっかり忘れかけてしまっていますが毎年この時期になるとTVなんかで特集が組まれて否が応でも思い出させてくれる8月6日。でも原爆投下の事実が風化して忘れ去られてしまうよりはよっぽどマシ、一年に一度くらいあの事実についてそれぞれが思いを馳せるのは良い事だと感じる様になりました。以前一度観た覚えがあるんですがちょっと内容を忘れていたしちょうどタイミングよく放送していたので鑑賞です。広島の原爆投下から1 [続きを読む]
  • マッドボンバー
  • Twitterのタイムラインで面白い味のある映画だと見掛けてたまたまケーブルテレビで放送されたのでチェックしました。連続爆破事件が発生、警察は犯人の手がかりさえ掴めぬ状況で捜査は行き詰まっていた。しかし病院爆破事件の際に同じ場所でレイプ事件が起きておりそのレイプ犯が爆弾魔を目撃してる筈だと推測、囮捜査でレイプ犯の逮捕に躍起になるが・・・ 爆弾魔を演じるチャック・コナーズ、角川映画の大作「復活の日」で草刈 [続きを読む]
  • 将軍家光の乱心 激突
  • よき昭和ど真ん中の作品だと思っていたら意外にも平成元年公開でした。当時は時代劇なんて見向きもしなかった自分がCMを見てちょっと面白そうと興味を惹かれたのを覚えてます。出演が緒形拳、千葉真一、松方弘樹、長門裕之、丹波哲夫、と超豪華!当時は全く無関心でしたが今ならこの豪華さが良く判ります(*^-^*)三代将軍・家光の世継ぎである竹千代は湯治中に刺客に襲われるが竹千代の世話役堀田(丹波哲郎)の雇った石河(緒形拳) [続きを読む]
  • ベン・ハー
  • 映画史上不滅!映画史上最高のスケール、史劇スペクタクルの最高峰などなどこの作品を紹介する際には大絶賛の冠が必ず付く不朽の名作。実は初めから終わりまでしっかりと観るのは今回が初めてでした。いや〜確かに凄い映画ですね!エキストラの人数一つとってみても画面に収まりきらない程の大人数、莫大な製作費を費やしたと思われる巨大なセットなど、その規模の大きさだけでも観た価値がありました。人間関係の入り組んだ複雑 [続きを読む]
  • ソロモンの偽証
  • まぁいつもの事なんですが番組表の数行の見出しを頼りにちょっとでも気になったら予約録画する、そのおかげでHDの空き容量は常にじり貧状態((+_+))先日、連休をとれたので録り溜めした映画を一本でも消化しなくては!!!と危機感に煽られチョイスしたのが本作「ソロモンの偽証」。前後編合わせて4時間半弱、やっつけてやりましたwwwまぁこの作品鑑賞後HDの空き容量が増えたかと云うと微々たるもので結局、多分面白くないであ [続きを読む]
  • 2010年
  • 不朽の名作「2001年宇宙の旅」から16年を経て公開された本作「2010年」かなり批判もあったようですが自分は結構お気に入りの作品でした。監督を務めたピーター・ハイアムズもきっとすごいプレッシャーだったと思うんですがキューブリックから「恐れず、自分の映画を撮れ」と励まされたとか、原作者のアーサー・C・クラークと緻密な打ち合わせの上脚本を完成させたとかいうエピソードもあるようですね。アーサー・C・クラークの原 [続きを読む]
  • わにとかげぎす
  • またお笑い芸人がドラマに出演か〜((+_+))と初めは見る気がしなかったこのドラマ。でも本田翼が出演していると知り一応チェックしてみたら面白いです!くりぃむしちゅーの有田がキャスティングされたのも原作の主人公に似ているという明確な理由があっての事だったと納得。何よりも先が読めない展開がこれからの楽しみを約束してくれてる感じです(*^-^*)「わにとかげぎす」と云う聞きなれないタイトル。何を指しているのか気にな [続きを読む]
  • 13時間 ベンガジの秘密の兵士
  • 聞き覚えのないタイトルだし未公開のB級アクション映画かなと思ってましたが、なんとマイケル・ベイ監督の実録物の戦争映画。マイケル・ベイなのに日本では公開スルーだったんですね〜。2012年、アメリカの反イスラム教主義者たちによって製作されたイスラム教を屈辱する内容の映画が発端にとなりアラブ諸国で反米デモが激化、この作品ではリビアで発生した領事館襲撃からCIA施設の襲撃、脱出までを描いています。まだ5年前の出来 [続きを読む]
  • 居酒屋ふじ
  • 深夜ドラマの新作が続々スタートするこの時期、毎回楽しみにしてます(^◇^)今回はテレビ東京「土曜ドラマ24」枠で放送開始した「居酒屋ふじ」、中目黒でひっそり営業する小さな居酒屋、名物店主のオヤジは既に亡くなっているのだがオヤジの思い出話を酒の肴に夜な夜な常連客達が集う店。売れない俳優のの栄一(永山絢斗)はひょんなことからこの店の常連になって・・・ってお話。レギュラーの大森南朋や毎回登場するゲスト達が [続きを読む]
  • ゾンゲリア
  • 長い間映画を観てきているとタイトルは覚えてるのに内容を忘れてしまっていたりとか、面白そうと観始めると以前に観たことがある映画だと気づくとか結構ありますwww今回の「ゾンゲリア」もそんな一本、インパクトのあるタイトルと上に貼った写真のシーンだけが強烈に印象に残っていました。のどかな小さな港町で旅行者が運転中に事故を起こした。車は全焼し旅行者も全身やけどを負っていたが奇跡的に一命をとりとめた。保安官 [続きを読む]
  • 下北沢ダイハード
  • 放送開始しましたね〜テレビ東京金曜深夜のドラマ24「下北沢ダイハード」!予告を見てから放送されるのが楽しみだったこのドラマ、まだ第一回目の放送を見ただけですが期待を裏切らない爆笑度!今クールの数ある深夜ドラマの中で早くも自分的には一番のお気に入り深夜ドラマになってます!人気劇作家が書き下ろした「下北沢で起きた人生最悪の1日」を一話完結で描くオムニバスドラマ。ストーリーテラーの古田新太と聞き手の小池栄 [続きを読む]
  • 127時間
  • 登山家アローン・リー・ラルストンの自伝「奇跡の6日間」を原作にダニー・ボイル監督が製作・脚本・監督した2010年公開作品。ダニー・ボイル監督って「スラムドック$ミリオネア」でメジャーになった監督さんでしょ?と昨日まで思い込んでいたんですがあの「トレインスポッティング」の監督さんだったんですね〜!「トレインスポッティング」は評判は聴いていつか観なきゃと思いつつジャンキーの映画なんて・・・って抵抗感もあっ [続きを読む]
  • 運命じゃない人
  • 「アフタースクール」がお気に入りの一本の内田けんじ監督の作品。評判が良いのは知っていたんですが観る機会に恵まれず今回が初見です。主演の中村靖日は名前は知りませんでしたが顔はちょいちょい色々な作品で見掛けた覚えがある俳優さん。この人の線の細い感じがなんか好きですね〜(*^-^*)他の出演者で知ってるのは板谷由夏だけでそのおかげでキャスティングからは物語の展開が読めなかったのもこの作品を楽しめた一因だと思い [続きを読む]
  • COP CAR/コップ・カー
  • 昨年色々な方のブログで取り上げられていて気になっっていた一本。ケヴィン・ベーコンが製作総指揮も担当してたんですね〜「フットルース」でブレイクしてからはや30余年、もう59歳なんですね。いい感じで渋い俳優さんになりましたね〜!この人の出演作は余り馴染みがないんですが自分的には「インビジブル」での悪役が強烈に印象に残ってます。悪ガキのトラビスとハリソンは家出中、当てもなく町から遠ざかり歩いていると森の中 [続きを読む]
  • 高台家の人々
  • 昨年公開された綾瀬はるか主演のラブコメディー、原作は女性向けの漫画らしいですね。最近観た中では「海街diary」の綾瀬はるかがしっかり者の長女役を演じていて意外だったんですが彼女はやっぱり本作の様なコメディが似合ってる気がしますね。美人と云うよりは可愛らしいイメージが強い彼女もう32歳らしいですがこれからどんな風に大人な女性に変身していくのかだいぶ楽しみです(*^-^*)地味目なOL木絵(綾瀬はるか)の趣味は妄 [続きを読む]